TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

あなたは知ってた?正しい髪の乾かし方!ツヤだしドライヤー術



ヘアスタイルは髪の乾かし方によって変わるって知っていましたか?くせ毛が気になる、ボリュームを出したい、そんな髪のお悩みも解決!プロのヘアメイクさんがやっている髪の乾かし方を伝授。


乾かす前段階の処理はしっかりと



濡れた髪はしっかりとタオルドライ
毛先をタオルで挟みこみ、できるだけ髪の水分を取りましょう。それだけでドライヤーの時間が短くなります。


乾かす前の保湿は忘れずに
髪のタイプに合わせたオイルトリートメントやクリームタイプのものなどで髪を保護しましょう。


ここからが本番!プロメイクさんが教える髪の乾かし方



乾かす順番が大事


前髪、根元、毛先の順番で乾かします。
根元から乾かすことで、ドライヤーからの熱を受ける時間も短縮でき、毛先の乾かしすぎも防ぐことが出来ます。
前髪などくせ毛が気になるところがある方は、濡れている時に先に乾かすと、くせが直りやすいです。



ドライヤーの温度はだいたい110度前後のものを。


つやつやヘアーにしたい方は、ドライヤーを上からあてよ



キューティクルの向きに合わせて、上からドライヤーをかけると、つやつやのストレートな髪に。
軽く手で髪を引っ張るようにして当てると、まっすぐになりやすいです。


ラフな感じに仕上げたい方は、左右に振って分け目をなくそう



根元や前髪が濡れているうちに、根元から髪を左右しながら乾かしましょう。
髪がパツーンと別れたり、根元のクセをなくしたいって方は、左右に揺らしながら乾かすことで髪がふんわりと乾き、ラフなヘアスタイルに近づけてくれます。


くせ毛が気になる方は



まだ濡れているうちに、クセが気になる部分の髪を指で挟んで引っ張り、ドライヤーをあてて乾かしましょう。
指で直しきれない時は、ブラシなどを使って、ドライヤーをあてながらブローしてください。


ボリュームを出したり、あえてくせ毛風にしたい方は



指で髪をつまみ上げ、その隙間にドライヤーの風を送るようにしてあてましょう。
手のひらでくしゃっと髪を握りながらあてると、くせ毛風に。
最後にドライヤーを冷風に切り替えて、キューティクルを閉じて。



スタイルに合わせた髪の乾かし方をご紹介しましたが、いかがでしょうか?
あなたのなりたい髪のスタイリングが完成した後は、冷風で引き締めて長持ちさせることも忘れないで。ドライヤー自体もマイナスイオンが導入されているものを選びましょう。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