MAY.11.2019

宮古島旅行におすすめの服装!季節・天気別コーデと持ち物ご紹介

宮古島旅行におすすめの服装!季節・天気別コーデと持ち物ご紹介 宮古島旅行におすすめの服装!季節・天気別コーデと持ち物ご紹介

宮古島は沖縄の人気ビーチリゾート。大人女子の中にはリピーターの方も多いのではないでしょうか。そんな宮古島にこれから初めて旅行するという方のために、今回は季節・天気別のおすすめの服装や持ち物をご紹介します。

宮古島の季節ごとの気候と気温

宮古島コーデ

ビーチリゾートとして人気の宮古島は一年を通して温暖な気候に恵まれた観光地。年間の平均気温は23.6度で、真夏の最高気温は30度を超えます。ただ、梅雨や台風のシーズンがあって肌寒さを感じる時期もあります。

今回はそんな宮古島にこれから初めて旅行する方のために、宮古島旅行におすすめの服装を季節別、天気別にご紹介。あると便利なおすすめの持ち物もご紹介します。

まずは、宮古島の季節ごとの気候や気温をチェックしてください。

■春(3・4・5月)
宮古島の春は平均気温が20度を超えて、3月には早くも海開きが始まります。ただ、3月や4月は朝晩の気温が15度前後まで下がって肌寒さを感じる日もあるので、服装には羽織ものがマストです。紫外線が気になり始める時期でもあるので、帽子やサングラスなどの日よけアイテムや日焼け対策も準備が必要です。

■夏(6・7・8・9月)
宮古島は5月のGW明けから6月中旬頃にかけて梅雨時期になります。雨はほとんどがスコールなので降り止めばまた青空が広がるような降り方です。梅雨が明けると真夏の気温で、昼間は30度を超えてマリンスポーツのベストシーズン到来。ただ夏は台風が多く特に8月は最も接近する時期なので、この時期に旅行を計画している方は、事前に天気予報のチェックがマストです。

■秋(10・11月)
宮古島の10月は中旬まではまだ夏の気温ですが下旬に向かって気温が下がっていきます。11月は朝晩の気温が20度前後まで下がって秋の気配を感じます。服装は半袖アイテムの他にも長袖アイテムや薄手の羽織ものを持参しておきましょう。

■冬(12・1・2月)
宮古島の12月から3ヵ月ほどは一年の中で最も気温が下がる時期。平均気温は20度を下回ります。ただ最低でも気温が10度を下回ることはないので、ダウンコートなどの防寒力の高いアウターは必要ありません。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【1】春①:3月は薄手の羽織ものが活躍!晴れの日は紫外線対策も始めて

宮古島の3月のコーデ

宮古島の3月は平均気温が20度前後で、朝晩の気温は15度を下回る日もあります。晴れた日は日差しが気になり始める時期でもあるので、朝晩の防寒と紫外線対策の薄手の羽織ものを持参しましょう。

薄手の花柄ワンピースは一枚で着たり羽織に使ったりと着回し力が高いので、宮古島の春の服装に最適。シンプルなTシャツ×デニムコーデにプラスする、おしゃれ見えアイテムとしてもおすすめです。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【2】春②:昼間は半袖Tシャツでちょうど良くても薄手の羽織ものを持参して

 

宮古島の春は昼間の気温が30度近くまで上がるので半袖Tシャツで過ごせます。ただ昼間はちょうど良くても夕方になると肌寒さを感じる日もあるので、チェックシャツを腰巻きするなど薄手の羽織ものを持参しておきましょう。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【3】梅雨:前触れもなく降るスコール!雨具はバッグに常備して

宮古島の5月のコーデ

宮古島はゴールデンウィークが終わると梅雨の時期に入ります。宮古島の梅雨は本土のように雨が降り続くのと違って、前触れもなくスコールが降って止むと青空がのぞきます。

梅雨時期の晴れの日は、半袖トップス×リネンパンツのような通気性がいい服装が◎。ただスコールが降ることも想定して、バッグには雨具を常備しておきましょう。折り畳み傘でもいいですが、ポケッタブルのパーカーなどでもOKです。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【4】夏①:梅雨が明けると真夏の気温。トップスはビスチェでも過ごせる!

