LIFESTYLEJUN.25.2019

フリーターの彼氏と結婚できる?彼氏に就職を促す方法もご紹介

大好きな彼氏との結婚は嬉しいものですが、彼氏がフリーターの場合、結婚していいのか迷うことがあります。そこで今回は、彼氏がフリーターの場合の結婚を迷う理由や、結婚したい時の対処法をご紹介します。
大好きな彼氏との結婚は嬉しいものですが、彼氏がフリーターの場合、結婚していいのか迷うことがあります。そこで今回は、彼氏がフリーターの場合の結婚を迷う理由や、結婚したい時の対処法をご紹介します。

フリーターの彼氏と結婚を迷う理由

結婚
■不安を感じる?結婚したい彼氏はフリーター

大好きな人と結婚したいと思うのは、ごく自然なことです。しかし、恋愛とは違って、長く生活を共にする結婚相手は、年収や職業、生活スタイルなど、色々気になる部分があると、結婚しても上手くやっていけるのか不安になることがあります。

中でも、大好きな彼氏が正社員ではなくアルバイトで働いているフリーターの場合は、結婚を迷う女性が多いですね。


■経済的に不安がある

彼氏として付き合っている場合は、お互いにフィーリングが合っていれば、上手くいきますが、二人で生活していく結婚は、ある程度の経済的な安定が必要になります。

フリーターの彼氏と結婚を迷う理由の一つが、アルバイトの場合は、正社員では受けられるような年金や保険の補助や、福利厚生が受けられなかったり、ボーナスがないので、経済的には正社員よりも苦労することが多いことです。万が一病気やケガで働くことができなくなった場合、収入がなくなってしまうことも不安要素ですね。正社員と比べると、老後の年金や貯金が少ない可能性があることも、フリーターの場合は不安がありますね。

夫婦二人で生活している場合でしたら、同棲しているカップルと同じような生活スタイルで過ごしていくことができます。しかし、結婚して子どもを産み、育てていくことを考えると、たとえ妻側が正社員として働いているとしても、産休中や育休中の生活費は、どうしても夫側に頑張ってもらう必要が出てきます。


■親に反対される可能性がある

親に反対される可能性が高いことも、フリーターの彼氏と結婚を迷う理由の一つです。

現代は、フリーターやフリーランス、派遣社員や契約社員など、色々な働き方が認められつつありますが、親世代では、定職に就いていない不安定な身分と思う人は多く、娘と結婚させるのは不安だと感じるものです。

家族に「彼氏が正社員になるまで結婚するのは待った方がいい」と言われ、なかなか結婚できないケースもあります。


■周囲の人に紹介しにくい

そして、場合によっては、周囲の人に紹介しにくいということも、フリーターの彼氏と結婚を迷う理由になります。

周囲の人の中に、フリーターに対してマイナスイメージを持っている場合は、結婚を心配されることがあります。

フリーターの彼氏と結婚したい場合

新婚カップル
■二人で協力していくことはできる

現代では、さまざまな働き方があり、正社員が必ずしも安定している職とは限らなくなってきました。

実際、フリーター同士で結婚しているカップルも珍しくありませんよね。

年金や保険などについては、毎月きちんと支払いをしていれば、病気やケガ、老後などの不安も軽減されます。

また、生活費を二人の収入で賄う分、夫が家事や育児を分担してくれたり、時には主夫となってくれるような場合でも、結婚してからも協力して家庭を築いていくことはできます。


■理由を聞いてみる

彼氏が現在、夢を叶えるためにフリーターを選んで働いていたり、見習い期間としてアルバイトで働いている場合は、彼を応援しながら妻として夫を支えていくこともできます。

正社員や安定した職を得るために努力している場合は、現在フリーターでも問題ありませんね。


■フリーターのままでも生活していく覚悟は必要

ただし、彼氏の夢がなかなか叶わないケースも、残念ながら想定しておく必要はあります。

万が一彼氏がフリーターのままで夢を追いかけ続けてもいいのか、なかなか収入が安定しない夫と結婚したことを後悔しないためにも、フリーターの夫を支えて生活していく覚悟は必要ですね。

家族に反対されてトラブルになるのを避けるためには、彼氏が正社員になったり、夢を叶えて安定した職に就いてから結婚した方が安心ですね。

注意が必要なフリーターの彼氏の特徴

フリーターの彼氏との結婚を迷っている女性
フリーターとして働きながら協力して生活している夫婦は多いですが、場合によっては、注意が必要なフリーターの彼氏もいます。


■将来の事を考えていない

例えば、夢を叶えるためにあえてフリーターを選んでいるのではなく、何となくフリーターをしている彼氏の場合は、将来の事をあまり考えていない無計画な性格の男性の可能性があります。

正社員として縛られるのが嫌でフリーターをしていたり、コロコロと職を変えるような彼氏は、結婚してから妻に頼りきりになってしまう可能性がありますので、結婚を考える場合は注意が必要です。


■お金にルーズ

そして、フリーターは、シフトに入った分だけ収入を得ることができますので、病気やけがなどで働けない期間は無収入になってしまいます。

したがって、万が一に備えて貯金をしていなかったり、お金があるとすぐに使ってしまうような金銭感覚にルーズな男性も、計画性がなく、結婚してから苦労する可能性がある男性の特徴です。


■悲観的

その他にも、フリーターでいることに慣れてしまい「どうせ自分は正社員になれない」と諦めているような悲観的な男性は、就職活動する気がなかったり、就職活動を始めてもすぐに諦めてしまう可能性があります。

また、正社員を妬んで仕事を適当にこなしている男性も、今の職場で頑張って認めてもらい正社員になれるチャンスを自ら遠ざけている可能性もあります。


■彼女に養ってもらってもいいと思っている

そして、フリーターの男性の中には、彼女に養ってもらいたいと思っている男性もいます。お互いが納得して、妻が仕事をして、夫が主夫業をこなしているならOKです。しかし、妻から「働いて」と言われているのに仕事が長続きしないような男性や、主夫業を甘く見ていてヒモになりたいと思っているような男性は注意が必要ですね。

フリーターの彼氏に正社員として就職してほしい場合

フリーターの彼氏のスーツ選びを手伝っている彼女
彼氏にフリーターを卒業して、正社員として就職してほしい場合は、アプローチの仕方が難しいですよね。

例えば、現在夢に向かって努力している頑張り屋の彼氏に「フリーターを辞めて正社員になって」と言っても、「自分の気持ちを理解してくれない身勝手な彼女」だと思われ、場合によっては別れを告げられることもあります。

正社員になってほしいと思っていても、無理強いするのはやめましょう。

彼氏に、将来の人生設計を聞いてみて、いつまでに夢を叶えたいと思っているのかや、正社員になろうと思っているのかを探ってみましょう。

ただし、彼女から期限を一方的に設定されてしまうと、彼氏のプライドが傷つきます。期限を設ける場合は「正社員になってほしい」と言うのではなく「ずっと一緒にいたいから、二人の将来のことをきちんと考えたい」「ずっと一緒にいたいけど、親は正社員じゃないと反対するかも」と伝えて、フリーターをあとどれ位続けるのか考えてもらいましょう。


■結婚を意識させる

面と向かって結婚という言葉を出すのは気が引ける場合は、彼氏にさりげなく結婚を意識させることも効果的です。テレビや映画で流れてきた結婚シーンを一緒に見て「素敵だな」と憧れていることをアピールしてみましょう。

また、女性には妊娠や出産のリミットがあります。しかし、男性側は、女性のリミットについてはあまり知識がない人も少なくありません。女性のリミットについて知れるような映像をテレビや映画などで見せたり、雑誌などを見てみましょう。彼氏に「そろそろ正社員として働いて結婚を考えた方が良いのかな」と思わせるきっかけになりますよ。


■就活をサポートする

そして、正社員としての就職先を見つけるためには、彼氏と一緒に職探しをするのもおすすめです。彼女が真剣に就職先を探してくれれば、彼氏のモチベーションも上がります。

スーツや就職活動に必要なアイテム選びを手伝ったり、履歴書作りや面接対策のサポートもしてみましょう。


■援助はしない

そして、彼氏が金銭的に余裕がない時に、いつも援助してしまうと、いつまでも彼女に頼る生活になってしまいます。

彼氏に正社員になってほしい場合は、金銭的な援助をするのをやめてみましょう。
フリーターの彼氏との結婚は、経済的な不安はありますが、お互いに協力していこうという姿勢があれば、幸せな家庭を築いていくことができます。彼氏に正社員として就職活動をしてほしい場合は、無理強いはせず、さりげなく就職活動のサポートができるといいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6