FASHION
DEC.28.2019

カジュアルパーティーの服装はこれでOK!ドレスコードを丸ごと解説

カジュアルパーティーの服装はこれでOK!ドレスコードを丸ごと解説 カジュアルパーティーの服装はこれでOK!ドレスコードを丸ごと解説

カジュアルパーティーを前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。カジュアルなスタイルで良いのか、それともパーティーらしい着こなしにまとめるべきか、悩ましいところです。そこで今回は、カジュアルパーティーにおすすめの服装を一挙ご紹介します。

カジュアルパーティーの服装を徹底解説!ドレスコードから着こなしまでご紹介

 

「カジュアルパーティー」への参加を前にして、服装にお悩みではありませんか?そもそもカジュアルパーティーとは、結婚式の1.5次会やややくだけたお食事会など、フォーマル過ぎない場を指します。したがって、例えば結婚式の披露宴のようにきちんとした着こなしにまとめる必要はありませんが、ある程度ドレスアップして、華やかなスタイルを意識しなければなりません。

つまり『カジュアル=ラフ』という意味合いではないため、普段通りの私服姿で足を運ぶのはNG。指定されるドレスコードにもよりますが、基本的にはフォーマルなドレスやワンピースをチョイスすると失敗することはないでしょう。そこで今回は、カジュアルパーティーのドレスコードからおすすめコーデまで丸ごとご紹介していきます。

カジュアルパーティーのドレスコードって?服装マナーをチェック

 

カジュアルパーティーのドレスコードは、基本的に「スマートカジュアル」が指定されることが多いです。このスマートカジュアルとは、ざっくりというときちんとした身なりながらも、インフォーマルな装い。つまりフォーマルとデイリーカジュアルの中間の服装で、品のあるきれいめなスタイルを指します。

したがってカジュアルパーティーでは、ドレッシーな装いを意識するとOK。とは言えパーティーシーンによって、華やかさを意識した方が良いとか、きちんとまとめた方が良いとかふさわしい着こなしが異なりますので、TPOに応じて服装を選ぶ必要があります。

カジュアルパーティーの服装【1】20代は華やかな一着で差をつけて

ピンクワンピースを使ったカジュアルパーティーの服装

ここからは、具体的にカジュアルパーティーにおすすめの服装をご紹介していきます。そこで20代の女性ならば、華やかなワンピーススタイルにまとめてみて。ワンピースのカラーは明るめで、顔まわりがパッと華やかに見えるものをチョイスすると良いでしょう。

例えば、花柄の総レースでエレガントな雰囲気の、淡いピンクのフレアワンピース。レースの透け感によりやりすぎ感なく素肌感が加わり、きちんとした場にもぴったりの一着です。アクセサリーは小ぶりで派手すぎないものを、クラッチバッグやパンプスで黒でまとめ、華やかな印象をグッと引き締めてください。

カジュアルパーティーの服装【2】30代はシックに大人っぽくまとめて

黒ワンピースを使ったカジュアルパーティーの服装

30代の女性は、シックなスタイルにまとめてみてはいかがでしょうか。華やかでレディライクな装いも良いのですが、大人の女性らしく、落ち着いた雰囲気を演出するのが好印象。品格の良さがにじみ出るような、シックで垢抜けた印象のスタイルを意識しましょう。

例えば、黒のロングワンピースをさらっと着こなして、上品な装いに。重たく見えがちな黒のロングドレスも、Vネックで鎖骨を綺麗に見せたり、レースの透け感により腕コンシャスであったりと、抜け感が加わるものなら重見えすることはありません。そんな中足元はボルドーのパンプスで、さりげなく女性らしさを加えるとgood!

カジュアルパーティーの服装【3】40代はカラードレスで垢抜けさせて

グレードレスを使ったカジュアルパーティーの服装

40代の女性は、カラードレスを着こなして垢抜けた印象へと導いて!シックで大人っぽいスタイルも良いのですが、顔まわりがくすんで見えるのは避けたいところ。パッと華やかに見せるためにも、カラードレスでワンランク上の大人スタイルを叶えてみてください。

例えば、シアースリーブの切り替えがポイントとなった、ライトグレーのタイトドレスを主役としたコーディネート。透け感のあるスリーブ部分が色気を引き出し、女性らしさをグッと高めてくれます。さらに、コクーンシルエット寄りでやりすぎ感のないタイトドレスなので、腰回りの体型カバーが叶うところも嬉しいポイントです。

