BEAUTY
JUL.26.2020

肌のごわつきの原因は?正しい洗顔やスキンケアのやり方をご紹介

肌のごわつきの原因は?正しい洗顔やスキンケアのやり方をご紹介 肌のごわつきの原因は?正しい洗顔やスキンケアのやり方をご紹介

肌を触ってみるとなんかごわごわしてる!そんな経験はありませんか?肌はなぜごわついてしまうのか、とても気になりますよね。今回はそんな肌のごわつきの原因や、正しい洗顔やスキンケアのやり方についてご紹介します。

【目次】

肌のごわつきとは?

 

まずは肌のごわつきがどんな感じなのか、肌の状態について詳しくご紹介します。

肌に角質が溜まっている

ごわつきが感じられる肌とは、肌に角質が溜まっている状態です。肌の表面には角質層というものがありますが、28日周期で生まれ変わっていると言われています。しかし、この周期がなんらかの原因で乱れてしまうことにより、古くなった角質が肌に残った状態になってしまいます。

少し肌の生まれ変わりが遅れれば、だんだんとそれが積み重なるため、どんどん肌に古い角質が溜まってしまうようになります。そのことで、肌にごわつきを感じてしまうようになります。

角栓が目立ってくる

肌のごわつきが目立ってくると、角栓も目立つようになってきます。角栓とは肌に残っている古い角質や皮脂、メイクの汚れなどが混ざり合ってできるものです。もともと肌の古い角質が溜まりやすくなっている状態だからこそ、角栓もできやすくなり、毛穴が目立つにようになります。

そのままの状態を放置し続けることによって、角栓だけでなくニキビが発生することもあります。

肌が硬く感じる

肌がごわついてくると、肌触りが悪くなってきます。健康的な肌は常に柔らかさを感じられるような状態ですが、肌に角質が溜まってくるとだんだん厚くなってくるため、触り心地が悪くなり、硬く感じるようになります。

肌が硬いということは、化粧水などのスキンケアの浸透も悪くなります。そのため、スキンケアで柔らかい肌を取り戻そうと思っても、改善するのに時間がかかってしまいます。

滑らかさが足りなく感じる

肌のごわつきが気になる肌は、滑らかさも物足りなくなってきます。健康的な肌は、手で肌を触っても滑らかに感じますが、ごわつきが気になっている肌は滑らかさがなくなり、何となく肌触りが悪く感じてしまうようになります。

つるつるやすべすべといった肌とは程遠くなり、何となく肌にハリも感じられず、見た目的にもくすんで見えてしまいます。

肌のごわつきの原因

 

肌のごわつきは、いったい何が原因で起こるのでしょうか?詳しくご紹介します。

ターンオーバーの乱れ

肌のごわつきは、ターンオーバーの乱れが原因となっています。ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことを指しています。通常であれば28日周期で肌が生まれ変わっていきますが、ターンオーバーが乱れてしまうことによって、角質が剥がれ落ちず肌に溜まってしまいます。

ターンオーバーが早くなってしまった肌は、十分に成長する前に角質が剥がれ落ちてしまうことで、薄くてもろい角質が何枚も肌に乗っている状態になります。反対にターンオーバーが遅れてしまえば、剥がれ落ちるはずだった角質が肌の上に残ってしまいます。

そのせいで、角質が肌に溜まりごわつきが気になるようになってしまいます。

乾燥

肌のごわつきは乾燥が原因で起こることもあります。肌はもともとバリア機能によって守られていますが、このバリア機能がうまくいかなくなることによって肌が乾燥してしまいます。

バリア機能が低下し乾燥している肌は、ターンオーバーも正常にいかず未熟な角質ばかりができてしまうため、ごわつきが起こります。バリア機能低下の原因や乾燥の原因など根本的な問題を解決しないと、なかなかごわつきは解消されません。

加齢

肌のごわつきは、年齢を重ねるにつれて酷くなっていきます。年齢を重ねていくことで、肌のターンオーバーは遅くなっていく傾向があります。そのため、今まで28日間で生まれ変わっていたはずの肌が、年齢を重ねるにつれて1日2日とずれていきます。

