SEP.02.2019

告白を保留にする期間はどの位?適切な返事の仕方もご紹介

告白を保留にする期間はどの位?適切な返事の仕方もご紹介 告白を保留にする期間はどの位?適切な返事の仕方もご紹介

好きな人以外から告白された場合、返事に迷うことはありますよね。そのような場合は、告白の返事を保留にして、考える時間をもらうのも一つの方法です。今回は、告白の返事の保留期間の目安や返事の仕方をご紹介します。

告白の返事の保留期間や返事の仕方【1】即答しなくてもOK!告白を保留して考える期間を

告白された女性

好きな人以外から告白され、返事に迷ってしまうことは誰にでもあることです。特に、告白してくれた相手のことが最近気になりだした場合には、付き合う決断をその場ですぐにはできないこともあります。もし、告白の返事を即答できない場合は、保留して考える時間をもらうのも一つの方法です。

しかし、返事を保留している期間が長くなると、告白してくれた相手は「告白をはっきり断れずに返事を保留にされているのかもしれない」と思われ、脈なしだと誤解されることもあります。

告白の返事の保留期間や返事の仕方【2】保留期間はどのくらい?告白されてから返事をするまでの時間の目安

告白の保留期間に返事を考えている女性

告白されてから、返事をするまでの保留期間は、返事が決まるかどうかによっても変わりますし、長いか短いかどうかは人によって異なりますが、男女問わず1週間~2週間程度で返事をするのがマナーと考える人が多いようですね。


■返事がもらえるまでモヤモヤした気持ちのまま過ごす期間があることを配慮して

勇気を出して告白してくれた男性は、返事が保留されている間は、振られるのではないかと思ったり、他の男性と付き合ってしまうのではないかと不安に思っています。

告白すればすぐにOKがもらえると思っていた男性の場合は、返事を保留されたことで裏切られた気持ちになったり、返事が気になってしまってモヤモヤした気持ちのまま過ごしています。

しかし、告白してその場で断られなかったことで、もしかして付き合えるかもしれないと期待もしています。

返事をするまでの期間が1ヶ月以上経過してしまうと、たとえ返事がOKだったとしても、すでに告白してくれた相手が脈なしだと思って諦めていたり、気持ちが冷めるケースもありますので、できるだけ早く返事をした方がいいですね。

告白の返事の保留期間や返事の仕方【3】告白を保留にする場合の伝え方や注意点

告白の返事の保留期間が欲しいと言っている女性

好きな人以外から告白された際に、その場で返事ができない場合は、返事を保留したい時の伝え方も大切ですよね。


■どの位考える時間がほしいかを伝える

例えば、告白の返事を保留する場合には、「少し考えさせてほしい」「考える時間をもらえない?」などのように伝えるのがおすすめです。

そして、できれば「1週間だけ考えさせてくれない?」「1週間だけ時間をもらえないかな?」などのように、返事をするまでの期間も伝えておくと、告白してくれた相手が「いつになったら返事をくれるんだろう?」と不安な気持ちにならずに済みますね。


■お礼と真剣に考えることを伝える

さらに、告白してくれた際には、気持ちを伝えてくれた事に対するお礼を言ってから、「大切なことだから真剣に考えたいので、考える時間が欲しい」などのように伝えましょう。相手の気持ちに誠実に向き合おうとしていることを伝えられるといいですね。

特に、最近気になりだしていた人から告白された場合や、良い男友達として付き合っていた場合は、告白されたことで急に相手の良い面が見えて、好きになることもあります。

返事に迷っている場合は、正直に「考える時間が欲しい」と伝えて、自分の気持ちを整理してみましょう。


■注意点

告白の返事を待ってもらっている保留期間は「相手の真剣な気持ちに向き合って返事を考える期間」です。したがって、合コンや婚活など、男女の出会いの場に行っていたことがわかると「返事を保留してキープされている」と思われ、失礼な女性だと思われてしまう可能性があるので注意したいですね。

告白の返事の保留期間や返事の仕方【4】保留にした後の返事の仕方

告白の成功

告白の返事をする場合は、まずは告白してくれたことへのお礼を改めて伝えたいですね。また、保留期間に待っていてくれたことに対するお礼と謝罪の気持ちも伝えられるといいですね。


■付き合う場合の返事の仕方

付き合う場合の告白の返事の仕方は「気持ちを伝えてくれてすごく嬉しかった」ということを伝えてから「私も好きです」「これからよろしくお願いします」などのようにOKの返事をするのがおすすめです。


■すぐにOKできない場合は

まだ相手の男性の性格をよく知らない場合は、たとえ印象が良い男性でも、すぐに付き合えないケースもありますよね。

そのような場合は「まずは友達としてあなたの事を知りたい」と伝えるのがおすすめですよ。


■断る場合の返事の仕方

告白を断る場合は、できるだけ早く断った方が、告白してくれた相手がモヤモヤした気持ちで過ごす期間が短いですね。

告白を断る場合の話の切り出し方は、先に「付き合えない」ということをはっきり伝えましょう。
また、気持ちに答えられないことに対して「ごめんなさい」と謝る言葉を付け加えることも、相手に対する思いやりですね。

真剣に考えた結果「このままの関係でいたい」ということや「これまで通りに良い友達でいたい」と伝えましょう。

「他に好きな人がいる」「今は誰とも付き合う気がない」と言う断り方も、相手に未練が残りにくいセリフです。

親しい男性の場合は、恋愛関係にはなれないけれど、人としては大切な人だということを伝えたいですね。

告白の返事の保留期間は1週間~2週間以内に留め、返事をするのがおすすめです。告白の返事をする場合は、気持ちを伝えてくれたことに対する感謝や、返事を待たせてしまったことに対する謝罪の気持ちを伝えたいですね。