LIFESTYLEFEB.24.2019

彼氏が重い!重い彼氏の特徴や別れたくない時の接し方とは

彼氏の嫉妬や束縛が激しく、愛情が重いと思っていても、なかなか彼氏に言えずに悩んでいる女性は世の中に大勢います。そこで今回は、重い彼氏の特徴や、別れたくない場合の対処法をご紹介します。
彼氏の嫉妬や束縛が激しく、愛情が重いと思っていても、なかなか彼氏に言えずに悩んでいる女性は世の中に大勢います。そこで今回は、重い彼氏の特徴や、別れたくない場合の対処法をご紹介します。

重い彼氏の特徴【1】連絡やデートの頻度が高い

重い彼氏に悩んでいる女性
連絡やデートの頻度が高いのは、重い彼氏の典型的な特徴です。

カップルなら、お互いに暇があれば会うのが当たり前だと思っていますし、会っていない時のLINE(ライン)やメール、電話などの連絡もマメにしなくてはいけません。
連絡が遅くなると、連絡が取れるまで何度もLINEやメール、電話が来ますし、連絡が取れた後も「どうしたの?」「何してたの?」と連絡が遅くなった理由を問い詰められ、怒られることもあるのが重い彼氏の特徴です。

また、仕事の後や休日の予定は、お互いに把握していないと気が済みません。彼氏と会っていない時でも、いつも行動を監視されているようで息が詰まると感じる事もあります。

彼女側は、彼氏に怒られるのが嫌で、言う通りにしてしまうケースが多いですね。

重い彼氏の特徴【2】すぐに嫉妬する

嫉妬している重い彼氏
すぐに嫉妬するのも重い彼氏の特徴です。

男友達や同僚の男性などに対して、些細な事でも焼きもちを妬きます。男女混合の飲み会や社員旅行がある場合は、不機嫌になってしまいます。「男性のいるイベントには参加しないで」と言ったりする重い彼氏もいて、彼女の行動をコントロールしようとする束縛気質がある性格も、重い彼氏の特徴です。

また、行動だけでなく、デート中もスマホの通知が鳴ると「誰から?」と詮索されたり、履歴を見たがることもあります。

SNSで「いいね!」やリプライ、コメントなどをくれた男性に対しても「この人誰?」「どんな関係?」と問い詰められることもあり、中には、彼氏にフレンドとのやり取りを細かくチェックされているケースもあります。

少しでも男性ウケするような肌見せファッションをしていると嫉妬されてしまうこともあります。


■浮気を疑うことも

重い彼氏が彼女の行動をチェックしているのは、浮気を疑っていることが原因の場合もあります。

「友達や家族と出掛ける」と言っても、「もしかして他の男性と会うのではないか」と不安になって、家で待ち伏せしてしまうこともあります。

重い彼氏の特徴【3】ネガティブ

重い彼氏に悩んでいる女性
重い彼氏が彼女の浮気を疑ったり、束縛しようとするのは、ネガティブで自分に自信のない性格が影響していることも多いですね。

自分に自信がないので、彼女に依存し、甘えてしまいます。そして、依存している彼女が、いつか居なくなってしまうのではないかと恐怖を感じていることから、彼女の行動を制限して、不安材料をなくそうとします。

しかし、彼女からは、当然束縛することを嫌がられてしまうので、彼女の気持ちが離れてしまうのが怖くて一層束縛する、という悪循環になっているケースもあります。

重い彼氏の特徴【4】献身的

重い彼氏に悩んでいる女性
彼女に尽くす彼氏も、度が過ぎると重いと感じてしまうことがありますよね。

重い彼氏は、彼女の希望なら、できるだけ叶えたいと思っているので、多少のわがままは許してしまいます。高いプレゼントを頻繁に贈ったり、深夜に呼び出されたら駆けつけたりと、献身的です。中には、頼まれてもいないのに、部屋の掃除をしたり、料理を作ってあげたり、職場への送迎をしたりすることもあります。

