BEAUTY
APR.20.2020

20代におすすめの美容液は?ニキビや毛穴に効く人気美容液をご紹介

20代におすすめの美容液は?ニキビや毛穴に効く人気美容液をご紹介 20代におすすめの美容液は?ニキビや毛穴に効く人気美容液をご紹介

20代は将来の美肌の土台を作るために大切な年代。肌トラブルに悩んでいる人も目立った肌トラブルがない人も美容液で丁寧にスキンケアすることが重要です。ここでは、20代の肌悩みや20代におすすめの美容液をご紹介します。

【目次】

20代の肌の特徴は?

 

20代前半は思春期に起こりやすい皮脂の過剰分泌が治まって肌状態が安定する時期。まだまだ肌にハリがあり、素肌が綺麗な人が多いでしょう。

その一方、20代後半はそれまで起こらなかった肌トラブルに直面し始める時期。今までのスキンケアが合っていないと感じる人も少なくありません。まずは、20代前半と20代後半の肌状態について確認してみましょう。

20代前半は肌状態が安定している時期

思春期はホルモンバランスの影響で皮脂が過剰に分泌されやすいですが、20代になるとホルモンバランスが安定し、皮脂の過剰分泌が抑えられます。10代のころにニキビやテカリが酷かった人も20代になると、肌状態が安定してくることが多いでしょう。

「20代前半が人生で一番、素肌が綺麗」と言われることも少なくありません。

20代後半は肌トラブルが現れ始める

「お肌の曲がり角は25歳」と言われていることからもわかるように、20代後半になると、さまざまな肌トラブルが現れ始めます。20代前半と比べて肌の潤い成分が減少し、乾燥に悩む人が増えてくるでしょう。肌の乾燥はニキビや小じわ、毛穴の開きなどさまざまな肌悩みに繋がります。

また、20代後半になると、少しずつ肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)のスピードが遅くなります。ターンオーバーが遅くなれば、ダメージを受けた肌の修復が遅れて、くすみやシミ、ハリの低下、たるみ、シワなどが目立ちます。

20代の肌悩みとは?

20代の肌悩み【1】乾燥

 

20代になると、少しずつ肌の水分量が減少します。肌の水分は外的刺激から肌を守るバリア機能の役割を担っているため、乾燥した肌は刺激に弱くなり、肌トラブルが現れやすくなります。

また、肌が乾燥すると、キメが乱れて皮むけが起こったり、小じわができたりします。特に、皮脂が少ない目元や口元は乾燥しやすく、20代でもシワが目立ちやすいです。

20代の肌悩み【2】ニキビ・吹き出物

「ニキビは思春期にできるもの」というイメージが強いですが、20代にもニキビ(吹き出物)はできます。

■思春期ニキビと20代の大人ニキビの違い
思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因ですが、20代にできる大人ニキビ(吹き出物)は不規則な生活やストレス、ホルモンバランスなどさまざまな原因が関係しています。

20代は10代と比べてターンオーバーのスピードが遅くなっているため、一度できてしまったニキビは治りにくく、ニキビ跡ができることも珍しくありません。

20代の肌悩み【3】シミ・くすみ

 

シミやくすみは紫外線や摩擦などの外的刺激から肌を守るために作られるメラニン色素が蓄積して起こる肌トラブル。メラニン色素は通常、ターンオーバーと共に排出されていますが、20代になり、ターンオーバーのリズムが遅くなると、肌に蓄積してシミやくすみが出ます。

特に、学生時代に屋外で部活をしていた人やアウトドアが好きな人などは20代でシミやくすみに悩むことが多いです。

20代の肌悩み【4】ハリの低下

ハリの低下は30代や40代、50代に起こる肌トラブルだと思われがちですが、早い人は20代でハリの低下を実感し始めます。

ハリが低下する原因の一つは紫外線のダメージ。紫外線は肌のハリを守るコラーゲンにダメージを与えるため、紫外線対策が不十分だと、ハリが低下してシワができやすくなります。

