BEAUTYSEP.25.2019

生え際メイクってどうやるの?小顔に見せるメイクのコツ

おでこがもう少し狭かったら……そんな願望を持ったことはありませんか?おでこはメイクで狭く見せることができるパーツです。生え際にメイクをすることで幅を調整することができます。生え際メイクのやり方についてご紹介します。
おでこがもう少し狭かったら……そんな願望を持ったことはありませんか?おでこはメイクで狭く見せることができるパーツです。生え際にメイクをすることで幅を調整することができます。生え際メイクのやり方についてご紹介します。

生え際メイクとは?

ブラウン系のパウダー
生え際メイクとは、おでこの生え際の部分にメイクをすることを言います。もともとは韓国から人気を集めたメイク法で、韓国では生え際メイク用のアイテムが多数展開されています。

おでこの形は人によってさまざまです。丸い形の人や四角い人、M字の人などいろいろな形のおでこがあります。このおでこと髪の毛の生え際の産毛が生えている部分に色味を乗せることで、おでこの形を調整することができます。

髪の色とほとんど変わらないカラーを使うことで、違和感なくおでこを狭く見せることができます。おでこを狭く見せることで、小顔効果も発揮します。生え際を少し狭く見せるだけで、印象が大きく変わってきますよ。

広さだけでなく形を変えることもできます。女性らしい丸いおでこを作りたい場合は、両サイドの髪を染め上げることで丸みのあるおでこに近づきます。立体感だけでなく、陰影を付けることによっておでこの印象を変えることができます。

生え際メイクに使うコスメの選び方

茶色のパウダーとブラシ
生え際メイクに使うコスメの選び方についてご紹介します。

■髪色に合わせる
生え際メイクに使うコスメは、髪色に合わせる必要があります。何となくシェーディングでいいかなと思っている人もいるかもしれませんが、シェーディングだと明るすぎる可能性があります。陰影というよりも髪の毛と同化するようなカラーを選んだ方が、効果は抜群です。自分の髪の色に合ったカラーを選ぶようにしましょう。

■落ちにくいものを選ぶ
生え際メイクに使うコスメは、できるだけ落ちにくいものを選ぶようにしましょう。生え際の部分は汗をかきやすい部分です。そのため長時間色を乗せていると、落ちてきてしまうことがあります。そうならないようにするためにも、色が落ちにくいものを選ぶようにしましょう。

■おすすめはアイブロウ
韓国ではたくさんの生え際用コスメが登場しているようですが、日本ではまだなじみがない人も多いです。自分の髪色に合ったカラーを使う必要があるので、もっとも身近なアイテムはアイブロウパウダーです。

アイブロウパウダーなら、自分の髪色に合わせやすいです。ただ1度に乗せられる範囲が狭くなります。ぼかしがきくようなアイブロウペンシルで描いて、全体をなじませるという方法もあります。

自分が使いやすいアイテムを探してみましょう。

生え際メイクのやり方

おでこにブラシを乗せている人
生え際メイクのやり方についてご紹介します。

■指かブラシを使って乗せる
生え際メイクに使うのは、髪色とあまり変わらないカラーのパウダーです。指かブラシを使って乗せていきましょう。ぼかしやすいものであれば何でも大丈夫です。ペンシルでしっかりぼかすことができるものを使ってもOKです。

しっかり色づけたい時は指を使うことがおすすめです。ナチュラルに仕上げたいのであればブラシがおすすめです。アイシャドウブラシが使いやすくておすすめですよ。

■産毛がある部分の頭皮に乗せる
生え際メイクは、頭皮の部分に乗せていきます。乗せる目安としては産毛が生えている部分です。産毛の間を埋めるように色味を乗せていきましょう。しっかり色味を乗せたい人は、指を使って乗せてから、スポンジやブラシでぼかしていきましょう。

この時、粉っぽさがなくなるまでしっかりなじませるようにしましょう。肌の上に残ったパウダーが落ちて、顔が茶色くなってしまうことがあります。余分に乗せた分のパウダーは、しっかり落とすようにしましょう。

生え際メイクの注意点

フェイスラインをぼかしている人
生え際メイクを行う上で注意した方がいいポイントについてご紹介します。

■やりすぎない
生え際メイクは、やり過ぎないことが重要です。いくら小顔に見せたいからといって、広範囲にやり過ぎると違和感が出てしまいます。生え際メイクをする部分はあくまで産毛がある部分です。産毛がない部分まで乗せてしまうと、不自然な印象になってしまいます。

小顔に見せたいからといって欲張りをせず自然になじむ範囲でメイクをしていきましょう。

■クレンジングを忘れない
生え際メイクは頭皮に近い部分にメイクをすることになるので、クレンジングをする必要があります。つい忘れてしまうということも少なくありません。メイクの落とし忘れは肌荒れの原因になります。生え際メイクをした時は、メイクをした部分までクレンジングで落とすことを忘れないようにしましょう。
生え際メイクについてご紹介しました。生え際にメイクをすることで、顔を小さく見せる効果があります。おでこが広くてコンプレックスだという人でも、おでこを小さく見せることができますよ。おでこに対してコンプレックスがあるという人は、ぜひ生え際メイクを試してみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック