TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

【保存版】セルフネイルを何倍も長持ちさせる5ステップ



セルフネイルは誰でも簡単にお家で手軽に出来ちゃうネイル。でも自分でするとすぐ剥がれちゃったりしますよね?少しでもネイルしたての綺麗な状態に長持ちするコツを教えます。


長持ちさせるコツ!甘皮処理はしっかり



甘皮とは爪と指の境目にある皮膚のことを言います。


甘皮は爪が伸びる時に古い皮膚(角質)をくっつけたまま伸びてしまうため、マニュキュアを塗る前に綺麗に処理をしてあげましょう。



1、お風呂あがりだったり、ぬるま湯に指を浸して、甘皮を処理しやすいようにふやかしておきます。
2、ウッドスティックにコットか、もしあればキューティクルプッシャーを使って、甘皮を優しく押し上げてはがしていきます。
3、ポロポロと取れた甘皮はティッシュなどで優しくふき取りましょう。


甘皮はきちんと処理しておくと、ネイルを長持ちさせてくれるだけでなく、マニュキュアを塗った際の凸凹もなくなり綺麗に塗ることが出来ます。


ヤスリで形や表面を整える



セルフネイルだと爪切りで形を整える人が多いかと思いますが。勢いよくバチンと切り取る爪切りは爪にとっては大きな負担です。


ヤスリで爪の形を優しく整えてあげてましょう。


ついでに表面の凹凸を少なくするために表面も優しくヤスリでこすって。


爪の油分を拭き取る



爪に油分が付いたままマニュキュアを塗ると、ネイルが浮きやすく、割れたり削れたりしやすくなります。


除光液か、もしあればアルコールをコットンに染み込ませ、爪をそっと撫でるように拭き取ってください。


ベースコートとトップコートは必ず塗ってあげて



ベースコート


爪の表面を整え、発色を良くしてくれたり、自爪への負担を軽減してくれるなどの役割があるので、爪をしっかり保護するためにも必ず塗るようにしてください。


トップコート


塗ったマニュキュアを長持ちさせ、爪の強度を上げてくれる効果や塗りたてのようなぷるぷるで艶っぽい輝きに仕上げてくれるなどの役割があります。


またトップコートは2日に1回定期的に塗ることで、ネイルしたてのツヤ感ある状態を長く維持できます。
塗ったら終わりではなく、定期的なケアが長持ちの秘訣になるのですね。


よく忘れがちな爪先までしっかり塗る



爪が最も剥がれやすいのは、色々なものに触れる機会が多く、ぶつかることもある爪先からです!
ですので爪先までしっかりとマニュキュアやトップコートを塗りましょう。


爪先のちょっと裏側までたっぷり塗ってあげて。


あとはマニュキュアは一度塗ったらしっかりと乾かすことと、さらに上から2度塗りする際は少し時間を空けてから塗るとさらに綺麗に仕上がります。
ちょっとでも長くネイルが持つよう、ポイントをしっかり押さえたセルフネイルを楽しんで。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