なお、肌が乾燥している人はバリア機能の低下で紫外線ダメージを受けやすいため、ハリの低下にも悩む人が多いです。

また、ハリの低下はストレスや喫煙、過度な飲酒などによって作られる活性酸素の影響でも起こります。活性酸素はコラーゲンの生成を妨げるので、健康的な生活を送っていないと、肌のハリを保てないでしょう。

20代の肌悩み【5】毛穴トラブル

20代は毛穴のトラブルに悩む人も多いです。

■毛穴の開き・黒ずみ
毛穴の開きは皮脂の過剰分泌によって起こるトラブル。皮脂が増えると、毛穴が押し広げられて開きます。20代は気温の上昇や食生活の乱れで皮脂が増加するだけでなく、乾燥で水分が不足し、水分を守るために皮脂が過剰に分泌されて毛穴が開くことも少なくありません。

開いた毛穴に詰まった角栓などが空気と混ざって酸化すると、ポツポツした黒ずみ毛穴になります。

■毛穴周辺の色素沈着
紫外線対策が不十分だったり、ゴシゴシと肌を擦って洗顔したりしていると、毛穴の周りにメラニン色素が蓄積して毛穴が目立つことがあります。毛穴の周りがドーナツ状に黒くなっている場合は、色素沈着している可能性が高いです。

■たるみ毛穴
20代後半ごろになると、ハリが低下して肌がたるみ、毛穴が下に引っ張られて目立つこともあります。たるみによって広がった毛穴はしずく状の形をしているのが特徴です。

20代のスキンケアの重要性とは?

 

20代は肌悩みに直面する年代とはいえ、まだまだ肌が綺麗です。丁寧にスキンケアをしなくてもある程度の美肌は保てるので、ついスキンケアをサボってしまう人もいるでしょう。しかし、20代でもスキンケアは重要です。

20代はスキンケアで悩み知らずの美肌になれる

20代は肌の潤い成分が減り、ターンオーバーのリズムが遅くなり始める年代ですが、30代や40代と比べるとまだまだ肌は元気。潤いを蓄える力も肌を修復する力もあるので、肌状態に合ったスキンケアをすれば、悩み知らずの美肌を目指せます。

美肌になると、男女問わず好印象を与えられて、メイクも楽しくなるでしょう。

20代のスキンケアが将来の肌トラブルを防ぐ

30代や40代の女性の多くが悩んでいるシミやシワは長年に渡る肌ダメージの蓄積によって起こるもの。肌トラブルが目立ってから焦ってケアをしても手遅れになってしまうことは少なくありません。

20代から丁寧なスキンケアをしておくと、20代の美しい肌を長期間維持できて30代や40代になった時に周りの人と差を付けられるでしょう。

20代に美容液は必要?

 

20代は「スキンケアは化粧水と乳液だけで簡単に済ませている」という人も多いです。「20代に美容液は必要ない」という噂も聞きますが、美肌を目指すなら、20代から美容液を使ったスキンケアをするのがおすすめです。

■美容液には美容成分がたっぷりと配合されている
美容液と化粧水や乳液との大きな違いは美容成分の配合量。美容液はその名前の通り、肌に良い美容成分をたっぷりと含んでいるものが多いです。肌悩みにダイレクトにアプローチする美容成分が含まれた美容液を使うと、効率的に美肌を目指せるでしょう。

また、美容液で肌に必要は栄養を与えておけば、将来の美肌の土台も作れます。

20代向けの正しい美容液の使い方

20代向けの正しい美容液の使い方【1】使う順番

 

美容液は一般的な美容液と導入美容液があり、使うタイミングが異なります。

■一般的な美容液
基本的に、スキンケアは化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で行います。美容液で肌に栄養を与えてから乳液やクリームを塗ると、油分で肌に栄養を閉じ込められます。

■導入美容液
導入美容液は洗顔後、スキンケアの初めに使います。導入美容液を使うと、肌の潤いバランスが整って次に使うスキンケアアイテムに含まれている美容成分の浸透率が高まります。

