フーディとは?

フーディーとは、襟の後ろにフードがついたトップスのことを指します。パーカーとして認識されていたものと同じ形と認識していいでしょう。ここ最近、フーディーという呼称が定着してきています。

フーディーの特徴

フーディーは、基本的に厚手の生地で作られていることが特徴。アウターを着るほどでもないけれど、少し肌寒いという時期に活躍してくれるトップスです。

フーディとパーカーの違い

先ほど、フーディーとパーカーは同じものを指しているとお伝えしました。

ただし、日本での認識はそのようになっていますが、海外ではフーディーとパーカーには違いが存在します。

フーディーはフーデッドスウェットシャツのことを指し、パーカーはフード付きアウターのことを指しています。つまり、私たちが元々パーカーと呼んできたものが海外でいう正式な「フーディー」だったというわけです。

フーディを着こなすポイント

 

View this post on Instagram

 

todayful officialさん(@todayful_official)がシェアした投稿 -

カジュアルアイテムであるフーディーを着こなすにはいくつかポイントがあります。コーディネートの組み方を間違えてしまうと、部屋着に見えたり子どもっぽく見えたりしてしまいます。

コツを押さえ、おしゃれに活用しましょう。

ポイント①|きれいめアイテムと組み合わせる

フーディーをおしゃれに着こなすには、カジュアルに寄せすぎないことがコツ。

カジュアルなアイテムだけでまとめてもかわいらしく見えることもありますが、基本的にはきれいめアイテムと組み合わせるのがおすすめです。

ポイント②|丈感に気をつける

フーディーを上手に着こなすには、丈感も大切です。丈が長すぎるフーディーはだらしないように見えてしまう可能性があるため、自分に合うサイズ感を見つけましょう。

ポイント③|ボリューム感のバランスを取る

トップスとボトムスのバランス感も重要です。ビッグシルエットのフーディーをメインにするのであれば、ボトムスはタイトなパンツやスカートを持ってくるなど、ボリューム感にも気を配ってコーディネートを組んでみましょう。

ボリュームがあるもの同士を組み合わせると、締まりのないスタイルになってしまうので注意が必要です。

フーディーのおすすめコーデをご紹介!

フーディーのおすすめコーデ【1】フーディーといえばグレー。ロゴ入りも女っぽく着こなして

 

View this post on Instagram

 

Azusa Takazonoさん(@azusa_takazono)がシェアした投稿 -

フーディーといえばカラーはグレー。他のカラーに比べてカジュアルテイストが強く、ストリートなスタイリングにしたい時や、エレガントなアイテムをカジュアルダウンさせたい時などに適役です。

グレーフーディーの中でもボーイズカジュアルな雰囲気のロゴ入りタイプは、デニムやスニーカーを合わせるコーデも素敵ですが、大人女子におすすめなのは足元にパンプスを合わせるコーデ。

ボトムのゆったりシルエットのコーデュロイパンツやイヤリング、メイクを使って女っぽさを滲ませる演出が◎。

フーディーのおすすめコーデ【2】海外スナップのビッグシルエットの着こなしをお手本に

 

View this post on Instagram

 

Style Sight WorldWideさん(@stylesightworldwide)がシェアした投稿 -

ストリートが海外のファッションアディクトたちのコーデの定番スタイルになった今、フーディーは彼女たちのワードローブの基本アイテム。フーディーを使ったコーデは、海外スナップも参考になります。

トレンドのビッグシルエットのフーディーを、オーバーサイズのコートのインに合わせたコーデ。ボトムはタイト&ブラックでバランス良く。腰に巻いた赤のチェックストールをアクセントに使ってこなれ感も。

ロゴ入りスウェットをあえて大人っぽいアウターに合わせるのが、大人女子的なコーデのポイントです。

フーディーのおすすめコーデ【3】ハンサムアウターとカジュアルコーデのつなぎ役に

 

View this post on Instagram

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

メンズライクなハンサムな印象のチェスターコートを、カジュアルなデニムコーデに羽織ったコーデ。ロゴTシャツとコートの間に、グレーフーディーを防寒に加えて、スタイリングのつなぎ役のような役割で使っています。

レオパード柄の巾着バッグの小物使いも、大人女子らしいアクセントになって効いています。

フーディーのおすすめコーデ【4】フェイクファーコートのカジュアルダウンに

 

View this post on Instagram

 

Ungrid official instagram.さん(@ungrid_official)がシェアした投稿 -

フェミニンなスカートやきれいめなパンツに合わせれば、エレガントな着こなしになるフェイクファーコート。でも、フェイクファーコートのようなアイテムをカジュアルに仕上げるのが今の気分。

そんなコーデに使えるのがグレーのフーディー。主張の強いフェイクファーコートも一気にカジュアルコーデに馴染ませてくれます。フェイクファーコートをデイリーコーデに取り入れる際におすすめのアイテムです。

フーディーのおすすめコーデ【5】上質な黒フーディーはキレカジなパンツコーデに

黒フーディー

上質なフーディーニットは真冬にも使えて、大人カジュアルな着こなしにぴったり。そんな着こなしには、黒色の大人っぽさが上質感を際立たせて最適です。デニムパンツを合わせたり、同色の黒パンプスを合わせたりといったシンプルなスタイリングも◎。

フーディーのおすすめコーデ【6】モードな黒フーディーはスカートコーデとも相性◎

黒フーディー

モードな印象の黒フーディーは、オールブラックのスカートコーデにもマッチ。カジュアルアイテムと相性のいい黒ストレートスカートが黒フーディーと馴染んでいます。

スニーカーでカジュアルテイストを加えることもポイント。コーデをモードに傾け過ぎないのが今の気分です。

フーディーのおすすめコーデ【7】オフホワイトのフーディーはで軽やかなスタイルに

オフホワイトフーディー

オフホワイトのフーディーは、コーディネートに軽やかさをプラスするときにぴったり。デニムと合わせてカジュアルにまとめるのがおすすめです。

足元はスニーカーではなくフラットシューズを合わせることで、女性らしさも忘れないスタイルに仕上がります。

フーディーのおすすめコーデ【8】ネイビーフーディーはカジュアルとフェミニンのバランスを楽しんで

 

View this post on Instagram

 

PLST(プラステ)さん(@plst_official)がシェアした投稿 -

ネイビーのフーディーは色が印象付けるきちんと感のおかげで、タイトスカートを使ったフェミニンなコーデにも相性◎。ライトダウンのベストやスニーカーといったカジュアルアイテムをプラスして、カジュアルテイストを強めにするのが今どきコーデのポイントです。

ノーカラーのライトコートはフーディーに合わせやすくきれいめなコーデに仕上がるので、キレカジ派の方におすすめのコーディネートです。

フーディーのおすすめコーデ【9】1枚で様になるブラウンフーディーは黒ボトムに合わせてシンプルに

 

View this post on Instagram

 

Ungrid official instagram.さん(@ungrid_official)がシェアした投稿 -

デザインが効いたブラウンフーディーを、シンプルな黒スキニーに合わせたコーデ。季節の変わり目の時期に、1枚で様になるフーディーがあると重宝します。

トレンドのワイドシルエットで絶妙な着丈のフーディーは、少しくすんだブラウンカラーも今の気分にぴったり。1枚で着ても子どもっぽさを感じさせない色みの大人っぽさも◎。

フーディーのおすすめコーデ【10】鮮やかなフーディーは他を統一してまとめて

鮮やかカラーのフーディー

鮮やかなニットフーディーをメインにしたコーディネート。ボトムス・シューズをブラックで統一することで、フーディーが主役のパッと目を引くスタイルが完成します。

テイスト別にフーディーのおすすめコーデをご紹介!

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【1】レザースカートで洗練された雰囲気に

 

この投稿をInstagramで見る

 

????????????????(@yoko178love)がシェアした投稿 -

フーディーはカジュアルなイメージが強いアイテムですが、コーデ次第ではきれいめにも着られます。きれいめコーデにフーディーを使う場合は、合わせるアイテムや配色を工夫してみましょう。

ベーシックなベージュのフーディー×黒のレザースカートのコーデは、洗練された雰囲気。パイソン柄のスリッポンなどハードなアイテムをコーディネートすると、モダンに仕上がります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【2】ピンクのフーディーとスカートで大人可愛く

 

この投稿をInstagramで見る

 

オブレクト(@oblekt_jp)がシェアした投稿 -

フーディーをきれいめに着こなしたい時には、あまりたくさん色を使わないのがポイント。ピンクのフーディーと同系色のスカートを使ったコーデは、甘めなイメージを与えます。

大人っぽく仕上げたいなら、トレンチコートなどのアウターを羽織るのが良いでしょう。フーディーやスカートと馴染む色を選べば、コーデがまとまります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【3】スリット入りのタイトスカートで女っぽく

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oggi編集部(@oggi_mag)がシェアした投稿 -

フーディーはジェンダーレスでコーデに取り入れられるアイテム。女性らしさをプラスしたいなら、スリット入りのタイトスカートをコーディネートしてみましょう。

タイトスカートでボディラインを出したり、さりげなく脚を見せたりすると、女性ならではの着こなしを楽しめます。また、タイトスカートを使ったコーデは、着痩せ効果を狙えるのも嬉しいポイント。

ゆったりとしたシルエットのフーディーを合わせても、スタイルがよく見えます。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【4】白×ブルーでさわやかに

 

この投稿をInstagramで見る

 

any FAM(@anyfam_official)がシェアした投稿 -

白のフーディーとブルーのスカートを組み合わせたコーデは、さわやかなイメージ。上品なプリーツスカートを穿けば、フーディーのカジュアルなイメージを適度に和らげられます。

靴は、バレエシューズやパンプスなどがおすすめ。きちんと感がアップして、きれいめのコーデができあがります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【5】フーディーポンチョでエレガントに

 

この投稿をInstagramで見る

 

chika 本郷智香子(@chikako.hongo)がシェアした投稿 -

周りの人と差をつけたい人からはフーディーポンチョも人気。フーディーポンチョはエレガントな雰囲気で、きれいめコーデを作りやすいです。また、ポンチョタイプならボディラインがでないため、気になる体型もカバーできます。

グレーやベージュなどのベーシックなカラーのフーディーポンチョと明るい色のパンツのコーデは、都会的な印象。トライアングルバッグなどのアイテムを足すと、さらに個性を引き出せるでしょう。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【6】センタープレスパンツと合わせて上品さをプラス

アイボリーフーディー

フーディーとセンタープレスパンツを合わせたコーディネート。カジュアルさがありながらパンツや小物で上品さや女性らしさを加えているので、絶妙なバランスのスタイルが叶います。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【7】プリーツスカートで「いい子風」に

オフホワイトフーディー

オフホワイトのフーディーにイエローチェックのプリーツスカートを合わせたコーディネート。ほどよく広がるシルエットのプリーツスカートは、上品かついい子風のスタイルに仕上がります。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【8】ドッキングワンピできれいめにまとめて

ドッキングワンピ

異素材を組み合わせることできれいめにまとめたドッキングフーディーワンピース。ウエストに絞りがついているので、スタイルアップ効果も兼ね備えています。ワンカラーで、シンプルかつ大人かわいく仕上がります。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【9】レイヤードでおしゃれ上級者スタイル

バックスリットフーディー

バックスタイルが印象的なフーディーとニットワンピースをレイヤードして、おしゃれ上級者スタイルに。スリットはファスナーで開け閉めできるので、加減を調節し、バックスタイルを上手に活用したファッションにチャレンジするのがおすすめです。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【10】柄スカートと合わせてガーリーに

ドロストパーカー

シンプルなフーディーと柄スカートを合わせたきれいめガーリーコーディネート。絶妙な丈感なので、スカートともパンツとも合わせやすいところが魅力です。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【1】ショートフーディー×スウェットパンツでストリート風に

 

この投稿をInstagramで見る

 

STYLENANDA JAPAN(@stylenanda_japan)がシェアした投稿 -

フーディーはカジュアルコーデの定番アイテム。さまざまなコーデに取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。

ショートフーディー×スウェットパンツのコーデは、スポーティーなイメージ。トレンドのストリート風の着こなしに仕上がります。服に合わせて、小物もニット帽やボディバッグなどカジュアルなものを使うと、統一感が出ます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【2】ベージュのニットフーディーでリラックス感を演出

 

この投稿をInstagramで見る

 

GALLARDAGALANTE NAVY(@gallardagalante_navy)がシェアした投稿 -

ベージュのニットフーディーを使ったコーデは、リラックス感が魅力。ニットは肌触りや着心地が良く、ストレスフリーでおしゃれを楽しめます。

オーバーサイズのフーディーを着ると、さらに抜け感を出せるでしょう。ボトムスには同系色のワイドパンツを選んで、欲張りすぎないコーデを作りましょう。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【3】パステルカラーのフーディーで大人カジュアル

 

この投稿をInstagramで見る

 

韓国ソニョナラ ᴊᴀᴘᴀɴ ᴏғғɪᴄɪᴀʟ(@sonyunara_jp)がシェアした投稿 -

白や黒、ベージュ、グレーなど定番カラーのフーディーも人気ですが、パステルカラーのフーディーもおしゃれ。明るい色のフーディーは、一枚でコーデの印象をがらりと変えてくれます。

パステルグリーンのフーディーにデニムをコーディネートすると、大人カジュアルなファッションになります。ロゴやイラストがプリントされたトップスをインナーとして見せれば、コーデにメリハリが生まれるでしょう。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【4】オーバーサイズのカーキフーディーでメンズライクに

 

この投稿をInstagramで見る

 

시크릿라벨(@secretlabel_official)がシェアした投稿 -

フーディーは、男女問わずコーデに取り入れやすいアイテム。メンズライクなファッションを楽しみたい人にもおすすめです。

カーキのフーディーに白Tシャツや黒パンツを合わせたコーデは、甘さが抑えられていてかっこいい雰囲気。オーバーサイズのフーディーを着ると、彼氏のものを借りているように見せられます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【5】白のロングスカートで可愛さもプラス

 

この投稿をInstagramで見る

 

미아마스빈 / miamasvin(@miamasvin_official)がシェアした投稿 -

ネイビーのフーディーに白のダウンベストをレイヤードしたコーデは、カジュアルで親しみやすいイメージ。白のロングスカートを穿けば、適度に可愛さもプラスできます。ネイビーと白をメインに使ったコーデは、清楚感があるため、男性ウケも期待できるでしょう。

スニーカーを履くと、カジュアルな雰囲気が引き立ちます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【6】小物を白で揃えて爽やかに

ピンクのフーディー

ピンクのフーディーにデニムを合わせたカジュアルコーデ。フーディー自体も華やかな色味ですが、小物を白で揃えることでより華やかかつ爽やかな印象を演出できます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【7】ロング丈フーディーで個性派スタイル

ロング丈フーディー

ロング丈のフーディーを使った個性派コーディネート。スリットから色味のあるニットパンツを覗かせてトレンド感を加えているのがポイントです。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【8】フーディーワンピをラフに着こなす

フーディーワンピ

リラックス感のあるフーディーと、それだけでさまになるワンピースが合わさった1枚。スニーカーを合わせるだけでおしゃれなスタイルに決まります。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【9】ロング丈ワンピをレギンスと合わせて

ロングフードワンピ

ロング丈のフーディーワンピは、より大人っぽい印象を作りたいときに最適。1枚で着るのはもちろん、レギンスと合わせてカジュアルにまとめるのもおすすめです。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【10】×オーバーオールでポップに

カジュアルフーディー

カジュアルさ全開のフーディーに、同じくカジュアルなオーバーオールを合わせて思い切りポップに振り切ったコーディネートもおすすめです。フーディーで色味を入れて明るいスタイルに!

イエベ春の特徴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

LE CIEL BLEUさん(@lecielbleu_official)がシェアした投稿 -

最近、雑誌やSNSで話題になっているのがパーソナルカラー。パーソナルカラーとは、生まれながらに持った肌や髪、瞳の色に馴染む色で、その人の魅力や美しさを引き立たせてくれます。

パーソナルカラーは大きく分けて暖色系が似合うイエローベース(イエベ)と寒色系が似合うブルーベース(ブルベ)の2種類。このうち、イエベはさらに春(スプリング)と秋(オータム)に区別されます。

■イエベ春の特徴
・肌色に黄みを感じる
・地毛はライトブラウンやウォームブラウン
・シルバーよりもゴールドが似合う
・手首の血管が緑色
・若々しくキュートなイメージ

当てはまる項目が多ければ多いほど、イエベ春の可能性が高いです。ただし、イエベ春でも肌がピンク系の人や地毛が真っ黒な人もいるので、判断が難しい場合は、プロの診断を受けるのが良いでしょう。

イエベ春に似合う色

 

この投稿をInstagramで見る

 

DRWCYSさん(@drwcys_official)がシェアした投稿 -

イエベ春には黄みの混じった華やかでフレッシュな色が似合います。イエベ春に似合う色の例をチェックしてみましょう。

■白系
アイボリー、クリーム

■ブラウン系
キャメル、ゴールドブラウン

■グリーン系
ターコイズ、ライトグリーン

■ピンク系
コーラルピンク、サーモンピンク

■イエロー・オレンジ系
ライトオレンジ、アプリコット、ブライトイエロー

イエベ春に似合わない色

 

この投稿をInstagramで見る

 

IÉNAさん(@iena_jp)がシェアした投稿 -

イエベ春はフレッシュでキュートな印象なので、ディープな色やくすみが強い色が似合いにくいです。また、青みが強い寒色系の服も顔がくすんで見えることがあります。

■イエベ春に似合わない色の例
カーキ、モスグリーン、黒、真紅、ネイビー、青みピンク、グレーなど

■似合わない色の使い方
イエベ春に似合わないとわかっていても使いたい色はあるはず。似合わない色をコーデに使いたい場合は、顔から遠いボトムスに取り入れたり、バッグや靴で差し色にしたりするのがおすすめです。

イエベ春に似合うコーデの特徴

イエベ春のコーディネート

イエベ春は年齢にかかわらず、キュートでフレッシュな印象の人が多いです。そのため、コーデもアクティブな服装やカジュアルな服装が似合うと考えられています。

また、派手な柄や多くの色を使ったコーデを着こなせるのもイエベ春の特徴です。一方、かっちりとしたコーデやシンプルすぎるコーデはイメージと合いにくいので、配色を工夫しておしゃれに見せましょう。

イエベ春におすすめの春夏コーデ10選

続いて、イエベ春の方にぴったりのコーディネートをご紹介します。まずは春夏のスタイルからお伝えしていきます。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【1】春は赤カーディガンでフレンチスタイル

赤カーディガン

春は鮮やかな赤のカーディガンを主役にしてパリジェンヌ風の着こなしに。イエベ春さんはオレンジに近い赤を選ぶと、顔色が明るく見えて可愛さが引き立てられます。春にぴったりの花がらとも相性も抜群。おしゃれ上級者の雰囲気になるでしょう。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【2】夏は白Tシャツ×イエローワンピースでフレッシュに

 

この投稿をInstagramで見る

 

LE CIEL BLEUさん(@lecielbleu_official)がシェアした投稿 -

夏はパッと目を引くイエローのワンピースをコーデの主役にしましょう。イエベ春さんのアクティブなイメージに似合うスタイリングが完成します。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【3】白トップス×イエロースカートで透明感を演出

イエロースカート

イエベ春に似合うライトイエローのスカートを使ったポップなコーデ。スカートが主役級なので、トップスはシンプルに白いトップスでまとめるのが正解。春らしい爽やかさと、透明感のあるコーデに仕上げましょう。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【4】ミントグリーンのトップスできれいめに

ミントグリーンのトップス

イエベ春に合うミントグリーンのトップスできれいめなコーデに。ブラックのボトムスと合わせてもトップスが明るい色味なので爽やかに決まります。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【5】柄物ワンピースでおしゃれに

 

この投稿をInstagramで見る

 

DHOLICさん(@dholic_official)がシェアした投稿 -

女子友達と会う日は柄ワンピースでおしゃれに決めましょう。イエローやライトグリーン、ベージュなどの柄が使われたマルチワンピースはイエベ春さんのキュートな印象に合います。

ワンピースを目立たせたい時はシンプルなバッグや靴をコーディネートするのがポイントです。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【6】イエローのロングワンピースでリラクシーだけどおしゃれに

 

この投稿をInstagramで見る

 

츄 chuu korea official(@chuu_official)がシェアした投稿 -

イエローがベースのロングワンピースは、イエベ春さんにぴったりのアイテム。1枚でさまになり、コーデがおしゃれに決まるでしょう。足元は、フラットサンダルやスニーカー、バレエシューズなどの歩きやすい靴を選んでください。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【7】アクティブな日にはオレンジトップス×リラックスパンツで

オレンジトップス

バーベキューなどのレジャーを楽しむなら、動きやすい服装を選ぶのがコツ。足さばきの悪いタイトスカートや下着が見えてしまいそうなミニスカートなどは避けた方が良いでしょう。
イエベ春さんには、オレンジのトップス×ベージュのゆるっとボトムスがおすすめ。アクティブにレジャーを堪能できて楽しい時間を過ごせるでしょう。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【8】イエローTシャツ×黒ショートパンツで動きやすさ重視スタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

韓国ソニョナラ ᴊᴀᴘᴀɴ ᴏғғɪᴄɪᴀʟ(@sonyunara_jp)がシェアした投稿 -

最近は、仲良しの友達とホームパーティーをする人が多いです。ホームパーティーでは、料理を準備したり、片付けたりしやすいように動きやすく、疲れにくい服装を選びましょう。

Tシャツ×ショートパンツのコーデは、動きやすさが抜群でホームパーティーにぴったり。楽なカジュアルコーデですが、イエベ春さんにぴったりのイエロートップスを着ると、手抜きに見える心配もないでしょう。

似合う色のトップスを着ておけば、写真にも素敵に写ります。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【9】マスタードドレスでエレガントに

マスタードドレス

ちょっとしたお呼ばれのときには、場を盛り上げられる華やかなコーデを選びましょう。イエベ春さんはイエロー系のドレスを選ぶと、会場を彩りながら自分の魅力も引き出せます。

鮮やかなイエローのドレスに抵抗がある人は、マスタード系のカラーでエレガントな雰囲気を出すのがおすすめ。足元と小物で引き締めると全体がよりまとまります。

イエベ春におすすめの春夏コーデ【10】花柄スカートで華やかに

花柄スカート

イエベ春の方は、花柄が大の得意。少し大人っぽくまとめるのであれば、ベージュの花柄スカートを選ぶのがおすすめです。明るいグリーンのトップスを組み合わせることで、暖かくなってきた時期にぴったりのコーディネートに仕上がります。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ10選

続いて、イエベ春の方にぴったりの秋冬スタイルをお伝えしていきます。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【1】秋はくすみカラーのアウターにオレンジマフラーをプラス