 

宮古島は6月中旬に梅雨が明けると本格的な夏になります。昼間の気温は連日30度を超えて、朝晩の気温も25度を下回る日が少なくなります。

この時期の宮古島での服装はトップスはビスチェのようなアイテムでも肌寒さを感じることはありません。ただ肌を露出する分、紫外線対策はしっかり行ってください。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【5】夏②:雨が多い時期も晴れると日差しが強い!帽子などの日よけアイテムがマスト

 

宮古島の夏はスコールや台風の影響による雨が多い時期。スコールは一時的な雨ですが、台風が近づくと雨が続きます。この時期の宮古島旅行は、必ず事前に天気予報をチェックしておきましょう。

雨が降った後でも晴れるとまた暑くなるので、ワンピースはノースリーブでもOKです。ただ9月に入ると朝晩が少し涼しくなってくるので、薄手の羽織ものを旅行バッグに入れておくと安心です。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【6】秋①:スコールが降った後は肌寒い日も。長袖アイテムはマスト

宮古島の10月のコーデ

宮古島の10月は中旬まではまだ夏ムードですが、下旬に向かって少しずつ涼しくなります。スコールが降ると肌寒い日もあるので、長袖アイテムを旅行バッグに入れておきましょう。

春と同様で季節の変わり目の秋にも、長袖のシャツワンピは何かと便利なアイテム。ワンピとして着ても一枚で様になる上に羽織としても重宝します。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【7】秋②:夕方から涼しくなる時期はリゾートテイストなおしゃれを楽しんで

宮古島の11月のコーデ

宮古島の秋は昼間はビーチで水着で過ごすことができますが、夕方からは涼しくなっておしゃれなコーデも楽しみたくなります。

ベージュのロングシャツを羽織に使うレイヤードコーデには、スカーフを頭に巻いて大人っぽいリゾートテイストにスタイリング。リゾートを思わせるカラーや柄の小物を持参しておくと、プラスワンのアイテムとして役立ちます。

宮古島におすすめの季節・天気別の服装【8】冬:昼間はシャツワンピのような薄手の羽織ものでもOK!

宮古島の2月のコーデ

宮古島の冬は肌寒さを感じる時期ですが、昼間の気温は20度を超える日も多いので、晴れた日はシャツワンピのような薄手のものでも羽織として使えます。

ただ、朝晩は10度近くまで気温が下がる日もあるので、ニットや軽いアウターも持参しておくと安心です。

宮古島におすすめの持ち物:紫外線対策アイテムとビーチで履くサンダルを忘れずに!

 

宮古島旅行にはビーチリゾートならではの持ち物がいくつかあります。今回は、宮古島旅行にないと困るようなマストアイテムを中心にご紹介していきます。

■日焼け止めや帽子、サングラスはマスト
宮古島の日差しはかなり強く、ビーチで遊んだりマリンスポーツをすると想像以上に日焼けします。日焼け止めは塗り直しも含めてしっかり行ってください。日よけになる帽子やサングラスもマストアイテムです。

■ビーチで遊ぶ際は必ずサンダルを履いて!
宮古島のビーチにはサンゴ礁があるので素足で歩くのはとても危険です。ビーサンやクロックスのようなサンダルを必ず持参しましょう。

■日焼け止めと冷房対策を兼ねた羽織ものも必要
ラッシュガードのような羽織ものは、マリンスポーツの際はもちろん日焼け止め対策や冷房対策にも使えるので、必ずバッグに入れておきましょう。

■水着やタオル、着替えは複数枚持参して
ビーチをはしごして水着を着替えたりすると複数枚の水着が必要になります。さらに宮古島は湿気が多いので、タオルも乾くのに時間がかかってしまうことも。着替えも含めて、水着やタオルは複数枚持参しておきましょう。

宮古島は一年を通して温暖な気候のビーチリゾートですが、肌寒い時期や梅雨や台風で雨が降る時期もあります。旅行する時期に合った最適な服装を選んで、美しい宮古島の海と島の自然を思い切り満喫しましょう。