BEAUTY
JUL.09.2020

メイクキープスプレーが便利!使い方やおすすめアイテムをご紹介

メイクキープスプレーが便利!使い方やおすすめアイテムをご紹介 メイクキープスプレーが便利!使い方やおすすめアイテムをご紹介

メイクキープスプレーは化粧崩れを防ぐ優秀アイテム。メイクの仕上がりを良くしたり、潤いを与えたりする効果も期待できます。ここでは、メイクキープスプレーの効果や使い方、手作り方法、選び方とプチプラ・デパコスのおすすめアイテムをご紹介します。

【目次】

化粧崩れは多くの女性を悩ますトラブル!

 

朝、丁寧にメイクをしても気づくとすっぴんのようになっていることは少なくありません。まずは、女性の化粧崩れに関する悩みをチェックしてみましょう。

■化粧崩れに関係する悩み
・朝しっかりとメイクしても夕方にはすっぴんのようになる
・ファンデーションが浮いてきれいに見えない
・ファンデーションが毛穴に落ちる
・テカリでメイクがヨレる
・乾燥で粉吹きする
・服やマスクにメイクが付く
・汗や涙が原因でパンダ目になる
など

夏の化粧崩れの原因は?

 

化粧崩れは一年を通して起こるトラブルですが、特に夏は化粧崩れに悩む女性が多いです。夏にきれいな化粧をキープできないのは、どうしてなのでしょうか。

夏の化粧崩れの原因【1】皮脂が過剰に分泌される

気温が上昇する夏には、肌の表面温度も上がって皮脂の分泌量が増加します。皮脂は、肌を守るために大切なものですが、増えすぎると化粧崩れが起こります。

皮脂で化粧崩れが起こるのは、化粧品に含まれる油分が分解されるためです。また、肌の表面に皮脂があると、下地やファンデーションがしっかりと密着しないので、メイクのりが悪くなってメイクがヨレやすくなります。

特に、Tゾーンは皮脂が多いので、夏は化粧崩れが目立つことが多いです。

夏の化粧崩れの原因【2】汗の分泌量が増える

汗は、体温を調節するために欠かせないものです。夏は気温が高いため、体温の上昇を防ぐために汗をかきます。

汗をかくと、化粧品に含まれる粉が流れて化粧崩れを起こします。そのため、汗をかいた後は、すっぴんのようになってしまう人が少なくありません。また、汗をかくと、肌の潤い成分が流れるため、化粧崩れの原因のひとつである乾燥も起こりやすくなります。

夏の化粧崩れの原因【3】肌が乾燥する

夏の化粧崩れは、皮脂や汗によって起こるイメージが強いですが、実は乾燥も大きく影響しています。

暑い夏は、エアコンの効いた部屋にいることが多いです。また、夏は冬と比べて保湿ケアをおろそかにする人が珍しくありません。エアコンの元で長時間過ごしたり、保湿をサボったりしていると、肌が乾燥します。

潤いが不足して表面がカサカサになると、下地やファンデーションがフィットしないため、化粧崩れに繋がります。また、乾燥すると、肌の潤いを守る役割のある皮脂が過剰に分泌されます。皮脂が増えれば、ファンデーションのヨレやテカリが起こるでしょう。

化粧崩れの対策3つ

 

夏でも化粧崩れを防いで長時間きれいなメイクをキープしたい人は、スキンケアやメイクの方法を見直してみましょう。化粧崩れの対策方法をご紹介します。

化粧崩れの対策【1】スキンケアは丁寧に

「ベタつくから乳液は不要」などと考えて十分に保湿しなければ、乾燥によって化粧崩れが起こります。化粧崩れを防ぎたい人は、メイク前にしっかりと保湿して肌の状態を整えましょう。

ベタつきが気になる場合は、ジェル乳液やオイルフリーのクリームなどを使うと、快適にスキンケアができます。

また、スキンケアが終わった後は、成分が肌に浸透するまでメイクを始めないのも大切です。肌に油分がある状態でメイクを始めると、化粧崩れが起こりやすくなるため、5~10分程度待ってからメイクをスタートしましょう。

メイク時に肌がベタついている場合は、ティッシュで軽く押さえて余分な油分をオフすれば、化粧崩れが起こりにくくなります。

化粧崩れの対策【2】メイク崩れ防止下地を使う

下地は、肌とファンデーションを密着させるもの。化粧のりや化粧もちを良くする働きがあるため、必ず使いましょう。綺麗なメイクをキープしたい人は、崩れ防止効果を期待できる下地を使うのがおすすめです。

皮脂による化粧崩れに悩む人は、皮脂吸着パウダーや皮脂の分泌量をコントロールする成分が配合された下地がぴったり。汗をかきやすい人は、水分に強い処方の下地を選ぶと、安心でしょう。

一方、乾燥による化粧崩れに悩む人は、保湿成分が配合された下地で肌状態を整えてください。

化粧崩れの対策【3】厚塗りは厳禁

化粧崩れが気になるときは、ナチュラルメイクに仕上げるのがポイント。ファンデーションを厚塗りすると、ヨレたり、毛穴落ちしたりしたときに目立ってしまうので、注意してください。

隠したい肌トラブルがある場合は、ファンデーションを重ねずに、少量でカバー力を期待できるコンシーラーを使うのがおすすめです。

また、ポイントメイクも自然に仕上げましょう。ダークカラーのアイシャドウや真っ黒のアイライナーを使うと、化粧崩れしたときにパンダ目が目立ちやすいため、肌に馴染む色のアイテムを使ってください。

メイク崩れを防ぐ救世主!メイクキープスプレーって?

 

最近、女性の間で話題になっているのがメイクキープスプレー。メイクの仕上げにさっとスプレーするだけで、化粧崩れを防げるアイテムです。

「メイクキープミスト」「メイク崩れ防止スプレー」「フィックススプレー」などと呼ばれていて、プチプラ・デパコス問わずさまざまなブランドから登場しています。

スキンケアやメイクの方法を見直しても化粧崩れが起こる場合は、メイクキープスプレーを取り入れて、化粧もちを良くしましょう。

メイクキープスプレーの効果とは?

 

メイクキープスプレーに期待できるのは、化粧崩れを防ぐ効果だけではありません。メイクキープスプレーに期待できる効果について詳しくチェックしていきます。

メイクキープスプレーの効果【1】化粧崩れを防止する

メイクキープスプレーは、皮脂や汗、乾燥による化粧崩れを防ぐ効果があります。ベースメイクを肌にぴったりとフィットさせるため、ヨレや毛穴落ちを予防しながら長時間美しいメイクを保てます。

メイクキープスプレーの効果【2】服やマスクにメイクが付くのを防ぐ

ファンデーションなどのメイクが落ちて大切な服にシミが付いた経験がある女性は多いでしょう。化粧による汚れはなかなか落ちないため、大切な服を守りたいなら化粧崩れを防ぐことが大切です。

メイクキープスプレーを使えば、汗や皮脂、乾燥でメイクが崩れにくくなるので、服にメイクが付くのを防げます。また、メイクキープスプレーを使うと、メイクが擦れに強くなるため、着替えのときに色が付着するのも予防できます。

さらに、メイクキープスプレーはマスクにメイクが付くのを防ぐ効果もあります。メイクが付かなければ、長時間清潔なマスクを使えます。

メイクキープスプレーの効果【3】肌の潤いをキープする

 

メイクキープスプレーには、ミスト状化粧水と同じような保湿成分が含まれていることが多いです。そのため、朝、メイクの仕上げにメイクキープミストを使うと、一日中肌の潤いをキープできて化粧崩れの原因となる乾燥を防げます。

また、メイクキープミストで肌の乾燥対策をすると、少しずつ肌のキメが整うため、メイクののりも良くなります。

メイクキープスプレーの効果【4】メイクの仕上がりが格上げされる

メイクキープミストは、化粧崩れを防ぐだけでなく化粧の仕上がりを格上げする効果もあります。メイクキープミストを使うと、下地やファンデーション、パウダーが肌と密着するため、なめらかな美肌を演出できます。

また、ツヤタイプやマットタイプなど、希望に合うタイプを選べば、思い通りのメイクを叶えられます。

メイクキープスプレーの効果【5】火照った肌のクールダウン

 

夏や運動後は、肌が火照っていることが多いです。肌が火照ると、汗や皮脂が増えて化粧崩れを引き起こしやすい状態になります。

メイクキープミストは肌の火照りを抑えたいときにも役立つアイテムです。スプレーすると肌がひんやりとして、熱が取れるでしょう。特に、クールタイプのメイクキープスプレーを使えば、火照りが落ち着いて汗や皮脂の過剰分泌を予防できます。

メイクキープスプレーの効果【6】リフレッシュ

メイクキープスプレーは、リフレッシュにも役立ちます。仕事や勉強で疲れているときに、メイクキープスプレーを使うと、肌がひんやりとして気分が良くなるでしょう。

お気に入りの香りがするメイクキープスプレーなら、気分を変えたり、やる気を高めたりできることも少なくありません。

メイクキープスプレーの使い方とは?

メイクキープミストを使っている女性

メイクキープスプレーの効果を最大限に発揮させるためには、正しい方法で使うことが大切です。メイクキープスプレーの使い方について確認していきましょう。

メイクキープスプレーの正しい使い方

メイクキープスプレーの使い方のポイントは、次の通りです。

■タイミング
メイクキープスプレーは、メイクが終わったタイミングで使います。日中、メイクが崩れそうだと思ったら、外出先でスプレーしても良いでしょう。

■全体にスプレーする
顔から20㎝程度離した位置から、全体に薄くスプレーします。膜を作るように均一にメイクキープスプレーを吹きかけると、メイクもちが良くなります。

■しっかりと乾かす
顔全体にスプレーできたら、乾くまで触れずに待ちましょう。濡れた状態で肌に触れると、メイクがヨレたり、メイクもちが悪くなったりすることがあります。

なお、メイクキープスプレーの中には、スプレー後にティッシュオフが必要なものもあります。使用前にしっかりとパッケージなどを確認し、正しい方法で使ってください。

メイクキープスプレーを使うときの注意点

メイクキープスプレーは、メイクのフィット感やキープ力を高めるアイテムです。メイクキープスプレーを使うと、メイクが落ちにくくなるため、丁寧にクレンジングすることを心がけましょう。

クレンジングが不十分だと、肌荒れしたり、毛穴が汚れたりすることがあるため、注意が必要です。

メイクキープスプレーは手作りできる!

 

メイクキープスプレーは、たくさんのブランドから登場していますが、手作りもできます。市販のメイクキープスプレーの成分が気になる人や節約したい人は、手作りに挑戦してみましょう。

メイクキープスプレーを作るときに必要なもの

メイクキープスプレーを作る場合は、次のものを準備してください。

・精製水
・ウィッチヘーゼルウォーター
・アロエベラジェル
・精油(お好みで)

ウィッチヘーゼルウォーターやアロエベラジェルには、収斂作用や保湿作用があると考えられています。そのため、皮脂や乾燥による化粧崩れの予防に役立ちます。また、炎症を抑える働きがあるため、ニキビや肌荒れの対策にもおすすめです。

メイクキープスプレーの作り方

1.スプレーボトルに精製水を入れる
2.アロエベラジェルを加える
3.ウィッチヘーゼルウォーターを加える
4.精油を加える
5.蓋をして振る

中身が均一に混ざったら、メイクキープスプレーのできあがりです。手作りのメイクキープスプレーは防腐剤や保存料などが含まれていないため、少量ずつ作ってなるべく早く使い切りましょう。

メイクキープスプレーの選び方

 

メイクキープスプレーは、さまざまなブランドから登場しています。どれを選ぼうか迷ったら、成分や仕上がり、香りなどを確認すると、自分に合ったものを見つけられます。

メイクキープスプレーの選び方【1】脂性肌さんは皮脂や汗の対策ができるもの

脂性肌さんは、皮脂や汗で化粧崩れが起こることが多いです。皮脂や汗の対策ができるメイクキープスプレーで化粧もちを高めましょう。

肌を引き締める成分や皮脂を吸着する成分が配合されたメイクキープスプレーなら、皮脂の過剰分泌を抑えられたり、皮脂が出たときにヨレやテカリを防止できたりします。

汗をかきやすい人には、水に強いウォータープルーフタイプのメイクキープスプレーもおすすめです。

メイクキープスプレーの選び方【2】乾燥肌さんは保湿成分が多いもの

乾燥による化粧崩れに悩んでいる人は、保湿成分がたっぷりと含まれたメイクキープスプレーを選びましょう。ヒアルロン酸やコラーゲン、植物性のオイルなどが含まれたメイクキープミストを使うと、化粧崩れを防げるだけでなく、日中の乾燥を予防する効果も期待できます。

ベタつきが苦手な人は、オイルフリータイプを選べば、快適に潤いを与えられます。

メイクキープスプレーの選び方【3】仕上がりで選ぶ

 

メイクキープスプレーを選ぶときは、メイクの仕上がりも確認しましょう。理想の肌に仕上げてくれるメイクキープスプレーを使うと、魅力的になれます。

■ツヤ肌仕上げ
肌にツヤを与えるツヤ肌タイプのメイクキープスプレーは、華やかさや若々しさを演出できるのが魅力。しっかりと潤いをキープしてくれるタイプが多いので、乾燥に悩む人にもおすすめです。

■マット肌仕上げ
陶器のようなマット肌になれるメイクキープミストは、落ち着いた印象を与えたい人にぴったり。油分を抑えられるので、皮脂が出やすい脂性肌さんにも向いています。

