LIFESTYLE
SEP.02.2020

スープジャーでお弁当の幅を広げよう!意外と知らない使い方やレシピ

スープジャーでお弁当の幅を広げよう!意外と知らない使い方やレシピ スープジャーでお弁当の幅を広げよう!意外と知らない使い方やレシピ

温度をキープするために使われるスープジャーは、スープを入れて使う方が多くいるかと思います。しかし最近では他の料理でも活躍してくれることから注目を集めているようです。今回は、お弁当におすすめのスープジャーレシピなどをご紹介します。

【目次】

スープジャーを使ってお弁当の幅を広げてみない?

 

スープジャーとは、その名の通りスープを温かい状態に保つための容器です。
お弁当箱として使われるもので、基本的に保温性が高く、商品の保温性能にもよりますが、50度から60度前後の温度を5~6時間ほど保つことができるといわれている優れもの。

それだけでなく、水筒のように保冷する能力もあるので、冷たいスープの持ち運びでも活躍されています。

ただ、温かいスープを入れるためだけのものだと思っていませんか?

実は、スープジャーは温かいスープを持ち運ぶ以外にも、その保温性を活かした色々な活用方法があるんですよ!

そこで今回は、お弁当にぴったりなスープジャーレシピをご紹介します。
意外と知られていない選び方や使い方、洗い方などもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

スープジャーを使ったお弁当のメリット

 

朝入れたスープが、お昼になってもアツアツの状態を保ってくれるスープジャーは、昔からお弁当で定番のアイテムでしたよね。

しかしなぜまた最近になって、スープジャーが注目されているのでしょうか。

スープジャーを使ったお弁当のメリットについてまず見ていきましょう。

メニューの幅が広がる

スープジャーはスープだけを入れられる容器ではありません。

実は、おかゆやうどんなど、他の料理でも活躍してくれます。
そして、スープジャーというと温かい食べ物で使うイメージがありますが、冷たい料理とも相性がいいです。

意外とスープジャーはさまざまな料理で活躍してくれるので、お弁当に持っていくメニューの幅を広げることができるでしょう。

電子レンジや冷蔵庫がなくても安心

スープジャーは、職場などに冷蔵庫や電子レンジがない方にとっても人気があります。
その理由は、抜群の保温性・冷却性があるからです。

朝用意しても温かい状態・冷たい状態を保つことができるので、電子レンジや冷蔵庫がなくても安心ですよね。

お昼ご飯を美味しく食べたい方にとって必要なアイテムなのではないでしょうか。

調理の時間短縮が叶う

スープジャーは保温するだけでなく、具材を入れるだけで調理することも可能だということをご存知でしたか?

スープジャーには、作ったスープや料理を詰めて、保温・保冷する機能があるのですが、実はもう一つの機能として「半煮えのものを詰めて時間を置き、保温調理する」というものがあるんです。

ですので、例えば朝出かける前に、必要な具材と調味料をスープジャーに入れ、熱湯を入れておけばお昼ごろには味が染み込んだスープが完成しているということ!

もちろん、火が通りにくい具材は適していませんが、簡単なものであればスープジャーに入れるだけで作れるので時短になりますよね。
長く続ければ、ガス代や電気代などの節約にもなるでしょう。

液漏れの心配がない

スープジャーはスープを携帯できるように作られていますよね。
ですので、他の容器と違って液体を入れてしっかり閉めれば、漏れることはほとんどありません。

実際に、カバンの中で横になってしまうとドキッとするでしょうが、きちんと閉めておけば横になっても大丈夫なんです。

液漏れによってカバンの中が汚れたり、ニオイがついてしまったりしたらショックが大きいですよね。
安心して持ち歩けるというのは、スープジャーの大きな魅力といえるでしょう。

スープジャーを使ったお弁当のデメリット

 

お弁当で大活躍のスープジャーには、たくさんのメリットがあることが分かりましたね。

しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。

メリットもデメリットも理解した上で、上手に使っていく必要があるといえるでしょう。
では、スープジャーのデメリットはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