オレンジマフラー

イエベ春さんが苦手なダークカラーの服が流行る秋は小物使いを工夫するのがおすすめ。くすみカラーのアイテムが増える秋冬でも、オレンジのマフラーをコーディネートすると、顔に血色感がプラスされて華やかになります。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【2】冬はグリーンのニットで大人っぽく

グリーンのニット

冬はグリーンのニットで大人っぽいコーデを作りましょう。ボトムスをベージュカラーでまとめると、重く見えすぎずやわらかく仕上がります。アウターや靴、小物もやわらかい色合いでまとめると統一感が出てGOOD。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【3】ベージュグラデーションで柔らかく

 

この投稿をInstagramで見る

 

otonaMUSEさん(@otonamuse)がシェアした投稿 -

イエベ春さんは明るいベージュを使ったコーデも得意です。ベージュのカーディガンやジャケット、パンツを使ったグラデーションコーデにシンプルな白のインナーを合わせた着こなしは柔らかく、近寄りやすい印象を演出してくれます。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【4】イエローアンサンブルで顔色をパッと明るく

イエローアンサンブル

サラッと着こなせるイエローのアンサンブルは、1枚持っておくと便利。合わせて着るのはもちろん、別々でも着用できるので着こなしの幅が広がります。カーディガンを羽織れば肌寒い秋口まで対応できるでしょう。

デニムと合わせてカジュアルにするもよし、スカートと合わせてオフィス仕様にするもよし。イエベ春さんが得意なイエローで顔色を明るく見せて。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【5】オレンジニット×デニムの大人カジュアルスタイル

オレンジニット

マルチに活躍するオレンジもイエベさんの得意カラー!ランダムリブニットプルオーバーには、濃い色のデニムを合わせて大人カジュアルにまとめるのがおすすめです。トップスをインすることで、すっきりとまとまります。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【6】オレンジのスカートを主役に

オレンジのスカート

オレンジのスカートもイエベ春さんにぴったり。ギャザーたっぷりのフレアスカートをセレクトして、歩くたびに揺れるフェミニンコーデに仕上げてはいかがでしょう。トップスには白のニットを合わせて。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【7】オレンジのボリュームトップスで存在感を出して

 

この投稿をInstagramで見る

 

3rd Spring / サードスプリング(@3rdspring_official)がシェアした投稿 -

イベントの日は、オレンジのトップスでイエベ春さんのフレッシュで元気な魅力を際立たせましょう。鮮やかなオレンジのトップスは、インパクトがあるため、周囲の人の視線を引きつけられます。

存在感抜群のトップスを着るなら、ボトムスはシンプルなものでコーデをまとめるのがおしゃれに見せるコツ。タイトなシルエットを選べば、スタイルも良く見えるでしょう。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【8】アイボリーのニットワンピ×スキニーコーデ

アイボリーのニットワンピ

イエベ春さんは、淡い色がよく似合います。アイボリーのニットワンピースはそんなイエベ春さんの魅力をしっかりと引き出してくれる1枚です。1枚で着るのもかわいいですが、スキニーデニムと合わせてカジュアルにまとめるのがおすすめ。寒さ対策にもなりますよ。

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【9】ベージュのフレアスカートでフェミニンスタイルに

ベージュのフレアスカート

ベージュのフレアスカートはフェミニンなコーデにぴったりのアイテム。同系色のトップスと合わせて女性らしい雰囲気に仕上げるといいでしょう。ただし、ベージュだけではぼやけてしまう可能性があるため、バッグやシューズ、マフラーなどの小物で引き締めることをお忘れなく!

イエベ春におすすめの秋冬コーデ【10】オレンジスウェット×ベージュパンツでラフなおうちコーデ

オレンジスウェット

おうちでゆっくりと過ごす日は、リラックスできる服装を選びましょう。スウェット×パンツのコーデなら、コンビニや近所へのちょっとしたお出かけにも対応できます。

家でも可愛くいたいイエベ春さんは、オレンジのスウェットを選ぶのがポイント。パッと目を引くビタミンカラーのスウェットは、イエベ春さんのフレッシュで明るい雰囲気にマッチします。

気温20度の服装のポイント

ハンガーラック

気温20度というと、どれくらいの季節をイメージするでしょうか。

季節でいうと、春や秋に多いのが気温20度程度。とはいえ、最高気温が20度なのか最低気温が20度なのかによっても選ぶべき服装は大きく異なります。

日中に20度あたりに到達する日は、太陽が出ている間は心地よく過ごせますが、朝晩は冷え込むこともあるため、気温調節ができる服装を選ぶことが大切です。

反対に最低気温が20度の日は、朝晩は過ごしやすいですが日中は30度近くになったりすることも。かなり暑い時期なので、日中は温度調節ができる服装を選ぶといいでしょう。

また、暑い時期は室内の冷房が強く、外に適応できるスタイルで出かけたら部屋の中で冷えてしまうことも。体調を崩す原因にもなりかねないので、羽織りを持ち歩いて周りの環境に対応できるようにしておきましょう。

つまり、最高気温が20度の日も最低気温が20度の日も、気温変化に耐えられるようにコーディネートを組むことが大切です。朝晩だけ、日中だけ外出するのであれば問題ありませんが、1日通して外に出る日は対策をしておくことをおすすめします。

そんな気温20度の日の服装選びの3つのポイントを、具体的にご紹介します。

ポイント①|アウターやカーディガンで体温を調節

最高気温20度の日は、朝晩の冷え込みに対応できるアウターを。最低気温20度の日は、室内の冷房で冷えてしまわないようにカーディガンで対応を調整することがポイントです。

アウターもカーディガンも持ち歩くため、コンパクトに折りたためるものをチョイスしておくと便利です。

ポイント②|シャツを羽織りとして活用

「かさばる洋服を持ち運ぶのが面倒」という人におすすめなのは、シャツを羽織として活用することです。着やすいだけではなく、サッと羽織るだけでこなれ感が出るのでおすすめです。

