BEAUTYJAN.26.2019

写真映えするメイクとは?コツやパーツごとのメイク術を解説

自分の顔を写真で見た時に、メイクをしていないように見えたことはありませんか?しっかりメイクをしているつもりなのに、なぜか平面ですっぴんのように写っていたら嫌ですよね。写真映えするメイクの方法やコツについてご紹介します。
自分の顔を写真で見た時に、メイクをしていないように見えたことはありませんか?しっかりメイクをしているつもりなのに、なぜか平面ですっぴんのように写っていたら嫌ですよね。写真映えするメイクの方法やコツについてご紹介します。

写真映えするメイクのコツ

スマートフォンを持っている人
写真映えするメイクとは、どういったところにポイントを置けばいいのでしょうか?写真できれいに見せるためのメイクポイントをご紹介します。

■もっとも大切なのは陰影
写真映えするメイクにするためには、陰影をしっかりつけるということが最も大切になります。陰影をはっきりつけると、写真でも立体的に見せることができます。ハイライトやシェーディング、ノーズシャドウをしっかり行い、立体感を生み出すメイクをしていきましょう。

■眉はしっかりめに
写真映えするメイクでは、眉毛の濃さも大切になります。写真は自分の目で見るよりも薄く仕上がっていることが多いです。そのため、強調する部分はしっかり強調して、引くところは引くようにした方が、立体感を強調できます。

そのため、眉毛はしっかり描いた方が印象が良くなります。顔の印象を左右する大事なパーツなので、眉毛は普段よりもしっかりめに描いていきましょう。

■アイラインはしっかりインラインを
目元を大きく見せるために、アイシャドウを濃くしてもあまり印象が変わらないことがほとんどです。肉眼で見るとしっかり発色しているのに、写真にするとほとんど色がついていないように見えることもあります。

目元の印象を強くするためには、アイラインを最大限に使います。インラインをしっかり引くことで、目元をいつもより強調することができます。ナチュラルメイクであればインラインのみ、より目を大きく見せたい場合は上側ラインも引いていくようにしましょう。

写真映えメイクのやり方【1】ベース&アイブロウ

写真を撮っている女性2人
写真映えメイクのベースメイクとアイブロウについてご紹介します。

■ベースは厚塗りしなくてもいい
写真映えメイクをする上では、素肌のきれいさはあまり関係ありません。細かい部分のアラまでは映らないからです。ある程度くすみや色ムラがカバーできれば、そこまでこだわる必要はありません。

肌は透明感があった方がきれいに見えるので、紫やブルーのコントロールカラーを取り入れたり、パール感のある化粧下地を使うと、より写真映えする肌を作ることができます。

■眉毛はしっかり描く
写真映えするメイクでは、眉毛はしっかり描いた方がバランスがとりやすいです。普段よりも濃く描くことを意識しながら描いていくようにしましょう。毛の1本1本を意識して描くと、よりナチュラルな眉毛に仕上がります。

いつもより濃いかな?と感じたとしても、実際に写真に写ってみるとそこまで強調されないので、普段より2割増しで濃く描いてみましょう。

■ハイライトとシェーディングははっきり
ハイライトとシェーディングはしっかり入れていきます。シェーディングは自分の肌よりもワントーン暗い程度の色を使った方が、ナチュラルで自然な影を演出できます。

ハイライトはいつもより濃くてもOKです。パール感がたっぷりあるようなハイライトは、頬の高い位置に乗せるときれいなツヤ感を出すことができます。高く見せたい鼻やあご先には、ナチュラルに発色するハイライトを使っていきましょう。

写真映えメイクのやり方【2】アイメイク

スマホで写真を撮っている人
写真映えメイクのアイメイクのやり方についてご紹介します。

■アイシャドウはいつもより少し濃く
アイシャドウの色味は写真に写らないことがほとんどです。そのため、普段より少しだけ濃く入れても、印象はほとんど変わらないので、そこまで気にする必要はありません。

普段よりも少しだけ濃く入れることで、少しだけ目力を強調しましょう。グラデーションで目元を作れば、ナチュラルな奥行き感を出すことができますよ。かならず締め色を使って、目元の印象を強調しましょう。

■アイラインはインラインを引く
アイラインはインラインを活用して目の印象を強くしていきます。まつげとまつげの間を埋めるように引くことで、目をナチュラルに大きくしてくれます。ナチュラルに仕上げたいという人でも、インラインは必ず引くようにしましょう。

さらにリキッドタイプを使ってアイラインを引けば、より目元を強調できます。

写真映えメイクのやり方【3】チーク&リップ

ピンク系のメイク道具
写真映えメイクでの、チークとリップのやり方をご紹介します。

■チークはいつも通りでOK
チークは、写真にするとあまり写らない可能性が高いです。チークは濃く乗せてしまうと、不自然な印象に仕上がるので、いつも通りでOKです。チークを控えめにして、頬骨の下に沿ってシェーディングを入れた方が、立体感が出しやすくなりますよ。

ベージュ系のチークを使って、シェーディング風に入れるのもおすすめです。

■口紅が1番写真映え
写真映えメイクでのリップは、マットな口紅が1番写真映えします。色味に関してはお好みで選んでいいですが、ナチュラルなツヤタイプだと、あまり発色しません。写真映えを狙うのであれば、マットな口紅を使うことをおすすめします。

しっかり唇を型取って引いた方が、唇を強調し、魅力的に見せます。
写真映えメイクについてご紹介しました。写真写りが悪いと悩んでいる人は、もしかしたら自分のメイクが写真に対応できていなかったからかもしれません。写真映えするメイクのポイントを押さえて、自分にぴったりの写真映えメイクを見つけてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック