TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

夏バテも吹き飛ばす!冷やし麺レシピ〈お手軽クッキング〉

冷たくて美味しい、夏の冷やし麺が食べたくなる季節がやってきました!定番の食べ方ももちろんいいけれど、毎日食べても飽きがないように、見た目も味もとってもGOODな冷やし麺レシピをご紹介します!

【夏の定番に差をつけるレシピ①】ナスの柴漬けとゴーヤのそうめん

夏の食材・ゴーヤと彩りよくするためにナスの柴漬けもトッピングに加えたレシピ。ゴーヤには、トマトの約5倍ほどのビタミンCが含まれており、他にも鉄分、カリウムなども豊富で、おつかれ気味のカラダを回復させてくれる栄養たっぷりの食材です。
スタミナ食材を爽やかに仕上げたレシピなので、昼でも夜に食べても○


〈作り方〉
1, ナスの柴漬けをみじん切りにしてオリーブオイル、だし醬油、レモン汁(少々)で和える。

2,ゴーヤは湯通し(苦味が苦手な場合は軽く茹でて)からスライス。塩をふって5分くらい置いてからぎゅっと絞る。
苦味が苦手な場合は水で2〜3回洗い流してからぎゅっと絞る。

3,①に②を加えて味をなじませて茹でて冷水でしっかりぬめりを取ったそうめんを和える。

仕上げにかつお節、小長ネギなど、お好みでプラスしても美味しいです。

【夏の定番に差をつけるレシピ⓶】そうめんの超簡単エスニック和え麺

そうめんの上に、見ただけで涼しくなれるレモン、パクチーやクレソンなどの葉っぱ系をトッピング。水っぽくなく、シャキッと美味しく仕上げるポイントは、そうめんの水切り!水分が多いと味がしっかりのらないので、ここは念入りに。麺が傷まない程度に上からぎゅっと押えると○
ナンプラーの種類によっても塩分は異なるので、味を見ながらお好みで混ぜてね。


〈作り方〉
1, 2人分、3束のそうめんは茹でて冷水で締め、しっかり水切り、ナンプラー大1、ごま油大3、レモン半分を絞って、すべて混ぜます。

2, 残りのレモンは薄くスライスして麺と絡ませて器に盛り、たっぷりすりごまとパクチーをトッピング。
パクチーのほか、大葉やクレソンでも。

【夏の定番に差をつけるレシピ③】鴨ネギのつけそうめん

冷たいそうめんに鴨とネギを加えた、温かいつゆにつけて食べる、彼も喜びそうなレシピ。

業務スーパーなどで売っている、鴨スモークを使うとお安くできちゃうのでおすすめ!鴨から出る脂がつゆとマッチングして、ちょっぴりこってりした美味さが夏バテてでも食欲そそられます。



〈作り方〉
1,鴨肉は食べやすい大きさに切る。ねぎは3~4㎝に切る。

2,フライパンにごま油を熱して、鴨肉とねぎを入れる。何度も裏返したりせず、しっかり焼き色が付いたのを確認してから、裏返してさらに火を通す。

3,鍋にだし汁を入れて煮立ったところで、しょうゆとみりんを加え、⓶を入れて一煮立ちさせる。

4,同時に素麺をゆで、冷水で手早くもみ洗いし、水気を切って器に盛り付ける。別の器に③を盛って出来上がり。


夏バテでおつかれ気味でも、麺ならスルスル食べれちゃいそう♡

定番の食べ方だけでなく、いろんなアレンジが楽しめるから、作るのもワクワクしちゃいます。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