FASHION
FEB.25.2020

結婚式の前撮りはドレスor私服?おすすめの服装や費用、必要なもの

結婚式の前撮りはドレスor私服?おすすめの服装や費用、必要なもの 結婚式の前撮りはドレスor私服?おすすめの服装や費用、必要なもの

結婚が決まったら式の前に撮影する「前撮り」。以前はウェディングドレスや和装を着るのが定番でしたが、最近は私服を着て撮影するカップルが増えています。そこで今回は、前撮りにおすすめの服装やかかる費用、必要なものなどをご紹介します。

結婚式の「前撮り」とは?

 

結婚が決まると、カップルのほとんどが「前撮り」と呼ばれる写真撮影をします。これから結婚を控える方の中には、そもそも「前撮り」の意味がわからないという方も多いのではないでしょうか。

「前撮り」とは、結婚式よりも前に新郎新婦がウェディングドレスや和装、タキシードで写真撮影をすること。式場やフォトスタジオ、屋外などでプロのカメラマンに撮影してもらいます。

「前撮り」をするメリットは、結婚式当日だと難しい自分が撮りたい写真が撮影できること。まるで映画のワンシーンのような完成度の高い写真を撮影することも可能です。

前撮りで撮影した写真は、結婚式のウェルカムボードやプロフィールムービーで使用したり結婚報告や年賀状にも利用できます。

前撮りの服装はドレスor私服?

前撮りにおすすめの服装

これまでは、前述でご説明したようなウェディングドレスや和装での前撮りが定番でしたが、最近は私服で撮影する「エンゲージメントフォト」が人気。撮影するのもプロのカメラマンではなく、友人や知人にお願いするセルフ撮影も増えています。

「エンゲージメントフォト」はカジュアルな私服で気軽に撮影できるので、費用がリーズナブルなのがポイント。そして何より、普段通りの自然体の二人を記念写真に残せます。

そこで今回は、前撮りで着る服装についてドレスや私服それぞれでおすすめをご紹介します。それぞれの写真や服装の中から、ぜひ自分達にぴったりな服装を見つけてください。

前撮りにおすすめの服装【1】ドレスの場合①:完成度ならフォトスタジオ。独特の世界観に白のモダンなシンプルドレスがマッチ

 

前撮りを撮影する場所がフォトスタジオなら、完成度の高い写真が撮影できます。独特の世界観があるアーティスティックなスタジオには、白のモダンなシンプルドレスがマッチ。大人のカップルにおすすめの前撮り写真と服装です。

前撮りにおすすめの服装【2】ドレスの場合②:ロケーション撮影は季節感のある場所を。二人らしさを取り入れて

 

最近の前撮りでは、屋外で撮るロケーション撮影が人気。公園や観光地、ビーチなどの季節感を写真に取り入れることができます。旬の花が咲き乱れる場所で撮影すれば、門出に相応しい華やかな一枚に。

白い花々をバッグに撮影するなら、ドレスはやっぱり白がベスト。出会いのきっかけになった小物などで、二人らしさを演出するのもおすすめです。

前撮りにおすすめの服装【3】和装の場合:着る機会の少ない和装もおすすめ。和装に似合う日本らしいロケーションで

 

前撮りでは、結婚式当日には着用しない衣装を着たいという方も多くいます。特に最近は結婚式の衣装の主流がウェディングドレスやカラードレスなので、和装を着るいい機会になります。

スタジオ撮影で和装を着る場合、どうしても古いかしこまった感じになるので、ロケーション撮影の方がナチュラルな雰囲気になっておすすめ。公園の桜など日本らしいロケーションが和装に似合います。

前撮りにおすすめの服装【4】私服の場合①:フォトスタジオでの撮影ならフォトジェニックに。私服ワンピも白がおすすめ

 

フォトスタジオで撮影する場合でも私服を着るのが可能な場合は、スタジオの雰囲気や仕上がりのイメージに合った服装を選びましょう。

ワンピースを着るならやっぱり白が花嫁さんらしくて◎。彼が着た赤ニットが白ワンピとのメリハリがついていいアクセントに。クッションを効果的に使ったフォトジェニックなエンゲージメントフォトに仕上がっています。

前撮りにおすすめの服装【5】私服の場合②:Tシャツ×デニムならお揃いも簡単!出会った場所なら思い出深い一枚に

 

私服で撮影するエンゲージメントフォトでは、お揃いのペアルックを着るのも人気。白のTシャツ×ブルーデニムの定番アイテムのコーデならお揃いも簡単です。

高校の校舎など二人が出会ったゆかりの場所で撮影する写真は、特に思い出深い一枚に。思い出の小物も効果的に使って、二人だけの世界を表現しましょう。

前撮りにおすすめの服装【6】私服の場合③:何でもない一日を写真に残すなら、いつもデートで着ていた服で

 

エンゲージメントフォトの魅力は、普段通りの自然体の二人の写真を残せること。二人で過ごした何でもない一日を写真に残すなら、服装はいつもデートで着ていたものが最適。写真を見るたびに、恋人同士だった頃が蘇ります。

前撮りにかかる費用:エンゲージメントフォトはプロのカメラマンもリーズナブル

 

前撮りでは、プロのカメラマンが撮影するのかセルフ撮影か、スタジオ撮影かロケーション撮影か、ドレスか私服かなどでそれぞれかかる費用が異なります。当然、プロのカメラマンやヘアメイクさんにお願いした場合は費用が高くなりますし、スタジオ撮影よりロケーション撮影の方が高額になります。

一般的には、スタジオ撮影で衣装をレンタルした場合にかかる費用の平均は、10万円前後。ドレスと和装だとドレスの方が金額が安く済みますが、衣装の数が多かったりロケーション撮影した場合は、20万円近い費用がかかる場合もあります。

それに対して、私服で撮影するエンゲージメントフォトは、プロのカメラマンにお願いしても費用はリーズナブル。5万円以下で済ませることも可能です。セルフ撮影ならもっと安く済ませることができます。

前撮りに必要なもの:式場やスタジオでの撮影なら下着類は持参して

 

前撮りには、式場やスタジオでの撮影で衣装をレンタルする場合でも下着類は持参しましょう。和装の場合は、肌襦袢や足袋など下着一式が必要です。ドレスの場合も、専用の下着を準備しましょう。下着類のレンタルも可能な場合はありますが、その場合料金が別途発生します。

撮影に小物を使う場合は、その小物の持参を忘れずに。ただし、スタジオによっては持ち込み不可の場合や料金が発生する場合があるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

これまではウェディングドレスや和装を着てスタジオで撮影するのが定番だった前撮りも、最近は私服で撮影したり屋外のロケーション撮影が主流になってきています。一生の思い出に残るものですから、二人でよく話し合って自分達らしい写真や服装を選んでください。