FASHIONFEB.24.2019

セミナーで着る服装の選び方!講演会や就活など季節別のおすすめ

社会人向けの講演会や研修、大学生の方が就活で参加するものなどセミナーに行く機会は結構多いものです。そこで意外と困るのがセミナーに着ていく服装。今回は、セミナーで着る服装を季節別にさまざまなシチュエーションでご紹介します。
社会人向けの講演会や研修、大学生の方が就活で参加するものなどセミナーに行く機会は結構多いものです。そこで意外と困るのがセミナーに着ていく服装。今回は、セミナーで着る服装を季節別にさまざまなシチュエーションでご紹介します。

セミナーで着る服装の選び方のポイント

大学生の方なら就活セミナー、社会人の方なら会社の勉強会や研修、自己啓発で参加する講演会など、さまざまな種類のセミナーに参加する機会があると思います。そこで意外と頭を悩ませるのがセミナーに着て行く服装。特に大学生の方で初めてセミナーに参加される方は困るのではないでしょうか。

そこで今回は、セミナーで着る服装の選び方を具体的なコーデを使って季節別にご紹介します。まずは、選び方の基本ポイントから。どんな種類のセミナーでも社会人としてのビジネスマナーは同じです。大学生の方でも、就活セミナーなら社会人としてのマナーはマストなので、しっかりチェックしてください。

■コーデに迷ったら無難なのは「スーツ」

何を着て行こうか迷った場合に一番無難なのはスーツ。特に会社関係で取引先の方も参加されるような場合は、スーツの着用がマストです。

■スーツ以外でもジャケットを着用すると安心

少しカジュアルな雰囲気のセミナーの場合、必ず上下が揃ったスーツでなくてもいい場合があります。そういったセミナーでも、ジャケットを羽織っておけばビジネスマナーとしてはOKです。

■「服装自由」の場合はオフィスカジュアルな服装を

「服装自由」とある場合は逆に何を着ようか困ってしまいますよね。そういった場合の服装選びのポイントは、きちんと感と清潔感。ブラウスやシャツにきれいめのスカートやパンツなど。一般的にオフィスカジュアルと呼ばれるような服装が最適です。

■メイクや髪型など身だしなみも整えて

セミナーに行く際は、メイクや髪型なども清潔感を印象付けるように整えて参加しましょう。

セミナーにおすすめの服装【1】会社関連の講演会や研修には「スーツ」が最適

濃紺のスーツを使ったコーデ
勤務先の会社で講演会や研修に参加する場合は、会社を離れるとはいえ仕事なので、スーツやそれに準ずるような服装が最適です。ボトムはスカートでもパンツでもOKですが、色はネイビーや黒、グレーやベージュといったものを。派手な色のものや柄が入ったものは避けた方がいいでしょう。

濃紺のスカートスーツに白のインナーを合わせたコーデは、会社関連のセミナーに最適な服装。バッグや靴もベーシックカラーのものを合わせましょう。

セミナーにおすすめの服装【2】大学生の方が参加する就活セミナーもスーツが基本

ネイビーのパンツスーツを使ったコーデ
大学生の方が参加する就活セミナーに着ていく服装もスーツが基本です。セミナー会場には企業の人事担当者の方が参加されています。ビジネスマナーに欠ける服装や清潔感のない服装で参加して悪い印象を残してしまったら、就活本番にも悪影響になります。就活セミナーには本番と同じような服装や身だしなみで参加しましょう。

セミナーにおすすめの服装【3】スーツ以外でもきちんと感はマスト。ジャケットをプラスすれば安心

ベージュのジャケットを使ったコーデ
スーツを着るほどでもないような少しカジュアルな雰囲気のセミナーの場合でも、ジャケットを羽織っておくと程良いきちんと感が演出できるのでおすすめです。

白のカーディガン×ベージュのスカートにベージュのジャケットを羽織ったコーデはスーツほどかしこまらないコーデなので、カジュアルなセミナーでも浮くことなく馴染めます。柔らかいベージュのワントーンのカラーコーデも型苦しくなくて◎。

セミナーにおすすめの服装【4】春①:トップス&ボトムの基本はブラウスやシャツ×きれいめのスカートやパンツ

白のボウタイブラウス×濃紺スカートのコーデ
春や秋などワンツーコーデがちょうど良い時期の服装は、ブラウスやシャツ×きれいめのスカートやパンツのコーデがセミナーに最適なスタイル。

白のボウタイブラウス×膝丈濃紺スカートの組み合わせは、アイテム数が少ない中できちんと感が印象付けられるベストなコーデ。白×ネイビーは好感度の高いカラーコーデなので、困った時はこの2色を選べば安心できます。

セミナーにおすすめの服装【5】春②:「服装自由」の研修でもきちんと感はマスト。羽織りのカーディガンはきれいめを

ベージュのカーディガンを使ったコーデ
「服装自由」とある場合の研修では、スーツだと浮いてしまうことも考えられます。もちろんいくら自由とはいっても、カジュアル過ぎる服装はNGです。一般的なオフィスカジュアルで着るものなら、きちんと感があるので会場で浮くことはないでしょう。

春ならシャツやブラウスにハイゲージのカーディガンを羽織るコーデがおすすめ。春は会場が寒い場合も考えられるので、きちんと感のある羽織りものは重宝します。ベージュのカーディガンは上品できれいめな雰囲気になるのでおすすめのアイテム。セットアップのニットとアンサンブルで着ても好印象です。

セミナーにおすすめの服装【6】夏:会社の会議に出席する場合は夏用スーツがベスト

グレーのスーツを使ったコーデ
会社の会議に出席する場合は、夏でもスーツやジャケットを使ったコーデがビジネスモードになるのでおすすめです。リネン混や夏用の生地を使ったスーツなら、見た目も暑苦しくなくて◎。

ライトなグレーのジャケットとパンツのセットアップは、色みも素材感も軽やかなのにビジネスモードな雰囲気で夏のセミナーに最適。会議に参加する場合は、合わせる色を白や黒で揃えるなど多色使いしないのがビジネスマナーです。

セミナーにおすすめの服装【7】秋①:秋冬のニットのおすすめはアンサンブルニット

ベージュのアンサンブルニットを使ったコーデ
秋冬のセミナーに参加する際に着るトップスでおすすめなのがアンサンブルニット。素材はハイゲージなど編み目の主張がないものが最適です。トップス一枚だと肌寒い時期には、重ねて着れて見た目もきちんと感のあるアンサンブルニットが重宝します。

色はベージュなどのベーシックカラーのものが◎。アンサンブルニットはきれいめのスカートやパンツに合わせやすいのも魅力です。

セミナーにおすすめの服装【8】秋②:学会などのセミナーであると安心なのはネイビージャケット

 
学会などのセミナーは目上の方が大勢参加されるので、スーツやジャケットといったきちんと感のあるアイテムで失礼のないような服装がマストです。

白のトップスにカーキのきちんと感のあるパンツを合わせたコーデには、ネイビージャケットをプラス。ネイビーは濃紺カラーがよりきちんと感があっておすすめです。

セミナーにおすすめの服装【9】冬:アウターはウールコートやトレンチコートなどが最適

グレーのチェスターコートを使ったコーデ
セミナーに着ていく冬のアウターは、ウールコートやトレンチコートなどきちんと感のあるタイプが最適です。

白のニット×黒のテーパードパンツにライトグレーの細身のチェスターコートを合わせて。アウターはカジュアル感のあるオーバーシルエットのものよりジャストサイズか細身のタイプが◎。できるだけシンプルなデザインのものを選びましょう。
会社関連のセミナーや大学生の方が参加する就活セミナーなどは、ビジネスマナーを考慮した服装が条件になります。自己啓発などの少しカジュアルなセミナーでも程良いきちんと感のある服装で参加しましょう。今回ご紹介したおすすめコーデも参考にしていただいて、会場で浮いて失敗した!ということがないように服装を準備して行きましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6