ニオイが残りやすい

スープジャーを使うことで、そこに入れた料理のニオイが残りやすい可能性があります。

当然ですがスープジャーは食べ物を入れるものですので、一般的な水筒などと比較すると汚れが残りやすく、その汚れが悪臭を発することがあるのです。
また、料理の内容によっても、ニオイが強い物はスープジャーにも移りやすいかもしれません。

ニオイを残さないためにも、毎日きちんと洗う必要があるでしょう。

洗うのが大変

ニオイを残さないためにも、隅々まで丁寧に洗うことが大切になるのですが、スープジャーの種類によっては底までしっかり洗えないものがあるので、洗いにくさを感じてしまうかも。

例えば、底が狭いタイプのスープジャーは、手が届きにくく、洗い残しが出てしまう場合があります。

また、フタと本体の間にも汚れが蓄積しやすいので、毎回洗っていきたいところですが、細かく分解できないと汚れやすくなり、洗うのも大変になってしまうので、スープジャーは選び方も大切になるでしょう。

スープジャーの選び方

 

スープジャーにもたくさんの種類があってどれにすればいいのか悩んでしまいますよね。

自分にあったスープジャーや、お手入れのしやすいスープジャーを選ぶためには、いくつかのポイントをチェックしながら買うことがポイントになりそうです。

ではどんなところに気を付ければいいのでしょうか。

保温力を見る

まずは、保温力のチェックが大切になるでしょう。
スープジャーを使ってるのにそんなに温かくない……と感じたことがある方もいるのではないでしょうか。

スープジャーも、ブランドやグレードによって本体の保温力が変わってきてしまうんです。
もし保温力が低いスープジャーであれば、ご飯を食べる時間に冷めてしまうでしょう。

スープジャーの中には12時間以上も50~60度の温度で保温できるものもあるんですよ。
ただ、性能が上がれば高価になるため、用途と保温力のバランスを見ることがポイント!

寒い季節や登山など気温が低い場所に行く場合などは、保温力が高いスープジャーを奮発してでも買った方が良さそうです。

また、保温力が高いほど作れるレシピも増え、時短に繋げることもできます。

お手入れのしやすさを見る

スープジャーのデメリットでお話したように、スープジャーの種類によって本体が洗いにくいものもありますので注意が必要です。
特に、ゴムのパッキンと本体の隙間は汚れが溜まりやすく、ニオイも発生しやすくなります。

ですので、清潔さを保つためにもできるだけ分解して、隅々まで洗えるスープジャーを選ぶことがおすすめです。

また、細長いタイプのスープジャーはカバンにすっぽり収まりやすいですが、食べにくいですし洗いにくいのでそこら辺もきちんと考えながら購入しましょう。

サイズを確認する

自分に合ったスープジャーを選ぶためには、もちろんサイズの確認も必要になってきますよね。

スープジャーのサイズは、基本的に300ml・400ml・500mlというように分かれていることが多いです。

お昼ご飯を全てスープジャーで済ませるのであれば、500mlサイズがおすすめですが、別でおにぎりなどを用意するなら300mlくらいでもいいでしょう。

500mlとなると大きくなるので、カバンに入るかどうかも確認しておきたいですね。
用途に合わせてスープジャーのサイズを選ぶようにしましょう。

デザインで選ぶ

最後に、自分好みのデザインかどうかチェックするといいですよ。

最近ではおしゃれなスープジャーがたくさんあります。
特にカラーバリエーションが豊富で、人気のくすみカラーも可愛いですよ。

毎日使うものですので、自分が飽きないと思えるものや写真映えするものを選ぶのもいいでしょう。

スープジャーの使い方

 

スープジャーの正しい使い方はご存知ですか?

