気温24度におすすめの組み合わせとコーデの注意点

気温が24度の日は春や秋に多く、一日の中の寒暖差があることが多いため、何を着ていいのか困ってしまうことも多いでしょう。また、24度が最高気温か最低気温かでも服装の雰囲気がかなり変わってきます。

そこで、24度が最高気温か最低気温かに分けて、おすすめの組み合わせとアイテムをご紹介します。まず具体的なコーデをご紹介する前に、服装の選び方のポイントと注意点をチェックしてください。

24度が最高気温の日

24度が最高気温の日は、春と秋に共通して寒暖の差が大きいことが特徴。出かける時点で寒くても日中は暖かくなります。1アイテムでコーデを完成させるより、重ね着して脱いだり着たりできるようなコーデ作りがおすすめです。

寒暖の差が少ない日はトップス1枚、ボトムス1枚でコーディネートを完成させるワンツーコーデでもOKな日がありますが、そんな日はアイテム選びが重要です。厚手でも通気性の高いサーマルTや5分袖ニットなど、季節の変わり目に活躍する技ありアイテムを活用しましょう。

また、厚手のアウターは暑すぎる時期なので、程良い厚みのライトアウターが最適です。アイテムとしては、トレンチコートやGジャン、シャツをアウター代わりに使ったり、ミリタリージャケットなどを着たりすることがおすすめです。

24度が最低気温の日

24度が最低気温になることが多い夏は、昼間は30度前後まで気温が上がるので、Tシャツやノースリーブといったアイテムがコーデの中心です。ワンツーコーデといったアイテム数の少ないさびしいコーデになりがちなので、1枚で様になるアイテムを選ぶのがコツです。

しかし、暑いからといって半袖アイテムだけだと冷房が効いた室内では寒いことも。薄手のカーディガンを持参しておくと安心です。夏の終わりの最低気温が24度の日には、秋を感じさせるアイテムを選ぶのもおすすめです。

春の最高気温24度の服装は?

まずは、春の最高気温24度の服装をご紹介します。

最高気温24度の春の服装【1】トップスにライトガウンを羽織って

ライトガウン

最高気温が24度の春の日にぴったりなのが、半袖やノースリーブのシンプルなトップスにロングカーディガンなどといったライトアウターの組み合わせ。冷え込む朝晩を避けて出かけるのであれば、これくらいがちょうどいいでしょう。

春のモノトーンスタイルは、デニムパンツを合わせてカジュアルに。同じく最高気温が24度の秋の日には、パンツを秋色のものに変えるだけでグッと季節感が出るでしょう。

最高気温24度の春の服装【2】カットソーの重ね着にシャツをアウター代わりに

シャツ

スリットの入ったワンピースにワークシャツを羽織ったスタイル。ミリタリージャケットのような役割をしてくれるワークシャツは、最高気温が24度の日にぴったりのアイテムです。

薄手のワークシャツであれば、最高気温24度の中にいても暑すぎることがありません。重ね着コーデだと温度調節ができるので、気温が安定しない春の日に最適だといえるでしょう。

最高気温24度の春の服装【3】春の季節感にぴったりで生地感がちょうど良いGジャン

Gジャン

Gジャンは、春にぴったりのアウター。インナーを変えればさまざまなテイストのファッションを楽しめます。最高気温が24度の春の日には、TシャツとラフなパンツにGジャンを羽織って。暑くなったらGジャンを脱いで温度調節をしましょう。

白TとGジャンの組み合わせは、春らしい爽やかさと軽やかさを感じられます。

秋の最高気温24度の服装は?

続いては、秋の最高気温24度のコーディネートをご紹介します。

最高気温24度の秋の服装【1】秋色ニットで季節感を取り入れる

秋色ニット

最高気温が24度の秋の日で、1日を通して寒暖の差があまりない日であれば、薄手のニット1枚で過ごせます。ニットを選ぶ際は、秋らしい深みのある色味をチョイスして季節感を取り入れるのがおすすめ。5分袖ニットは季節の変わり目の秋に着回せるおすすめのアイテムです。

最高気温24度の秋の服装【2】春と同じアイテムに秋アイテムを投入して

トレンチコート

同じ最高気温が24度の春の日に着たトレンチコートも、秋らしいアイテムと合わせたら違う着こなしが叶います。チェックのスカートは秋らしくてトレンド感もあるのでおすすめ。赤ニットと合わせることで、トレンチコートを脱いでもコーデが寂しくなりません。

最高気温24度の秋の服装【3】ライトなシャツワンピースが使える!

シャツワンピース

最高気温が24度で朝晩肌寒い日に使えるのが、ライトなシャツワンピース。インナーには半袖カットソーなどを合わせて快適に過ごしましょう。

夏の最低気温24度の服装は?

夏場には、最低気温が24度という日も多くあります。では続いては、夏の最低気温24度の日にぴったりのコーディネートをご紹介します。

最低気温24度の夏の服装【1】最高気温が30度まで上がる日はノースリーブで

ノースリーブ

最低気温が24度の夏の日は、最高気温が30度前後まで上がるので、半袖Tシャツやノースリーブ、キャミソールといったトップスを主役にするのがぴったり。コットン素材のノースリーブをチョイスすれば、涼しげなスタイルが完成します。

ボトムスにはデニムを合わせて暑い時期のカジュアルコーデに仕上げて。足元にほんのりかっちりアイテムを持ってくることで、ほどよく大人めにまとまります。

最低気温24度の夏の服装【2】真夏のコーデにはビスチェを投入

ビスチェ

Tシャツとデニムというシンプルな組み合わせには、ビスチェを1点投入することでグンとおしゃれ見えさせてくれます。少し変化球なビスチェを取り入れることで、華やかなコーディネートに仕上がります。

最低気温24度の夏の服装【3】ボートネックカットソーで爽やかに

ボートネックカットソー

最低気温が24度の日は、涼しげな印象のコーディネートがぴったり。ボートネックのカットソーにドットスカートを合わせて夏にぴったりの大人かわいいスタイルにまとめるのがおすすめです。

【天気別】気温24度の服装は?

服装選びをする際には、天気に合わせることも大切。続いては、気温24度のときにぴったりの天気別コーディネートをご紹介します。

天気別・気温24度の服装《晴れの日》【1】チェックシャツを羽織ものに

チェックシャツ

晴れている気温24度の日は、日中は暑くても朝晩と気温差があることもあります。そのため、調節できる羽織りものがあると便利。

チェックシャツのセットアップは、おしゃれに見えるだけではなくシャツが気温差に合わせて調整する役割も担ってくれるのでおすすめです。

天気別・気温24度の服装《晴れの日》【2】シャツワンピースをコート代わりに

シャツワンピース

晴れた気温24度の日には薄手のコートがぴったり。とはいえ、ちょうどいい厚さのコートが手持ちにないという方は、シャツワンピースをコート代わりにするといいでしょう。さらっとラフに羽織るだけで今っぽい雰囲気に仕上がります。色味のあるシャツワンピースをチョイスすることで、コーディネート全体が明るくなるのでおすすめです。

天気別・気温24度の服装《晴れの日》【3】デニムシャツをGジャン感覚で羽織って

デニムシャツ

気温24度で晴れていると、Gジャンでは少し暑く感じることも。そんな場合に役立つのがデニムシャツです。Gジャンより薄手なので、気温24度のときの羽織ものには最適。

腕まくりをしたり、抜き襟気味に羽織ったりして抜け感を出しながら着こなしましょう。ビッグシルエットのものを選ぶのも今っぽく仕上げるコツです。

天気別・気温24度の服装《曇りの日》【1】カットソー1枚でもOK

カットソー

晴れている日ほど寒暖差ができにくいのが曇りの日。朝ちょうどいいと感じる格好のまま1日過ごせるところがポイントです。

曇りの日であれば、シンプルなカットソー1枚でOK。ストレートなシルエットのスカートと合わせれば、大人っぽくおしゃれな雰囲気が完成します。

天気別・気温24度の服装《曇りの日》【2】ニットアンサンブルできれいめに

ニットアンサンブル

外と室内で温度差があるような場合は、ニットアンサンブルが活躍します。肌寒く感じる移動時にはカーディガンを羽織り、空調が効いて温かい屋内では半袖ニット1枚で過ごすというように、簡単に調節することが可能です。

