BEAUTY
SEP.23.2020

医療ハイフ(HIFU)の効果や痛みは?クリスティーナクリニック銀座で体験!【ウルトラセルQ+】

医療ハイフ(HIFU)の効果や痛みは?クリスティーナクリニック銀座で体験!【ウルトラセルQ+】 医療ハイフ(HIFU)の効果や痛みは?クリスティーナクリニック銀座で体験!【ウルトラセルQ+】

オンラインミーティングや飲み会が増え、自分の顔を客観的に映像で観ることが多くなった昨今。フェイスラインのたるみやお顔の贅肉が気になりだした人もいるのでは…。
今回はそんなお悩みを解決してくれると話題の切らないリフトアップ治療「ハイフ(HIFU)」について、クリスティーナクリニック銀座で松島先生に詳しく教えてもらいました。

医療ハイフ(HIFU)って?エステとの違いは?

医療ハイフ(HIFU)の仕組み

・そもそもハイフとは

ハイフとはこれまでは外科的手術で皮膚を切開することでしかアプローチできなかった”SMAS層”という真皮より深い肌の層にレーザーを照射し、リフトアップをすることができる機械です。

超音波で肌の深い場所にあるSMAS層へ照射するため、肌の表面にはほとんど赤みなども出ず、ダウンタイムがないことも特徴。

従来のたるみ治療の中でも、手軽に行うことができるようになったのがハイフです。

・医療ハイフとエステ用ハイフの違い

医療ハイフは、真皮より更に深いSMAS層に照射するのに対し、エステや家庭用ハイフは表面的な照射しか行うことができないため、根本的なたるみ治療を行うことはできません。医療ハイフは4.5mmの深度に照射できるのに対し、エステ用ハイフは1.5mmの深度にまでしか照射が不可と、数字で表すとより違いを感じますね。

エステや家庭用のハイフは、ハイフという”仕組み”を使っているだけで、医療ハイフとはまったくの別物と考えたほうがよいでしょう。

また、エステ用ハイフは表面的な照射のため、表皮が赤くなってしまうこともあるそう。

メリットが多い医療ハイフですが、唯一の欠点は価格が少し高いところ。
しかし根本的にたるみ治療を行いたいのであればエステ用ハイフではなく、医療ハイフを選ぶことで、無駄な治療に手を出さず済むため、結果的に安上がりとなることもあるでしょう。

ウルトラセルQ+とは?他の機械との違いはあるの?

医療ハイフ ウルトラセルQ+

そもそもハイフは機械の総称で、ハイフの中にもたくさんの種類が存在します。その機械の中のひとつがウルトラセルQ+です。

ウルトラセルQ+は、数あるハイフの中で最も痛みが緩和されている機械。従来の機械よりも痛みを感じづらい仕組みになっています。

ハイフの効能自体は、どの機械も大差がないとのことなので、せっかくなら痛くない方が嬉しいですよね。

クリスティーナ式照射術って?他院との差をチェック!

お話を伺った院長の松島桃子先生

クリスティーナクリニック銀座は2019年度医療ハイフの年間国内施術数が1位だったこともあり、症例数が他院よりも多いのが強み。

ハイフは同じ機械でもどこに、どのように照射するかによって結果に差が出ることがあります。

そのため、症例数が多いクリスティーナクリニックの場合、患者さんの顔の構造やお悩みによって照射箇所をカスタマイズし、最大限に効果が出るように照射を行うことが可能です。

例えば、30代~の患者さんは加齢により頬がコケてしまっている場合はその箇所には照射をせずバランスをとったり、顔にお肉がたくさん付いている場合はフェイスラインを中心に、顔全体に細かく照射を行うなど、患者さんの千差万別な特徴を捉えて照射方法をアレンジするそう。

たくさんの患者さんに向き合ってきたクリスティーナクリニックだからこそできる照射術だと、松島先生もお話してくださいました。

結果に満足する患者さんが多いため、クリスティーナクリニックで医療ハイフを受けるリピーターも多いとのこと。同じ機械は他院にもあるとは言えど、技術の高さが評価され、クリスティーナクリニックが選ばれるということでしょう。

日本1位

ウルトラセルQ+を照射できる範囲や箇所

医療ハイフの種類は様々と前途しましたが、機械によって打てない箇所があることも。

ウルトラセルQ+は、顎下~目の下の極々まで照射が可能。
目の横の骨から上、おでこなどは骨までの距離が浅いので、目の下までに使用ができるカートリッジよりも照射深度が浅いものを使用していくそう。

最近流行りの人中への照射も希望があれば行ってくださるそうですが、リフトアップではないため、特におすすめはしていないようでした。

クリスティーナクリニックで医療ハイフをするなら、顎下からフェイスラインのリフトアップをメインに行うのがおすすめです。

医療ハイフ、ウルトラセルQ+を施術!痛みや効果についてレポート

ウルトラセルQ+ 施術事例

では実際に照射を体験した筆者の感想をレポート!
基本的に、痛みや効果については個人差があるものなので、あくまで筆者の意見であることをご了承ください。

【痛み】
筆者はこれまで医療ハイフを3種ほど受けた経験がありますが、最も痛みが少なかったです。

7月初旬に他院で医療ハイフの一種であるウルトラリフトダブルを受けましたが、経験したことのない痛みを感じたことを先生に伝えると「ウルトラリフトダブルは、痛すぎて麻酔をする人もいるレベルみたいですよ」とのこと。