意外と調理したものをそのままスープジャーに入れてフタをする……という方が多いかと思いますが、スープジャーの使い方は大きく分けて2通りあります。

調理したものを入れて、保温・保冷する方法と、保温しながら調理する方法です。

どちらの方法にするかでやり方が変わってくるので、それぞれの使い方に分けて見ていきましょう。

調理したものを入れて保温する場合

火の通りにくい根菜や肉類などの生ものや乳製品を使う場合は、加熱調理してからスープジャーに入れるようにしましょう。
この場合は、保温効果を上げるためにも熱湯を使って予熱をすることが大切です。

■調理したものを入れて保温する場合の使い方
①熱湯をスープジャーの内部の線まで注ぎ、フタをあけたまま5分ほど放置します。
②料理を入れる直前に予熱用のお湯を捨て、加熱調理したものを入れましょう。

具材を直接スープジャーに入れて保温調理する場合

加熱調理をしなくても食べられる食材や、すぐに火が通る食材の場合は、スープジャーの保温力を活用して調理時間を短縮しましょう!

■具材を直接スープジャーに入れて保温調理する場合の使い方
①中まで温まりやすいように小さくカットした具材を直接スープジャーに入れ、熱湯を具材にかぶるくらいまで注ぎ、3分ほど放置します。
②熱湯に気を付けながら具材がこぼれ落ちないように、湯を捨て、調味料で味付けをしたアツアツの汁を注いでしっかりフタをすれば完成です。

ぜひどちらの方法も試してみてください。

スープジャーの基本的な洗い方

 

スープジャーをお弁当として使っていく上で忘れられないのが、洗い方です。
毎日使うものになるので、帰宅したらすぐに洗ってキレイにしておきたいですよね。

まずは基本的な洗い方についてチェックしておきましょう。
スープジャーは密閉するためにパッキンがついているので、これをきちんと洗うのが清潔さをキープするコツになります。

台所用洗剤とやわらかいスポンジを使い、丁寧に洗ってみてください。
プラスチック製の内フタやパッキンはやわらかいので、スポンジの固い面で擦ってしまうと細かい傷がつき、汚れが入り込みやすくなってしまうので気を付けましょう。

汚れが残りやすいパッキンの溝は、指の腹を使って広げながら洗うといいですよ!

洗剤のすすぎ残しがないように流水でよくすすいだ後は、水気をふき取って、ペーパーなどの上に並べてしっかり乾かしてくださいね。

スープジャーを洗うときのポイント

 

もっと具体的に、スープジャーを洗うときのポイントについて見ていきましょう。

使い方、洗い方に気を付けていれば、長くスープジャーを使っていくことができますし、ニオイなどもすぐには気にならないはずです。

食べたらすぐに洗う

基本的には、スープジャーでお弁当を持っていったら、食べたあとにすぐ洗うことが大切です。

とはいっても、職場などで丁寧に洗うのは難しいですよね。

その場合は、オフィスなどで食後に残菜を捨て、さっと洗っておくだけでも済ませておくといいですよ。
残菜は長時間入れっぱなしにしないことが大切です。

さらに可能であれば、外フタ、内フタ、パッキンをすべて外し、隅々まで洗える状態にしておくといいですよ。

パッキンも外して洗う

ニオイがつきやすいパッキンは、毎日きちんと洗いましょう。

40℃程度のぬるま湯でちょっと濃いめの台所用洗剤の液を作り、30分ほどつけおきすることがおすすめです。
このときは、フタも一緒につけおきしておくといいですよ。

洗剤の香りがついてしまうこともあるので、無香性の台所用洗剤がおすすめです。

ニオイや汚れが気になる時は漂白剤を使ってつけおきする

日ごろのお手入れであれば台所洗剤でのつけおきがおすすめですが、ニオイや汚れが気になるときは、漂白剤を使ってつけおきをするといいですよ。

水筒用の酸素系漂白剤を使います。
40℃程度のぬるま湯に所定量の酸素系漂白剤を溶かし、30分程度つけおきし、そのあと流水でよくすすぎ、水気をふき取りましょう。

パッキンには、台所用の塩素系漂白剤でも使うことができます。
塩素系漂白剤を使うときは水を使って所定の濃度に薄め、30分程度つけおきするといいですよ。

風通しがいいところでしっかり乾かす

パッキンについたニオイは、しっかりと乾燥させることによって消すことができるでしょう。

また、カビなどの菌を増殖させないためにも、しっかり乾燥させることはとても大切です。
スープジャーを使わない日は、1~2時間ほど陰干しすることもおすすめですよ!

