TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

なかなか捨てられない…洋服処分のタイミングの見極め方

次々新しい服を買っては、クローゼットの奥底に眠り続ける洋服たち。いつかは着なくなった洋服たちを整理しないと、クローゼットにどんどん溜まっていく一方…
これからは着なくなった服の処分のタイミングを理解して、いつも綺麗でスッキリした状態のクローゼットを目指して。

着てないものは「捨てる」という習慣をつけて

クローゼットの奥底に眠っている、もう着る機会がなくなってしまった洋服を処分するタイミングの見極め方をみていきましょう。

ー洋服の「使用期限」で見極める

今の流行でなくなったもの、汚れや破れなど洋服自体に傷が入ってしまったものなど、もう着る機会がなくなってしまった洋服は、思い切って処分しよう。
もし外では着れないけど、家でなら…というのであれば部屋着として着るのもいいかも。


ー今シーズン、一度も着用してない洋服は処分してしまおう

お気に入りの服だったけど趣味が変わってしまった、好きだけど似合わなくて着れなかったという洋服は、ずっと置いていても仕方ないので処分してしまおう。
まだ着れそうだけどという思いはあるものの、使用頻度が全くないものは今のうちに処分するべきタイミングです。

スッキリしたクローゼットを常に保とう

ールールを決めるのも○
新しい洋服を1着買ったら、1着処分する。
似たものを買ってしまったら、お家にある似たような服は処分する。
など、自分の中でルールづけしておくと、普段からスッキリしたクローゼットを保てます。

パッとクローゼットを開けた際に洋服を見渡せるようにしておくと、新しい洋服を購入するときに、いるものいらないものを判断できるので、同じようなものをまた買ってしまった!なんていう無駄遣いも減るでしょう。


ー賢く、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしてみては?

不要になった洋服を買取してくれるサービスのお店もたくさんありますので、一度ホームページなどでチェックしてみるのもいいかもしれません。
一度に全部引き取ってくれるので、面倒くさがりな方はとても助かりますね。
またお店で引き取ってくれるパターンもありますが、最近はお家でダンボールに詰めて、指定の送り先に送って買取してくれるサービスも出てきています。

ちょっとした手間はかかりますが、ブランド品や値がつきそうなアイテムなら、オークションアプリなどを利用するのも一つの手。
お店での買取サービスより高値がつくことが多いので、余裕がある方はトライしてみて。

ーあとはこんなサービスも?
どれも大切に保管しておきたいという方は、倉庫で保管してくれるオンラインクローゼットというのもあるので、ぜひこのサービスを利用してみて。

デキる女は、身だしなみだけでなく、お部屋も整理整頓されているのが理想。
これを機に、クローゼットの中の洋服は本当にいるのかどうか見直してみてはいかがでしょうか?


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