BEAUTY
JUN.29.2020

雨の日メイクのお悩み解消!崩れないメイク法やおすすめコスメなど

雨の日メイクのお悩み解消!崩れないメイク法やおすすめコスメなど 雨の日メイクのお悩み解消!崩れないメイク法やおすすめコスメなど

雨の日のメイクは、崩れやすかったりベタつきが気になったりと仕上がりがいまいち。しかし、化粧をしないわけにもいきません。そこで今回は、湿気対策や顔色が良く見えるようなメイクテクニックをご紹介します。

【目次】

雨の日のメイクの悩み

雨の日に窓の外を見る女性

■崩れ・ヨレ

雨の日は湿気が多く、汗をかきやすい状態。特に梅雨時期は気温も高くなり、高温多湿に。

汗をかいたままにしておくと、肌は乾燥を防ごうとして皮脂の分泌が盛んになり、毛穴が広がります。

その結果、いつものメイクでも崩れたりヨレやすくなるというメカニズムです。

■顔色が悪い

気圧が低い雨の日は、外からかかる圧が低くなり、血液の循環が悪くなります。

血流が悪くなると、肌の代謝が落ちて体内に老廃物が滞りがち。高気圧の晴れた日よりも顔色が悪いのは、不要な老廃物がたまって肌の色がくすむからです。

雨の日のメイクポイント【1】崩れにくさを重視して

ブラシでファンデーションを塗る女性

雨の日メイクの一番の悩みといえば、やはり「メイク崩れ」。

特に梅雨時期はジメジメした日が続き、肌がベタついてすぐにメイクが崩れてしまいます。

さらに、一度崩れたメイクがなかなか元通りにならないのも、雨の日あるある。

そんなお悩みを解決するポイントは、朝のメイクにあり!メイクの土台をしっかり固めておけば、雨の日のメイク崩れを防ぐことができます。

ベースメイクは丁寧に!

まずはアイテム選び。最近では、メイク崩れしにくいアイテムも沢山ありますが、自分の肌タイプに合うものを選ぶことが大切。

また、ぴったりのアイテムが見つかったところで、下地を塗ってからすぐにファンデーションを塗るのはNG。

朝の忙しい時間はメイクもササッと済ませたいところですが、崩れにくさを優先するのであれば丁寧に行う必要があります。

下地を塗ったら、一旦肌を休ませることでキープ力がアップ。手のひらで優しく顔を覆って、しっかりなじませます。

その後次のステップに進むことで、しっかりとベースメイクのアイテムが肌にフィットして、メイク崩れしにくくなるでしょう。

質感にこだわる

雨の日は皮脂の分泌が盛んになり、ベタつきが気になるもの。肌はできるだけサラッとした質感に仕上げた方が、ストレスを軽減できます。

いくら乾燥肌でも、湿度が高ければベタつくので、マット仕上げにするのがおすすめ。下地やファンデーションは、マットタイプのクリームファンデやパウダーを使います。

メイクしたての肌をキープするためには、こまめに余分な皮脂をティッシュオフするのを忘れずに。

■ファンデーションを塗る時の注意点

ファンデーションには様々な種類がありますが、肌にしっかりなじませるにはスポンジで叩くように塗り込むのがベスト。

手やブラシではなく、スポンジを使った方が肌への密着度が高く、ベースメイクが安定します。

スポンジを濡らして使用することで、さらにファンデーションが密着する効果あり。ただし、乾燥肌の方は水分によって乾燥が進んでしまうので、おすすめできません。

使用するファンデーションは、春夏用のサラッとした質感に仕上がるタイプを。皮脂の分泌が盛んなTゾーンは薄付きに。シミが気になる箇所は、コンシーラーで隠しましょう。

仕上げはフィニッシュパウダーを使って皮脂や汗を吸着させるのがポイント。余分なファンデーションやクリームの油分を吸収してくれるので、肌がサラッと仕上がり、メイクの持ちが格段に良くなります。

あえてNOマスカラで

雨の日は、せっかくバッチリ上向きになったまつ毛もいつの間にか下向きに。メイク直しのたびにマスカラを塗っても、湿気のせいで効果が長持ちせずイライラしたことがある方もいるのではないでしょうか?