また、毎日使っていると、きちんと洗っていても時間の経過とともにパッキンも傷んでしまいます。
スープジャーを清潔に保つためにも、1年を目処にパッキンを点検・交換することがおすすめ。

パッキンなど部品だけでも購入できるので、常備しておくといいかもしれません。

スープジャーを使用するときの基本ルール

 

保温・保冷機能に優れたスープジャーは、調理の時短にもなり、お弁当のお供に欠かせなくなりそうですね。
とっても便利なアイテムだからこそ、使用上の注意を守って、正しく使っていきたいところです。

ですので、スープジャーを使用するときの基本ルールについてもしっかり身につけておきましょう!

入る容量を守る

飲食物を入れるのは、スープジャーの内側の線までです。

それ以上入れてしまうと、きちんとフタが閉まらず、倒れたときに液漏れしてしまいます。
もちろん、保温力もなくなってしまいますので、入れすぎないように注意してくださいね。

また、内側の線まで入れたら、入れたものが漏れないようにフタはきっちり締めたか確認しましょう。

スープジャーに入れるときは熱い状態にする

スープはできたて熱々の状態で入れるようにしましょう。
冷めたものや生あたたかいものは入れないようにしてください。

ただし、スープジャーは保冷機能にも優れているので、温かいものではなく冷たい物を入れる場合は冷めた状態で入れてもらって大丈夫ですよ。

温かい物は温かい状態で食べれるように、熱々の状態にしておいてくださいね。

早めに食べる

「スープジャーに入れているから大丈夫」と思わないようにしましょう。

いつまでも中に入れたご飯が持つわけではないので、スープジャーに入れたものは6時間以内を目安に一度で食べきるようにすることが大切です。

お弁当で持って行く場合は、お昼の時間から逆算しておくのもいいでしょう。
「朝詰めて、お昼に食べる」という感じであれば、問題はなさそうです。

また、一度開けたジャーに再びフタをすると、今度は雑菌の温床になってしまう可能性があるので、安全のためにも一度開けたら食べ切るようにしてくださいね。

スープジャーの注意点

 

万能なスープジャーを早速使いたくなった方も多いかと思いますが、覚えておきたい注意点もいくつかあります。

スープジャーを安心して正しく使っていくためにも、購入したスープジャーの使い方を守ることが大切です。

そしてこれからご紹介する注意点にも気を付けながら使っていけたらいいですね。

生ものは入れない

肉や魚は基本的に火を通してからスープジャーに入れた方が安全です。

また、「温玉などもできるのでは?」と考えてしまう方もいるかと思いますが、卵の生はとっても危険なので気を付けて!

肉や魚介類などの生もの、牛乳などの乳製品、卵は腐敗を防ぐために、加熱調理をしてから入れることが大切です。

卵に関しては、かきたまやオムレツ、ゆでたまごのようなものであれば大丈夫です。
牛乳もしっかり温めた状態で入れましょう。

火にかけたり電子レンジは使用しない

スープジャーを使っているのに、食べたときにあまり温かくない……と感じてしまうことがあるかもしれません。

そのときは温めたくなりますが、スープジャーのまま火にかけたり電子レンジを使用したりするのは禁物です。

温め直したいときは、一度お鍋やお皿などに移してから!

