BEAUTYDEC.15.2018

冬に肌が乾燥する原因は?対策やスキンケア方法をご紹介

冬になると肌が乾燥してしまうと感じている人はいませんか?暖かい時期はまったく肌の乾燥を感じないというのに、冬だけ乾燥肌になってしまう理由は何なのでしょうか?冬の乾燥肌の原因や対策、スキンケア方法をご紹介します。
冬になると肌が乾燥してしまうと感じている人はいませんか?暖かい時期はまったく肌の乾燥を感じないというのに、冬だけ乾燥肌になってしまう理由は何なのでしょうか?冬の乾燥肌の原因や対策、スキンケア方法をご紹介します。

冬になると乾燥肌に悩む人が多くなる理由は?

肌の状態を見て悩んでいる人
暖かい季節には肌の乾燥を感じたことがないという人でも、冬になると乾燥を感じるという人は少なくありません。なぜ冬になると肌の乾燥を感じやすくなるのでしょうか?

冬になると気温が下がり乾燥した空気に触れることになります。皮膚は気温が下がることで、代謝が悪くなってしまいます。体温を維持するために血管を収縮させるので、血行が悪くなり、栄養が十分に行き渡らない状態が続くことになります。

血行が悪い状態が続くと、健康的な肌を保つために重要なセラミドや皮脂が作られにくくなります。セラミドや皮脂が十分に作られていない状態の肌は、肌のバリア機能が弱くなり、肌に充分な水分や油分を保つことができなくなります。

その結果、肌の乾燥を感じやすくなるのです。

乾燥肌が悪化するとどうなる?

自分の肌を触っている人
冬になると肌に乾燥を感じやすくなるという人は多いです。肌に乾燥を感じている時は、スキンケアや生活習慣の見直しをする必要があります。では、乾燥肌対策をしないと、どうなってしまうのでしょうか?乾燥肌が悪化することで起こり得ることについてご紹介します。

■かゆみが出る
乾燥肌が悪化すると、かゆみが出てきてしまいます。乾燥した肌は外からの刺激に弱くなってしまい、かゆみの原因であるヒスタミンという物質を分泌します。元からもろい状態の肌を、さらに掻いてしまうとさらにもろくなってしまうという悪循環が発生します。

■化粧品の刺激に敏感になる
乾燥肌が悪化してしまうと、どんなものが刺激になるかわからない状態になります。今まで使えていた化粧品が突然刺激に感じてしまうこともあります。肌に乗せることで、かゆみを感じたり、赤みを感じたりと様々な肌トラブルが出てきます。

■ニキビや吹き出物ができやすくなる
乾燥肌が悪化すると、ニキビや吹き出物が慢性化してしまう可能性があります。肌が乾燥した状態が続くと、肌自らが潤わせるために皮脂を分泌するようになります。また、乾燥した肌は肌の角質が溜まりやすくなり、毛穴が詰まりやすくなります。

そうなるとニキビや吹き出物ができやすくなります。さらに肌の代謝が悪い状態なので、なかなか治りにくく、ニキビ跡や色素沈着が起こりやすくなります。

冬の乾燥肌対策~日常編~

鏡の前でスキンケアをしている人
冬に悩む乾燥肌は、日常生活が原因となっていることが多いです。冬に気をつけたい日常生活の乾燥肌対策をご紹介します。

■加湿器を使う
冬になるとエアコンやヒーターを使って生活する人がほとんどです。そういった暖房器具は長時間使用することで空気が乾燥します。乾燥した空気に肌が触れることで、乾燥肌を招いてしまうこともあります。

暖房器具を使用する場合は、加湿器を併用し空気が乾燥しないように心がけた生活を送りましょう。また暖房器具の温度を高く設定すればするほど乾燥は進んでいきます。暖房器具の温度をなるべく低くするよう心がけ、換気を忘れないようにしましょう。

■長風呂しない
冬になると寒さが身に染みるため、長時間お風呂に浸かっているという人も多いのではないでしょうか?お風呂に浸かること自体悪いことではないのですが、高温のお風呂に長時間浸かってしまうと、肌にある水分が奪われてしまいます。

お風呂の温度は高くても40度に設定し、10分程度の短い入浴を心がけましょう。

冬の乾燥肌対策~スキンケア編~

頬にクリームを塗っている人
冬の乾燥肌対策には、スキンケアが重要になります。乾燥を感じない肌を作るためにできるスキンケア方法をご紹介します。

■朝はぬるま湯洗顔にする
冬になると肌が乾燥しやすい状態になります。そのため、秋までにやっていたスキンケアでは、十分でないこともあります。朝洗顔料を使って洗顔する方法は、余分な皮脂が出やすい暖かい時期向けです。

冬は余分な皮脂が出にくくなる時期でもあるので、朝はぬるま湯洗顔でも十分です。油分がどうしても気になる部分があれば洗顔料を使っても良いですが、乾燥しやすい頬やフェイスラインなどは、ぬるま湯で洗うようにした方が、肌が乾燥しにくくなります。

■セラミドを使う
乾燥肌対策として、最も有効的な成分がセラミドです。セラミドは元々肌に備わっている保湿成分の1つで、水分を保湿するために欠かせない成分です。

肌が乾燥することで、バリア機能が弱くなってしまうことを防ぐためにも、セラミドが入った化粧品を使うことをおすすめします。セラミドを肌に塗布することで、肌のバリア機能を補う働きが期待できます。

乾燥肌対策の保湿成分を使うのであれば、まずはセラミドを試してみると良いでしょう。

■こすらない
スキンケア全般に言えることでもありますが、乾燥肌にならないためには、基本的にこすらない、こすりすぎないことが重要になります。肌をこすることによって、肌は少なくともダメージを感じてしまいます。

そのダメージが積み重なっていくことで、細胞を傷つけバリア機能を破壊していくことに繋がります。肌を刺激することは、乾燥肌だけでなくシワやシミの原因にも繋がります。

特に乾燥が気になる時期には、肌をこすらない、こすりすぎないスキンケアを心がけていくようにしましょう。
冬の乾燥肌についてご紹介しました。冬は気温や湿度が原因で乾燥を感じやすくなってしまいます。だからこそ、日常生活やスキンケアを見直して、乾燥に負けない肌を作っていくことが大切です。乾燥肌が悪化する前にしっかりと対策を行っていくようにしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック