BEAUTYOCT.01.2018

ガッテン塗りの効果は?メリットや正しいやり方、注意点をご紹介

ガッテン塗りという美容方法をご存知でしょうか?ガッテン塗りは、時短や節約にもぴったりの裏技です。ガッテン塗りの効果や正しいやり方、ガッテン塗りをする上で注意する点についてご紹介します。
ガッテン塗りという美容方法をご存知でしょうか?ガッテン塗りは、時短や節約にもぴったりの裏技です。ガッテン塗りの効果や正しいやり方、ガッテン塗りをする上で注意する点についてご紹介します。

ガッテン塗りとは?

スキンケアをしている女性
ガッテン塗りとは、化粧水や美容液などを使用せずに、クリームだけを顔に塗るというスキンケア方法になります。ガッテン塗りという言葉の由来は、テレビ番組でおなじみの『ためしてガッテン』にて紹介されたことがきっかけに、ガッテン塗りと呼ばれるようになりました。

番組内では高級コスメを使用している女性よりも、クリームだけを使用しているおばあさんの方が肌の水分量が高いことがわかり、紹介されたのがガッテン塗りです。

ガッテン塗りの正しいやり方は、洗顔後肌に水が付いている状態の肌にクリームを乗せます。これだけでスキンケアが完成するという、とてもシンプルなスキンケア方法です。

ガッテン塗りのメリットとは?

瓶に入っているクリーム
ガッテン塗りのメリットについてご紹介します。

■時短になる
ガッテン塗りのメリットは、スキンケアにかかる時間を短縮することができるということです。スキンケアにかけることができる時間がたくさんあるという人は良いですが、忙しくてなかなかしっかりスキンケアができないという人もいるはずです。

ガッテン塗りは保湿系のクリームを乗せるだけで済むので、スキンケアの時間を大幅に短縮することができます。

■節約になる
ガッテン塗りは、スキンケア代の節約にもつながります。ガッテン塗りをするために必要なスキンケアは、クリームだけです。それも高価なクリームでなくて大丈夫なので、スキンケアにかかるお金を節約することができます。

■摩擦を軽減できる
ガッテン塗りは、肌への摩擦も軽減することができます。スキンケアは肌を健やかに保つためにすることですが、1日のうち何十分も肌に触れることで、肌に摩擦が生じてしまい肌トラブルや老化の原因になることがあります。

ガッテン塗りはクリームを塗るだけなので、肌にかかる摩擦を少なくすることができます。さらにクリームは化粧水や美容液と違い厚みがあるので、肌にかかる負担を減らすこともできます。

■保湿ができる
ガッテン塗りをする上で気になることは、乾燥を本当に防ぐことができるのかどうかだと思います。ここで大切になってくるのは、クリームです。時間がないからと、化粧水だけになったり、乳液だけになったり、省略をしたスキンケアをする機会があるかもしれませんが、水分だけを補ったケアでは、保湿をすることができません。

洗顔直後にクリームだけを塗るというガッテン塗りでは、洗顔後に蒸発しやすい水分をしっかりと閉じ込めながら保湿を行います。

ガッテン塗りのデメリット

色々なサイズのスキンケアクリーム
ガッテン塗りをする上でのデメリットや注意点についてご紹介します。

■ニキビができやすくなる
ガッテン塗りをすることで、ニキビができやすくなることがあります。油分を多く含んでいるクリームだけを使うことで、皮脂と混ざりやすくなり、ニキビができやすくなることがあります。

そのためオイリー肌の人には向かないことが多いです。女性の場合生理前やホルモンバランスの乱れによって、油分が多く出てしまう時もあります。油分が多いところには薄く伸ばすようにして、乾燥が気になるところを中心になじませるようにしましょう。

■あくまで保湿だけ
ガッテン塗りのデメリットは、保湿しかできないということです。ガッテン塗りに使用するクリームにもよりますが、化粧水や美容液に比べると、保湿メインで作られているものが多いです。

美白効果やエイジングケアには、ほとんど効果がないと考えた方が良いでしょう。あくまで必要最低限の保湿ケアをしたいという人にはおすすめできますが、ハリが欲しい、透明感が欲しい、という人にはあまり向きません。

ガッテン塗りに使用するクリームは?

頬を抑えている女性
ガッテン塗りにはどういったクリームを使用した方が良いのか、悩んでいる人もいるかもしれません。そこでおすすめのクリームについてご紹介します。

■ニベア
ガッテン塗りで最もオーソドックスとなっているのが、ニベアの青缶です。高級クリームと同じ成分が入っているということで、一時期話題になったニベアですが、ニベアはガッテン塗りに向いているといわれているクリームです。

ニベアは少量でも伸びが良く、保湿メインでケアすることができるのでおすすめです。ニベアはテクスチャーが硬めなので、洗顔後水がたっぷりと付いた状態の肌に乗せることで、伸びが良くなります。

■ワセリン
保湿剤として実力が認められているワセリンも、ガッテン塗りに向いています。ワセリンは扱いやすいという特徴があります。肌に優しく保湿をすることができるので、おすすめです。

ワセリンは付けすぎるとベタベタになってしまうことがあるので、米粒程度の量を手のひらに馴染ませて使うようにしましょう。

■馬油
美肌になる油ということで人気が高い馬油もガッテン塗りに向いています。馬油は肌荒れや火傷にも使えるという万能クリームです。皮脂に最も近い成分とも言われているので、肌に馴染みやすいという特徴があります。
ガッテン塗りについてご紹介しました。ガッテン塗りでスキンケアをすることで、時短になる上に肌への摩擦を軽減することができます。忙しくてなかなかスキンケアに時間がかけられない人や、シンプルなスキンケアにしたいと思っている人は、ぜひガッテン塗りを試してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHIONSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。