しかしウルトラセルQ+はほぼ痛みなし。照射パワー最大での照射が可能でした。
筆者は歯科矯正中で食いしばりが強いため、エラ部分のみ照射時少し響く感覚がありましたが、我慢できる程度でした。

痛みに弱い人でもできるリフトアップ治療は少ない印象なので、嬉しいですよね。

【効果】
ハイフは照射後すぐにリフトアップを感じられなかったこともありましたが、ウルトラセルQ+を使用したクリスティーナクリニックさんの照射は、施術後すぐに変化を感じることができました。

私は顎下の脂肪吸引も行っており、メンテナンス不足で皮膚の拘縮とたるみがひどいのですが、その旨を伝えると先生が顎下を集中的に照射を行ってくださったのも嬉しいポイントでした。

施術5日目現在(施術当日を1日目とカウント)、更に効果を実感しており、フェイスラインがはっきりしてきています。

ここから1ヶ月ほどかけて更に効果が現れてくるとのことなので、とても楽しみです!

クリスティーナクリニック銀座 施術室の様子

【施術の流れ】
照射箇所のみメイクオフ。その後照射を行います。
照射範囲にもよるそうですが、私の場合は顎下~フェイスラインのみの照射だったため15分程度で施術は終了しました。

先生によると全顔でも30分程度。来院から施術終了まで、1時間以内では出られるとのことでした。

施術当日の注意点としては、大量に発汗するサウナなどは控えるということのみ。
その他の禁止事項は特になく、施術直後にメイクをして帰ることができます。
ダウンタイムがないのは嬉しいですよね!

【個人的な感想】
これまでいろいろなリフトアップ治療を行ってきた筆者ですが、ウルセラQ+は痛みも少なく、非常に良い医療ハイフの機械でした。
また、先生が痛みの有無を確認しつつ、「ここに打って欲しい!」と思っていた場所にしっかりと照射してくださったのもさすがだな、と感じました。

今回はフェイスラインのみでしたが、最近目の開き具合が良くないので、次回はおでこにも照射をお願いしようと思います。

どんなお悩みにハイフ(HIFU)は効果が出やすいの?

お悩みとして解決しやすいのはやっぱりたるみ治療だそう。リフトアップ効果がもっとも期待できます。

また、お顔のお肉がたくさんある人は顔全体にまんべんなく照射することで、小顔に近づけることが可能です。

その他にも、おでこに照射することで目の開き具合をよくすることもできるとのこと。

まずはお悩みをクリニックで相談し、必要なショット数や施術箇所を決めるのが良いでしょう。

どのくらいのペースで医療ハイフを打つと効果が現れやすいか

メーカー公式では効果は半年(6ヶ月)とあるそうだが、先生の感覚だと少し短い4~5ヶ月とのこと。

効果をより継続させたい場合は、3ヶ月に1回照射を2~3回続けると、1年ほど効果が持続することもあるそう。

はじめのうちは、定期的に照射すると効果を実感しやすいそうなので、しっかりと結果を出したい方を、こまめにメンテナンスするのがおすすめですよ。

クリスティーナクリニック銀座で、ハイフと一緒にやるべき施術は?

様々な施術メニューがあるクリスティーナクリニック銀座。医療ハイフと一緒に行うとより効果が実感しやすいメニューを、お悩み別に教えてもらいました!

フェイスラインをすっきりさせたい場合

医療ハイフだけでももちろんフェイスラインはすっきりしますが、脂肪溶解注射を一緒に行うとより効果が実感できるとのこと。

過去主流だったBNLS注射の進化系と呼ばれるVLS注射は、注射を打った直後から効果が実感できる脂肪溶解注射。また、脂肪溶解だけでなく、引き上げや引き締めの効果もある上に、上皮成長因子(EGF)が人成長ホルモンを活性化させることで、しみやくすみなどの肌トラブルも解決に導いてくれるそう。

医療ハイフも真皮層を刺激するので、フェイスラインがすっきりするだけでなくお肌も綺麗になることが多いようですが、脂肪溶解注射にも美肌に近づく効能があると一石二鳥で嬉しいですよね。

小顔と美肌、どちらも手に入れたい方におすすめのメニューです。

アンチエイジング効果を得たい場合

水光注射の様子

リフトアップだけでなく、更にアンチエイジング効果を得たい場合は水光注射がおすすめ。

水光注射とは1gで6リットルの保水力があると言われているヒアルロン酸に、美肌活性因子、ビタミンC、プラセンタ、CoQ10などの成分を配合したものを、表皮や真皮に打ち込むことで、お肌のくすみ解消やシワなどに効果があるもの。

医療ハイフでたるみにアプローチし、水光注射でくすみやシワにアプローチすることで、より内側から輝くみずみずしい素肌に近づくことができるでしょう。

医療ハイフをするならクリスティーナクリニック銀座で

いかがでしたか?
医療ハイフの中でもウルトラセルQ+は痛みも少なく、とても人気ですよね。筆者もこの機械は初めて施術を受けましたが、様々な利点から一番おすすめの機械かと思います。
また、数あるクリニックの中でも、クリスティーナクリニック銀座の照射技術はとても高いと感じました。リピーターが多いのも、価格だけでなく技術力が評価されているのだと、身を持って体感しました。

「どこでリフトアップ治療を受けたらいいのだろう…」「どのクリニックを選んでいいかわからない」そんなあなたは一度クリスティーナクリニック銀座で相談してみると良いでしょう。