なお、本格的にケアをして20代の美肌を維持したい人は導入美容液を使った後、化粧水を塗ってから一般的な美容液を使用しても問題ありません。

20代向けの正しい美容液の使い方【2】塗り方

美容液の効果を十分に発揮させるには、正しい方法で塗ることが大切です。20代の女性が知っておきたい美容液の正しい塗り方を見ていきましょう。

■1.適量を手に取る
適量の美容液を手に取ります。体温で軽く温めると、美容液に含まれる美容成分が浸透しやすくなるでしょう。

■2.顔全体に広げる
顔の内側から外側に向かって美容液を広げます。ゴシゴシと摩擦を加えると、肌にダメージが与えられるため、優しく塗るのがポイントです。

■3.気になる部分に重ね付けする
乾燥しやすい目元や口元、シミが目立つ部分などは美容液を重ね塗りましょう。

■4.ハンドプレスする
美容液を塗り終わったら、手のひらを顔に当てて、押し込むように美容成分を浸透させます。おでこや頬、目元、口元などパーツごとに10秒程度ハンドプレスさせましょう。細かいパーツには指の腹を使ってください。

20代の美容液の選び方

 

美容液はプチプラからデパコスまでたくさんのブランドで売られています。「20代に合った美容液の選び方がわからない」という人は効果や価格、テクスチャーなどを確認してみましょう。

20代の美容液の選び方【1】乾燥肌は保湿成分入り

10代と比べて肌の水分量が減少する20代は乾燥に悩む人が多いです。かさつきを感じたり、乾燥による皮むけや小じわに悩んでいたりする人はセラミドやヒアルロン酸、アミノ酸などの保湿成分が配合された美容液を使いましょう。

また、現在、肌トラブルが現れていない20代の女性も保湿成分入りの美容液を使うのがおすすめ。肌の水分量は年齢と共に減少し、乾燥はさまざまなトラブルを引き起こすため、今から保湿美容液でケアしておくと、30代や40代になった時に周りの人と差を付けられます。

20代の美容液の選び方【2】ニキビはダメージをケアする成分

 

ニキビに悩んでいる20代の女性はダメージをケアする成分が含まれた美容液を選びましょう。炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kなどが配合された美容液を使うと、効率的にニキビケアできます。

また、皮脂が気になる場合は皮脂量をコントロールするビタミンC誘導体などが含まれた美容液もおすすめです。ビタミンC誘導体は美白成分でもあるので、ニキビ跡のケアにも役立つでしょう。

広範囲ではなく、一部のみにニキビができてしまった時はピンポイントタイプのニキビケア用美容液も便利です。

20代の美容液の選び方【3】シミ・くすみは美白美容液

シミやくすみは20代以上の多くの女性を悩ませているトラブル。シミやくすみに悩んでいる人や紫外線ダメージが気になる人は美白有効成分が配合された美容液を使いましょう。

美白有効成分は厚生労働省によって承認された成分で、メラニン色素の生成を抑えてシミを抑える効果を期待できます。

■美白成分の例
ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、コウジ酸など

なお、美白美容液は保湿力が低いものが多いです。肌が乾燥すると、バリア機能が低下して紫外線ダメージを受けやすくなるため、美白美容液を使う時は保湿力もしっかりとチェックしましょう。

20代の美容液の選び方【4】ハリの低下やシワはファーストエイジングケア用美容液

早い人は20代半ばごろからハリや弾力の低下やシミに悩み始めます。年齢によるトラブルが気になり始めたら、エイジングケアができる美容液を使って早めに対処しましょう。20代の女性をターゲットにしたファーストエイジングケア用の美容液もおすすめです。

成分は肌の水分をキープしたり、ハリや弾力を高めたりするコラーゲンやコラーゲンのダメージを修復して老化を防ぐプラセンタなどを選ぶと良いでしょう。シワにはレチノールやニールワン、リンクルナイアシンなどが含まれた医薬部外品の美容液も効果的です。

