TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

大人女子のおしゃれなベレー帽のかぶり方。髪型別のコツやワンポイントアドバイスも

ベレー帽というと冬の帽子のイメージでしたが、最近は春夏にもベレー帽を見かけるようになりました。ただ、よく耳にするのが「おしゃれにかぶる事ができない」という声です。
では、今どきのおしゃれなベレー帽のかぶり方とはどんなかぶり方なのでしょうか。
今回は、大人女子におすすめのベレー帽のかぶり方を髪型別でご紹介します。気に入ったかぶり方があればぜひ参考にしてください。

軍用ベレーみたいな“ななめかぶり”はNG?主流なのは“真っ直ぐかぶり”

ベレー帽というと、これまではフェミニンなスタイルに合わせるイメージがありましたが、最近はむしろカジュアルだったり、ストリートなスタイルに合わせるコーデがトレンドです。では、どんなかぶり方が今どきのかぶり方なのでしょうか。ポイントをまとめました。

■後ろ倒しにかぶる
あらゆる髪型に共通しておしゃれに見えるコツは、後ろ倒しにかぶるかぶり方です。前髪や耳を出すかどうかは、髪型などにもよりますが、前髪が長い人は前髪を横に流してベレー帽に入れてしまう方が、旬な雰囲気になります。

■真っ直ぐにかぶるのが主流
ベレー帽のかぶり方は、軍用ベレー帽のようにななめにかぶるのが正しいとされていますが、今どきで旬なのは真っ直ぐにかぶったり、少しだけ傾けるかぶり方です。

■カジュアルスタイル×ベレー帽が◎
フェミニンなスタイルに合わせてかぶるよりも、カジュアルなスタイルに合わせる方が旬な雰囲気になります。

ショートヘア×ベレー帽のかぶり方:前髪はイン、サイドは少し残して

 

Kaoriさん(@kaori____hi)がシェアした投稿 -

ショートヘアの人で前髪をサイドに流している人は、ベレー帽の中に前髪を入れておでこを出すのがポイントです。サイドの髪は少し残して、残りは耳に掛けるなどしてベレー帽に入れましょう。

鏡を見ながらバランスを見て、サイドの髪の量を調節しましょう。季節感や、服の雰囲気に応じてバランスをうまく取るのがコツです。

ショートヘア×ベレー帽のかぶり方:ぱっつん前髪の人は浅くかぶるのが◎

ぱっつん前髪のショートボブの人は、ベレー帽を後ろ倒しに浅くかぶるのがポイント。耳を片方だけ出すと女性らしい雰囲気になります。

大ぶりなイヤリングなどのアクセサリーが似合うのがベレー帽の良さ。キャップにはない魅力があります。顔周りが旬なムードに。

外はねボブヘア×ベレー帽のかぶり方:大人可愛くかぶりたい人におすすめ!ふちは必ず入れ込んで

ボブヘアでベレー帽を大人可愛くかぶりたい人は、サイドから後ろの髪を外はねにするのがおすすめです。甘い雰囲気のあるベレー帽に、外はねの可愛さが絶妙にマッチ。サイドの髪は耳にかけるなどして、バランスを見ながら調整しましょう。

ベレー帽のふちは必ず入れ込みましょう。おでこがしっかり出るように後ろ倒しにかぶります。メガネとの相性も抜群です。

ボブヘア×ベレー帽のかぶり方:サングラスや辛口スタイルとも相性◎

 

Asamiさん(@a_sami121)がシェアした投稿 -

おでこを出して後ろ倒しにかぶるベレー帽のかぶり方は、辛口な小物やスタイルに似合います。スポーティパンツ&スニーカーにサングラスをプラスしたクールなスタイルにも、しっくり馴染んでいます。

ベレー帽をかぶる時には、髪を軽くセットするのがおすすめ。ヘアアイロンで軽く外はねさせたり、サイドの髪に軽く動きをつけて、ワックスなどで艶感を出したりしてまとめておきましょう。このひと手間で、ベレー帽をかぶった時のおしゃれ感に違いが出ます。

ボブヘア×ベレー帽のかぶり方:2018年夏のトレンドは、メッシュ生地でサマー仕様のパイピングベレー帽

メッシュ生地でサマー仕様のパイピングベレー帽は、2018年夏のトレンド要素が盛り込まれています。秋冬のイメージだったベレー帽に、メッシュ生地などで春夏にもかぶれるものが登場。パイピングベレー帽は秋冬に流行っていたデザインです。

かぶり方は他のベレー帽と変わりません。夏はボーダー柄トップスなどの爽やかなアイテムに合わせて、サイドの髪は耳にかけて顔周りに抜け感を出すのがポイントです。

ロングヘア×ベレー帽のかぶり方:ロングヘアはウェットにスタイリングして

 

ロングヘアの人は、髪をウェットにスタイリングしてベレー帽をかぶるのが旬な雰囲気を作るコツです。スタイリングせずにベレー帽をかぶった場合は、重い印象になってしまいますので注意しましょう。

ロングヘア×ベレー帽のかぶり方:ゆるっと巻いて一つ結びのヘアアレンジで軽さを出して

 

今どきのベレー帽のかぶり方は、おでこを出したり、サイドの髪は耳にかけたりして、顔周りに軽く抜け感を出すのがポイント。

ロングヘアの人は、そのままダウンスタイルにすると、重くなってしまいます。スタイリングするには長さも量もあるという人は、後ろでまとめてヘアアレンジするのがおすすめ。まとめることでサイドの髪の量の調節もできます。

ゆるっと巻いて一つで結ぶことで、ロングヘアでも顔周りが軽やかに。おでこを出してベレー帽をかぶったら、サイドの髪は適度に垂らしてバランスを取りましょう。

ショートヘア×ベレー帽のかぶり方:秋も顔周りはすっきりがマスト

秋のベレー帽のかぶり方も、顔周りをすっきりさせるのがポイント。ショートヘアなら、おでこを出して、サイドの髪は耳にかけるだけでOKです。秋冬でも、どこかに抜け感を出すのがトレンドです。

ボブヘア×ベレー帽のかぶり方:ファーベレー帽×辛口コーデは、顔周りの軽さがマスト

 

*chieko*さん(@chappy.happy)がシェアした投稿 -

トレンドの影響で冬のベレー帽のかぶり方にも変化が。ボブヘアの人でもまとめるなどしてヘアアレンジをしてかぶる方が、旬なムードになります。特にメンズライクなMA-1とブラックデニムのコーデには、そういった抜け感の演出がマッチします。

ファーベレー帽は甘い雰囲気になりがちですが、黒をチョイスしたり、抜け感を演出することによって、クールなスタイルにも似合います。


意外と合わせるスタイルを選ばず、旬な雰囲気を作ってくれるベレー帽。おしゃれなかぶり方をマスターすれば、重宝する帽子です。今後もっと流行する気配もあり、カジュアルスタイルに合わせる帽子として定番になる可能性も。今回ご紹介したかぶり方で気に入ったものがあれば、ぜひ参考にしてベレー帽に挑戦してみてください。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