ビューラーでしっかりカールをしてマスカラをたっぷり塗っても、湿度が高いとキープ力が弱まります。

無駄な努力にならないよう、マスカラを使わないという選択も雨の日メイクの裏ワザ。

マスカラなしでは何となく不安だという方は、雨の日はあえてナチュラルな目元で女性らしさを表現するのもおすすめです。

アイメイク自体を控えめにして、抜け感を出すことでトレンドを意識したメイクに。手抜きメイクに見えるのを防ぐには、ラメ入りのシャドウを少しだけのせることで華やかさがプラスされます。

憂鬱な雨の日も、キラキラがあるだけで気分的にもアップ。大人っぽいヌーディーカラーをうまく使って、上級者メイクにトライしてみるのも良いでしょう。

■マスカラは欠かせない!ならウォータープルーフタイプを

雨の日のマスカラは、油断をするとパンダ目になってしまうケースもあり。湿気もそうですが、雨に濡れてしまったら一巻の終わりです。

しかし、汗や水分に強いウォータープルーフタイプのマスカラなら安心。

最近では様々なアイテムがあり、カラーや濃さも選べます。雨の日でもマスカラなしはありえない!という方は、自分好みの商品を見つけて活用してください。

メイク前のスキンケアも重要

雨の日は肌の質感をサラッとさせたいところですが、そのためには基礎となるスキンケアにポイントあり。

特に1分1秒を争う朝の忙しい時間は、スキンケアもおろそかになりがち。

雨の日の肌の調子を整えるには、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムを顔につけるたびに、手のひらを肌にあててハンドプレスをするのが理想的。

このひと手間で、驚くほど肌の保湿力が上がり、調子が整います。

■収れん化粧水を活用する

「収れん化粧水」とは、肌や毛穴を引き締める効果が高い成分が配合された化粧水のこと。皮脂の分泌が盛んな方や、毛穴の開きが気になる方におすすめの化粧水です。

スキンケアの仕上げに、収れん化粧水を使って肌をキュッと引き締めることで、メイク崩れを防ぐ効果あり。

雨の日は湿気や汗のせいで肌の乾燥が進み、皮脂が過剰分泌されて毛穴が開きやすくなります。

メイク崩れを防ぐには、皮脂分泌をコントロールしてくれる収れん化粧水が適役。通常の化粧水とは明らかにキープ力に差があるので、騙されたと思って使ってみてください。

■乾燥対策も忘れずに

高温多湿の日は、室内でエアコンを使用するシーンが多いです。特に除湿機能はお部屋がカラッとして気分も良くなりますが、肌は乾燥する一方。

乾燥すればするほど、皮脂の分泌が盛んになり、メイク崩れの原因に。さらに、乾燥はシワやたるみの原因にもなるので、雨の日に限らず普段から対策をする必要があります。

雨の日の乾燥を防ぐには、丁寧にスキンケアとメイクを済ませた後に、メイクの上からでも使用できる保湿アイテムを使うのがおすすめ。

最近はミストタイプやスティックタイプなど、使いやすい保湿アイテムが揃っています。持ち歩きに便利なアイテムもあるので、雨の日の乾燥対策に役立ててください。

雨の日のメイクポイント【2】カラーで顔色の悪さをカバー

メイク道具とアクセサリー

雨の日は、顔色がくすんで見える傾向あり。おまけに憂鬱な気分で表情も暗くなりがちです。

そんな時は、メイクのカラーでワントーンアップさせるのがおすすめ。普段と違うカラーを使えば、気分転換にもなります。

暖色をうまく使う

文字通り夏のイメージが強い暖色は、気分的にも明るくなるカラー。メイクに取り入れることで、血色が良く見える効果があり、雨の日特有のくすんだ顔色もパッと華やかになります。

■オレンジ

春夏用のコスメに多いオレンジは、陽の光を連想させるカラー。ポイントメイクに取り入れることで、表情が明るくなります。

ササッと塗ることができるチークやリップでオレンジを使えば、元気ハツラツなイメージに。ジメっとした気分も晴れるでしょう。

■イエロー

雨のイメージが強い青や紫などの寒色とは真逆のカラーであるイエロー。顔にのせることで、ライトが当たっているようなレフ板効果も期待できます。

とはいえ、メイクにイエローを取り入れるのは少々ハードル高め。取り入れるとしたらアイシャドウですが、アイホール全体に入れると腫れぼったく見えてしまうことも。

そんな時は、アクセントとして目尻にさりげなく使うのがおすすめ。あまり使わないイエローだからこそ、雨の日にも新鮮な気分で出かけることができるでしょう。

雨とカラーをリンクさせる

暖色を取り入れるのも良いですが、あえてメイクに雨を連想させるカラーを取り入れてリンクさせてみるのも○。

涼しげでクールな印象になり、季節感もあるので大人っぽい雰囲気を演出できます。

特に梅雨時期は薄いブルーや紫など、紫陽花カラーがおすすめ。紫陽花がきれいに見えるのは、断然雨の日!そんな紫陽花のように、雨の日を味方にするようなメイクに仕上げましょう。

