TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

捨てるのはまだ早い!毛玉が出たニットを綺麗にする5つの方法



せっかくのお気に入りの服に毛玉が…なんてことはみんな経験したことあるはず!身近なものを使って、できた毛玉を綺麗に取れちゃう方法を教えちゃいます。


そもそも摩擦を少なくして、毛玉ができにくいようにしておく



洋服を着て腕を動かしたり、椅子に座ったりするとき、洗濯のときに他の洋服と擦れ合うことで、生地の繊維の先端が毛羽立ち、束を作ることで毛玉ができます。


ウール、カシミヤ、アンゴラなどは繊維の強度が低い繊維のため、毛玉が出来やすい素材です。
逆に毛玉が出来にくいのは、綿や麻、シルク100%のものや毛玉が出来にくくなる、抗ピル加工された素材だとか。カーディガンやセーターを選ぶ際は、この加工がされていると長持ちしやすいです。


毛玉ができてしまった時、綺麗にする5つの方法



1、カミソリを使って毛玉取り



あまり力を入れず、そっと毛玉がある部分をなでるように剃ってみてください。
余分なところまで剃ってしまうと、生地が薄くなってしまったり、生地を切ってしまう可能性もあるので、気をつけましょう。


2、毛玉とりブラシ



毛玉とりブラシを使うと、毛玉が綺麗にとれるだけでなく、繊維の凸凹も綺麗にしてくれます。


3、毛玉とり機



専用の毛玉とり機を使うと、安全でスピーディに毛玉を取れます。
強く押しすぎると、穴あきの原因にもなるので、力加減には注意しましょう。


4、ハサミで切る



毛玉の範囲が狭かったり、小さいものなら、ハサミで切ってしまおう。


5、紙やすりで削る



紙やすりを指に巻けられるぐらいの大きさに切って、筒状にまるめ、指を通して、優しくくるくると滑らせて毛玉を取りましょう。


毛玉を取る前に



毛玉が出来たからといって、引っ張るのはNG!出来てしまったものは仕方ないので、正しい取り方で、綺麗に毛玉を取りましょう。せっかくのお気に入りの服だからこそ、長く楽しみたいですよね!ぜひ参考にしてみてください。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