BEAUTYDEC.17.2018

お腹ダイエットに効果的な方法5選。くびれのあるウエストを目指そう

年齢とともに落ちにくくなるお腹周りの脂肪。タイトな服を着たときのぽっこりお腹は目立って恥ずかしいですよね。そこで今回は、お腹ダイエットに効果的な方法をご紹介します。
年齢とともに落ちにくくなるお腹周りの脂肪。タイトな服を着たときのぽっこりお腹は目立って恥ずかしいですよね。そこで今回は、お腹ダイエットに効果的な方法をご紹介します。

お腹が太る原因とは?

太ったお腹
お腹が太る原因は、「腹筋の衰え」と「内臓脂肪の蓄積」が関係していると言われています。

10代の頃は学校などの授業で運動していたかと思いますが、社会人になり動かなくなってくると、腹筋は簡単に衰えてしまうのです。

もともと腹筋には、内臓の位置を固定する働きを持っているのですが、この腹筋が衰えてしまうことによって内臓を支え切れなくなり、ぽこっと前に出たぽっこりお腹になってしまうと言われています。

食生活に気をつけることも大切ですが、お腹周りの脂肪を何とかするためには腹筋を鍛えて、脂肪を燃焼することが大切です。

太ももやふくらはぎに比べて効果も実感しやすい部分ですから、お腹ダイエットに効果的な方法を取り入れて、くびれのあるウエストを目指していきましょう!

お腹ダイエットに効果的な方法【1】ドローインをする

仰向けに寝る女性
お腹ダイエットに効果的な方法として運動が苦手な女性にもおすすめしたいのが、ドローインをする方法です。
30秒お腹を凹ませるだけのダイエット方法で、布団の上でも仕事中でもできるので取り入れやすいのが魅力。

■ドローインのやり方
①膝を立てて仰向けになり、脚を腰幅に開きます。
②手のひらを上に向け、肩から腕全体を床につけます。
③ゆっくりと息を吐きながら、4カウントでお腹を限界まで凹ませ、凹ませたところで呼吸をしたまま30秒キープします。
④そして息を吸いながらゆっくり元に戻しましょう。

5回を1セットに1日2セット、これは1日おきに行うことがおすすめです。立ったり座ったりしているときも胸を張り、お尻に力を入れることを忘れずに!

お腹ダイエットに効果的な方法【2】マッサージを取り入れる

お腹に手をのせる
お腹ダイエットに効果的なマッサージもあります。脂肪を流すだけでなく、便器改善にも効果的です。

■お腹痩せマッサージのやり方
①まずは手のひらをお腹にのせて、体温で少しお腹を温めます。
②そして両手で拳を作り、お腹周り全体を軽くパンパンと叩きます。
③そのままお腹全体をまんべんなく押し、柔らかくしていきます。
④今度は、両手でお腹のお肉を6か所くらいに分けながら強めに掴み、全体を揉んでいきます。
⑤指の腹を使い、おへそ周りを時計回りに強めに押し長し、円を大きくしていきます。
⑥最後に脇腹のお肉をおへそに流し、おへその下からさらにグーッと押し下げて、鼠蹊部へ流しましょう。

入浴後の身体が温まっているときに行うことがおすすめです。
マッサージの擦れによって刺激を与えないよう、ボディクリームやオイルを使いましょう。

お腹ダイエットに効果的な方法【3】起きたときや寝る前にストレッチをする

脚を上げる女性
寝る前や朝起きたときは、寝たままできるお腹ダイエットのストレッチを行うこともおすすめです。

■お腹ダイエットのストレッチ方法
①仰向けになり、両脚をつけてひざを立てます。
②大きく息を吸ったら、吐くと同時に両ひざを右側に倒します。
③肩が床から浮かないように意識し、10秒キープしたら元に戻します。
④反対側も同じように行い、1日2セット行いましょう。

ウエストひねりのストレッチは、全身の血行を良くするだけでなく、お腹周りにくびれを作りたい女性にぴったりです。

お腹ダイエットに効果的な方法【4】プランクをやる

プランクをやる女性
プランクは、お腹ダイエットに効果的なことはもちろん、全身に効く筋トレでもあるので、お腹周りだけでなく太ももやヒップを引き締めたいと思っている方におすすめですよ。

■プランクのやり方
①四つん這いになったら、手のひらから肘までを床につけ、脚は後ろに伸ばします。
②つま先と腕全体で身体を支えるように、床から身体を浮かせます。
③反り腰やお尻だけが飛び出ないよう、頭からかかとを一直線にし、そのまま自然呼吸を繰り返して20秒キープしましょう。

最初は20秒でも徐々に30秒、50秒、1分とキープ時間を伸ばしていき、最終的には2分ほどキープできるようになることを目標にしてみてください。
簡単ですが、腹筋が衰えているとかなりキツイので、腹筋に効いていることがすぐに実感できますよ。

お腹ダイエットに効果的な方法【5】日々の姿勢に気をつける

瞑想する女性
お腹ダイエットに効果的な方法として、日々の姿勢を正すことも効果的です。姿勢が良ければ、自然に腹筋を使うことができるのですが、猫背であると腹筋を使わなくなってしまうので、衰えてきてしまいます。

■正しい姿勢のポイント
・骨盤の上に座るようなイメージで背筋を伸ばす
・胸を張り、腹筋にも少し力を入れる
・立っているときは、腹筋だけでなくお尻にも力を入れる
・あごを軽く引き、目線を真っ直ぐ向ける

姿勢を意識したときに辛いと感じるようであれば、普段の姿勢が悪くなっている証拠です。歩くときも意識すると、お腹がすっきりしてきますよ。

座っているときは、背もたれと背中の間にバッグを置いておくと、正しい姿勢を意識しやすくなります。
お腹ダイエットに効果的な方法をご紹介しました。継続することが大切なので、まずはできることから始めていきましょう。ぽっこりお腹を解消し、くびれのあるウエストを目指して頑張ってくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。