FASHION
DEC.08.2019

人前式の服装はこれで安心!流れからおすすめコーデまで丸ごとご紹介

人前式の服装はこれで安心!流れからおすすめコーデまで丸ごとご紹介 人前式の服装はこれで安心!流れからおすすめコーデまで丸ごとご紹介

人前式を前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。ややカジュアルな印象だとは言えど、マナーのある正しい着こなしを意識して、失敗のないように足を運びたいところです。そこで今回は、人前式のマナーからおすすめの服装をご紹介します!

人前式ってそもそも何?まずは基本をチェックしよう

 

近年じわじわと注目を集めているのが、ズバリ「人前式」。まずこの人前式とは、両親、親戚、友人、知人などの前で結婚を誓う形式の結婚式のことを指します。教会式や神前式のように神仏に対して誓うのではなく、ゲスト全員に対して誓うところがポイントで、ゲストが結婚の証人となるのです。

そんな人前式ですが、人気の秘訣は『自由自在に式を創り上げることができる』ところだと言えます。流れはキリスト教式と似た雰囲気ですが、基本的には決まりがなく自由であり、好きな演出を加えたりゲスト参加型で盛り上げたりと、オリジナリティ溢れる式に仕上げることが可能です。さらには、ガーデンや海辺など、場所を問わず式を挙げられるところも人気のポイント。以上より、人前式は自由度の高さによって今話題を呼んでいると言えます。

人前式の流れって?ポイントをチェックしよう

 

人前式は、どのような流れで進められるのか気になるところ。そこでここでは、人前式の一般的な流れについてご紹介します。まずゲストの入場が完了したら、新郎新婦のお二人が入場し、開会宣言を。その後誓いの言葉を拝読して指輪を交換、さらに結婚誓約書または婚姻届にサインをしたら、ゲストに見せて結婚を宣言します。

最後に司会者が閉式を宣言したら、フラワーシャワーやライスシャワーなどの演出で新郎新婦が退場し、人前式が終了。一般的にはこのような流れですが、リングボーイやリングガールに指輪を運んでもらったり、会場外でバルーンリリースを行ったりと、こだわりの演出を盛り込むケースも非常に多いです。

人前式の誓いの言葉はどうする?なしでもいいの?

 

人前式の人気の演出が、ズバリ「誓いの言葉」の読み上げ。基本的に誓いの言葉は、はじめの言葉、二人の誓い、結びの言葉、日付と名前、といった流れで構成を組む形となり、誓いの内容に関しては自由です。そんな誓いの言葉の演出ですが、恥ずかしい、やりたくない、とお考えの方も中には多くいらっしゃいます。

そこで誓いの言葉を読み上げずに良いのかどうかに関してですが、人前式にルールはありませんし、なくても大丈夫。もしも口下手で心配ならば、友人に誓いの言葉を読んでもらい、友人の「誓いますか?」に対する返答を二人で行うような構成にすると良いでしょう。

人前式のゲストの服装マナーは?カジュアルはNG

 

自由度が高く人気を誇っている人前式ですが、ゲストの服装マナーが気になるところ。そこで人前式に対して、カジュアルな印象をお持ちの方も多いかと思いますが、パーティードレスなどできちんとした着こなしを意識しましょう。カジュアルウエディングだからといって、普段着ではマナー違反ですので、要注意です。

もちろん、花嫁と被る白色のドレスはNG。さらに肌の露出もできる限り避け、品のある着こなしを意識してください。また、足元はベージュのストッキングに、つま先の出ないパンプスを。カジュアルなサンダルやミュールは、人前式にふさわしくありませんのでお気を付けください。

人前式の服装【1】主賓は正礼装に!品格の漂うスタイルに

ジャケットを使った人前式の服装

ここからは、人前式におすすめの服装を具体的にご紹介していきます。そこで主賓として招かれた場合には、品のあるきちんとした着こなしを意識しましょう。両家のゲストの代表として招かれるということですので、その立場にふさわしい服装と身だしなみを心掛けてください。

洋装なら、上品なワンピースにジャケットを合わせた、フォーマル感のある着こなしがベスト。例えばネイビーのパーティードレスには、黒のジャケットを羽織り、上品で落ち着きのあるスタイルにまとめましょう。華美なドレスは避け、とことん品良く仕上げてください。

