TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

ダイエットにぴったり!1日1個の“キウイフルーツ”でキレイな腸内環境を

「腸の調子が悪いだけで、肌がくすみがちになったり、便秘になったり、気分が上がらない…といろいろと不調を引き起こします」と、腸の機能が低下することで悩む、アラサー女子。
そんなお悩みを吹き飛ばして、気持ちのいい毎日を送るためには、まずは日々の食べ物を見直して、腸内をキレイに保つ環境を整えましょう!

そこで今回おすすめしたい、キレイな腸内に整えてくれる食材「キウイフルーツ」。キウイは、ビタミンC・E、カリウム、食物繊維などの栄養素も豊富ですが、不溶性と水溶性の食物繊維がバランスよく含まれているところもポイント高め。不溶性の食物繊維は、便の通りをよくする働きを促し、水溶性の食物繊維は、悪玉菌が増殖するのを抑え、便を柔らかくします。このバランスが本当に優れているので、毎日食べ続けるだけで、その効果が出ていることにすぐに実感できるはず!

1日1個で、腸にいい栄養素を送ろう

ビタミンCはレモンの約8倍、食物繊維はバナナ2本以上補給できるという、超優秀なキウイフルーツ。またビタミンEはりんごの約7倍で、高い抗酸化力や血液をキレイにする働きがあります。

そしてキウイの中でも特におすすめな種類が、より栄養価が高い、サンゴールドキウイ。
黄色の甘酸っぱい果肉には栄養素が盛りだくさんなのに、糖分は他のフルーツに比べると低めなので、ダイエットにやさしいところも嬉しいポイント。

そのまま食べても、ヨーグルトやスムージーと摂っても、とにかく毎日食べ続けることで腸内の滞りをリセットし、老廃物が溜まりにくいカラダを作ることで、不調知らずの元気なカラダに整えましょう。

半分にカットしてスプーンで食べるのが、一番手軽!

半分にカットして、アイスクリームみたいにスプーンですくって食べるのが手軽。またキウイにはたんぱく質の消化を促す効果もあるので、食後に食べると、より腸の調子を整える役割を果たしてくれます。

上からハチミツをかけてみるのもおすすめ!ハチミツには肌の保湿効果や喉を潤す効果があありますので、一緒に摂ると一石二鳥。

ヨーグルトに加えて、Wで整腸作用のお助けを

ヨーグルトに、キウイや他のお好きなフルーツ、ナッツ、グラノーラなど、お好みでトッピング。ヨーグルトに含まれる乳酸菌や、ナッツ類に含まれる食物繊維も摂取できるので、さらに腸内環境を整える効果を発揮してくれます!

時間があれば、夏はひんやりスイーツを作ってみるのも○

キウイのレアチーズタルト。ビスケットを細かく砕いたものを下にひき、その上にクリームチーズや生クリーム砂糖などを混ぜて作った生地にゼラチンを入れて冷して固まらせ、上にキウイをトッピングするだけ!

夏のさっぱりとしたひんやりスイーツの出来上がり!


毎日のキウイフルーツ習慣で、常に腸にいい感じの栄養がたっぷりの状態をキープしてあげましょう!

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