そうすることで肌に古い角質が溜まりやすくなるため、肌のごわつきが感じやすくなります。年齢を重ねるとニキビなどの治りが悪くなり、色素沈着が起こりやすくなるのはこのためです。

スキンケアがあっていない

肌のごわつきは、スキンケアがあっていない場合にも起こります。スクラブやピーリングなどの角質ケアグッズを毎日使っているような人は、肌の角質を取り除きすぎていて、未熟な角質しか作られていないことが原因です。

反対に毎日しっかりメイクをしているのに、メイクにあっていないクレンジングや洗顔を使い続けることによって、肌の汚れがオフしきれていないことが原因で肌に溜まり続けています。

肌のごわつきが気になるという場合は、自分のスキンケアが本当に自分の肌に合っているのか見極めるきっかけになります。

肌のごわつきを放っておくと…

 

肌のごわつきが気になっても、何もケアをせずにそのままの状態で放置すると、どんなことが起こるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

肌触りが悪くなる

肌のごわつきを放置し続けると、肌触りが悪くなる一方です。肌のごわつきは角質が溜まっている状態です。これはしっかりケアしてあげない限り、なかなか自然には解決しません。

まずなぜ肌に角質が溜まってしまっているのか、その原因がわからない限り、この状況から抜け出すことはできなくなります。そのままの状態で放置し続ければ、だんだん角質が溜まりやすくなり、肌が硬くなり滑らかさもなくなってしまいます。

お世辞でもきれいな肌だとは言えないような状態が、永遠に続くことになってしまいます。

くすみが目立つ

肌のごわつきを放置しておくと、だんだんくすみが目立つようになってきます。肌の角質にはメラニンがたくさん含まれています。紫外線や刺激などによって肌に溜まったメラニンは、通常であれば古い角質と一緒に排出されるのですが、それができていないため、肌全体がくすんで見えてしまいます。

そのまま放置することにより、透明感はなくなりどんよりとした肌に見えてしまうようになります。

シミができやすくなる

ごわつきのある肌を放っておくと、シミもできやすくなります。肌のターンオーバーが正常に行われていない肌には、たくさんのメラニンも蓄積されていることになります。健康的な肌であれば、そのまま古い角質とともに肌の外へと排出されていきますが、それをせずに肌に溜め続けているとシミになってしまうこともあります。

ごわつき対策だけでなくシミ対策もまったくしなければ、知らず知らずのうちにシミが増えてしまいます。

乾燥しやすくなる

ごわつきが気になる肌は、もともと乾燥が原因で起こっていることもありますが、それ以上に放置し続けると乾燥が慢性的に起こるようになります。肌が乾燥している状態は、肌のバリア機能が弱っている状態です。肌のバリア機能が弱っている状態であれば、さまざまな刺激に敏感になります。

今まで使っていた化粧品が突然使えなくなったり、新しい化粧品を少し試しただけなのに荒れてしまったり、さまざまな肌トラブルを抱えるようになります。取り返しがつかない肌になる前に、前もって対策を取ることが大切です。

肌のごわつきを解消する方法

 

ここからは、実際に肌のごわつきを解消するための方法についてご紹介します。

スクラブ洗顔をする

肌のごわつきを解消したい場合は、スクラブ洗顔が有効です。スクラブ洗顔には塩や砂糖などが使われており、その粒が肌に溜まっている古い角質をオフしてくれます。スクラブ洗顔にもいろいろな種類があり、毎日使えるようなマイルドな使用感のものから、週1程度使用するハードなものまであります。

肌が弱い人にとって、粒の粗いスクラブ洗顔は刺激になる可能性が高いので、自分の肌に合ったスクラブ洗顔を使用することが大切です。

酵素洗顔を使う

肌のごわつきには酵素洗顔も有効です。酵素洗顔は酵素を発生させることで肌の古い角質や毛穴の奥に詰まった汚れをオフする洗顔料です。毎日でも使用できるアイテムが多く、角質だけでなく毛穴ケアもできる優れものです。

