TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

Accent Red「レッドがアクセント」



セレブはシンプルコーデのアクセントに赤を差すのがお約束。主張が強いカラーだから、バックや靴などの小物でサラッと取り入れるのがポイント。小物と合わせてリップも赤にすると、女らしいうえにシャレ感もグッとあがる!今回は、特にオシャレでマネしやすい5人のコーデをレポートします♪!


Taylor Marie Hill

ポストミランダ・カーと呼び名の高い、最年少ヴィクシーモデルのテイラーヒルは、ミニマムなブラックワンピにビックシルエットのジャケットをオン。メンズっぽいアウターをサラッと羽織るのが定番ルック。華やかなピンク×レッドのバッグが女らしいアクセント。レッドのリップと色を合わせているのも素敵❤︎


Olivia Culpo

女優のオリビアは、Tシャツ×ハイウエストのモノトーンコーデに赤でメリハリをオン。ハイウエストは腰位置が高く見えるから脚長効果もバツグン。キャスケットやニーハイブーツでロックな雰囲気を演出。キャスケット、リップ、バッグ、GUCCIのロゴと、さりげなく色を統一しているのもオシャレ!


Karlie Elizabeth Kloss

リッチカジュアルがお得意なヴィクシーエンジェルのカーリー。シンプルニット×デニムコーデに、だまし絵のバッグを投入して鮮度アップ!バッグはピンクのベルトが絶妙なアクセント。ともにゆる感のあるニット&ボトムを、タイトなヘアやブーツの切れ込みでスッキリ見せるテクニックもお見事です。


Dakota Johnson

女優&モデルのダコタはマニッシュを赤でハズしたコーデ。品の良いチェスターコートにキャスケットや切りっぱなしのボトムでやんちゃな雰囲気をオン。インナーはブルーのニットでメンズライクに。ネイビーや黒とも相性◎でよくなじむ。GUCCIのベルトとバッグの色をリンクさせてコーデに遊び心をプラス。


Katharine Hope McPhee

歌手・女優のキャサリンは春にぴったりなブラウス×デニムのレディなコーデ。ブラウスは胸元の開きで抜け感&女らしさをアピール。デニムはダメージでカジュアルダウン。ひざ上のダメージだから脚も長く見える。バッグとパンプスのレッドで鮮度をアップ。仕上げにジャケットを肩がけしてこなれ感を出すテクはさすが!


Photo:Splash、The Mega Agenc、Shutterstock/アフロ
Editor:Eri Watanabe
Designer:Hiroyuki Kuroiwa

関連キーワード

RECOMMENDこの記事を読んだあなたにオススメ