TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

まだ間に合う!2018年、有名百貨店がオススメする豪華なおせち9選

店舗での予約は終了してしまっても、ネットであればまだまだ選べる、予約できる有名店のおせち。
忙しい師走にデパートに寄れない方も嬉しいですね。お正月は家族や大切な人とともに、美味しいおせちでゆっくり過ごしてみては?

高島屋

全国配送、各地方の配送など、地域によって選べるおせちも数多く、家族三世代でいただけるもの、キャラクターもの、和・洋・中の名匠によるとびきり贅沢なものなど、定番からひと味違ったおせちも用意されている高島屋。人気のパクチーを味付けに使ったおせちはSNSでも注目を集めること間違いなし!

【高島屋限定】パクチーの魅力おせち 和・洋 一段 10,800円(税込)<1-2人前>
パクチーの魅力を伝える「エスビー食品」とコラボレートし、パクチーの素材や調味料を使用してエスニック風味のおせち料理が完成!トレンドのパクチーで楽しいお正月をどうぞ。

【京菜味のむら】 おせち料理 八坂の組 3段重 10,800円(税込)<2-3人前>
毎年変わる蓋の柄は、タカシマヤオリジナル。今年は銀河を思わせるスタイリッシュな柄で、洋のしつらえにも調和します。

予約締切:2017年12月26日(火)10:00まで

高島屋オンラインストア

伊勢丹

伊勢丹のおすすめのおせちは、金沢や京都、東京の伝統ある料亭や老舗ホテルの名前が連なり、豪華絢爛なおせちも。嬉しいのはその名店のお味が少人数から数多く用意されているところ。少人数用のおせちを2種類購入し、有名店の味をお正月から食べ比べてみるなんて贅沢も可能です!

【日本ばし大増】「福」一段 12,960円(税込)<1〜2人前>
ミニサイズおせちなので夫婦や少人数でいただくにはぴったり。日本ばし大増(にほんばしだいます)は明治33年(1900年)創業の老舗。古き良き江戸の味わいを詰め合わせました。

予約締切:2017年12月19日(火) 20:00まで

伊勢丹オンラインストア

三越

北海道から九州までの各店舗から選ぶ三越のおせちは、地域ごとから選べます。なかでも注目はミシュランガイド宮城2017年版で一つ星を獲得したnacree(ナクレ)の「光と花の杜おせち」。素材を活かしたおせちは当然ながら、フォトジェニックな美しい重箱がお正月のテーブルの華やかに彩ります。

【nacree(ナクレ)】光と花の杜おせち 43,200円(税込)<4人前>
ミシュランガイド宮城2017年版で一つ星を獲得したnacree(ナクレ)は、素材を活かし当店で提供している料理コンセプト「火入れ」「素材」「切り方」の本質を求め仕上げたおせちです。

予約締切:2017年12月19日(火) 19:30まで

三越オンラインストア

大丸松坂屋

大丸松坂屋で注目したいのは「生おせち」。今年は人気の北海道をテーマにしたおせちが再登場したり、鮑醤油煮や海老塩焼など富山らしさを楽しめる初登場のおせちが注目。また、各店の味を自由に選んで、お好みのお重をいくつでも重ねられる「my 生おせち」も他ではなかなか見られないサービスも。

【大丸・松坂屋限定】A 「優艶」和風 三段 32,400円(税込)<4人前>
日本料理の伝統と富山らしさを楽しめる風味のよさが自慢のおせち。鮑醤油煮や海老塩焼など、種類豊富に。

予約締切:2017年12月18日(火)まで
     (生おせち)2017年12月22日(金)まで

大丸松坂屋オンラインショッピング

阪急

毎年人気の阪急特選おせち「宝梅」や、料理研究家が手掛けるおせち、渾身の一段重おせちなど今年も充実。お一人様向けのおせちも取り扱いがあり、そちらも各有名店の名前が並んでいます。有名店の豪華なおせちを独り占めしながら、お雑煮や日本酒などを合わせて、のんびり過ごすお正月はいかがでしょうか。


【京都・大原 料理旅館 芹生(せりょう)】和風おせち 芹生渾身 37,800円 (税込)<2人前>

自然美あふれる里山の中に佇む京都・大原の料理旅館「芹生」。京野菜や自家菜園野菜、山菜など、地元ならではの旬の素材を盛り込んだ自慢の一品です。

【東京・渋谷区広尾 オステリアルッカ】イタリア料理風おせち 27,000円(税込)<4人前>
弱冠二十五歳で代官山にイタリア料理店をオープンさせた桝谷周一郎シェフ。素材本来の味を存分に堪能できる繊細な技をお楽しみください。

予約締切:(全国)2017年12月15日(金)まで
     (各地区)2017年12月21日(木)まで

阪急オンラインショッピング

どれも美味しそうで迷ってしまいますね。紹介したおせちの他にもまだまだ沢山の種類があるので、各百貨店のホームページをチェック!予約締め切り前に急いで。


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