かわいらしいくすみカラーのアンサンブルにホワイトのワイドパンツを合わせれば、今っぽい上品スタイルが完成します。

天気別・気温24度の服装《曇りの日》【3】ボリューム袖ブラウスでトレンド感を

ボリューム袖ブラウス

ボリューム袖がトレンドライクなブラウス。ワンツーコーデの場合は、トップスやボトムスのディテールにこだわることでおしゃれに仕上がるでしょう。

天気別・気温24度の服装《雨の日》【1】タートルネックで温かく

タートルネック

気温24度だと雨も冷たく感じられます。タートルネックニットで寒さ対策をしましょう。個性的な変形スカートを合わせてシックにまとめてはいかがでしょう。

天気別・気温24度の服装《雨の日》【2】ミリタリージャケットでカジュアルに

ミリタリージャケット

寒く感じやすい雨の気温24度の日には、羽織ものも少し厚手のものがよいでしょう。カーキのミリタリージャケットに花柄のワンピースを合わせて大人のカジュアルスタイルに仕上げるのがおすすめ。

ショートブーツはコーデにマッチするだけでなく、滑りにくいので、雨の日に安心です。

天気別・気温24度の服装《雨の日》【3】マウンテンパーカーで大人かわいく

マウンテンパーカー

ブラックのマウンテンパーカーは、きれいめにもカジュアルにも使える万能アイテム。雨の気温24度の日にぴったりです。くすみカラーのスカートと合わせると、爽やかで大人かわいいコーデに。腕まくりをしてこなれ感をプラスするのもおすすめです。

【シーン別】気温24度の服装9選

続いては、シーン別のコーディネートをまとめてご紹介します。

シーン別・気温24度の服装【1】春の通勤はサマーニットできれいめに

サマーニット

サマーニットは涼しげに着こなせるので24度の春の日にぴったり。フレアスカートと合わせることで上品な通勤スタイルに仕上がります。

シーン別・気温24度の服装【2】秋の通勤にはジャケットを羽織って

ジャケット

1枚できちんと感を作ってくれるジャケット。秋色のものを選べば、それだけで季節感のあるコーデに。

気温24度の日に羽織るなら、インナーは薄手で半袖のものを選びましょう。ボトムスもサラッとした生地のパンツを選べば風通しがよく、ジャケットを羽織っても暑く感じずおすすめです。

シーン別・気温24度の服装【3】春のデートはかぎ編みカーディガンでガーリーに

かぎ編みカーディガン

繊細な編み目がガーリーなかぎ編みカーディガン。春のデート気分を高めてくれます。ブラックのワンピースと合わせることで甘さをコントロールするといいでしょう。

シーン別・気温24度の服装【4】秋のデートはブラックトップスでシックに

リブニットトップス

黒とピンクを合わせたコーデは、ちょっと大人っぽい雰囲気でデートを楽しみたいときにぴったり。スカートで華やかさを出しつつブラックのニットで引き締められるので、スッキリと見せることが可能です。

シーン別・気温24度の服装【5】春の女子会はシンプルな中にトレンド感のあるアイテム選びを

シャツジャケット

女子会には、トレンドも意識しつつ張り切り過ぎないコーデを選ぶのがポイント。ホワイトのリブトップスにデニムにジャケットを羽織りラフでこなれ感のある雰囲気を作れば、女子会にぴったりのコーデになります。

シーン別・気温24度の服装【6】秋の女子会にはニットベストでカジュアル感を加えつつ温度調節を

ニットベスト

白シャツにニットベストを重ねることで、今っぽいカジュアル感が加わるうえ、気温24度にちょうどいい服装に仕上がります。

ブラックをメインにしてハンサムなスタイルに。シャツをインせずニットベストの裾からチラ見せすることで、アクセントをプラスできます。

シーン別・気温24度の服装【7】ショッピングには着替えやすいビッグシルエットのカットソーで

ビッグシルエットカットソー

試着をすることが多いショッピングのときには、着替えやすさも重要。1枚でおしゃれな印象になるビッグシルエットのカットソーなら、トレンドライクなだけでなく、脱ぎ着も楽にできます。

