NOV.17.2019

雨の日デートの服装はこれでOK!男ウケ抜群のモテコーデ9選

雨の日デートの服装はこれでOK!男ウケ抜群のモテコーデ9選 雨の日デートの服装はこれでOK!男ウケ抜群のモテコーデ9選

せっかくのデートなのに、あいにくの雨。そんな雨の日のデートも、天気に負けないおしゃれなファッションで足を運びたいところです。そこで今回は、雨の日デートの服装のポイントからおすすめのコーディネートまで一挙ご紹介します!

雨の日デートの服装を徹底解説!まずはNGスタイルからチェックしよう

フレアスカートを使った雨の日デートの服装

あいにくの雨の日のデートでは、服装選びに頭を抱える女性も多いはず。そこで雨の日にNGなのは、泥はねが目立つような色のお洋服を取り入れたファッションです。さらに、地面につきそうなくらいのロング丈のボトムスは、水たまりで汚れやすいので控えましょう。また、足元は水でシミになりやすい革靴などを避け、濡れても良いものをチョイスしてください。

そこで次に、雨の日デートにおすすめのコーディネートを9つピックアップしてご紹介します!季節や年代別に、オトナ女子にぴったりのスタイルを提案しつつ、それぞれの着こなしのポイントまで徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

雨の日デートの服装【1】春は肌寒い!ニットカーディガンで女度アップ

カーディガンを使った雨の日デートの服装

冬の寒さが落ち着き、冬コートを脱いだ軽やかな装いを楽しめるこの季節。とはいえまだまだ肌寒い日が続きますし、特に雨の日はグッと気温が下がる可能性があるため、羽織りものを用意しておきましょう。例えば、ニットカーディガンで女性らしさを演出しつつ、防寒を意識してみてはいかがでしょうか。

例えば、ふんわりとして柔らかなモヘアニットカーディガンをさらっと羽織り、華奢な雰囲気のコーディネートに。トップスは白のプチネックトップスで程よく上品にまとめつつ、ボトムスはデニムスキニーパンツでカジュアルダウンさせると、今っぽいこなれコーデが完成します。

雨の日デートの服装【2】夏は大雨に注意!ハーフパンツにサンダルもアリ

ハーフパンツを使った雨の日デートの服装

夏はスコールのような激しい夕立や、台風の影響による大雨にご用心。特に夏からの季節の変わり目には天気が崩れやすいため、お出かけの際には油断禁物です。そこでこの季節には、夏らしいシーズンムードを意識しつつも、濡れてもOKなスタイルを心掛けると良いでしょう。

例えば、大胆なフリルで存在感のあるスリーブレスのブラウスに、カーキのハーフパンツを合わせて、リラックス感たっぷりの夏の装いに!足元は編み上げサンダルで素肌感を演出し、とことん夏らしい着こなしを完成させてください。大雨が予想されるのなら、このように足元が濡れてもOKのスタイルを意識しましょう。

雨の日デートの服装【3】秋はニットワンピースで楽でもレディに

ニットワンピースを使った雨の日デートの服装

落ち着いたファッションがトレンドとなるこの季節には、こっくりとしたカラーでシーズンムードを引き立てるのがおすすめ。例えば深みのあるブラウンをベースに、秋らしい装いを完成させましょう。例えばブラウンのニットワンピースをさらっと1枚で着こなして、季節感のあるレディな着こなしにまとめてみてはいかが?

ニットワンピも、膝下くらいのミディ丈なら雨の日でも安心。雨の日のスカートやワンピーススタイルは、丈感が大きなカギを握っていると言っても過言ではないでしょう。さらに足元はスニーカーでカジュアルダウンして、抜け感を。湿気でまとまりにくいヘアスタイルには、ベレー帽をプラスするとgood!

雨の日デートの服装【4】冬はきれいめコートで品良く見せて

コートを使った雨の日デートの服装

寒い冬には、どうしてもコートがコーディネートの主役となりがち。したがって、例えばきれいめコートをさらっと羽織り、品の良い大人っぽスタイルを実現させましょう。冬本番は比較的降水量が少ないのですが、晩秋から初冬にかけては冷たい雨が降る地域も多いため要注意です。

例えば、ピンクパープルのタートルネックトップスに、ベージュの高級感のあるコートをプラスしてきれいめなコーディネートに。ボトムスは黒のクロップドパンツをチョイスして、コーデの優しげな印象をグッと引き締めてあげましょう。さらに足元はベージュブーツで、コートと揃えてあげると洗練度がアップ!