シャツはシンプルだけどベーシックなアイテムなので、どんなアイテムとも合わせやすいところも魅力。1枚持っておくと、気温20度の時期に重宝します。

ポイント③|ボトムスで季節感を取り入れる

気温20度のときは季節の変わり目であることが多いのですが、春と秋とではファッションのテイストも異なりますよね。

そんなときは、ボトムスで季節感を取り入れるのがおすすめ。同じアイテムでもデザインを変えるだけで雰囲気がガラリと変わるのでチャレンジしてみてくださいね。

気温20度のおすすめ服装|薄手の羽織りを活用する

続いて、気温20度のときにぴったりの服装をご紹介します。

ポイントは、先ほどもお伝えした通り、薄手の羽織りを活用すること。そこでここからは、3種類の羽織りを使ったおすすめの服装をお伝えします。

シアーシャツ

シアーシャツ

シアー素材のシャツは着るだけで一気にトレンド感が出るアイテムです。

デニムに合わせるもよし、ニット素材のスカートと合わせて季節の変わり目を楽しむもよし。ベーシックな1枚として、気温20度の時期に活躍してくれます。

ジャケット

ジャケット

オフィススタイルにも使えるジャケットは、持っておいて損はないアイテム。淡い色味のジャケットであれば、春先でも暑苦しくなく着こなせます。逆に秋の始まりにジャケットを使ったコーディネートをするときは、少し深みのある色味のものを選ぶのがおすすめです。

カーディガン

カーディガン

カーディガンは基本的に小さく折り畳んでカバンの中に忍ばせておけるので、体温調節をするときにもってこいのアイテムです。シンプルなトップスの上にカーディガンを重ね、朝晩の冷え込みやオフィスの冷房への対策をしておきましょう。

ベーシックカラーのカーディガンには、カラーパンツでアクセントをプラス。明るいカラーを差し色にするだけで、グッとコーディネート全体が華やかになります。

気温20度のおすすめ服装|ボトムスで季節感を出す

気温が20度の日は、基本的にトップスは薄手の素材のものを選び、合わせるボトムスで季節感を出すのがおすすめです。

フレアスカート

フレアスカート

春先におすすめなのはフレアスカート。ふんわりと広がるシルエットが女性らしいコーディネートに仕上げてくれます。春らしさを取り込めるのはもちろん、生地によっては夏にかけて長く愛用できます。

まだ寒さのある時期であれば、薄手のニットと合わせるのがおすすめ。暑い時期にはTシャツと合わせてカーディガンを常備しておくと安心です。

チュールスカート

チュールスカート

フレアスカートと同様、チュールスカートも春らしさを取り入れられるアイテムです。季節感だけではなく女性らしさも引き出してくれるので、上品にまとめたいときにぴったりです。ピンクのワントーンコーデは、着ていて気分があがること間違いなし。

リネンパンツ

リネンパンツ

リネンが持つシャリ感は、夏にぴったり。サラサラとした着心地で、夏らしさを演出するのに適しています。リネンパンツを取り入れることで、大人のリラックススタイルを作ってくれるでしょう。また、ワイドパンツは身体のラインを拾いすぎないところがポイント。体型カバーしながらおしゃれを楽しめます。

気温20度のおすすめ服装|冷え込む日には薄手のアウターを

最高気温が20度の春と秋は、朝晩の冷え込みが厳しい日もあります。そんなときは、薄手のアウターを取り入れながらコーディネートを決めていきましょう。

トレンチコート

トレンチコート

トレンチコートは春にも秋にも活用してくれる万能アイテム。カジュアルスタイルともオフィススタイルとも相性がよく、爽やかで上品な印象を与えてくれます。とろみのある素材の方が涼しげで持ち歩きやすいのでおすすめです。

ビッグシャツ

ビッグシャツ

「コートを着込むほど寒くはないけれど、何か着ておきたい」というときには、ビッグシャツを取り入れるのもおすすめです。パンツとのレイヤードスタイルが今年風。シンプルなバンドカラーが上品なコーデを叶えてくれます。

デニムジャケット

デニムジャケット

デニムジャケットは、少し肌寒い季節に使えるアイテムです。チェックのボトムスと合わせれば一気に秋感が出ます。インナーと小物をレディライクにした分、足元にはスニーカーを合わせてきれいとカジュアルのバランスを取ってみて。

【年代別】気温20度の服装おすすめコーデ

続いて、年代別に分けて気温20度のときにおすすめのコーデをご紹介していきます。

20代編

まずは20代におすすめのコーディネートから紹介します。

オールインワンを使った大人カジュアルコーデ

オールインワン

1枚でおしゃれに見えるオールインワンは、春先から夏にかけて活躍してくれるアイテムです。広めに開いたVネックがデコルテラインをきれいに見せてくれます。

プルオーバーで作るカジュアルスタイル

プルオーバー

シンプルなプルオーバーを使ったコーディネート。明るいカラーのスカートと合わせることで、一気に華やかな雰囲気に仕上がります。プルオーバーは、ワンピースやオールインワンの上からでも重ねられる絶妙な丈感に作られているので、さまざまなアイテムとの相性がいいことが魅力です。

30代編

続いて、30代におすすめのコーディネートをご紹介します。

ベーシックカラーの大人っぽコーデ

ギャザーブラウス

シンプルなギャザーブラウスに黒のボトムスを合わせたコーディネート。厚手のブラウスであれば、羽織りいらずで過ごせるでしょう。ベーシックカラーでまとめた中にイエローの小物でアクセントをプラスしてみて。

ジャケットカーディガンでほどよいきちんと感をプラス

ジャケットカーディガン

リングスナップの配色がお洒落なカットジャケットカーディガンをメインにしたコーディネート。ラフに羽織れるけれどほどよいかっちり感も得られる、カーディガンとジャケットのいいとこ取りアイテムです。カットソーとデニムのシンプルなスタイルに羽織るだけでこなれ感が出ます。