ブルー系といえば、やはりアイシャドウ。あまりブルーの範囲が広すぎると顔色が悪くなってしまうので、アイラインや目の際にさりげなく入れるのがポイント。

また、最近はブルーのリップグロスも人気。いつものリップの上から塗り、青みがかった唇にすることで透明感がアップします。

雨の日のメイクポイント【3】メイク直しのコツ

メイク直しをする女性

雨の日は、メイクの仕方はもちろん、メイク直しも同じくらい重要です。湿気が多いと汗や乾燥によってメイクが崩れやすいので、ティッシュやスポンジで汗や余分な皮脂を取り除く必要あり。

ただし、あぶらとり紙は使わない方がベター。必要な皮脂まで取り除いてしまうと、さらに乾燥が進みます。

メイク直しをする前に肌を整えることで、さらにキープ力がアップ。

もしスポンジなどで油を取り除いてもテカりが気になるという方は、一旦スプレータイプの化粧水を吹きかけて、油分や水分をオフ。その後、ファンデーションを塗り直しましょう。

雨の日に顔色が悪いと言われないコツ

傘をさして歩く女性

雨の日は鏡で自分の顔を見るたびに、血色の悪さが気になるところ。しかし、メイク次第で顔色のお悩みは解決できます。

雨の日はなぜ顔色が悪く見えるの?

雨の日は、室内も薄暗い状態。晴れた日に比べてどうしても顔に当たる光の量が少なくなるので、くすみがち。

そもそも光は何かに当たって反射をしますが、視覚がその反射光を感じ取って脳へと伝達することで認識されます。

つまり、顔に当たる光の量が少なくなれば、視覚としてとらえる色の認識も少なくなるので、顔色が悪いと感じるというメカニズム。

例えば、明るい部屋で化粧をしても、薄暗い部屋で鏡を見ると別人のように顔色が悪く見えるケースがあります。

これは、顔に当たる光の量によって、顔色に差が出るから。

逆に、暗い部屋で化粧をしてから明るい場所で鏡を見ると、こんなに濃いメイクだったっけ?と思うのも同じ理由。

光が少ないという条件に合わせてメイクをすると、過剰に塗りすぎてしまい、明るい場所ではトゥーマッチになってしまいます。

メイクで健康的なイメージに

顔色が悪く見えるのは、光の加減もありますが、元々の血色の悪さも影響します。できるだけ明るめのカラーをポイントメイクに取り入れて、健康的にすることでイメージを払拭!

チークやリップなどを赤味のある色にしたり、鼻筋や涙袋、おでこなどにハイライトを入れてツヤ感を出すのも効果的。

また、メイクで光をコントロールすることで、顔の印象がパッと明るくなります。

例えば、光沢感のあるパール系の下地を使ったり、ハイライトでメリハリを出したり。仕上げにフェイスパウダーを使うのも良いでしょう。

注意したいのはアイメイク。明るくしようと重ね塗りしても、湿気があると崩れやすいので控えめにした方が良いです。

メイクだけでなく、トップスも明るいカラーにして顔周りを明るくするのもおすすめ。お気に入りの洋服を着れば、気分も上がり表情も柔らかくなります。

雨の日におすすめのメイクの色

 

顔色がくすみがちな雨の日は、メイクでのカラーテクニックがお悩み解消のキーポイントに。

好印象を叶える色使いをチェックしておきましょう。

ポイントメイクは明るさ重視で

雨の日は屋外も屋内もなんとなく薄暗いですが、ポイントメイクで明るいカラーが入れば顔色が明るく見える効果あり。

ただでさえくすんだ肌に、同じような色を乗せてもより暗い印象が増すだけ。明るいカラーで血色を良く見せるテクニックを使います。

明るい色といっても、濃ければ良いわけでなく、ナチュラルな血色感が理想的。

例えばチークの場合は、筆につけてそのまま肌にのせるのではなく、一旦手やティッシュで余分なパウダーをオフしてからのせること。肌に色をなじませることで、より自然な血色感が表現できます。

