TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

#OOTD SNAP&INTERVEW-JEANASIS- プレス久保江由貴さんキャリアインタビュー

マニッシュでクールなスタイルに女性らしさも忘れないファッションを提案するJEANASIS(ジーナシス)。今春にローンチされた”JEANASIS YOGA”も勢いを見せるブランドのプレスとして働く、久保江由貴さんにSNAP&インタビュー!

JEANASIS-ジーナシス-

20〜30代をターゲットにした、カルチャーとファッションを楽しむファッションブランド。ブレない黒&上品な白を主軸に、シャープでこびないトレンドアイテムを展開。

SNAP

ブランド一押しの最旬スタイルを
プレスの久保江由貴さんが披露!

“グレンチェックワンピースを軸に
テイストMIXした秋カジュアル”

「今季のJEANASISは“MIX AND MATCH”がテーマ。トレンドのグレンチェックワンピにスポーツテイストのブルゾンを大胆にレイヤード。ポイントで今季のキーカラーでもある赤ニットを差し込んで、トレンド感をプラス。さらにウエストマークのベルトでメリハリのあるスタイリングに仕上げました」

ワンピース ¥9,000、ブルゾン ¥7,000、ニットトップス ¥4,500、
イヤリング ¥2,000、ソックス ¥1,200、サボ ¥8,000/以上すべてJEANASIS

Fashion Point!

クールに揺れるイヤリングは
片耳の装着で遊びをきかせて

クールに揺れるイヤリングは
片耳の装着で遊びをきかせて

抜け感をつくるスリット入りで
大人の女性らしさを忍ばせて

ひとくせソックスをプラスして
サボを秋仕様に大胆シフト

JEANASIS YOGA -ジーナシス ヨガ-

FASHION、WORKOUTを通して、すべての女性がタフで美しくあってほしいという願いが込められたヨガライン。すべて水陸両用で、ヨガやワークアウト時の動きやすさを重視。ブラトップやレギンスはもちろん、タウンユースできるカットソーやジャージも豊富にラインナップ。

SNAP

今年春にスタートし、
大反響のYOGAライン。
一押しスタイリングも披露してくれました!

“ラメ素材のセットアップで
ヨガタイムの気分を上げて♪”

「ラフに羽織ったロングフードコートは、スポーツの前後などのアクティブシーンに活躍すること間違いナシ。またヨガウェアでは珍しいラメ素材は、ヨガなどのワークアウトにはもちろん、デイリーファッションでもINに着てチラ見せさせても可愛いです!」

アウター ¥10,000、ブラトップ ¥4,000、レギンス ¥4,500、ファースニーカー ¥7,000/以上すべてJEANASIS

INTERVIEW

人気ブランドのプレスとして活躍する
久保江由貴さんにキャリアインタビュー!

“人と関わることが大好き!
日々楽しんで仕事をしています”

−アパレル業界で働くきっかけは?

高校時代からアパレルの仕事に興味があり、大学生になってアパレル販売員のバイトを始めたのがきっかけです。そのアパレルブランドはJEANASISを運営する会社内(現・アダストリア)の別ブランドでした。当時は広島の大学で小学校の先生になるための勉強をしていたので、将来アパレル業界に入る気はなく、バイトで満足すると思っていたのですが、働いているうちにアパレルの仕事の楽しさに気づき、大学卒業後も働いてみたいと思うようになりました!

−実際にアパレル業界に入る決断をするに至った経緯は?

地方の店舗で働いているとキャリアアップできないのではないか?とか、もちろん給料面も不安はありましたが、当時のアダストリアで働いていた先輩から「うちの会社は手を挙げたり、声に出したりしていれば、きちんとキャリアアップに繋がるよ」とアドバイスをもらいました。自分でも調べていくうちに、若いうちに好きな世界に飛び込んでみたいと思うようになり、新卒入社を目指したんです。私の場合、バイト経験が3年あったこともあり、一次面接免除の優遇や当時のエリアマネージャーから推薦文もあって、晴れて正社員として採用されました!

