LIFESTYLEDEC.08.2018

綿帽子の洋髪ヘアカタログをチェック!和装婚の髪型のマナーもご紹介

清楚で伝統的な衣装の白無垢に合わせる綿帽子は、昔から花嫁さんが着用してきた由緒あるものですが、最近では、現代に合わせたデザインや合わせる髪型などにも変化が出てきています。今回は綿帽子の基礎知識や、綿帽子の洋髪をご紹介します。
清楚で伝統的な衣装の白無垢に合わせる綿帽子は、昔から花嫁さんが着用してきた由緒あるものですが、最近では、現代に合わせたデザインや合わせる髪型などにも変化が出てきています。今回は綿帽子の基礎知識や、綿帽子の洋髪をご紹介します。

和装婚で洋髪の人気が上昇中!白無垢のマナー【1】綿帽子って?

白無垢を着た女性
挙式や披露宴の結婚式で着る和装の種類は、大きく分けると「白無垢」「色打掛」「引き振袖」の三種類あります。

綿帽子とは、頭をすっぽりと覆う頭巾の事で、真っ白な綿帽子が一般的です。綿帽子は、神前式や仏前式の挙式の際に、真っ白な着物の「白無垢」に合わせるのがマナーです。
披露宴では、綿帽子は取り外すのが一般的です。

最近では、挙式で白無垢の色違いとなる「色打掛」を着る花嫁さんも増えてきました。カラーやデザインも豊富にありますので、オリジナリティを出しやすく、披露宴での花嫁衣装としても人気があります。

色打掛を挙式で着る際に合わせる、色打掛用の綿帽子も目にする機会が増えてきましたね。

また、和装婚の場合の髪型についても、和風の「和髪」だけでなく、洋風のヘアアレンジである「洋髪」の人気も高まってきています。

和装婚で洋髪の人気が上昇中!白無垢のマナー【2】綿帽子の場合の髪型

和装婚
神前式や仏前式での挙式の場合、綿帽子や白い布を頭に巻く「角隠し」を着用するのが伝統的な習わしです。

髪型も、かつらを着用したり、自分の髪の毛で高い位置にまげを結う和髪の「文金高島田」が伝統的なスタイルです。

披露宴では、文金高島田はもちろん、洋風のヘアアレンジの「洋髪」もOKとなっていますし、前撮り写真で着物を着る場合は、和髪ではなく洋髪にする花嫁さんも多いですよね。

綿帽子の付け方は、頭巾を被るだけで簡単ですが、文金高島田の上に被せた場合の立体的な丸みのあるフォルムが特徴的です。
洋髪の際に綿帽子の形をサポートしてくれるような洋髪用の金具も豊富です。髪型に合わせた器具を利用するのが便利ですね。

和装婚で洋髪の人気が上昇中!白無垢のマナーとは【3】綿帽子の髪型の違いのメリットとデメリット

和髪
■和髪のメリットとデメリット

挙式で綿帽子を被る場合は、頭が覆われているので、ヘアスタイルはあまり見えません。
しかし、白い布を巻く角隠しは、かんざしで飾った伝統的な和髪がはっきり見えるのがメリットですが、和髪が似合わないと抵抗がある方は避ける傾向があります。

かつらや地髪でまげを結う「文金高島田」は、落ち着いた雰囲気になるので、30代後半以降の大人の女性も似合うのがメリットです。

しかし、かつらを着用する場合は、かつら合わせが必要ですし、重いかつらを長い時間着用するとなると、負担もかかり、頭も蒸れてしまうので、挙式後の披露宴でドレスを着用する方は、髪型がぺたんこになってしまうのがデメリットです。


■洋髪のメリットとデメリット

結婚式の衣装だけでなく、ヘアスタイルは重要ですので、和髪を避け、和装に洋髪を合わせる花嫁さんは増えてきています。

洋髪は、バリエーションも豊富で、顔立ちを問わず馴染みがあるので似合いやすく、ドレスへのお色直しもしやすいのがメリットです。洋髪がカジュアルなテイストをプラスしてくれますので、目鼻立ちがはっきりした顔立ちの方も、着物を馴染みやすくしてくれます。

また、かつらやかんざしのレンタル費用は数万円程度かかりますので、費用面で節約できるのも魅力です。

しかし、挙式する場所によっては、伝統的な和髪のみでしか挙式を受け付けてくれない場合もありますので、注意したいですね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【1】定番シニヨン

 
綿帽子を被る場合の白無垢の洋髪でおすすめなのが、定番のシニヨンです。似合う顔を選ばずに、あか抜けた、可愛らしい印象にしてくれます。

ヘアアクセサリーも、生花からドライフラワー、ピンポンマム、和風のちりめんなど、どのようなテイストの髪飾りにも合いやすいのがメリットですね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【2】しっとりオトナヘア

 
しっとりとした艶のあるまとめ髪が似合う顔は、オトナっぽい目鼻立ちがはっきりとした方や、涼しげな目元の凛々しい女性です。

白無垢に綿帽子を被ると、清楚な印象になりますので、スタイリッシュな洋髪にしたいという花嫁さんも多いですね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【3】サイドにボリューム

 
高級感のある花嫁衣裳の白無垢は、綿帽子を外した後に、胡蝶蘭をヘアアクセサリーにしたスタイルも人気です。

洋髪のサイドにボリュームを出し、全体のバランスを取ると、ぐっと豪華な印象になりますね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【4】和風の髪飾りをON

 
白無垢を着る際には綿帽子だけでなく、「懐剣」や「筥迫」「末広」などの小物も身につけます。近年は白だけではなく、赤や若草色、ゴールドやベージュのようなカラーの小物やヘアアクセサリーを身につける花嫁さんも増えてきました。

洋髪に和風のヘアアクセサリーをつけると、紅白のコントラストがおしゃれで華やかな印象に仕上がりますね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【5】洋風のヘッドドレス

 
綿帽子を被る場合の白無垢には、アップスタイルのシニヨンヘアに、洋風のヘッドドレスを着用した洋髪も素敵です。

モダンな雰囲気になりますので、キュートな顔立ちの方にも似合う髪型です。個性を出したい方にもおすすめです。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【6】新日本髪

 
綿帽子を被る場合の白無垢には、文金高島田ではなく、洋髪でありながら、クラシカルで日本らしさもある新日本髪をセレクトするのもおすすめです。

前髪を上げれば、顔周りもすっきりしますね。

綿帽子を被る場合におすすめ!洋髪カタログ【7】前髪ありのスタイルも

 
まとめ髪をするならロングヘアという印象を持っている方も多いと思いますが、こちらの画像のように、ボブスタイルでも、ふんわりラフにまとめ髪をすることができます。ヘアアクセサリーもブリザードフラワーを使用して、ナチュラルな可愛さを演出できますね。

綿帽子を着用する白無垢の場合の洋髪は、前髪なしのスタイルが定番です。しかし、丸顔が気になる方は、前髪を下ろして、トップをふんわりさせ、サイドはすっきりさせるのがポイントです。
挙式で綿帽子を被る際、和髪に抵抗がある方は、洋髪で挙式できる会場を選ぶのも一つの方法です。日本人らしさのある新日本髪や、洋髪に和風のヘアアクセサリーをつけて、和テイストでまとめるのもおすすめですよ。白無垢で洋髪を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。