LIFESTYLEDEC.17.2017

おつまみにぴったり!フルーツで作る簡単“温スイーツ”レシピ

今回ご用意したレシピは、冬の寒い時期でもほっこりいただける「温スイーツ」のレシピ。おうちで一人で楽しめるように、みんなでホームパーティーでシェアするように、あらゆるシーンで使えそうな、フルーツを使った見た目も彩り豊かな「温スイーツ」のレシピを集めてみました!
今回ご用意したレシピは、冬の寒い時期でもほっこりいただける「温スイーツ」のレシピ。おうちで一人で楽しめるように、みんなでホームパーティーでシェアするように、あらゆるシーンで使えそうな、フルーツを使った見た目も彩り豊かな「温スイーツ」のレシピを集めてみました!

「ビタミンフルーツグラタン」

ビタミンCや鉄分がたっぷりなプルーンやキウイを使った、フルーツの甘味と酸味のバランスのとれたアツアツグラタン。粉砂糖はフルーツの水分で溶けやすいので、たくさんふるほど表面が香ばしく焼けますよ!
今回はバナナとキウイを使ったけど、いろいろフルーツのアレンジをしてみるのも!オレンジやグレープフルーツ、桃、パイナップルも美味しそう。


【材料(2人分)】
バナナ 1本
キウイ 1個
プルーン 4個
スライスアーモンド 小さじ1
粉砂糖 少々

【作り方】
バナナは1cm厚の輪切り、キウイは半月切りにします。

耐熱皿に(1)を並べ、半分に切ったプルーン、スライスアーモンドをのせ、粉砂糖を茶こしで全体にふりかけ、200~220℃のオーブンで約10分焼きます。

「焼きりんごバニラアイス添え」

アイスクリームに含まれる脂肪分は、エネルギー源として使われやすい特徴があり、アイスクリームを食べると身体が冷え、体温をもとに戻そうと熱生産を高めます。なのであったかいフルーツといただくと、太りにくくなるので一石二鳥!


【材料(6個分)】 
りんご 1個
砂糖 大さじ1
バター(無塩)15g
シナモンパウダー 適量
バニラアイスクリーム 適量

【作り方】
りんごは6つのくし形に切り、種、芯を除いて、ひとつを4等分に切り、砂糖をまぶします。

耐熱容器に(1)を入れ、バターをのせて、温めたオーブンで焼きます(220℃ 約10分)。

粗熱を取って、バニラアイスクリームをのせ、好みでシナモンパウダーをふります。

「簡単プチタタン(りんごのタルト)」

古典的なデザート”タルトタタン”を可愛く、簡単にアレンジ!
りんごにはセルロースやペクチンなどの食物繊維が豊富に含まれています。便秘の予防や腸内環境のコントロール、糖質、脂質の吸収を遅らせ、コレステロールの働きを抑えるなど生活習慣病の予防に。


【材料(4人分)】
りんご 2個
レモン汁 大さじ1
レーズン 20g
バター 50g
グラニュー糖  50g
バニラエッセンス 少々
はちみつ 20g
クッキー(市販) 5枚(50g)
バター(塗り用) 適宜
パウダーシュガー 適宜

【作り方】
りんごは8等分のくし形に切ります。皮はそのままで、種の部分を取ります。1個のくし形を4等分に切ります。レーズンはぬるま湯(分量外)で戻しておきます。

鍋にりんごを入れます。レーズンを加え、バター、グラニュー糖、バニラエッセンス、はちみつ、レモン汁を加えて弱火にかけ、ふたをして12分煮ます。時々かき混ぜておきます。

ふたを取り、やや強火にし、混ぜながら水分をとばします。そのまま冷ましておきます。ココットまたはプリンカップの内側にバター(塗り用)を薄く塗り、細かく砕いたクッキーを入れます。(2)をたっぷり詰めます。180℃のオーブンで8分焼きます。

冷たくしていただく場合は、型からはずし、冷やしてパウダーシュガーをふります。熱々でいただく場合はそのままでも美味しくいただけます。

「ダッチベイビーパンケーキ」

ダッチベイビーパンケーキは、外はカリッとしていて中はもちっとしているパンケーキです。スキレットごとオーブンに入れるだけで簡単に出来ちゃうのもいいですね!トッピングにビタミン、食物繊維豊富な果物を添えると、栄養バランスが良くなります。


【材料(1人分 直径16~18cmの鉄製フライパンまたはスキレット1台分)】
卵 1個
薄力粉 35g
牛乳 60g
砂糖 小さじ1/3
塩 ひとつまみ
バター 10g

・トッピング
砂糖 少々
バニラアイスクリーム 適量
りんごのソテーやお好みのジャム 適量

【作り方】

鉄製フライパン(またはスキレット)をオーブンに入れ、200℃にしっかりと予熱しておきます。

ボウルにふるった薄力粉、砂糖、塩を入れ、泡立て器で軽く混ぜ、くぼみを作ります。

くぼみに牛乳を加えてしっかりと混ぜ、溶きほぐした卵を加えてよく混ぜます。

フライパンを取り出し、バターを入れて溶かしたら、すぐに(3)の生地を一気に流し入れます。再びオーブンに入れ、200℃で15分ほど焼きます。

焼き上がったらオーブンから取り出し、粉糖をふり、お好みのトッピングを添えます。※アイスクリームをのせる時は少し冷めてからにします。


※定番は、バターを塗ってレモン汁をギュッと絞ったり、粉糖をふるといった食べ方ですが、ホイップクリームやアイスクリーム、季節のフルーツ、チョコレートソース、カスタードクリームなどシュークリームに合うものなら何でもOK。またベーコンや炒めたほうれん草、きのこ、トマト&アンチョビなどをトッピングして焼き上げたり、焼き上がったものに後から添えても美味しいです。サラダをのせても合います。

「かぼちゃおやき」

かぼちゃは小豆との相性がよく、野菜でありながらご飯のおかずからおやつまで、幅広く活用できます。β-カロテン、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンCが豊富に含まれた健康野菜です。
かぼちゃの甘味がたまりません!香ばしく焼けて、冷めても美味しくいただけます。さつまいもでも試してみてください。


【材料(4人分)】
かぼちゃ 400g
ゆで小豆(加糖・缶詰)80g
グラニュー糖 120g
小麦粉 100g
粉チーズ 30g
バニラエッセンス 少々
サラダ油 大さじ2
バター 大さじ1

【作り方】
かぼちゃは皮をむき、大きめの乱切りにします。水で洗ってから蒸し器に入れてやわらかく蒸し上げます(20分程度)。(電子レンジでやわらかくなるまで加熱してもOKです。)

ボウルに(1)のかぼちゃを入れ、熱いうちに粗く潰します。粗熱が取れたら、グラニュー糖、小麦粉、粉チーズを加えて混ぜ合わせます。バニラエッセンスを加え、ひとつのかたまりになるまで練り混ぜます。

生地を8等分にします。それぞれを丸くかたどり、小さめのハンバーグの形にします。

フライパンを熱し、サラダ油をなじませます。かぼちゃの生地をやや弱火でこんがり焼き、返します。返したら弱火にしてバターを加えて焼きます。

焼き上がったら器に盛り付け、ゆで小豆を添えます。

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。