BEAUTY
JAN.04.2020

唇が厚いのは原因がある?唇を薄く見せる方法やメイク方法を伝授

唇が厚いのは原因がある?唇を薄く見せる方法やメイク方法を伝授 唇が厚いのは原因がある?唇を薄く見せる方法やメイク方法を伝授

唇が厚い女性はセクシー、という印象がありますが、実際に唇が厚いのがコンプレックスになっている人は少なくありません。唇が厚くなるのには、何か原因があるのでしょうか?唇を薄く見せる方法やメイク方法についてご紹介します。

唇が厚い原因

 

唇が厚い人のほとんどは、遺伝が原因となっています。生まれつき唇が厚いので、小さくするのはなかなか難しいでしょう。これ以外には、歯並びが原因となっていることがあります。歯が出っ歯気味に生えてきてしまったせいで、前歯で唇を引っ張っている状態になります。

そのせいで唇が伸びているように見えてしまい、唇が厚くなっているケースもあります。また、唇自体がたるんでしまっているケースもあります。筋肉が衰えてくることで、唇が下に流れ厚みが出てくることもあります。

また、口呼吸をしている人も、唇が厚く見えてしまっていることもあります。口から空気を取り入れようとすることによって、唇が前に出てしまっているため、唇を強調させてしまっています。

厚い唇を薄く見せる方法

 

厚い唇を薄く見せる方法について、ご紹介します。

■口をしっかり閉じる
厚い唇を目立たせなくするためには、口をしっかり閉じることが大切です。唇の見える部分が少しでも減ればいいことなので、唇の内側にしまい込むようなイメージです。

特におすすめなのが、口角を上げて笑うことです。笑った状態でしっかり口を閉じると、少しだけ唇が内側に入ります。こうすることで、少しだけ唇を薄く見せることができます。この表情を長期的に行うことで、唇の筋肉も鍛えられます。口角を上げてしっかり口を閉じる、という状態を常に意識していくことがおすすめです。

■鼻呼吸をする
特に口呼吸に慣れてしまっている人は、呼吸も意識して行うようにしましょう。口で呼吸するのではなく、鼻を使って呼吸をするトレーニングをすることで、唇が大きく見えるのを軽減することができるはずです。

■舌の位置を正す
唇を薄く見せるためには、舌の位置を調整するのもおすすめです。舌の場所が正しい位置に置かれていないと、唇全体がだらしない印象になってしまいます。

舌は上あごの凹んでいる部分に沿わせるイメージで、舌先は歯につくかつかないかくらいの位置が正しい位置です。この位置をキープすることによって、自然に口角が上がります。

唇をきゅっと引き締めているので、厚い唇が目立ちにくくなります。

厚い唇を薄く見せるメイク方法

 

厚い唇を薄く見せるためのメイク方法についてご紹介します。

■唇全体をコンシーラーでぼかす
まず唇全体をコンシーラーでぼかしていきましょう。この時乾燥が気になるときれいに乗らないので、リップクリームを塗って保湿してから行いましょう。ポイントは、厚みをカバーしたい唇のフチ部分を、しっかりとコンシーラーで消すことです。この時に使用するコンシーラーは、ペンタイプのものが塗りやすいです。

■唇の中央にだけリップを塗る
厚い唇を薄く見せるためには、しっかりリップを乗せるより、グラデーションリップのような曖昧でラフな雰囲気の方が合います。中央部分にだけ少量リップを乗せて、外側に向かって伸ばしていきます。

この時普段の唇のサイズよりもかなり小さめを意識して、ぼかしていくようにしましょう。色味が足りなかったら、さらに重ねて、納得のいくカラーになるまで繰り返しましょう。

■唇の中央にだけグロスを乗せる
最後に唇の中央部分にだけ、グロスを乗せるようにしましょう。中央部分にだけツヤを乗せることによって、唇の大きさを目立ちにくくすることができます。

厚い唇を活かしたメイク方法

 

厚い唇がコンプレックスに思っている人もいますが、厚みのある唇はセクシーで人気がありますよ。だからこそ、厚い唇を活かしたメイク方法についてご紹介します。

■色味はナチュラルなものを使う
厚い唇を活かしたメイクにするためには、肌なじみのいいピンクやヌードベージュ系の色味がおすすめです。色味が濃すぎるものを使ってしまうと、どうしても唇ばかりが主張してしまい、他のメイクとのバランスが悪くなってしまいます。

色味を控えめにすることで、セクシーだけど上品さのあるリップに仕上げることができますよ。

■質感はセミマットがおすすめ
厚い唇を活かすためには、リップの質感はセミマットがおすすめです。マットすぎると、乾燥が気になってしまうことがあり、余計に目立ってしまいます。反対にツヤがあり過ぎると、唇の主張が激しくなってしまうので、できるだけセミマットな質感のリップがおすすめです。

■指でラフに
厚い唇の場合は、指でラフに仕上げた方が抜け感が出るのでおすすめです。唇全体をしっかり縁取るよりは、指で輪郭をぼかしてあげた方が、全体のバランスが取りやすくなります。唇に色を乗せた後、輪郭を指や綿棒を使ってぼかしてあげましょう。

厚い唇についてご紹介しました。厚い唇がコンプレックスに感じている人も多いですが、薄く見せるための工夫はたくさんあります。ぜひ試してみてくださいね。