20代の美容液の選び方【5】毛穴はタイプに合わせて選ぶ

 

毛穴による肌トラブルに悩んでいる20代の女性は毛穴のタイプに合わせて美容液を選びましょう。

■毛穴の開き・黒ずみ
毛穴の開きや黒ずみは皮脂の過剰分泌や乾燥による皮脂の過剰で起こります。皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体や乾燥を抑える保湿成分が含まれた美容液でケアすると、毛穴レスな美肌を目指せます。

■毛穴周辺の色素沈着
毛穴周辺の色素沈着には、美白美容液が効果的。メラニン色素の働きを抑えると、色素沈着を予防できるでしょう。

■たるみ毛穴
たるみ毛穴にはエイジングケア用の美容液がおすすめ。肌のハリがアップすると、肌がなめらかになります。

■角質ケア美容液はどんなタイプの毛穴にもおすすめ
角質ケアができる美容液はどのタイプの毛穴のケアにも役立ちます。角質ケアでターンオーバーを整えると、乾燥を予防できてメラニンの排出がスムーズになり、たるみも予防できるでしょう。

20代の美容液の選び方【6】敏感肌は肌に優しい処方

20代は乾燥やストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどで肌がデリケートになることがあります。敏感肌の人はアルコールやパラベン、香料、着色料などが含まれていない肌に優しい処方の美容液を選びましょう。

20代の美容液の選び方【7】テクスチャーや価格もチェック

20代の女性が美容液を選ぶ際は、テクスチャーや価格もしっかりとチェックしてください。

■テクスチャー
美容液は化粧水のようにさっぱりとしたものからジェルタイプ、クリームタイプまでさまざまなテクスチャーの商品があります。しっかりと保湿したい人はクリームタイプ、ベタつきが苦手な人はさっぱりとしたものやジェルタイプを選ぶと良いでしょう。

■価格
短期間で美容液の使用をやめたり、美容液の使用料を減らしたりすると、十分な効果を期待できません。肌悩みを解消したい人や20代の美肌をキープしたい人は無理なく買い続けられる美容液を選びましょう。

20代におすすめの美容液のブランド

 

20代の女性におすすめの美容液のブランドは次の通りです。

■プチプラ
・CHIFURE(ちふれ)
・naturie(ナチュリエ)
・ORBIS(オルビス)
・専科(せんか)
・Curel(キュレル)
など

■デパコス
・LANCOME(ランコム)
・COSME DECORTE(コスメデコルテ)
・CLARINS(クラランス)
・ETVOS(エトヴォス)
・Kiehl’s(キールズ)
など

20代におすすめのプチプラ美容液3選

20代におすすめのプチプラ美容液【1】菊正宗(きくまさむね) 日本酒の美容液

菊正宗(きくまさむね) 日本酒の美容液

潤いを与え、肌の状態を整えるプチプラの美容液。保湿成分である12種類のアミノ酸の他に、美白成分のプラセンタエキスやアルブチン、2種類のビタミン誘導体が含まれています。大容量で20代のボディケアにもおすすめです。

菊正宗(きくまさむね) 日本酒の美容液 / ¥1,980

20代におすすめのプチプラ美容液【2】LUSH(ラッシュ) 艶肌ドロップ

LUSH(ラッシュ) 艶肌ドロップ

「皮脂が気になる」「お肌を引き締めたい」と考えている20代女性にぴったりのスポット用美容液。ティーツリー、ウィッチヘーゼル、ローズマリーなどの植物エキスと海のミネラルが含まれています。

LUSH(ラッシュ) 艶肌ドロップ / ¥2,120

20代におすすめのプチプラ美容液【3】CHIFURE(ちふれ) 美容液ノンアルコールタイプ

CHIFURE(ちふれ) 美容液ノンアルコールタイプ

保湿成分のヒアルロン酸やトレハロース、オウゴン根エキスをたっぷりと含んだプチプラの美容液。乾燥が気になり始める20代の肌に潤いを与え、乾燥による小じわも目立たなくします。