40代編

続いては40代におすすめのコーディネートをご紹介します。

重宝するシャツワンピーススタイル

シャツワンピース

1枚でも、羽織りとしても使えるシャツワンピースは、年齢を重ねた方でも着こなしやすいアイテムです。ストライプはIラインを強調してよりスタイルをよく見せてくれるので、身体のラインが気になる方でも安心して着用できます。

ワンピースとして着て、ワイドパンツとのレイヤードを楽しむのもおすすめです。

薄手ニットとカラーパンツのコーデ

ニット

薄手のニットとピンクのパンツを合わせたコーディネート。センタープレスのパンツはかっちり感が出るのでオフィスカジュアルスタイルにも使えておすすめのアイテムです。

50代編

続いて、50代におすすめのコーディネートをご紹介します。

メッシュニットとチェックパンツの大人のシースルーコーデ

メッシュニット

メッシュのニットプルオーバーを使った、大人のシースルーコーデです。リラックス感がありつつ上品さも忘れないスタイルで、50代の方にぴったり。チェックのワイドパンツと合わせることで、秋口にぴったりのコーディネートに仕上がります。

ミドル丈カーディガンで作る大人スタイル

ミドル丈カーディガン

淡いカラーのミドル丈カーディガンをメインにしたコーディネート。お尻をすっぽり隠してくれるので、腰回りが気になる方にもおすすめです。ベルトを使ってウエストマークしてあげることで、よりスタイルアップが叶います。薄手のニットやTシャツの上に羽織ることで、温度調節もしやすいコーディネートに。

【シーン別】気温20度の服装おすすめコーデ

コーディネートは、気温に合っているかはもちろん、TPOに合わせても選び方を変える必要があります。そこで続いては、シーン別に分け、気温20度のときのおすすめコーディネートをご紹介します。

普段

まずは普段過ごしている中で取り入れやすいおすすめのコーディネートをご紹介します。普段着はカジュアルかつラフに気崩せるので、オフィススタイルでは避けがちな素材やデザインを思う存分着こなしましょう。

リブニットワイドパンツのリラックスコーデ

リブニットワイドパンツ

ゆったりとした着心地のリブニットワイドパンツも、気温20度の日に使えるアイテムです。スニーカーに合わせてカジュアルに仕上げるもよし、ヒールと合わせてほんのりレディライクにまとめるもよし。お休みの日のリラックスコーデにぴったりです。

朝晩の冷え込む時間帯には、シャツの上からカーディガンを羽織るのがおすすめ。

トレンド感あふれるお出かけスタイル

シアートレンチ

トレンドのシアー感と春の定番のトレンチコートが一体化したアイテムを使ったコーデです。サラッと羽織れるので、20度の日のお出かけにぴったりだといえます。

オフィス

続いて、オフィスにぴったりのコーディネートをご紹介します。

ジャケットを使ったオフィスカジュアルコーデ

ジャケット

カジュアルコーデにもオフィス向けコーデにも使えるジャケット。とろみ素材のテーラードジャケットは、ほどよい抜け感を演出してくれるアイテムです。ワイドパンツやストレートパンツと合わせても、ワンピースの上に羽織ってもさまになるのでおすすめです。

ボウタイブラウスで大人かわいいコーデ

ボウタイブラウス

普通のブラウスもおしゃれですが、ボウタイブラウスはオフィススタイルにアクセントを加えてくれるアイテムだといえます。落ち着いた色味のボトムスと合わせることで、クラシカルで大人かわいいコーデに仕上がります。

デート

続いては、デートにぴったりのコーディネートをご紹介します。

ショート丈アウターで作るきれいめカジュアル

ショート丈アウター

ショート丈のトレンチコートを使ったコーディネート。淡い色合い同士で組み合わせることで、女性らしさと春らしさを演出できます。

単品でおしゃれに決まるワンピース

ワンピース

単品でかわいらしさを作れるワンピースは、デートにもってこいのアイテム。カラーで明るさを取り入れてみてはいかがでしょう。カーディガンを持ち歩いて温度調節できるコーディネートに仕上げるのがおすすめです。

結婚式

続いては、結婚式のときにおすすめのコーディネートをご紹介します。

レースワンピースで華やかに

レースワンピース

結婚式の際は、華やかに見えるワンピースをセレクトするのがポイント。室内の場合はそれほど冷え込まないため、1枚で参列してもOKです。行き帰りに羽織れる上着を持っておくと安心でしょう。

オールインワンでスタイルアップ

オールインワン

さらりと着こなせる、オールインワンタイプも結婚式にぴったり。ワイドパンツタイプを選べば、身体のラインを拾いすぎずにスタイルをよく見せられるでしょう。

マニッシュとは

マニッシュなスーツコーデ

メンズっぽいというイメージの「マニッシュ」。似たようなワードに「ボーイッシュ」や「メンズライク」もありますがどう違うのかわかりづらいですよね。

■マニッシュ
男性的なさま、紳士的なスタイル。

■ボーイッシュ
少年のようなさま。

■メンズライク
男らしいさま。

実はこのように微妙に違いがあり、マニッシュは中でも「きちんとした紳士服」を取り入れたようなイメージです。

スーツやジャケットを使った着こなしはもちろん、カジュアルな中にもマニッシュな雰囲気を感じさせるコーデなど、幅広く取り入れられています。

マニッシュコーデのポイント

マニッシュコーデ

続いて、マニッシュコーデのポイントを3つお伝えします。ポイントを押さえてコーディネートを考えることで、上手にマニッシュを取り入れられるでしょう。

ポイント①|ジャケットはマニッシュコーデの必須アイテム

マニッシュコーデの必需品といえば「ジャケット」。女性らしいスカートスタイルも、ジャケットを羽織るだけでグッとマニッシュな雰囲気に仕上がります。「コーデが少し物足りないかな?」「ちゃんとした雰囲気を出したい」など困ったときに使えるので、ベーシックなジャケットを持っておくと便利です。

