TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

トレンドの“ワークブルゾン”をキレイめに着こなすコーデ術



カジュアルだけどおしゃれな着こなしが叶えられる、ワークブルゾン。
今っぽおしゃれにも仕上がり、動きやすさも抜群なので、冬のお出かけシーンにはぴったりのアイテムかも。


カジュアルすぎて野暮ったく見えないように、ワークブルゾンを今っぽく着こなすコーデ術をご紹介。


“ブラック”ワークブルゾンはこう着こなす!


http://wear.jp/mibeichen/9281097/
wear.jp


優美な花柄とレースアップシューズのレディな着こなしには、ブラックのワークブルゾンで、かっこよさもプラスさせてあげると、甘辛がちょうどいいバランスの着こなしに。


http://wear.jp/maiammaiam/10819069/
wear.jp


白トップス×デニムのカジュアルスタイルも、ブラックのワークブルゾンだから、大人ハンサムなコーディネートに仕上がる。


http://wear.jp/sszz9981/11401623/
wear.jp


ワークブルゾンはカジュアルな印象のニットタイトスカートとももちろん好相性!野暮ったくならないように、合わせる小物使いで、より一層おしゃれさをプラスさせてあげるとGOOD!


“カーキ”のワークブルゾンはこう着こなす!


http://wear.jp/choco24/11438561/
wear.jp


お馴染みのカーキのワークブルゾンは、女っぽく体のラインが出る、白のニットワンピースと組み合わせると可愛らしさが加わって、より一層こなれたコーディネートが完成する。


http://wear.jp/arinko0826/11096828/
wear.jp


白ニットなどの甘めスタイルにも、ボーイッシュなスタイルにもなんでも合うカーキは、さまざまなコーディネートを楽しめるのがいいところ。
レースアップのショートブーツをオンして、とことんクールに仕上げちゃお!


“ブラウン”や“ボルドー”のワークブルゾンはこう着こなす!


http://wear.jp/doudouyuri/11471316/
wear.jp


今季気になるブラウンのワークブルゾンは、トレンドのチェック柄タイトスカートと合わせて、今っぽいワークブルゾンコーデに更新してみるのも、新しくて斬新。


http://wear.jp/tanatana0128/11525350/
wear.jp


ボルドーのワークブルゾンも今年気になるアイテム。全体をブラックで引き締めつつも、深みのあるボルドーが妖艶な女らしさを引き出してくれるので、全体が重くなりすぎずカッコよくキマってます。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