メイクキープスプレーの選び方【4】どのメイクをキープできるのか確認する

メイクキープスプレーは、ファンデーションなどのベースメイクをキープするものが多いですが、商品によってはポイントメイクもキープできます。眉毛やアイメイク、チークなどが落ちやすいと悩んでいる人は、自分に合ったものを選んでください。

なお、マスカラのキープ力を良くするためにメイクキープスプレーを使う場合は、付けすぎに注意しましょう。スプレーしすぎると、逆にマスカラが滲んでしまうことがあります。

メイクキープスプレーの選び方【5】紫外線が気になるならUVカットタイプ

 

シミやシワの原因となる紫外線は美肌の大敵。紫外線の影響は一年中ありますが、特に化粧崩れしやすい夏は紫外線のダメージも大きいです。紫外線による肌への負担が気になる人は、UVカット効果を期待できるメイクキープスプレーを選びましょう。

メイクキープスプレーは、メイクの上から振りかけるだけで使えるため、手軽に紫外線対策できるのが魅力です。

メイクキープスプレーの選び方【6】香りも確認する

メイクキープスプレーは、直接顔に振りかけて使うアイテムです。苦手な香りだと快適に使えないため、香りのチェックも欠かせません。

メイクキープスプレーの香りは、フローラル系や柑橘系などさまざまです。お気に入りの香りを使うと、朝のメイクやメイク直しのときにリフレッシュできるでしょう。香りが苦手な人には、無香料タイプもおすすめです。

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー8選

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【1】Beauty veil(ビューティヴェール) メイクキープスプレー

Beauty veil(ビューティヴェール) メイクキープスプレー

汗や水に強いウォータープルーフタイプのメイクキープスプレー。97%が美容成分でできていて、一般的なクレンジングや洗顔料で簡単にオフできます。ファンデーション以外に、アイメイクやチーク、眉毛の化粧崩れ対策にも役立ちます。

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【2】MAKE COVER(メイクカバー) うるおいミスト クール

MAKE COVER(メイクカバー) うるおいミスト クール

メイクの表面を覆うプロテクトベール成分が配合されたメイクキープスプレー。汗による化粧崩れを防ぎ、長時間メイク仕立ての美しい肌を保ちます。クールタイプはひんやりとした使い心地で、火照った肌のクールダウンにも役立ちます。

MAKE COVER(メイクカバー) うるおいミスト クール / ¥1,320

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【3】KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト

KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト

メイクコート成分が入ったプチプラのメイクキープスプレー。表情の変化に合わせて成分が伸縮するため、時間が経ってもファンデーションがヨレません。汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプで、乾燥対策に効果を期待できる保湿成分も配合されています。

KOSE(コーセー) メイク キープ ミスト / ¥1,320

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【4】d program(d プログラム) アレルバリア ミスト

d program(d プログラム) アレルバリア ミスト

オイル層と化粧水層の2層で構成されたミスト化粧水。潤いを与えて刺激から肌を守ります。皮脂崩れ防止成分が配合されているため、メイクキープミストとして使うのもおすすめ。パラベンやアルコールなどが含まれていない低刺激処方なので、敏感肌の人にも向いています。

d program(d プログラム) アレルバリア ミスト / ¥1,650

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【5】AVANCE(アヴァンセ) シェイクミスト さっぱり引き締めタイプ

AVANCE(アヴァンセ) シェイクミスト さっぱり引き締めタイプ

人気雑誌『LDK(エルディーケー)』のベストバイミスト化粧水を受賞したメイクキープスプレー。さっぱり引き締めタイプは、皮脂によるテカリやファンデーションのヨレが気になる人におすすめです。また、気分をリフレッシュしたいときにも使えます。

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【6】MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) モイストカクテルフィクサー

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) モイストカクテルフィクサー

ファンデーションはもちろん、チークなどのポイントメイクのもちも高められるメイクキープスプレー。化粧水・美容液・おしろいの3層で、テカリの気にならないなめらかな美肌をキープできます。花粉から肌を守りたい人にもおすすめです。

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ) モイストカクテルフィクサー / ¥1,320

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【7】NYX Professional Makeup(ニックス プロフェッショナル メイクアップ) メイクアップ セッティングスプレー (マット)

NYX Professional Makeup(ニックス プロフェッショナル メイクアップ) メイクアップ セッティングスプレー (マット)

軽い着け心地で人気のメイクキープスプレー。メイクの仕上げに吹きかけると、テカリのないお人形さんのようなマット肌を作れます。日中、リフレッシュしたいときにも役立つでしょう。