ジャケットだけではなくセットアップを手に入れておくと、より簡単にマニッシュコーデが作りやすくなるでしょう。

ポイント②|チェック柄でマニッシュ感を取り入れて

ジャケットだけではなく、チェック柄もマニッシュスタイルを作るうえで活躍してくれる存在です。ボトムスやコートなどで取り入れるのがおすすめ。

ただし、他のアイテムも柄物にしてしまうと、派手になりすぎるので、チェック柄を取り入れたときには他のアイテムは無地やベーシックなものにしておくとすっきりとおしゃれにまとまります。

ポイント③|シューズからマニッシュ感を

シューズもマニッシュコーデにおいて大きなポイントとなります。ローファーやレースアップシューズは、足元からマニッシュ感を演出するときに使えますよ。

ジャケットを使ったマニッシュスタイル

マニッシュなジャケットコーデ

マニッシュといえばジャケット!仕立ての良いジャケットやスーツを着た紳士のようなイメージで、女性もかっこよくジャケットを着こなしたいですよね。

フォーマルな着こなしだけでなく、デニムなどカジュアルなアイテムと合わせたジャケットコーデもマニッシュスタイルとしておすすめです。
バッグやシューズなど小物で女性らしさをプラスするのがポイント!

チェスターコートを使ったマニッシュスタイル

チェスターコートとは、男性のフォーマルなシーンで着用するコートとして誕生したアイテム。
スカートやワンピースなどを合わせるエレガントな着こなしが人気のチェスターコートですが、マニッシュな着こなしにもぴったりな一着なのです。

カチッとなりすぎないように、柔らかな色合いのコーディネートに合わせたり、足元やアクセサリーで外したりして「女性らしさのある着こなし」でまとめると素敵です。

ワイドパンツを使ったマニッシュスタイル

マニッシュなワイドパンツコーデ

トレンドのワンドパンツもマニッシュスタイルに使えるアイテムです。ボーダーシャツとのコーディネートはかっこいい大人のマニッシュコーデ!

カジュアル寄りにするなら、コンパクトすぎないTシャツを合わせる着こなしもおすすめです。

シャツを使ったマニッシュスタイル

シャツのマニッシュスタイル

マニッシュスタイルの定番アイテムの一つが「シャツ」です。

キリッと着こなすためにはボトムにインにするのがマスト。さわやかなブルーや白、ストライプなど色々なタイプのシャツがマニッシュな着こなしに使えます。

靴からマニッシュを取り入れてみる

マニッシュシューズを使った着こなし

マニッシュな雰囲気をコーディネートに取り入れる時におすすめなのが「靴」です。

いつもならパンプスやスニーカーをチョイスするところを、マニッシュを意識した靴にチェンジ。メンズのドレスシューズのような、レースアップシューズやローファーがおすすめです。

夏はTシャツをマニッシュに着こなす

夏のマニッシュコーデ

ジャケットやコートの登場が減る夏にマニッシュなスタイリングをする時には、シンプルなパンツコーデがおすすめです。

ビッグサイズのTシャツをワイドパンツにインにして着ると、すっきりと綺麗なマニッシュスタイルが完成します。

帽子をスパイスにして作るマニッシュコーデ

帽子をかぶったマニッシュコーデ

お手軽にマニッシュっぽさを出すのに使えるのが帽子です。
パナマ帽やベレー帽、ハンチングなどメンズっぽさを感じさせる帽子をかぶるとマニッシュ感がアップします。

とはいえ、最近はこれらの帽子はレディースコーデに普通に取り入れることも多いです。
マニッシュで決める時は、靴や洋服のテイストなど意識してまとめるといいですね。

セットアップにはインナーで遊び心を

セットアップ

オフィスにも使えるセットアップは、着るだけで一気にマニッシュスタイルに仕上がる万能アイテム。おしゃれ初心者でも簡単にコーデが決まるので便利です。

セットアップスタイルのときには、インナーで個性を入れるのがポイント。リブニットを合わせることで、女性らしさとのバランスが取れます。

チェック柄パンツはマニッシュコーデで大活躍

チェック柄パンツ

チェック柄パンツはそれだけでマニッシュ感を演出してくれるアイテム。ローファーとの相性も抜群で、紳士らしい雰囲気が叶います。

柄物を取り入れるときには、トップスはシンプルなものを合わせるのがポイントです。

ストレートパンツでバランスを取って

ストレートパンツ

落ち感のあるストレートパンツは、かっちり感と女性らしさを絶妙なバランスで叶えてくれるアイテム。マニッシュコーデにぴったりです。

ジャケットとパンツの色味をあえて合わせないことで、おしゃれ上級者感を演出できます。

ノーカラーコートで作るマニッシュコーデ

ノーカラーコート

ニュアンスのあるシャギーチェックを上品に纏えるノーカラーコートをメインに、ブラックのトップスとホワイトのパンツを合わせればあっという間にかっこよさの中に女性らしさのあるマニッシュコーデが完成します。

甘辛ミックスなマニッシュコーデ

ライダース

クールなライダースもマニッシュコーデにぴったり。ボトムスに甘すぎないスカートを持ってくることで、甘辛ミックスなマニッシュスタイルが完成します。

レザーのショートブーツを合わせることで、よりクールさが引き立ちます。

マニッシュスタイルにおすすめのブランド5選

マニッシュコーデ

マニッシュな服が欲しい!と思ったらまずチェックしたいブランドを5つご紹介します。

・Theory(セオリー)
・MARGARET HOWELL(マーガレットハウエル)
・qualite(カリテ)
・HUMAN WOMAN(ヒューマンウーマン)
・UNITED TOKYO(ユナイテッドトウキョウ)

いずれもパンツやシャツ、スーツを得意とするブランドなので、かっこいいマニッシュスタイルを作ることができます。