ごわつきだけでなく角栓やニキビに悩んでいる人は、酵素洗顔がおすすめです。粉末状でできている洗顔がほとんどで、泡立てるだけで簡単に古い角質をオフできます。

ピーリングをする

肌のごわつきがひどい時には、ピーリングを使用するのもおすすめです。ピーリングとは、肌に乗せて薬品の力で古い角質を剥がすようなアイテムです。ケミカルピーリングと呼ばれるものは、美容クリニックなどの施術にも使われています。

自宅でできるようなホームピーリングもあり、自宅で手軽に角質をオフすることができます。不要になった角質のみをオフできるので、しっかり古い角質をオフしたい人におすすめです。

拭き取り化粧水を使う

毎日のスキンケアの中で気軽にケアしたい人には、拭き取り化粧水がおすすめです。拭き取り化粧水は洗顔後や洗顔の代わりに使用することで、肌に溜まっている古い角質や汚れをオフする効果があります。

他のアイテムに比べると比較的マイルドな使用感なため、肌に優しく角質ケアができます。使用感がマイルドなため、1回の使用ですぐに解決するのは難しいですが、毎日続けて使用することで効果が現れるアイテムです。

角質柔軟美容液を使う

スキンケアにプラスしたい人には、角質柔軟美容液がおすすめです。角質柔軟美容液は、硬くなった角質を柔らかくしながら、古くなった角質が剥がれ落ちやすくするものです。ごわつきが気になっている肌に使用することで、だんだんと肌の状態が変わってきます。

洗い流す必要がなく、ただ塗るだけで完了するケアなので、今のスキンケアアイテムにプラスして使いたい人におすすめなアイテムです。

肌のごわつきを防ぐポイント

 

肌のごわつきは少しでも気を抜くとすぐにまた気になってきます。それを防ぐためのポイントについてご紹介します。

定期的に角質ケアをする

肌のごわつきを予防するためには、定期的な角質ケアが重要になります。さまざまな角質ケアアイテムがありますが、自分の肌に合わせてしっかりケアする必要があります。角質の溜まりやすさは人によって異なりますが、ごわつきがどれくらいで気になってくるかによって、使うアイテムを変えるのがおすすめです。

酵素洗顔など毎日使用できるアイテムを使ってみて、それでも足りないと感じたら、ピーリングやゴマージュなどをスペシャルケアとして取り入れてみるのが良いでしょう。

反対に酵素洗顔を毎日使用すると肌が乾燥しやすいと感じたら、拭き取り化粧水など刺激が少ないものに切り替えてみるのがおすすめです。

肌の状態を常にチェックする

肌のざらつきを予防するためには、肌の状態を常にチェックすることが大切です。肌のざらつきは肌をしっかり観察する習慣をつけていれば、初期段階で気づくことができます。毎日スキンケアをする前に、自分の肌の状態がどうなっているかチェックして、その日の肌に合ったスキンケアをするようにしましょう。

スキンケアアイテムは1種類だけでなく、自分の肌の状態に合わせて調整できるように、いくつか持っておくのがおすすめです。

肌に合ったスキンケアを選ぶ

肌のごわつきは、スキンケアが大きく影響してきます。まずは自分の肌質がどのようなもので、どんなことがあると荒れやすいのかをしっかり理解しておくことが大切です。さらに洗顔やクレンジングも自分の肌に合っているかチェックするようにしましょう。

クレンジング後肌にファンデーションの汚れはついていないか、洗顔後肌が乾燥して突っ張っていないかをチェックして、もしも汚れがついていたらもっと洗浄力が高いクレンジングに変えるのがおすすめです。

肌の突っ張りが気になる場合は、洗浄力が高すぎる証拠なので、もっと洗浄力がマイルドなアイテムを使うようにしましょう。

しっかり保湿する

肌のごわつきから肌を守るためには、しっかり保湿することは必要不可欠です。乾燥が気になる肌は、ターンオーバーが整うまではできるだけ刺激の少ないアイテムで、保湿重視のスキンケアを続けていく必要があります。