カジュアルパーティーの服装【4】50代はジャケットのセットアップもおすすめ

セットアップを使ったカジュアルパーティーの服装

もしも若々しいワンピーススタイルに自信がないのならば、ジャケットのセットアップをチョイスしてみるのもアリ!ただしビジネスライクにならないよう、華やかでドレッシーな装いを心掛けてください。例えば上品なセットスーツを主役に、品のある女性らしいスタイルを完成させましょう。

キーネックでビジネス感が抑えられた、ホワイトのノーカラージャケットと、センタープレスできちんと感のあるホワイトのパンツのセットアップスタイル。結婚式の1.5次会でなければ、白を身に纏っても問題ありません。また、膨張して見えがちな白のセットアップには、黒のインナーを合わせて、グッと引き締めてあげると良いでしょう。

カジュアルパーティーの服装【5】結婚式の二次会なら程よくエレガントに

花柄ワンピースを使ったカジュアルパーティーの服装

結婚式の1.5次会や二次会のようなパーティーなら、華やかなスマートカジュアルスタイルを意識しましょう。気の知れた友人が集う場であれば、色数の多い花柄ドレスでも大丈夫。ただし、目立ちすぎるような派手な装いは控えてください。

例えば、繊細な花柄のレースが身頃全体にあしらわれた、ロングワンピースを着こなしたコーディネート。淡いカラーをベースに黒の繊細な花柄で、華やかながらも上品な雰囲気に仕上がっています。さらにパンプスやクラッチバッグは黒でまとめ、花柄との統一感を意識しつつ、大人っぽさを演出しましょう。

カジュアルパーティーの服装【6】レストランや高級ホテルではきちんと感を意識

ベージュワンピースを使ったカジュアルパーティーの服装

レストランや高級ホテルで行われるパーティーでは、きちんと感や身だしなみの清潔感を意識すると良いでしょう。エレガントかつ華やかなスマートカジュアルスタイルがぴったりで、肌の露出はできる限り控えて。またホテルでは、特別にドレスコードが指定される場合もありますので、ぜひ事前にチェックしてください。

例えば、ヌーディーなベージュのパーティードレスを主役としたコーディネート。アーム部分にレースがあしらわれることにより、品良くもトレンドライクでおしゃれな印象へと導きます。さらに5分袖丈なら、羽織り要らずでさらっと1枚で着こなせるところも嬉しいポイントです。

カジュアルパーティーの服装【7】同窓会ならやりすぎ感なくきれいめに

セットアップを使ったカジュアルパーティーの服装

同窓会なら、やりすぎ感なくきれいめにまとめると良いでしょう。とは言えホテルなどで開催される場合には、ドレッシーなパーティースタイルでも問題ありません。もしもややくだけた場で行われるのなら、華やかさを抑えたきれいめなスタイルだと、周りから浮くことはないでしょう。

例えば、ホワイトの総レースプルオーバーと、シルエットがきれいな黒のテーパードパンツのセットアップを着こなしたコーディネート。モノトーンで控えめな配色ですが、トップスのシアーなレースにより、程よく華やかさを演出できています。さらにパンプスはベージュで女性らしさを、カバンは黒でとことん品良く決めてください!

カジュアルパーティーの服装【8】ユニクロやGUでもOK!品良く決めて

ジョーゼットプリーツワンピースを使ったカジュアルパーティーの服装

カジュアルパーティーの服装は、「UNIQLO(ユニクロ)」や「GU(ジーユー)」に頼ってみるのもOK!デイリー使い向けのカジュアルな服装が多いように思えますが、スマートカジュアルスタイルにぴったりのワードローブも多数揃えているため、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

例えばこちらは、ユニクロで販売されている「ジョーゼットプリーツワンピース」。しなやかな落ち感のあるジョーゼット素材で、きれいに揺れるプリーツが美しいシルエットを作り上げます。さらに程よくシアーで透け感があるため、カジュアルな印象が抑えめで、フォーマルな場にも問題なく着用いただけるワンピースです。

UNIQLO(ユニクロ) ジョーゼットプリーツワンピース / ¥5,489

いかがでしたか?今回は、カジュアルパーティーにおすすめのコーディネートを一挙ご紹介しました。カジュアルパーティーでは、きれいめなワンピースやドレスを着用するのが基本。カジュアルと名がついても、ラフなくだけたパーティーではないことを意識しましょう。さらに色合いは派手すぎないように、そして素肌の露出も控えめにまとめると、周りから浮く心配はありません。ぜひ参考にして、正しい服装でカジュアルパーティーへと足を運んでください!