雨の日デートの服装【5】20代は親しみやすいカジュアルスタイルに

デニムパンツを使った雨の日デートの服装

20代のカップルなら、親しみやすいカジュアルスタイルにまとめるのもアリ!上品なスタイルで背伸びするのも良いですが、それよりもお相手の雰囲気に合わせて、居心地の良さを感じてもらうことが大切だと言えるでしょう。ただカジュアルとは言っても、ラフすぎるのではなく、トレンドを意識したおしゃれスタイルにまとめてください。

白のTシャツにデニムパンツを合わせた、定番の大人カジュアルスタイル。なんだか垢抜けないベーシックな着こなしも、ファッショナブルなアイテムを一点投入するだけで、一気に洗練された印象へと導きます。例えば、ルーズなラップデザインのこなれた白Tシャツをチョイスし、デニムスタイルをおしゃれに格上げしましょう!

雨の日デートの服装【6】30代は大人カジュアルに!女性らしいエッセンスを

血のスカートを使った雨の日デートの服装

30代の女性は、女性らしくも程よく肩の力が抜けたような、大人カジュアルな着こなしにまとめるべし。気合を入れている感がないよう、品の良さを意識しつつ、適度にカジュアルダウンして抜け感を加えるのが正解です。

ベージュのタイトなVネックトップスで、女性らしいラインを引き立てるとgood。さらにベージュのチノスカートを合わせて、ナチュラルな風合いの大人カジュアルコーデを完成させましょう。また、足元はブルーのスニーカーで差し色を加えつつ、カバンは小さめショルダーで上品にまとめ、カジュアルときれいめをバランスよく仕上げるとなお良し。

雨の日デートの服装【7】40代・50代は大人女子らしく品のあるスタイルに

フレアスカートを使った雨の日デートの服装

40代、50代の大人の女性なら、品の良いレディなスタイルにまとめてみましょう。ただしコンサバティブではやりすぎ感があるため、程よく抜け感を加えることを意識。トレンドを取り入れるというよりは、ベージックなアイテムを組み合わせて、洗練された大人の着こなしを叶えてください。

例えば、ポートネックのベージュブラウスに、ライトブラウンのミディ丈フレアスカートを合わせて、上品かつレディライクなコーディネートに。さらに足元は黒のエナメルブーツ、カバンは黒のハンドバッグで、華やかな色合いをグッと引き締めてあげると、大人っぽさがアップするのでおすすめです。

雨の日デートの服装【8】合コンでは決め過ぎ注意!程よくカジュアルダウンしよう

デニムジャケットを使った雨の日デートの服装

合コンの服装では、基本的には雨対策は必要なし。移動中は注意する必要がありますが、お店に入ってしまえば大丈夫です。ただ雨の日は冷える可能性があるため、軽めの羽織りものを用意しておくと良いでしょう。また、合コンで決めすぎるのは逆にマイナスイメージであり、程よくカジュアルダウンするのがモテのポイントです。

例えば、黒のハイネックニットにライトベージュのミモレタイトスカート、ブーツやカバンは黒をチョイスして、品のある大人の女性らしい着こなしに。そこに、デニムジャケットをプラスしてカジュアルダウンすると、抜け感が加わって親しみやすさを演出することが可能です。

雨の日デートの服装【9】ドライブならシワになりにくい洋服を選ぼう

デニムスカートを使った雨の日デートの服装

雨の日のドライブデートでも、さほど服装を心配する必要はありません。ただし長時間車に乗っておくとなると、気になるのがお洋服に「シワ」がついてしまう問題。したがって、座りジワがつきにくい素材のお洋服をチョイスすることが、重要なポイントとなります。

例えば、しっかりとした素材感のデニムスカートなら、座ってもシワができる心配はない!ロゴTにスリット入りのデニムスカート、足元はスニーカーで、大人カジュアルコーデにまとめてみてはいかがでしょうか。さらにカバンは小さめショルダーをチョイスして、華奢な雰囲気を演出するとgood!

いかがでしたか?今回は、雨の日のデートにおすすめのコーディネートを9パターン厳選してご紹介しました。雨の日デートでは、汚れにくい服装、そして汚れが目立ちにくい服装にまとめるのがベター。女性らしいスカートやワンピーススタイルで足を運んでも良いのですが、マキシ丈は避け、長くても膝下くらいのミディ丈をチョイスしましょう。ぜひ参考にして、雨の日のデートもおしゃれなファッションでお楽しみください!