乾燥している肌は、何が刺激になるかわからないので、できるだけ肌に刺激にならないようなアイテムを、できるだけ少ない数で完了させるのがおすすめです。もともとの肌質で乾燥しやすいという人もいますが、自分のスキンケアのせいで肌の乾燥が起こっていることもあるので、ごわつきが気になる前にまずは乾燥肌対策を行うことが大切です。

肌のごわつきを防ぐ洗顔とクレンジングのやり方

 

ここからは、肌のごわつきを防ぐための洗顔とクレンジングのやり方についてご紹介します。

目元はポイントリムーバーを使う

肌のごわつきを防ぐためには、クレンジングの洗浄力の見直しが大切になります。まずは目元をポイントリムーバーで落とすようにしましょう。アイメイクがなかなか落ちないからといって、洗浄力の高いクレンジングを使っている人が多いですが、乾燥肌の原因となっている可能性が高いです。

できるだけ目元はポイントリムーバーを使い、こすらずに落としておくことが大切です。コットンにポイントリムーバーを乗せて、目に貼り付けて30秒ほどそのままの状態で放置します。

その後優しく拭き取り、気になる部分だけもう1度拭き取ります。こうするだけで、かなりクレンジングの負担が減るので、ぜひ取り入れてみてください。

ベースメイクが完全に落とせるクレンジングを使う

クレンジングは、ベースメイクが落とせるタイプのものを選びます。普段からウォータープルーフでなかなか擦っても落ちないようなファンデーションの場合は、ミルククレンジングのようなマイルドなものでは落ち切れていない可能性が高いです。

反対に洗顔でも落とせるような、落としやすいファンデーションを使っているのに、洗浄力の高いオイルクレンジングを使っていると肌が乾燥してしまいます。自分のファンデーションの落としやすさに合わせて、クレンジングを選ぶようにしましょう。

擦らない

クレンジングや洗顔をする時は、絶対に擦らないようにしましょう。擦ることで肌は刺激を受けてしまい、シミやくすみの原因になってしまいます。クレンジングや洗顔をする時は、優しく指の腹を使って洗うことが大切です。

クレンジングや洗顔は、できるだけ肌への摩擦を減らすためにクッションを作る必要があります。クレンジングを使う時は、できるだけ量を多めに使用して、肌への負担を減らします。洗顔はしっかり泡立てて、泡を転がしながら洗えるようなものを選びましょう。

落とし残しがないようにすすぐ

クレンジングや洗顔を使って、メイクをしっかり落とすようにしましょう。肌にファンデーション汚れなどが残っていると、皮脂などと混ざり合って角栓になったりニキビができたり、肌トラブルの原因になります。

より肌を分厚くしてしまうことがあるため、クレンジングはしっかり乳化してからすすぐようにしましょう。W洗顔不要のもの以外は、できるだけ洗顔までしっかり行って、肌の汚れをオフするようにしましょう。

肌が弱い人は角質ケアは週1程度にする

ごわつきを防ぐためには、角質ケアを取り入れる必要がありますが、頻繁に行いすぎたり、アイテムを取り入れすぎたりすることは、肌にとって負担になることもあります。肌が弱い人は、週に1回から始めてみるのがおすすめです。

頻繁に行ってしまうと、肌が薄くなってしまい健康な状態に戻りにくくなってしまいます。洗顔系の角質ケアアイテムは、特に週に1度から使用してみて、ごわつきが気になったら使用するのがおすすめです。そこから段々と頻度を増やして、自分に合った使用回数を見極めるようにしましょう。

肌のごわつきを防ぐスキンケアのやり方

 

次に肌のごわつきを防ぐためのスキンケアについてご紹介します。

拭き取り化粧水を使う

肌が弱い人は、拭き取り化粧水を使って角質ケアを行いましょう。朝の洗顔代わりに拭き取り化粧水を取り入れることで、肌の汚れと一緒に古くなった角質もオフできます。肌に溜まる前に古い角質をオフできるので、ごわつきの気にならない滑らかな肌をキープすることができます。

