TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

贈り物に差がつく!ラッピングテクニック

ちょっとしたプレゼントをあげる時や、手作りのお菓子を配る時などに知っておくと便利なラッピングのテクニックをご紹介。
貰った瞬間、可愛い!と思わず声が出てしまうラッピングにキュンとするプレゼントに。

可愛いプレゼントなら中も思いっきり見せて。クリアビニールでラッピング

ビジュアルが可愛いデザインのプレゼントなら、透明の袋やシートに包んで、思いっきり中を見せてしまおう。
おしゃれなメッセージカードを添えて、主役のプレゼントに目線がいくよう、抑えめな麻紐を使ってシンプルに。

透明のビニル袋の上にペーパー紙を折り曲げ、ホッチキスで留める。
お店で売っているかのようなラッピングで周りと差をつけて。

メッセージカードではなく、ドライフラワーを添えてみてるのもいかがですか?
主役のプレゼントの存在を引き立たせてくれ、大人のプレゼントのラッピングに。

カラフルなコットン紐も元気があって可愛いですね。おしゃれカフェ風なラッピングに。


紙袋やペーパーに包んで、あとはちょっとした飾りでおしゃれにラッピング。
こんな感じでシンプルな紙袋だけど、おしゃれなカードと紐をホッチキスで留めるだけで、まとまりがあって可愛くなりますね。
ドライフラワーを飾ったり、マスキングテープを使って、可愛くラッピングしよう。



ペーパーとリボンの配色が大人可愛い。簡単で見た目もおしゃれで、喜ばれること間違いなしですね。

コロンと可愛い、キャンディ型ラッピング


ペーパーやクリアのシートを巻いて、端っこをねじって結ぶだけの簡単なキャンディ包み。
形関係なく、どんなものでも包めてしまうので、幅広いシーンで使えそうなラッピング。

スティック状のお菓子をラッピングしたい時は、キャンディ包みが見た目も可愛いし、配りやすいので、オススメかも。



シンプルだけどワンポイントで華やかさをもってくると、ぐっとおしゃれで可愛いラッピングが完成します!初心者の方でも簡単にできるものばかりなので、その代わりラッピングの道具選びに手を込んでみてもいいかも。


RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