LIFESTYLEMAR.08.2018

体にいいこといっぱいな“甘酒アレンジレシピ”

飲む点滴と言われている「甘酒」は、特に今女性の間で美容や健康にいいとブームを巻き起こしている食材。毎日コップ一杯飲むだけでも、甘酒に含まれている食物繊維やブドウ糖などが、腸内環境を整え、栄養を巡らせて、体の中を浄化&綺麗にしてくれる、美容にはもってこいのドリンク。 ただ普通に飲むのもいいけど、たまには甘酒を使ったアレンジ料理を作ってみるのも○ 今回は甘酒を使った、おいしいスイーツから意外な煮物料理まで、多彩なラインナップでおすすめのレシピをご紹介!
飲む点滴と言われている「甘酒」は、特に今女性の間で美容や健康にいいとブームを巻き起こしている食材。毎日コップ一杯飲むだけでも、甘酒に含まれている食物繊維やブドウ糖などが、腸内環境を整え、栄養を巡らせて、体の中を浄化&綺麗にしてくれる、美容にはもってこいのドリンク。 ただ普通に飲むのもいいけど、たまには甘酒を使ったアレンジ料理を作ってみるのも○ 今回は甘酒を使った、おいしいスイーツから意外な煮物料理まで、多彩なラインナップでおすすめのレシピをご紹介!

甘酒サイダー

まずはただ炭酸を加えるだけの簡単レシピから。甘酒を飲むのが苦手って方は、炭酸やジュースなどを混ぜて飲むことから挑戦してみては?

【材料】
・森永甘酒または森永冷やし甘酒  1本(190g)
・炭酸水  100ml

【作り方】
1、グラスに氷を入れ、森永甘酒または森永冷やし甘酒を入れておく。
2、【1】に炭酸水を入れてよく混ぜたら、できあがり。


甘酒だし巻き卵

いつもの卵焼きに甘酒を加えるだけの簡単レシピ。ジューシーと甘みが絡みまってバランスの良いほどよい上品な甘さの卵焼きに。

【材料(4人分)】
・甘酒粉末タイプ100g  大さじ1/2杯
・卵(Mサイズ)  3個
・だし汁  50ml
・薄口醤油  小さじ1
・サラダ油  適量
・大葉  1枚
・大根おろし  適量

【作り方】
1、ボウルに卵を割り入れ、白身を切るようにしっかりと混ぜる。
2、粉末甘酒・だし汁・薄口醤油を合わせたものを入れ、さらによく混ぜる。
3、卵焼き器(またはフライパン)にサラダ油を熱し、余分な油はキッチンペーパーで拭き取る。
4、【2】の卵液を全体にうっすら広がる程度入れ、半熟状態になったら、奥から手前に向かって巻く。
5、【4】を奥に移動し、手前に油を塗り、先ほどと同じ量の卵液を入れ、巻いた卵の下に卵液を流し、奥から手前に向かって巻く。この工程を卵液がなくなるまで続けて焼く。
6、食べやすい大きさに切ったら器に盛り、大葉・大根おろしを添える。

甘酒フレンチトースト

牛乳の代わりに甘酒を入れて、いつものフレンチトーストをほんのり甘めに。甘酒の香りの自然の甘みがマッチしていて、上からメープルシロップなどかけなくても十分な美味しさなので、やみつきになっちゃう人多数なおすすめアレンジレシピ。

【材料】
・森永甘酒または森永冷やし甘酒  1缶
・食パン(6枚切)  3枚
・卵  3個
・バター  少々

<仕上げ>

森永メープルシロップ(またはケーキシロップ)  適量
粉糖  適宜

【作り方】
1、食パンは1/4にカットしてバットに並べる。
2、ボウルに卵を割りほぐし、甘酒を加えてよく混ぜる。
3、【1】に【2】を流しいれラップをかけて冷蔵庫に入れ2時間以上おく。
4、フライパンを弱火にかけバターを入れ【3】を並べる。 ふたをずらしてかけ、きれいな焼き色がつくまで片面7~8分づつ焼き、 中央が膨らんできたら焼きあがり。

里芋の甘酒味噌煮

甘酒は煮物料理に一緒に入れるのが意外にも好相性!マイルドな甘みと甘酒の香り高い風味が、具材の本来の甘みも引き出し、やわらかく口当たりのいい一皿に。そのおいしさに思わずよだれが出てしまいそう。

【材料(4人分)】
・里芋  8~10個
・人参  1本
・豚薄切り肉  150g
・だし汁  150~200cc
・森永甘酒  1缶(190g)
・生姜  1片
・味噌  大さじ2 (だしの塩気で量は加減する)

【作り方】
1、里芋は皮を厚めにむき、人参、豚肉は一口大、生姜は千切りにする。
2、鍋に【1】と森永甘酒を入れ、だし汁をひたひた程度に加え、ふたをして火にかける。
3、沸騰したら弱火にして途中灰汁を引きながら、里芋が柔らかくなるまで煮る。
4、【3】に味噌を加え、煮汁がなくなるまで煮る。

簡単なのに本格派!季節魚の甘酒煮

甘酒を入れるだけで、魚の甘辛煮も本格的な味に変身できちゃう!甘みがきいていて、マイルドな感じが魚との相性抜群。

【材料(4人分)】
・季節の切り身魚  4切(ここでは鮭を使用)
・甘酒(缶)  190g(1缶)
・粉末かつおだし  5g
・醤油  大さじ2~3(だしの塩分により加減する)
・水  100g(約1/2缶)
・生姜  15g(1片(親指大))

【作り方】
1、魚は熱湯にさっとくぐらせてからザルに取り、水気を拭き取っておく。生姜はおろして汁を絞っておく。
2、平鍋に魚以外の材料を入れて煮立たせ、魚を並べ入れる。
3、落とし蓋をし、時々煮汁を回しかけながら20分ほど煮る。
4、魚を取り出し、必要なら汁を煮詰めてとろみをつけて魚にかける。

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。