ハイライトを使う時も、つけ過ぎないのがポイント。ほんの少しでもツヤ感が出るので、あえて目立たないように意識しましょう。

仕上げに赤みが強いリップでメリハリをつければ、顔全体が明るく華やかになります。

和テイストも雨の日メイクにマッチ

日本には独自の色文化がありますが、これは欧米に比べて湿度が高いからと言われています。

湿度が高くジメっとした雨の日は、メイクをマットな質感にして涼しげにするのがおすすめ。そこで活用したいのが、マットメイクにぴったりな和テイストのカラーです。

例えば、山吹色のアイシャドウや、朱色のチークやリップも華やかで映えるカラー。

国産ブランドに限らず、日本名がついたコスメアイテムは沢山あるのでぜひチェックしてみてください。

雨の日におすすめのメイク方法

 

雨の日のメイクは、崩れにくさを重視!高温多湿に負けないベースメイクがマストですが、それにはしっかりとスキンケアをすることが大切。

外気に左右されがちな時期こそ、内側から潤いをキープして崩れにくい状態に導く必要があります。

下地やファンデーションは、崩れにくいような塗り方を。朝余裕がある時は、メイクをする前にローションパックで保湿するのもおすすめです。

■下地

全体的に下地をつけた後は、手のひらで顔を覆うようにしてハンドプレス。ムラなく仕上がる効果や、体温によって肌なじみが良くなる効果が期待できます。

■ファンデーション

晴れの日よりも少なめにして、薄付きを心がける必要あり。メイク直しも楽になります。

■パウダー(パウダーインファンデーション) 

フェイスブラシを使って軽くのせる程度に。ブラシを使うことで、マットに仕上がり涼しげな印象に。余分なパウダーも落とせます。

メイク直しも雨の日仕様に

雨の日は、肌タイプに合ったメイク直しをすることでキープ力に差が出ます。

どちらの場合も乳液を使うので、小さい容器に入れて持ち歩くと便利でしょう。

■乾燥肌の場合

手を洗って清潔にしてから、手のひらで顔全体をハンドプレスします。その後、乾燥しやすい部位にクリームや乳液をなじませましょう。

■脂性肌の場合

まずは、テカりやすい部位をティッシュやスポンジで押さえてから、テカりや毛穴が気になる部位にクリームや乳液をなじませて、再びティッシュで押さえます。

時間に余裕があれば、簡単にクレンジングをしてから毛穴ケア効果がある下地をつけて、UV効果があるファンデーションやパウダーをのせます。

雨の日のNGメイクとは?

メイク中の女性

■ベースメイクの厚塗り

メイク崩れの原因は、ベースメイクにあり。下地やファンデーションを厚塗りすればするほど、メイクが崩れやすくなります。

リキッドタイプのファンデーションは、仕上がりがしっとりするので雨の日には不向き。パウダータイプのファンデーションを、普段よりも薄く伸ばすことを意識しましょう。

■暗めのカラー

グレーやブラウンなど、シックなカラーはメイクの定番。しかし、雨の日はただでさえ薄暗いので、地味色だと肌がくすんで見えます。

アイメイクやチーク、リップには、できるだけ明るいカラーを使うのが鉄則。表情も明るくなり可愛げがあるので、男性ウケも上々。雨の日のデートでも自信をもって臨めます。

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【1】Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止 化粧下地

Primavista(プリマヴィスタ) 皮脂くずれ防止 化粧下地

皮脂を抱え込んで広げないオイルブロック処方のリキッドファンデーション。雨の日でも、テカり知らずのサラサラ肌を長時間キープ。

肌への密着度も高く、メイク崩れやヨレを防いでいつまでもメイクしたての肌が続きます。「SPF20/PA++」とほど良いUVカット効果もあり、下地としても優秀なのでデイリーメイクにぴったり。

伸びもよく、忙しい朝時間のメイクもササッと完了!ヒアルロン酸などの保湿成分も配合され、乾燥対策もバッチリです。

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【2】DECORTE(コスメデコルテ) フェイスパウダー

 

デパコスの中でも一目置かれる存在の「DECORTE(コスメデコルテ) 」。こちらのフェイスパウダーは、オーガニックシルクパウダーを使用した贅沢なコスメだけに、上品な仕上がりに。

パウダーとはいえ、肌にのせた瞬間からスーッとなじんで肌のお悩みをカバー。透明感がアップして、雨の日に映えるマットな質感が叶います。

厚塗り感もなく、まるで素肌がきれいになったような使用感。カラーはほんのりピンクからベージュ系まで6色あるので、自分の肌に合うカラーを選べます。

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【3】MAQuillAGE(マキアージュ) ビューティーロックミスト