もしくは保温力の高いスープジャーにするか、スープジャーを温めてから使うようにしてくださいね。
使い方を見直すことで、スープジャーの保温力を取り戻すことができる場合もあります。

ドライアイスや炭酸飲料を入れない

スープジャーは他の料理も入れることができるからといって何を入れてもいいわけではありません。

ドライアイスや炭酸飲料はスープジャーに入れないようにしてください。

ドライアイスや炭酸飲料をスープジャーに入れてしまうと、フタがあかなくなったり、内容物がふき出たり、ケガや汚れ、破損の原因になることがあるので気を付けましょう。

スープジャーを使ったお弁当レシピ

 

スープジャーを使ってお弁当を持っていきたいけれど、どんなメニューにすればいいのか悩む方もいるのではないでしょうか。

使ったとしても、同じような内容になってしまいそうですよね。
飽きてしまうこともあるので、最初からスープジャーのレシピをいくつかチェックしておくことがおすすめです。

そこで最後に、スープジャーで使えるおすすめのお弁当レシピをご紹介します。
定番のものからちょっぴり意外なものまで集めてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ユッケジャンスープ

ユッケジャンスープ

スープジャーのお弁当レシピといったら、やっぱりスープ系ですよね。
スープにもいろいろありますが、いつもとは違うスープを楽しみたいときはピリ辛スープにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お肉と野菜をたっぷり使えば、スープだけで満腹にすることができそうです。

クリームパスタ

クリームパスタ

スープジャーを使えば、大好きなパスタだってお弁当として楽しむことができますよ。

パスタにするなら、スープパスタがおすすめ!
クリーミーなスープパスタに癒されること間違いなしです。
フレークの鮭を使えば、時短にもなりますね。

ドリア風リゾット

ミートソースドリア

スープジャーのレシピでは、リゾットやおかゆ系のものも人気があります。
ミートソースを使えば、ミートソースドリア風のリゾットを持ち運ぶことができますよ。

お昼もしっかりお米を食べたいという方におすすめですし、ちょっとの量でも満腹感を得ることができます。

つけそば

つけそば

さっぱりしたお弁当にしたいときは、ゆでたそばとそばつゆを用意するのもいいですね。

おそばは別のお弁当箱に入れておき、お昼の時間にスープジャーに入れたそばつゆと一緒に食べるだけ!
手軽に温そばが楽しめます。

スープカレー

スープカレー

季節の野菜を使ったお弁当を楽しむのもおすすめ!
夏は、夏野菜を使ったスープカレーが人気です。

スープジャーさえあれば、おうちかお店でしか食べれないイメージが強いカレーも手軽に職場で食べることができますよね。
海鮮など好みの食材も入れ、豪華なランチタイムにしてみては?

サバの味噌煮

サバの味噌煮

和食派の方にもスープジャーがおすすめです。
ほっこりしたランチタイムを楽しみたいときは、サバ缶と白菜を使った味噌煮で決まり!

元々うまみが詰まったサバ缶を使えるので、とっても簡単に作れるのも魅力です。

親子丼

親子丼

親子丼が食べたいときだってスープジャーを使えばOK!
親子丼の具、別のタッパなどに入れたごはんを一緒に持っていけば、ランチにあったか親子丼を食べることができます。

丼物って汁が気になりますが、しっかり密閉してくれるスープジャーなら安心して持っていくことができますね。

パンナコッタ

パンナコッタ

温かい料理を入れてランチを楽しむのもいいですが、スープジャーには保冷する機能もある優れものですので、その保冷力を活用してデザートを楽しむのもおすすめです。

ランチのときにデザートが欲しくなる方は、ぜひパンナコッタを入れてみてください。
デザート系などの冷たいものを入れる場合は、スープジャーに氷水を入れて蓋をして冷やしておくことがポイントです。

スープジャーの選び方や使い方、おすすめレシピなどをご紹介しました。正しく使い、丁寧にお手入れしていくことで長く愛用することができます。機能性はもちろん、おしゃれなスープジャーも続々と登場してハマる方が増えているので、ぜひお弁当の新習慣としてスープジャーを使ってみてください。