CHIFURE(ちふれ) 美容液ノンアルコールタイプ / ¥660

20代におすすめのドラッグストアで買える美容液3選

20代におすすめのドラッグストアで買える美容液【1】SOFINA(ソフィーナ) SOFINA iPベースケア セラム

SOFINA(ソフィーナ) SOFINA iPベースケア セラム

「土台美容液」と呼ばれている20代におすすめの導入美容液。毛穴よりも小さいマイクロ泡が肌に潤いを与え、肌表面を柔らかくほぐします。スキンケアの初めに使うと、次に使うアイテムの浸透率が高まるでしょう。

20代におすすめのドラッグストアで買える美容液【2】ONE BY KOSE(ワンバイコーセー) 薬用保湿美容液

ONE BY KOSE(ワンバイコーセー) 薬用保湿美容液

日本で唯一、肌の水分保持機能を改善する効果を認められたライスパワーNo.11が配合されたうるおい改善美容液。肌の水分量を高めることで、20代に起こりやすい乾燥や毛穴トラブルなどを防ぎます。

20代におすすめのドラッグストアで買える美容液【3】ELIXIR(エリクシール) つや玉ミスト

ELIXIR(エリクシール) つや玉ミスト

ドラッグストアで買えるミストタイプの美容液。「日中、肌が疲れて見える」と悩んでいる20代に良いでしょう。キメの細かいミストがメイクの上から浸透し、ハリのある美肌に導きます。

ELIXIR(エリクシール) つや玉ミスト / ¥1,980

20代におすすめのデパコス美容液3選

20代におすすめのデパコス美容液【1】LANCOME(ランコム) ジェニフィック アドバンスト N

 

口コミサイトや美容雑誌の20代が選ぶ美容液ランキングで上位に来ることが多いデパコスの美容液。バリア機能をサポートしてダメージを受けた肌の修復を促す美肌菌の栄養素となる成分を配合しています。

LANCOME(ランコム) ジェニフィック アドバンスト N 30mL / ¥11,000

20代におすすめのデパコス美容液【2】COSME DECORTE(コスメデコルテ) モイスチュア リポソーム

COSME DECORTE(コスメデコルテ) モイスチュア リポソーム

長年、多くの女性から愛されている導入美容液。洗顔後の清潔な肌に馴染ませると、リン脂質のカプセルが肌の奥まで届き、かさつきやすい20代の肌をしっとりさせます。使い続けると、キメが細かくなったり、ハリがアップしたりするでしょう。

20代におすすめのデパコス美容液【3】SHISEIDO(シセイドウ) アルティミューン パワライジング コンセントレート N

SHISEIDO(シセイドウ) アルティミューン パワライジング コンセントレート N

独自のイミューンジェネレーションテクノロジーで乾燥などのダメージから守り、本来の美しい肌に導く美容液。現在の肌の状態を整えたい人はもちろん、20代の美肌を30代や40代までキープしたい人にもおすすめです。

SHISEIDO(シセイドウ) アルティミューン パワライジング コンセントレート N 50mL / ¥13,200

20代におすすめの保湿用美容液3選

20代におすすめの保湿用美容液【1】ALBION(アルビオン) エクラフチュールd

ALBION(アルビオン) エクラフチュールd

水分量が減少しやすい20代の肌に潤いを与え、バリア機能を高める美容液。みずみずしい感触で吸い込まれるように角質層まで浸透し、しっとりとした美肌に導きます。洗顔後の清潔な肌に使用してください。

20代におすすめの保湿用美容液【2】ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム

肌に水分を抱え込むヒト型セラミド5種類をバランス良く配合した美容液。人にあるセラミドと同じ構造なので肌馴染みが良く、ベタつきません。ヒアルロン酸や天然保湿因子も含まれているので、乾燥に悩む20代にぴったりです。

ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム / ¥4,400

20代におすすめの保湿用美容液【3】naturie(ナチュリエ) ハトムギ保湿ジェル

naturie(ナチュリエ) ハトムギ保湿ジェル

20代の肌のコンディションを整えるジェルタイプの保湿美容液。肌の表面に保護膜を作り、継続的に角質層まで潤いを送り込みます。プチプラなのに大容量なので、毎日惜しみなくたっぷりと使えます。

naturie(ナチュリエ) ハトムギ保湿ジェル / ¥990

20代におすすめのニキビケア用美容液3選

20代におすすめのニキビケア用美容液【1】AYURA(アユーラ) リズムコンセントレート

 

不規則な生活やストレス、紫外線などでダメージを受けた20代の肌をケアする美容液。肌コンディションを整えるコウヤマキエキスやダメージをケアするビルベリー葉エキス、スーパーヒアルロン酸などを含んでいます。

AYURA(アユーラ) リズムコンセントレート / ¥8,800

20代におすすめのニキビケア用美容液【2】CARTE CLINITY(カルテ クリニティ) スタビライズ エッセンス

CARTE CLINITY(カルテ クリニティ) スタビライズ エッセンス

肌荒れを予防しながら、乾燥などの外的刺激を跳ね返る導入美容液。消炎成分が配合されているため、大人ニキビに悩む20代の女性に良いでしょう。みずみずしく、なめらかな使い心地です。

20代におすすめのニキビケア用美容液【3】ORBIS(オルビス) クリアアクネスポッツ

ORBIS(オルビス) クリアアクネスポッツ

20代のニキビを集中ケアする美容液。アンズ果汁が角質をほぐして毛穴詰まりを解消し、イオウやグリチルリチン酸ジカリウムがニキビや肌荒れを防ぎます。半透明のジェルタイプでメイクの上からでも使用できます。

ORBIS(オルビス) クリアアクネスポッツ / ¥1,320

20代におすすめの美白美容液3選

20代におすすめの美白美容液【1】Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス

Kiehl’s(キールズ)のロングセラー美白美容液。美白有効成分が角質層に素早く浸透し、透明感の溢れる美肌に導きます。とろみがあるテクスチャーで、保湿力が高いため、乾燥しやすい20代の肌にも使いやすいです。

Kiehl’s(キールズ) キールズ DS クリアリーホワイト ブライトニング エッセンス 30mL / ¥7,920

20代におすすめの美白美容液【2】メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液

メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液

メラニン色素の生成を抑える活性型ビタミンCと血行を促すビタミンEを配合した美容液。シミだけでなく、ニキビやニキビ跡、毛穴の黒ずみなど20代に起こりやすい肌トラブルをまとめてケアできます。

20代におすすめの美白美容液【3】専科(せんか) 純白専科 すっぴん白雪美容液

専科(せんか) 純白専科 すっぴん白雪美容液

20代にも起こりやすい「シミ」「毛穴」「乾燥」「肌荒れ」の4大悩みにアプローチする美容液。美白と肌荒れを防止できる有効成分のm-トラネキサム酸や天然由来の美容成分、Wヒアルロン酸などが入っています。

専科(せんか) 純白専科 すっぴん白雪美容液 / ¥1,650

20代におすすめのエイジングケア美容液

20代におすすめのエイジングケア美容液【1】CLARINS(クラランス) ダブル セーラム EX

CLARINS(クラランス) ダブル セーラム EX

コスメ賞をたくさん受賞しているデパコスの美容液。20種類の植物由来成分が含まれたオイル×ウォーターのダブルフォーミュラのエイジングケア用美容液です。たるみが気になり始める20代の肌にハリや弾力をもたらします。

CLARINS(クラランス) ダブル セーラム EX / ¥12,100

20代におすすめのエイジングケア美容液【2】ESTEE LAUDER(エスティーローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ

ESTEE LAUDER(エスティーローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ

昼は乾燥などのダメージから肌を守り、夜はダメージをケアする美容液。肌のリズムにアプローチして潤いを感じる輝きに満ちた若々しい肌に導きます。乾燥による小じわに悩む20代にもおすすめです。