MAQuillAGE(マキアージュ) ビューティーロックミスト

メイクの仕上げにシュッとひと吹きするだけで、雨の日のメイク崩れを解決!「ビューティーロック」というネーミングの通り、美しさをその場でロック。

暑い季節にも嬉しい、ひんやりとしたクール感覚のミスト。雨が続く梅雨時期でも、ベストな状態を長時間キープすることが可能です。

ベースメイクだけでなく、アイメイクなどのポイントメイクにも効果を発揮。シトラスフルーツの香りで、ジメジメした季節も爽快に過ごせます。

MAQuillAGE(マキアージュ) ビューティーロックミスト / ¥1,980

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【4】CEZANNE(セザンヌ) シングルカラーアイシャドウ 02 ニュアンスピンク

CEZANNE(セザンヌ) シングルカラーアイシャドウ 02 ニュアンスピンク

肌なじみの良いピンクのアイシャドウ。オイル成分配合で肌への密着度が高く、雨の日でも崩れにくいうえにプチプラという優秀アイテム。

微粒子が肌の上で転がり、サラサラ感を演出。5種類の保湿成分配合なので、乾燥しやすい目元も安心です。

単色で使うのも良いですが、濃いめのピンクやブラウンとグラデーションを作って女性らしい目元にするのもおすすめ。ニュアンスカラーの絶妙な色合いが、雨の日の薄暗さに負けない華やかさを演出してくれます。

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【5】LUNASOL(ルナソル) カラーリングシアーチークス 01ライトコーラルピンク

LUNASOL(ルナソル) カラーリングシアーチークス 01ライトコーラルピンク

メイクの仕上がりを左右するチークは、雨の日でも血色を良くしてくれるオレンジがかったピンクがぴったり。悪目立ちする明るさではないので、オフィスシーンでも好印象に仕上がります。

色づきは軽やかですが、存在感は抜群の単色カラー。素肌のような自然な血色感が叶うのも人気の理由です。

もちろん雨の日だけでなく、太陽の光を浴びてもナチュラルな雰囲気をキープ。リップはオレンジ系でもピンク系でも合うので、あると重宝するアイテムです。

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【6】Visee(ヴィセ) リシェ マイレッド ルージュ

Visee(ヴィセ) リシェ マイレッド ルージュ

少々青みがかったレッドは、さりげなく雨の日とリンクするメイクにおすすめ。発色が良い割に透明感があり、濃いめのカラーでも浮いてしまう心配がありません。

ローズヒップやスクワランなど、保湿効果が高い美容成分配合で、雨の日でも乾燥しやすい唇を保護。

控えめにパールが配合されていることで、ツヤ感もアップ!潤いを長時間キープしてくれます。

Visee(ヴィセ) リシェ マイレッド ルージュ / ¥1,650

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【7】LANCOME(ランコム) ラプソリュ マドモワゼルシャイン 232 マドモアゼルプレイ

 

雨の日のクールな大人メイクに役立つのが、ヌーディーカラーのリップ。ヌード感が強く、絶妙な透け感がマットな質感の肌にフィットします。

地味めのカラーでも、のっぺり感が出ないシアーな発色が魅力。使い勝手の良いピンクベージュなので、シャドウやチークのカラーを選ばないのも嬉しい点。

ローズオイルなどの天然美容成分配合で、つけ心地も抜群。4種類のフラワーとシトラスの香りが、雨の日でも爽やかな気分にしてくれます。

LANCOME(ランコム) ラプソリュ マドモワゼルシャイン 232 マドモアゼルプレイ / ¥4,180

雨の日のメイクにおすすめのコスメ【8】Fujiko(フジコ) あぶらとりウォーターパウダー

Fujiko(フジコ) あぶらとりウォーターパウダー

メイク直しの際に便利な、あぶらとりパウダー。クッションファンデのような質感で、メイクの浮きやヨレをリタッチ!

メイクの上からポンポンと軽く叩くだけで、余分な皮脂や汗を取り除くことが可能。パウダーでありながら保湿成分も配合されているので、うるおいはキープしたままナチュラルな仕上がりに。

ついつい厚塗りになってしまいがちなメイク直しも、サラッと仕上がることで雨の日のイライラを解消できます。

Fujiko(フジコ) あぶらとりウォーターパウダー / ¥1,980

何かとお悩みが多い雨の日のメイク。ベタついたり、顔色が悪く見えるのが解消できれば、気分まで明るくなります。ぜひご紹介したメイクポイントやおすすめアイテムを参考にしてみてください。