自分に自信がないことから、過度に尽くすことで、彼女を喜ばせて、好きになってもらいたいという心理が影響していることが多いですね。

重い彼氏の特徴【5】結婚するのが当たり前だと思っている

将来を話しているカップル
すぐに結婚の話をするのも、重い彼氏の特徴です。

付き合ったら、そのまま結婚するのが当たり前だと思っているので、将来の家の話や子どもの話など、二人の結婚後の生活について話すのが好きです。

彼女側は、まだ結婚は考えていないとは言えないので、話を合わせているケースもあります。

重い彼氏の特徴【6】交友関係が狭い

リラックスしているカップル
友達が少なかったり、同僚との飲み会にも参加しないなど、交友関係が狭いのも、重い彼氏の特徴です。

彼女以外の人と過ごす時間が少ないので、彼女に意識が集中して、束縛したり、詮索したりする原因になっていることもあります。

彼氏が重い時の接し方

カップル
■彼氏が重い言動をしてしまう原因

彼氏が重い言動をしてしまうのは、色々な原因があります。例えば、自分に自信がないことだけでなく、過去の恋愛経験で、浮気されたトラウマが原因となっていることもあります。

そして、カップルはお互いに行動を制限したり、わがままを言っても、受け入れるのが当然という考えがある場合もあります。

中には、自分がしている束縛や嫉妬に対して、彼女が嫌がっていると気づいていないケースもあります。


■別れたくない場合

彼氏が重いかもしれないと思っても、束縛されたり、嫉妬されることは、それだけ愛されている証だと思って我慢している女性も少なくありません。

また、喧嘩になると面倒だという気持ちもあるので、彼氏の言うことを聞いている方もいると思います。しかし、重い彼氏と付き合うことに疲れてしまうと、時には彼氏と別れたいと思ってしまうこともあると思います。

しかし、できるなら好きな人とは別れたくないですよね。無理をして彼氏に合わせてばかりいると、彼氏への気持ちも冷めてしまいます。嫌だと思っていることを伝えた上で、彼氏を安心させるような対策をしながら、上手に自分の時間も作っていきましょう。

例えば、束縛されるのが重いと感じている場合は、「束縛が嫌だ」と感情で訴えるのではなく、「信用されていないと感じて悲しい」としっかり理由を説明しましょう。「あまりに行動を制限されると嫌いになるかも」と話すことも重要です。

また、「今日の飲み会には男性はいない」と言っておきながら、実は男女混合の飲み会だった、というような小さな嘘でもつかないようにします。万が一嘘がバレてしまうと、一気に信用を失ってしまいます。

そして、彼氏へ愛情表現をこまめにすることも効果的ですね。

予定が入ったら、彼氏に聞かれる前に予定を伝えておくことで「予定があればちゃんと教えてくれる」と彼氏が安心し、束縛が緩和されることも多いですよ。

連絡が多すぎる場合は、素直に「実は連絡をたくさんするのが苦手」と話しても良いですね。連絡が取れなくなる場合も、前もって「これから映画を観るよ」「ヨガに行ってくる」など、予定を話しておくと、彼氏を安心させることができます。


■別れたい場合

しかし、彼氏の言動が改善されずに、ストレスが溜まってしまったり、疲れてしまうと、別れたくなる場合もありますよね。

もし別れたい場合は、しっかりと言葉で「別れたい」と伝えましょう。彼氏を傷つけてしまうと逆上したり、ストーカー化することもありますので、彼氏へのダメ出しはなるべくしないようにしましょう。彼氏にダメ出しをしても「直すから」と言われて別れられないこともあります。

「仕事に集中するため」や「スキルアップの勉強のため」などを理由にしている女性が多いですね。「私のせいでごめん」と自分が悪いというように別れ話をするのがおすすめです。
重い彼氏とうまく付き合っていくためには、自分の意思を伝えることも重要です。彼氏に愛情表現をしたり、予定を前もって話しておくなどして、彼氏を安心させるようなケアが大切ですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック