TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

【2017年決定版】東京都港区で買える大人の手土産7選



表参道、青山のおしゃれエリアから虎ノ門、新橋などのビジネス街など様々なシーンの街が詰まった東京都港区。今回は港区で買える、大人のちょっとした手土産をご紹介。


「とらや」赤坂




http://toraya-group.blogspot.jp/2012/09/blog-post_10.html
http://toraya-group.blogspot.jp/2012/09/blog-post_10.html


誰もが知っている400年以上もの歴史のある老舗の和菓子屋「とらや」。
とらやの羊羹の中は、小分けできるタイプもあるので便利。
味も見た目も上品なので、手土産にはもってこいのお菓子です。


「巴裡小川軒」新橋



https://co-trip.jp/spot/753092/
https://co-trip.jp/spot/753092/


さくっとした食感のビスケットに挟まれるのは、北海道のバターで作られた軽い特製クリームとカリフォルニア産のレーズン。お店の看板商品のためすぐ売り切れてしまうこともあるほど人気!事前予約をしておくのがおすすめです。


「切腹最中」新橋



https://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/gourmet/omotase/103/index.php?genreCord=0&no=103
https://www.ehills.co.jp/rp/dfw/EHILLS/gourmet/omotase/103/index.php?genreCord=0&no=103


最中からこぼれ落ちそうなぐらい餡が入った和菓子が有名なこちらのお店。
黒い餡の中には白い求肥(ギュウヒ)が入っていて、「腹の中は白いです」という意味が込められているそう。
お土産としてはもちろん、「腹を割って話す」という意味も込められているということで、そういったシーンの手土産として選ぶ方もいるという、ユーモアあふれる和菓子ですね。


「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」六本木



http://ism.excite.co.jp/garbo/rid_E1380678664004/
http://ism.excite.co.jp/garbo/rid_E1380678664004/


今年で日本上陸15周年を迎えるフランス屈指のショコラブランド「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」。
濃厚なガナッシュ入りのカラフルなマカロンに見た目もうっとり。
なめらかな口溶けと繊細な味わいを楽しめると、世界的にも人気のチョコレート。手土産にもピッタリです。


「patisserie Sadaharu AOKI paris」 六本木



https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13037371/
https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13037371/


パリの美食家たちを虜にし続けている、パティシェ青木定治氏が展開する人気のお店。
マカロンやケーキをはじめ、焼き菓子やパンなど種類も豊富。
特別な日のギフトにぴったりのスイーツが見つかります。


「anovan」表参道



http://anovan.tokyo
http://anovan.tokyo


表参道でしか買えない幻のお菓子とも言われている「生ブッセ」がオススメのお店。
老舗、亀屋万年堂の新業態としてできたお店とのこと。
口に入れるとふんわりと軽く、やさしい食感がクセになります。


「 HIGASHIYAman」青山



http://www.simplicity.co.jp/ja/projects/higashiya-man/
http://www.simplicity.co.jp/ja/projects/higashiya-man/


甘さ控えめのつぶあんと、もっちりした皮が他では味わえないと評判の豆大福が有名なお店。
午前中には売り切れる時もあるというほど人気なので、早めの時間を狙って行って。
豆大福の他にも、ふかふかの生地と上品な甘さが絶品の蒸し饅頭も人気。


今回は港区で買える大人な手土産をご紹介しました。帰省するときや普段お世話になっている人へのお礼のお菓子選びは、大人の味がする菓子折りを持って行くと喜ばれること間違いなし。


関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