人前式の服装【2】ゲストも品良く!チャペルなら教会式と同じように

パーティードレスを使った人前式の服装

先述したように、人前式のゲストは品のあるスタイルにまとめるのがマスト。例えばチャペルでの人前式なら、カラーワンピースやパーティードレスなどで、華やかな準礼装を意識しましょう。また、昼の装いでは肩などの露出はNGですので、肩の出るドレスを着用する際には、ボレロやショールを羽織ってください。

例えば、淡いピンクのパーティードレスをさらっと着こなしたフェミニンなスタイルに。レースの切り替えやウエストリボンが女性らしさたっぷりで、エレガントなお呼ばれスタイルが完成します。さらに、足元はヌーディーなベージュのパンプスをチョイスして、とことんレディに決めましょう!

人前式の服装【3】レストランでも品良く!フレアシルエットでスマートに

パーティードレスを使った人前式の服装

お料理の美味しさとアットホーム感を重視する花嫁さんに人気があるのが、レストランで行う人前式。レストランでの人前式というと、カジュアルな印象を抱きがちですが、変わらず上品なドレススタイルにまとめて。チャペルと同様に肌の露出も避け、きちんと感を意識すると良いでしょう。

例えば、ネイビーの総レースドレスを主役としたコーディネート。ダークトーンながらも、繊細かつ透け感のあるレースによりフェミニンで、重たく見えないところが嬉しいポイントです。足元は黒パンプスで品良く、さらにパールネックレスやクラッチバッグで華を加え、お祝いの場にふさわしい着こなしを意識してください!

人前式の服装【4】ガーデンや海辺でも上品に!動きやすいとなお良し

パンツドレスを使った人前式の服装

どこでもできるとして人気を誇る人前式ですが、ガーデンや海辺で開かれるケースも多々あります。開放的な空間で行う人前式は、他人とは違う自分らしい式を挙げたい夫婦に人気のある形式。服装はきれいめがマストですが、動きやすく疲れにくいドレスを選ぶのが無難です。

例えば、高級感たっぷりのくすみブルーのオールインワンのパンツドレスを着こなし、エレガントな雰囲気に。トップスはシアーなレースの長袖をチョイスして、素肌感を抑えてあげると良いでしょう。さらに、パンプスやクラッチバッグはシックな黒で統一し、上品なエッセンスを加えるのが正解。

人前式の服装【5】親族はフォーマル感を意識するとOK

パーティードレスを使った人前式の服装

親族として参列するのなら、フォーマル感を意識すると良いでしょう。華やかなドレススタイルも悪くはありませんが、親族らしく落ち着いた雰囲気にまとめるのが一般的。例えばトレンドライクなドレスではなく、黒などのベーシックなドレスを着こなして、品良く、そして大人っぽく仕上げましょう。

ボディラインをカバーしつつ、スッキリとしたシルエットを演出できる、黒のコクーンドレスを着こなしたスタイル。アーム部分にレースがあしらわれていたりと、どこか一点に抜け感が加わっていれば、黒ドレスでも重たく見えないのでおすすめです。

人前式の服装【6】子供は制服でもOK!大人と同じく落ち着きのあるスタイルに

 

さらに悩むのが、お子さんの服装ではないかと思います。そこで基本的に人前式では、制服のある学生なら制服姿で問題ありません。子供のフォーマル服は制服だとされているため、マナー違反になる心配はないのです。ただしシャツやズボン、スカートにはきちんとアイロンをかけ、清潔感のある装いを意識しましょう。

もしも制服がなければ、男の子なら白シャツにズボンやサロペット、女の子ならブラウスにスカートなど、上品な着こなしを意識するとOK。わざわざ高価なお洋服を買う必要はありませんし、ユニクロや無印良品などで、普段使いもできるようなものを選ぶと良いでしょう。

いかがでしたか?今回は、人前式の基本からマナー、おすすめの服装まで一挙ご紹介しました。人前式は一般的な結婚式と比べると自由度が高く、カジュアルな印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的には普段通りのフォーマルなスタイルにまとめて。カジュアルウエディングでも、肌の露出を控えたり、白色のドレスを避けたりと、一般的に知られる最低限のマナーは必ず守りましょう。ぜひ参考にして、上品なパーティースタイルで人前式へと足を運んでください!