LIFESTYLEAPR.05.2018

技あり!おしゃれサンドイッチの作り方

好きな具材を何でも挟んでも美味しく出来て、見た目もおしゃれ。パパッと簡単に、おしゃれなサンドイッチの作り方をご紹介。お店で購入したかと思うぐらい、サクサクした食感が残るようなサンドイッチの作り方を教えちゃいます!
好きな具材を何でも挟んでも美味しく出来て、見た目もおしゃれ。パパッと簡単に、おしゃれなサンドイッチの作り方をご紹介。お店で購入したかと思うぐらい、サクサクした食感が残るようなサンドイッチの作り方を教えちゃいます!

パンの耳はカットしよう

実はパンの耳って水分を吸収しやすいのだとか。
長時間おくと、パン自体にも水分がいき、パサパサ状態に。
耳をカットしてからトッピングしたほうが、ふわふわの食感を残せます。

野菜の水分はしっかり拭き取る

水で洗った野菜は、キッチンタオルで水分を拭き取ってあげましょう。
水分が残っていると、、べちゃっとなりやすいです。

油分でコーティング

野菜から出る水分がパンに移るのを防ぐために、パンの表面はバターかマヨネーズを塗りましょう。
パンと具材が離れるのも防いでくれる接着剤的な役割でもあります。
具はマヨネーズやマスタードなどの油分を含んだものでコーティングされているのがオススメ。

具材を挟む順番も大事!

なるべく内側に水分が多い具材を持ってくるように挟みましょう。
レタスはパンの大きさに合わせて折りたたんで挟むと、綺麗に挟めます。

ワンプレートに盛り付けて、海外みたいなおしゃれ朝ごはんの完成。
 
カゴのお弁当箱に詰め込んで、見た目もカラフルで可愛いサンドイッチ弁当に。



サクサクとした食感のサンドイッチを作るコツは、水分を意識することが大事みたい。それを意識するだけで、時間が経っても美味しさと新鮮さが変わってきます。作る際は、ぜひ参考にしてみてください。

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。