コットンを使って肌全体やごわつきが気になる部分を拭き取るだけで、簡単にケアができます。洗顔後に使用する場合は、洗顔後の肌に何もついてない状態で使用しましょう。

肌にしっかり化粧水を入れる

肌をしっかり保湿するためにも、手やコットンを使って化粧水をしっかり肌に入れるのがポイントです。手を使って肌に浸透させる場合は、両手のひらで顔全体を包み込むようにしながら、ハンドプレスしていきます。優しく力をいれずにハンドプレスするのがポイントです。

コットンを使う場合は、しっかりコットンになじませて、優しくパッティングしていきましょう。コットンが乾いてきたら化粧水を足して、肌がひんやりするまでなじませていくのがおすすめです。

乳液やクリームで肌にフタをする

しっかり肌を保湿したら、乳液やクリームを使ってフタをすることが大切です。フタをしないと水分を保つことができず、すぐに乾燥が気になる状態になってしまいます。

もともと油分が多い肌の場合は、乳液はべたつきを感じてしまうこともあるので、ジェル系の保湿アイテムを使ってフタをするのもおすすめです。肌の乾燥が特にひどい場合は、クリームを使って保湿しましょう。

週に1度程度パックをする

肌をしっかり保湿するために、週に最低1回くらいはパックをする習慣をつけましょう。肌にしっかり美容成分を入れることで、肌のモチベーションをアップさせます。肌のごわつきやざらつきが気になってきたら、どんなに安いパックでもいいので、肌をしっかり潤わせてあげましょう。

どうしてもパックがない場合は、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませて、コットンパックしてあげるのもおすすめです。

肌のごわつきを防ぐおすすめアイテム

 

ここからは肌のごわつきを防ぐおすすめのアイテムをご紹介します。

肌のごわつきにおすすめアイテム【1】無印良品マイルドスクラブ洗顔フォーム

無印良品マイルドスクラブ洗顔フォーム

無印良品のマイルドスクラブ洗顔フォームは、角質クリア成分のモモ核スクラブで古い角質をオフします。引き締め成分であるハマメリスエキスを配合。無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリーで低刺激仕様になっています。

無印良品マイルドスクラブ洗顔フォーム / ¥450

肌のごわつきにおすすめアイテム【2】CLINIQUE(クリニーク)クラリファイングローション2

CLINIQUEクラリファイングローション2

CLINIQUEのクラリファイングローション2は、古い角質を穏やかに取り除く拭き取り化粧水です。透明感を引き出しながら、潤いを受け入れやすい状態にします。乾燥肌から混合肌まで使用可能なタイプです。

CLINIQUEクラリファイングローション2200ml / ¥3,850

肌のごわつきにおすすめアイテム【3】ROHTO(ロート)オバジC酵素洗顔パウダー

ROHTOオバジC酵素洗顔パウダー

ROHTOのオバジC酵素洗顔パウダーは潤いを守りながら肌の黒ずみやざらつきをオフします。ピュアビタミンCと酵素配合で化粧ノリのいい肌へ導きます。洗った瞬間に理想的なつるり肌へ。

ROHTOオバジC酵素洗顔パウダー / ¥1,980

肌のごわつきにおすすめアイテム【4】ROSETTE(ロゼット)ロゼットゴマージュ

ROSETTEロゼットゴマージュ

ROSETTEのロゼットゴマージュは古い角質をすっきり落とすゴマージュです。フルーツ酸の力でくすみをポロポロ落とします。ソフトなジェルタイプなので、肌に負担をかけることなく角質ケアができます。

ROSETTEロゼットゴマージュ / ¥437

肌のごわつきにおすすめアイテム【5】TAKAMI(タカミ)タカミスキンピール

TAKAMIタカミスキンピール

TAKAMIのタカミスキンピールは、洗顔後の肌になじませるだけで角質ケアができる美容液です。洗い流す必要のない角質ケアで、肌の生まれ変わりに寄り添います。肌に刺激を与えすぎず、健やかな美しさを引き出します。

TAKAMIタカミスキンピール / ¥5,280

肌のゴワツキについてご紹介しました。肌のごわつきはターンオーバーの乱れや乾燥が原因で起こっています。ごわつきは日頃からしっかり角質ケアをしていれば防げることです。しっかり角質ケアをして、ゴワツキの気にならないタマゴ肌を手に入れてくださいね。