プチプラでおすすめのメイクキープスプレー【8】紫外線予報(しがいせんよほう) メイクを守るUVスプレー

紫外線予報(しがいせんよほう) メイクを守るUVスプレー

テカリを抑えてサラサラ肌を保つメイクキープスプレー。汗や皮脂に強いウォータープルーフ処方で、暑い時期にもぴったりです。SPF50+、PA++++でしっかりと紫外線対策できるところも人気を集めています。

紫外線予報(しがいせんよほう) メイクを守るUVスプレー / ¥1,650

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー8選

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【1】CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ

CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ

@cosme(アットコスメ)などの口コミサイトで高く評価されているデパコスのメイクキープスプレー。微細なミストがメイクを肌に密着させます。植物由来の保湿成分やスキンケア成分が配合されているため、使い心地が良いです。

CLARINS(クラランス) フィックス メイクアップ / ¥4,400

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【2】shu uemura(シュウ ウエムラ) アンリミテッド メイクアップ フィックス ミスト

shu uemura(シュウ ウエムラ) アンリミテッド メイクアップ フィックス ミスト

メイクの仕上げに使うと、夜まで化粧崩れを予防できるデパコスのメイクキープスプレー。軽やかなミストがメイクを肌に密着させます。潤いを感じられるため、乾燥に悩んでいる人におすすめです。

shu uemura(シュウ ウエムラ) アンリミテッド メイクアップ フィックス ミスト / ¥4,070

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【3】M・A・C(マック) プレップ プライム フィックス+

M・A・C(マック) プレップ プライム フィックス+

ミネラル天然水を含んだスプレータイプの化粧水。肌にハリやツヤを与えるきゅうりエキスが配合されています。メイク後に使えて化粧崩れを防止する働きがあるため、メイクキープスプレーとして使用するのも人気です。

M・A・C(マック) プレップ プライム フィックス+ / ¥3,080

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【4】MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー) ミスト&フィックス

MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー) ミスト&フィックス

メイクの仕上げにひと吹きすると、理想のメイクを長時間維持できるメイクキープスプレー。目に見えないヴェールで肌を包み込むようにしてメイクを守ります。メイク前の潤いチャージや日中のリフレッシュなどにも役立ちます。

MAKE UP FOR EVER(メイクアップフォーエバー) ミスト&フィックス / ¥4,180

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【5】SUQQU(スック) センティッド ハイドレイティング ミストWT

SUQQU(スック) センティッド ハイドレイティング ミストWT

メイクを肌と密着させて化粧崩れを予防するメイクキープスプレー。保湿力が高いため、エアコンや冬の寒さが原因で肌が乾燥しているときにも便利です。みずみずしい白茶の香りも多くの人を虜にしています。

SUQQU(スック) センティッド ハイドレイティング ミストWT / ¥5,500

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【6】LUNASOL(ルナソル) フィックス&セットエアリーミスト

LUNASOL(ルナソル) フィックス&セットエアリーミスト

メイクキープスプレーやミスト状化粧水として使えるデパコスのアイテム。繊細なミストが顔全体に広がり、角層を潤いで満たします。しっかりと保湿できますが、ベタつかないので快適に使えます。

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【7】Dior(ディオール) ディオールスキン エアーフラッシュ ラディアンス ミスト

Dior(ディオール) ディオールスキン エアーフラッシュ ラディアンス ミスト

ツヤのある輝くような肌を保つメイクキープスプレー。テカリやヨレだけでなく、くすみも予防できます。日中のメイク直しに使うと、肌の疲れやくすみが取れてイキイキとした美肌になります。

Dior(ディオール) ディオールスキン エアーフラッシュ ラディアンス ミスト / ¥6,050

デパコスでおすすめのメイクキープスプレー【8】JILL STUART(ジルスチュアート) キープ&オイルコントロール メイクアップ セッティングミスト

JILL STUART(ジルスチュアート) キープ&オイルコントロール メイクアップ セッティングミスト

均一に広がるラスティングヴェール成分が配合されたメイクキープスプレー。ベタつきや肌への負担がなく、快適な使い心地です。気になる毛穴を引き締める成分や肌に潤いを与える成分も配合されています。

JILL STUART(ジルスチュアート) キープ&オイルコントロール メイクアップ セッティングミスト / ¥2,420

化粧崩れはたくさんの女性を困らせているトラブル。スキンケアやメイクのやり方を見直しても化粧が崩れる場合は、メイクキープスプレーを使ってみましょう。メイクの仕上げに使うと、メイクもちが良くなるだけでなく、メイクの仕上がりもワンランクアップします。