TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

いくつ知ってる?エフォートレスな”ストールの簡単巻き”4パターン

これから寒さが厳しくなる時期にマネしたいボリュームたっぷりなストールの巻き方を紹介します!
コートとボリュームのあるストールを組み合わせた最旬コーデでエフォートレスな着こなしを。

定番の一周巻き

一番良く見るタイプのストールの巻き方。ただ首回りに一周させるだけなので、さらっと巻けて楽チンだけど、しっかりサマになります。

明るめのレッドのストールを持ってくると、シンプルなコーデでも華やかな印象に。

こなれピッティ巻き

ちょっと首元に変化を出しつつも、簡単にできるこなれピッティ巻き。
ストールを一周巻いた状態から、さらに両端をぐるっと結び、形を整えるだけの簡単にできる巻き方です。

首回りをしっかり温めてくれ、アウターの上からでも巻きやすいのが○
ストールを巻く際は、しっかり締めすぎず、すこしゆったりと巻いて崩すのがポイント。

さらっと、あったかショール巻き

お昼休憩にさらっとランチに行く時や、ちょっとした休日のお出かけの時などは、さらっと大判のストールを羽織って出かけて。

いつものコーデの上から、さらっと羽織るだけでおしゃれでこなれたコーデに。すこし肌寒いときに使える大判のストールは一枚はGETしておきたいところ。

 

@itutake #ストールコーデ #10月14日コーデ #10月コーデ #チェックストール

officecasualさん(@office.casual)がシェアした投稿 -

チェック柄だとアクセントになって、全体のコーデが引き締まって見えますね。ストールの色で雰囲気もガラッと変わるので、コーデに合わせて何枚かストールを持っておくのもいいかも。

ぐるぐるボリューム巻き

ストールを首に2周ほど巻いて、両端をぐるっと巻きつけただけのこれまた簡単なストールの巻き方。首元に一気にボリュームが出るので、くたっとしたニットや、すっきりしたシルエットのコーデと相性抜群!

シンプルなコーディネートでもばっちりアクセントに。一番首をしっかり温めてくれ、動いてもズレにくいのがこの巻き方の嬉しいところ。



いかがでしたか?気温や用途に合わせて巻き方を変えるだけでも、表情がころころ変わって、コーデの幅も広がりそう。肌寒くなってきたときに、いつでもさらっと羽織れるよう、お気に入りの一枚を見つけておくといいですね。


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