TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

梅雨も明けて、友達と彼と…BBQや花火、海にプールとイベント盛りだくさんな7月はオン・オフ使えるアイテムで着回しに挑戦。夏らしい水着を取り入れたコーデもポイントです。

人に会わない内勤デーは
ショートパンツで涼しげに

ショートパンツで潔く脚見せ。カジュアル過ぎないようにトップスはブラウスで、ブルー×白でクリーンな着こなしに。足元はヒールで女性らしく。

定時退社で女子会へ
ワンピースをモノトーンでかっこよく

白のワンピを黒のインナーや小物でモノトーンにスタイリング。女子ウケも良いモノトーンスタイルで夜の街へ。

隅田川花火大会に行くから
スニーカーを女子っぽく

ビスチェトップスにタイトスカートのレディなスタイリングに、足元はたくさん歩けるように真っ白なスニーカー。白のキャップにBABAY-GでスポーティMIXに仕上げ。

7月最後の休日は
やっぱりプールで締め

リーフ柄のビキニにツバ広ハットで思いっきり夏を楽しんで。肌をキレイに見せてくれるラベンダーカラーのガウンを羽織って、オシャレに体型カバー。

何かと作業の多い月曜日は
Tシャツ+パンツで動けるように

Tシャツ+パンツの動きやすさ重視の日でも、ギンガムチェック柄パンツでモノトーンに仕上げればキレイ見え。Tシャツをウエストで絞って、スタイルアップ。

お世話になった先輩の送別会。
小さなブーケを買ってからお店へ

ビスチェ+ショートパンツにサラッとガウンを羽織って、揺れ感を演出。歩きやすいけど爽やかなウェッジサンダルに、パキッと映える赤のショルダーで印象的に。

今日は大事な来客があるから
ちょっぴりモードに

ブラウスの上にワンピースを重ねて、裾のボタンを開けたらワイドパンツをチラ見せ。ちょっぴりモードに振って、出来る女風な着こなしに。

SHOP LIST

Photographer:Ikkei Teranaka(ADDICT_CASE)
Stylist:Yumiko Idogawa
Writer:Naoko Hirose

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