FASHIONSEP.18.2017

急に呼ばれたお通夜やお葬式など、お悔やみごとで避けたいNGファッション

突然の出来事で戸惑ってしまいますが、大人のマナーとして、お悔やみごとでのNGなファッションは避けたいところ。急な事態でもとっさに対応できるよう、1着ぐらいは用意しておくのもいいのかも。
突然の出来事で戸惑ってしまいますが、大人のマナーとして、お悔やみごとでのNGなファッションは避けたいところ。急な事態でもとっさに対応できるよう、1着ぐらいは用意しておくのもいいのかも。

これだけはやめて! NGなファッションは

 
できればブラックフォーマルであることが望ましいのですが、急な出来事で、服がないって方は、黒服でなくても大丈夫なので、派手な服装だけは絶対に避けてください。

またメイクや髪型も派手な場合は、少し直してから向かいましょう。

小物やアクセサリーは、白や黒のパールぐらいなら大丈夫ですが、エナメルやスエード素材、目立つ金具がついているものは外すようにしてください。

また冬の場合のコートは、革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせるので、それ以外のコートを着用して。

お通夜では、ブラックフォーマルが基本

 
黒やグレーといった暗めの色のドレスやスーツを着用するようにしましょう。

できれば足は肌色のストッキングを履くのが好ましいです。

お葬式・告別式も控えめの服装で

 

* ブラックフォーマル展 開催中! 6/25(日)まで!

セプティモさん(@septimoelm)がシェアした投稿 -

お通夜同様、ブラックフォーマルで控えめな服装を着用してください。

肌を見せないものが好ましく、ストッキングと靴は必ず黒で。

大人のマナーとしてお悔やみごとでのファッションもきちんと押さえておきましょう。くれぐれも失礼がないように、しっかりとマナーは見直しておいて。

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。