FASHIONFEB.24.2019

島根旅行で着る服装のおすすめ!月別・天気別の大人女子的コーデ9選

島根は大人女子にとって出雲大社でお馴染みの観光地。出雲大社には良縁祈願で日本中の女子が訪れています。そこで今回は、島根への旅行を計画中の方のために、島根の季節別の気候やその時期におすすめの服装をおしゃれ女子のコーデを使ってご紹介します。
島根は大人女子にとって出雲大社でお馴染みの観光地。出雲大社には良縁祈願で日本中の女子が訪れています。そこで今回は、島根への旅行を計画中の方のために、島根の季節別の気候やその時期におすすめの服装をおしゃれ女子のコーデを使ってご紹介します。

島根県の季節ごとの気候と服装選びのポイント

 
島根は女子にとっては出雲大社でお馴染みの観光地。大人女子の中には良縁祈願のためにひとり旅で訪れる方も多くいらっしゃいます。そんな島根に旅行を計画中の方は、島根の気候や旅行する時期に最適な服装が気になりますよね。

そこで今回は、島根旅行で着るおすすめの服装を月別・天気別にご紹介します。まずは、島根の季節ごとの気候と服装選びのポイントから。島根旅行に行く時期を決める際などに参考にしてください。

【島根県の季節ごとの気候と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)

島根の3月はまだ冬の名残りで寒く、最低気温は5度以下の日が多くあります。アウターやニットは必ず準備して行きましょう。4月以降は徐々に暖かくなり、昼間の気温が20度を超え始めます。ただ、日ごとや一日の間の寒暖差が大きいので、重ね着で体温調節しやすい服装にしましょう。

■夏(6・7・8月)

島根の6月から7月にかけては梅雨入りで降水量が多い時期になるので、必ず雨具や濡れてもいい服装を選びましょう。気温は平均気温が20度を超えて、7月以降の昼間の気温は30度を超えかなり暑くなります。暑さをしのげる服装選びはマストで、日焼け対策や熱中症対策もしっかり準備しておきましょう。

■秋(9・10・11月)

島根の9月は台風の影響で一年で最も降水量の多い時期です。雨具は必ず準備して旅行に出掛けましょう。気温は9月下旬になってようやく昼間の気温が25度を下回ります。10月以降は気温が日ごとに下がっていって、11月の朝晩の気温は10度を下回ります。軽めのアウターやストールなどの羽織るものが必要になってきます。

■冬(12・1・2月)

島根の12月は昼間の気温が10度を下回る日が多く、年末に向けて寒くなっていきます。1月から2月は朝晩の気温が氷点下の日が多く、昼間の気温も10度ない日がほとんどです。厚手のコートやニット、防寒小物をしっかり準備して旅行に出掛けてください。

島根旅行におすすめの服装【1】春(3月):冬の名残りでまだ寒い!コートやニットはマスト

3月の島根コーデ
島根の3月の平均気温は9度前後。上旬は朝晩の気温が氷点下近い日もあるので、コートやニットといった防寒アイテムはマストです。とはいっても、昼間の気温が20度を超える日もあるので、重ね着をして体温調節しやすい服装で旅行に出掛けてください。

島根旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):雨の日は長袖アイテムが◎晴れの日は半袖アイテムでもOK

 
島根の4月から5月は平均で14度から19度位の気温。4月上旬は昼間の気温が10度前後の日もありますが、5月に入ると30度近くまで上がります。寒暖の差が日ごとや一日の中でも大きいので、重ね着で体温調節しやすい服装を準備しましょう。

5月は降水量の多い時期でもあるので雨具の準備も必要です。雨の日は体感が下がるので長袖のアイテムがおすすめ。長袖のワンピースは一枚で様になるので、この時期の島根旅行に最適。ただし晴れの日は暑い日も多いので、半袖アイテムも必ず準備しておいてください。

島根旅行におすすめの服装【3】夏(6月):梅雨に突入。気温は高いので蒸し暑さをしのげる服装選びを

 
島根の6月は梅雨入りで雨の日が多いので、雨具や濡れてもいい服装を準備しておきましょう。ただし気温は高いので、通気性のいいアイテムなどの蒸し暑さをしのげる服装選びがポイントになります。

昼間は半袖のアイテムでちょうど良くても、雨の日は夕方以降に肌寒さを感じることもあるので、バッグに軽い羽織りものを準備しておくと重宝します。

島根旅行におすすめの服装【4】夏(7・8月):最高気温が37度を超える日も!日焼け対策・熱中症対策はマスト

島根の7月から8月は真夏でかなり気温が上がります。昼間の気温が37度を超える日もあるので、暑さをしのげる服装選びをしてください。日焼け対策や熱中症対策もマストです。

コーデにはサングラスをプラスして日差しよけ対策に。サングラスは夏のシンプルコーデのいいアクセントになってくれるので、この時期の観光旅行にはマストアイテムです。

島根旅行におすすめの服装【5】秋(9月):台風の影響で雨の多い時期!一枚で様になるワンピースが便利

 
島根の9月は平均気温が22度前後。残暑で暑く昼間の気温が30度近い日もあります。雨の日は一枚で様になる長袖ワンピースが◎。晴れた日に暑くなることも考慮して、半袖アイテムや羽織りもので寒暖の差に対応できる服装を準備しておきましょう。

島根旅行におすすめの服装【6】秋(10月):秋の気配の時期。浴衣で温泉街を散策するのに最適

 
島根の10月は気温が下がって平均気温で17度前後。温泉旅行に出掛けるのにもいい時期になります。浴衣を着て温泉街を散策するのも、この時期ならまだ寒くありません。下旬になると朝晩の気温が10度を下回り始めるので、軽めのアウターは持参しておきましょう。

島根旅行におすすめの服装【7】秋(11月):アウターが出番になる時期。フリースジャケットは暖かくて軽いのでこの時期に◎

11月の島根コーデ
島根の11月は平均気温が12度前後。朝晩の気温が10度を下回る日が多くなってきます。軽めのアウターやニットは必ず準備して旅行に出掛けてください。フリースジャケットは暖かくて軽いので、この時期の島根旅行に最適のアウターです。

島根旅行におすすめの服装【8】冬(12月):ウールコートやストールなどの冬装備でお出掛けを

 
島根の12月は平均気温が7度前後。中旬以降は昼間の気温が10度を下回り始めます。ウールコートや大判ストールなどの防寒アイテムを使った冬装備で旅行に出掛けてください。

チェック柄の大判ストールは、肌寒さを感じた時にニットの上からでもさっと羽織れるので、冬の島根旅行にあると便利なアイテムです。

島根旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):朝晩の気温が氷点下の日も多い!防寒力のあるアウターがマスト

 
島根の1月から2月は気温が下がってかなり寒くなります。朝晩の気温が氷点下の日が多いので、防寒力のあるアウターを準備してしっかり寒さに備えてください。アウターは冷える腰回りや下半身も温めてくれる丈の長いタイプがおすすめです。
島根は出雲大社をはじめパワースポットが多い観光地なので、特に女性に人気の観光地。気温は日ごとに寒暖の差が大きい時期が多いので、特に季節の変わり目は半袖や長袖のアイテムに羽織りものをプラスするなど、重ね着できるような服装を準備してお出掛けください。服装はしっかり準備して、島根旅行を思い切り楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。