ESTEE LAUDER(エスティーローダー) アドバンス ナイト リペア SR コンプレックス Ⅱ 30mL / ¥10,450

20代におすすめのエイジングケア美容液【3】LITS(リッツ) モイスト エッセンス

LITS(リッツ) モイスト エッセンス

2種類のコラーゲンと3種類の植物幹細胞由来成分を配合した美容液。乾燥しやすい20代でも長時間潤いが続き、モッチリ感や弾力感のある理想の肌を目指せます。ベタつかないので、一年を通して使いやすいです。

LITS(リッツ) モイスト エッセンス / ¥3,036

20代におすすめの毛穴ケア用美容液3選

20代におすすめの毛穴ケア用美容液【1】CLINIQUE(クリニーク) ターンアラウンド セラム AR

CLINIQUE(クリニーク) ターンアラウンド セラム AR

ターンオーバーのリズムに着目して作られた角質ケア用の美容液。乾燥の要因にアプローチして肌のキメを整え、毛穴の目立たないふっくらとなめらかな美肌を作ります。すべての肌質の20代女性におすすめです。

CLINIQUE(クリニーク) ターンアラウンド セラム AR 30mL / ¥5,720

20代におすすめの毛穴ケア用美容液【2】ettusais(エテュセ) 薬用Cセラム

ettusais(エテュセ) 薬用Cセラム

ビタミンC誘導体を配合したプチプラの美容液。ビタミンC誘導体は皮脂の過剰分泌を抑えて水分と油分のバランスを整える働きがあるため、毛穴の開きや黒ずみに悩んでいる20代女性に向いています。

20代におすすめの毛穴ケア用美容液【3】@cosme nippon(アットコスメ ニッポン) 美肌のひとさじ 調美料原液(ビタミンC誘導体×柚子)

@cosme nippon(アットコスメ ニッポン) 美肌のひとさじ 調美料原液(ビタミンC誘導体×柚子)

ビタミンC誘導体とビタミン類がたっぷりと配合された徳島県産柚子を配合した美容液。乾燥を予防しながら皮脂を抑制することで20代の毛穴が目立つ肌をケアします。忙しい時は1つでケアを済ませてもOKです。

@cosme nippon(アットコスメ ニッポン) 美肌のひとさじ 調美料原液(ビタミンC誘導体×柚子) / ¥1,540

20代におすすめの敏感肌用美容液3選

20代におすすめの敏感肌用美容液【1】ACSEINE(アクセーヌ) ADコントロール エッセンス

ACSEINE(アクセーヌ) ADコントロール エッセンス

失われがちな皮脂膜と同じような働きをする保護膜を肌の表面に形成する美容液。肌を包み込んで乾燥を予防します。香料や着色料などの刺激成分が含まれていない処方で敏感肌の20代でも安心して使用できます。

ACSEINE(アクセーヌ) ADコントロール エッセンス / ¥7,700

20代におすすめの敏感肌用美容液【2】無印良品(むじるしりょうひん) 敏感肌用薬用美白美容液

無印良品(むじるしりょうひん) 敏感肌用薬用美白美容液

「敏感肌でも美白ケアをしたい」と思っている20代女性におすすめの美容液。美白有効成分のビタミンC誘導体が含まれていてシミやそばかす、くすみを予防できます。低刺激処方でアレルギーテストも済んでいます。

無印良品(むじるしりょうひん) 敏感肌用薬用美白美容液 / ¥1,400

20代におすすめの敏感肌用美容液【3】Curel(キュレル) 潤浸保湿 美容液

Curel(キュレル) 潤浸保湿 美容液

乾燥による小じわや肌荒れに悩む20代のスキンケアに役立つ美容液。潤いを与えてキープする処方で小じわを目立たなくします。ハリ向上成分や消炎成分も配合されているため、たるみやニキビに悩む人にも良いでしょう。

20代は肌状態が変化する年代。20代前半は安定していても20代後半になると、肌トラブルに直面することが少なくありません。肌トラブルを解消したい人や20代の美肌を守りたい人は美容液でケアしましょう。