−入社後、キャリアスタート~現在に至るまでを教えてください。

当時のアダストリアでは総合職と地域限定職の2つがあり、私は全国転勤がある総合職採用で、入社スタートは全国80店舗を展開するJEANASISの売り上げトップ3を誇る名古屋の店舗に配属され、そこでまず販売員を約2年経験。以前から販売員をずっとやっていくというよりも、将来はブランドを動かすプレスへのキャリアアップが夢だった私は、運よくプレスの社内公募があり、迷うことなく挑戦することに。自分の頑張る姿を見てくれていた社内の方々の後押しもあり、プレスという夢を勝ち取ることができました! それがきっかけで上京し、本社勤務のプレスとして働き始めたのが24歳の頃でした。

−現在はどんなお仕事をされているのですか?

私はブランドプレスとストアプレスの業務を兼任しています。ブランドプレスとは、年間の予算とプランに沿って、オウンドメディアの制作、展示会やイベントの企画や運営、SNSの更新、TVや雑誌といったメディアへのリース対応やタイアップの進行、ヴィジュアルやカタログ、動画の制作など。ストアプレスとしては店内のポスターやPOP、SALEショッパー、ノベルティの作成、新店OPENの企画に至るまで、すごく幅広いお仕事をしています。一方で、各案件のスケジュール調整がものすごく大変なのですが、ブランドに関わるすべての方々が進行しやすいようにうまく調整することも私の仕事でもあります。また現在では、ブランド内で新たに立ち上げたヨガラインもあり、とにかく忙しい日々ですがとても充実しています!


“お客様からの反響が大きかったときは
一番ワクワクする瞬間です!”

−この春ローンチされた"JEANASIS YOGA"について、どんなきっかけでローンチが決定したのですか?

ヨガラインを立ち上げるにあたって、「JEANASISが掲げる“異性に媚びず、同性から支持される女性像”というコンセプトは、ファッションの外見部分であって内面にはあまりフォーカスされていなかったね」と事業部内で話しが出ていたんです。そうなったときに、世界規模でワークアウトへの注目度が上昇中だったことも合間って、“ファッション×ワークアウトでタフな女性像を目指す”というコンセプトの上、ヨガライン立ち上げが決定しました。プレスの私とブランドディレクターは、長年プライベートでヨガやジム通いをしていたこともあり、即賛成でした!

−仕事でやりがいを感じる部分はどこでしょう?

“みんなで何かを作り上げる”という過程がとにかく楽しいですね。例えば、毎回シーズン立ち上がりにはその顔になるヴィジュアルを制作チームと一緒に撮影するのですが、何度もミーティングを重ねて、たくさんの人の力で完成した1枚のヴィジュアル写真がお客様の目に触れるまでは、ものすごい時間を要します。店頭やWEB、SNS上にてお客様の目に触れる瞬間、その後の反響が大きかったときは一番ワクワクして、この仕事をやってきてよかったと思える瞬間ですね!

−今後の展望はありますか?

ずっとプレスの仕事を続けていきたいという思いが強いです。私自身でいうと、最近ヨガのインストラクターになりたいなと思うようになりました! “JEANASIS YOGA”がスタートし、ヨガイベントなども開催する中で、私も6年ヨガを続けてきた経験があったので、そのヨガイベントで自分がインストラクターになってヨガを教えられたら、もっと説得力があるかなと。それがいつ実現するかは分かりませんが、”JEANASIS YOGA”の目指すタフな女性像を私が体現したいなと思います。

−最後にアパレル業界を目指す方々に向けて、アドバイスをお願いします!

やっぱりファッションは働く自分が楽しまないと、お客様はもちろん周囲の人たちに伝染していかないと思っています。もちろんベースとしてファッションに関する勉強も必要ですが、自分が楽しいと思える趣味を持つとプライベートのプラスαのことが仕事に活きてくることも多々あります。私でいうと”JEANASIS YOGA”がスタートしたことで、仕事と趣味が一気にぐっと近づいた感覚があり、自分自身もパワーアップした気がしています。みなさんもファッションの仕事を目指すのであれば、たくさんのことに興味を向けてみると必ず役立つことがあると思いますよ!

JEANASIS WEBSITE

JEANASIS ONLINE

JEANASIS FACEBOOK

JEANASIS Twitter

JEANASIS INSTAGRAM

Photographer:Yusuke Tanaka


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