FASHIONAPR.09.2019

お葬式に着るコートのおすすめとは?色や素材のマナーもご紹介

冬などの寒い時期のお葬式に参列する際に、ブラックフォーマルのスーツだけだと寒い場合がありますよね。そんな時に意外と困るのがスーツの上に羽織るコート。そこで今回は、お葬式に着るコートについて色や素材のマナーやおすすめなどをご紹介します。
冬などの寒い時期のお葬式に参列する際に、ブラックフォーマルのスーツだけだと寒い場合がありますよね。そんな時に意外と困るのがスーツの上に羽織るコート。そこで今回は、お葬式に着るコートについて色や素材のマナーやおすすめなどをご紹介します。

お葬式に着るコートは何を着ればいい?

葬儀に参列する女性
冬などの寒い時期にお葬式に参列する場合、式場までの道中や式場でのお見送りには喪服のスーツだけだと寒いですよね。そんな時は喪服の上にコートを着る必要がありますが、普段着ているコートだと喪服に合わなかったりカジュアルな雰囲気だったりして式場で浮いてしまう可能性もあります。

そこで今回は、お葬式に着るコートについて、色や素材のマナーやおすすめをご紹介します。お葬式に参列する際に困らないように、これを機会にチェックしておいてください。

一般的には喪服専用のコートは販売されていません。ただ、ブラックフォーマルを販売しているブランドにはフォーマル用のコートがあって、喪服の上に着て馴染むようにデザインされているので、そういったコートを一着常備しておくのがベストです。

ただ、お葬式用のコートを着る機会はめったにないので、普段着ているコートで代用できるものがあればいいと思いますよね。その場合は、コートの色や素材がお葬式の場に最適なものかどうかがポイントになります。お葬式にはふさわしい色や絶対NGの素材があるので、今回ご紹介するコートのおすすめも参考にしていただいて最適なコートを選んでください。

お葬式のコートにベストな色:トレンドの緑やきれい色でもOK?

ブラックフォーマルコート
お葬式に着ていくコートの色は黒がベストです。フォーマル用として販売されているコートも黒がほとんど。ただ、手持ちに黒のコートがない場合は、できる限り落ち着いた色のコートを選びましょう。

トレンドだからといって緑色や式場で浮いてしまいそうなきれい色は避けてください。ダークグレーや濃紺といった暗い色みのものがベターです。

お葬式のコートの素材のNG:トレンドのファーやボアでもOK?

毛皮のコート
お葬式のような法事の場では、毛皮(ファー)や革、スエード素材のものは殺生をイメージさせるのでNGとされています。トレンドだからといってファーコートをお葬式の場に着ていくのは避けましょう。

あと、ボアやフリースなどのカジュアルな素材や光沢感があって悪目立ちする素材もNGです。素材で最適なのはウールやカシミヤなどのマットな素材感のもの。コートに金ボタンなどの派手な装飾があるものも避けてください。

お葬式のコートのおすすめ【1】ウールやカシミヤ素材のフォーマルコートがあれば安心

ブラックフォーマルコート
お葬式に着ていくコートは頻繁に買い替えるものではないので、ウールやカシミヤ素材などの上質でシンプルな黒のフォーマルコートを一枚買っておくとあれこれ考えなくて済むので安心です。

シンプルなステンカラーの黒のフォーマルコートは、素材の上質感や装飾を避けたデザインがきちんと感を印象付けて好感度の高い一枚。軽くて暖かい仕様のコートは、寒い真冬でも凍えることなくお葬式に参列できます。

お葬式のコートのおすすめ【2】普段着ているコートで代用するならデザインがシンプルなものを

黒のノーカラーコート
お葬式用のコートは冬の寒い時期にしか着用しないので、コスト面を考えれば普段着ているコートで代用できる方がいいですよね。普段使いしているコートをお葬式に着て行く場合は、ダークカラーで極力デザインがシンプルなものを選びましょう。

黒のシンプルなデザインのノーカラーコートは、喪服のデザインを問わず羽織ることができて、女性らしい雰囲気になるのがおすすめポイント。オンオフ通して活躍してくれるコートです。

お葬式のコートのおすすめ【3】黒以外のカラーはダークグレーや濃紺がおすすめ

ダークグレーのチェスターコート
普段使いしているコートで黒のコートがない場合は、ダークグレーや濃紺といった暗めの色のコートが無難です。ダークグレーのチェスターコートなら、黒一色の式場にも馴染みやすいので悪目立ちすることはありません。

お葬式のコートのおすすめ【4】コートの丈感も大切。ミディアム丈やロング丈のものを

黒のノーカラーコート
お葬式に着ていくコートは丈感も大切です。ショート丈のコートだと、コートからインに着た喪服のジャケットが見えてあまり見栄えが良くありません。

コートの丈感はミディアム丈やロング丈のもので、インに着た喪服のスカートが見えないor少し見える程度のものを選びましょう。

お葬式のコートのおすすめ【5】ファー付きコートならファーは必ず取り外して

ファー付きのウールコート
普段使いをしているコートをお葬式に着ていく場合は、色や素材の他にデザインにも気を付けなければいけません。コート自体に柄があるものを避けるのはもちろん、ディテールに装飾が付いたものも避けてください。

特にNG素材であるファーが襟や袖などに付いたコートも厳禁です。お葬式に行く際にはファーを取り外して着用してください。

お葬式のコートのおすすめ【6】トレンチコートやダウンコートでもOK?

ベージュのトレンチコート
お葬式に着ていく普段使いのコートは、黒などのダークカラーであっても最適とは言えないコートがいくつかあります。

コートの定番ともいえるトレンチコートやダッフルコートなどのデザインが効いたタイプのコートはあまりおすすめできません。スポーティなダウンコートやカジュアルな印象になるモッズコートやフード付きのコートも避けましょう。

お葬式のコートのおすすめ【7】ユニクロやしまむらなどプチプラブランドでもお葬式で着るコートが見つかる!

ユニクロのウールカシミヤチェスターコート
黒やダークカラーのコートが手持ちにない場合は、UNIQLO(ユニクロ)やしまむらなどのプチプラブランドで調達するのも一つの手段です。

ユニクロやしまむらにはプチプラには見えない高見えするシンプルなコートがあるので、急にお葬式に参列しなければならなくなった場合などに助かります。
お葬式に着ていくコートは必ずフォーマルコートである必要はありませんが、コートの色や素材、デザインなどが式場で浮かないようなものを選ぶ必要があります。急な場合でも困らないように、この機会に手持ちのコートで代用できるかチェックしておきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!