NOV.29.2019

家庭教師の服装・髪型のマナーは?おすすめのレディースコーデも!

家庭教師の服装・髪型のマナーは?おすすめのレディースコーデも! 家庭教師の服装・髪型のマナーは?おすすめのレディースコーデも!

家庭教師は塾講師とは違い、スーツを着用しないことが多いです。ここでは、家庭教師の身だしなみのマナーと家庭教師の女性におすすめの服装をご紹介します。

家庭教師の服装や髪型のマナーは?

 

家庭教師をする上で最も大切なのは生徒やその親からの信頼を得ること。見た目の印象が悪いと信用を失ってしまうこともあるため、社会人として働く場合もバイトをする場合も、身だしなみには気を付けましょう。

まずは、家庭教師の服装や髪型のマナーについて見ていきます。

■スーツを着る必要はない?
基本的に、家庭教師は塾講師のようにスーツを着用する必要はありません。社会人が家庭教師をする場合はスーツが理想ですが、学生のバイトはフォーマルな服装でなくても大丈夫です。

■清楚な服装
服装は印象を大きく左右します。スーツを着ない場合も、ラフすぎる服装や派手な服装は避け、清楚感のある服装を心がけましょう。ジャージやダメージジーンズ、露出の多い服装などは控えるのがマナーです。

■髪型は奇抜でなければOK
一般的に、家庭教師は黒髪でなくてもOKですが、奇抜な髪型や金髪などの派手髪は好ましくありません。また、伸びすぎたり、ボサボサだったりする髪型は不潔なイメージなので、きちんとお手入れしましょう。

家庭教師におすすめの服装【1】社会人はスーツ

 

社会人の家庭教師の服装はスーツが基本です。女性はベージュやグレー、ネイビー、黒などの落ち着いたカラーのスーツにブラウスやシャツをコーディネートしましょう。ボトムスはパンツでもスカートでも問題ありません。

シンプルなバッグとベージュや黒などのプレーンパンプスを合わせれば、きちんと感を演出できます。

家庭教師におすすめの服装【2】初回はジャケット×襟付きシャツ

 

バイトで家庭教師をする場合も、初回や顔合わせの時はかっちりとした服装がおすすめ。服装は第一印象を左右するので、信頼感を与えられるコーデを選びましょう。

ストライプシャツ×ベージュスカートのコーデにジャケットを羽織ると、初対面の人にも好印象を与えられます。髪型も服装に合わせてポニーテールやハーフアップなどにするのがおすすめです。

家庭教師におすすめの服装【3】2回目は白ブラウス×ベージュフレアスカート

 

基本的に、2回目の授業からはノージャケットでも問題ありません。TPOと季節を考え、服装を選びましょう。白ブラウス×ベージュのフレアスカートの定番コーデは清楚感があり、家庭教師にぴったりです。

ベーシックなパンプスや靴を組み合わせると、大人っぽい印象に仕上がります。

家庭教師におすすめの服装【4】ストライプシャツ×黒パンツで知的に

 

ブルー系のストライプシャツは清楚でさわやかなイメージ。家庭教師のバイトをするなら、1枚持っておくと役立ちます。ストライプシャツに黒パンツをコーディネートした服装は知的に見えるのが魅力。

ストライプシャツは縦のラインを強調してくれるため、スタイルアップ効果も期待できます。

家庭教師におすすめの服装【5】白ニット×黒パンツでシンプルに

 

家庭教師の服装選びに迷ったらシンプルなコーデを意識するのがおすすめ。派手すぎないシンプルコーデは生徒の両親にも好感を持ってもらえます。

白ニット×黒パンツのモノトーンコーデは落ち着いた雰囲気。気温に合わせてコートやジャケットを羽織れば、信頼感や安心感のある服装が完成します。

家庭教師におすすめの服装【6】ジーンズはジャケットできちんと感アップ

 

大学の授業後などに家庭教師のバイトをするなら、普段着でも問題ありません。生徒や親に不快感を与えなければ、カジュアルな服装でも良いでしょう。

ジーンズを履くなら、ダメージのないシンプルなデザインを選ぶのがポイント。テーラードジャケットを羽織ると、きちんと感がアップして家庭教師に適した服装になるでしょう。

家庭教師におすすめの服装【7】パーカー×デニムで親しみやすく

 

家庭によってはパーカーなどのラフな服装も認められることがあります。家庭教師の仕事をする時にパーカーを着るなら、ダボダボのデザインは避け、ベーシックなものを着用しましょう。

グレーパーカー×デニムの定番コーデは親しみやすい服装で、生徒と距離を近づけたい人に向いています。

家庭教師におすすめの服装【8】Tシャツ×シャツでエアコン対策

 

生徒の家庭では、エアコンが効きすぎていることがあります。冷房で冷えたり、暖房で汗をかいたりするのが心配な人は体温調節しやすい服装を心がけましょう。Tシャツにさっと着脱できるシャツを羽織ると、家庭教師の仕事中でも冷えや暑さに対応できます。

家庭教師におすすめの服装【9】面接はジャケット×ブラウス

 

社会人が家庭教師の面接を受ける場合はスーツが基本ですが、学生のバイトであれば、スーツを選ぶ必要はありません。ただし、面接では担当者に「採用したい」「信頼できる」と思ってもらわなければならないので、ラフな服装は避けましょう。

ジャケット×ブラウスのコーデは上品で清楚感があり、家庭教師の面接に適しています。

家庭教師は生徒や親から信頼してもらうことが大切。バイトであればスーツを着る必要はありませんが、清楚感やきちんと感のある服装で好印象を与えましょう。