足元はショップ巡りでたくさん歩いても疲れないようにフラットシューズをチョイスするのがおすすめです。

シーン別・気温24度の服装【8】カフェにはリラックス感を意識して

シアーシャツ

カフェでゆっくり過ごす日は、リラックス感のあるコーデがおすすめ。ルーズなシルエットのシャツをラフに羽織れば、気温24度の日にぴったりのスタイルが完成します。淡いカラーを中心にまとめることで、肩の力が抜けたような雰囲気を作れるでしょう。

シーン別・気温24度の服装【9】旅行には薄手アウター×インナーで調節しやすい服装を

マウンテンパーカー

旅行に行く場合は、気温の変化にも対応できるように、インナーにライトアウターを羽織る組み合わせがおすすめ。マウンテンパーカーは畳むとコンパクトになるので、観光をして歩き回っているうちに暑くなって脱いだとしても、荷物にならず便利です。

【年代別】気温24度の服装9選

最後は、年代別に分けておすすめの服装をご紹介します。

20代の気温24度の服装【1】モノトーンコーデをドット柄スカートでキュートに

ドット柄スカート

ドット柄スカートは華やかでかわいらしさを演出してくれるアイテム。ビッグシルエットのTシャツと合わせてカジュアルかつキュートなコーディネートに仕上げるのがおすすめです。

20代の気温24度の服装【2】シャツワンピース×タンクトップでエフォートレスに

シャツワンピース

着心地のいい素材のシャツワンピースは、1枚で着ても羽織ものにしても今っぽく仕上がる便利アイテム。気温24度の日の温度調節にも活躍してくれます。

アシンメトリーのタンクトップにさらっと羽織れば、肩の力の抜けたリラックスコーデに。トップスをタックインすれば、ラフな雰囲気ながらスタイルアップして見えます。

20代の気温24度の服装【3】チェックスカートで華やかさをプラス

チェックスカート

気温24度の日は、羽織りもの無しのワンツーコーデで過ごせる日も多いもの。コーデのマンネリ化が気になるのであれば、柄物を投入して華やかさをプラスしましょう。おすすめなのはチェックスカート。グンと秋らしさと若々しさが演出できます。

30代の気温24度の服装【1】レースブラウスでレディライクに

レースブラウス

エレガントな印象を作れるレースブラウスは、気温24度の日の通勤やデートでも活躍してくれます。

ボトムスにはシンプルなパンツを合わせて、フェミニン過ぎないコーデに仕上げるのがおすすめ。とろみのある生地がトレンド感をアップしてくれます。

30代の気温24度の服装【2】ドット柄ブラウスを使った大人カジュアルスタイル

ドット柄ブラウス

気取らないおしゃれ感を演出できるドット柄ブラウス。ほどよく落ち着いた印象を作り出せます。デニムパンツを合わせることで、大人カジュアルスタイルが完成。決めすぎないスタンドネックが、40代の大人の魅力を引き出してくれます。

30代の気温24度の服装【3】ボーダーカットソーでナチュラルなカジュアルコーデに

ボーダーカットソー

オーバーサイズのゆるっとしたシルエットがかわいいボーダーカットソー。ボトムスにブラックのストレートパンツを合わせて、アウトドアシーンにマッチするカジュアルコーデに仕上げるのがおすすめです。

40代の気温24度の服装【1】ニットワンピースにワイドパンツをレイヤード

ニットワンピース

淡いカラーのニットワンピースには、デニムパンツをレイヤードしてカジュアルダウン。Vネックになっているので首元をスッキリ見せられます。トレンド感あるコーディネートに仕上がるでしょう。

40代の気温24度の服装【2】ブラックシャツできれいめカジュアルに

ブラックシャツ

1枚でおしゃれに決まるブラックシャツは、40代の方にぜひ取り入れてもらいたいアイテム。デニムを合わせることできれいめカジュアルにまとまります。

40代の気温24度の服装【3】こっくりカラーのブラウスで秋を先取り

ブラウス

9月に入るとそろそろファッションにも秋を取り入れたいところですが、最低気温が24度だとニットは暑く感じてしまいますよね。そんなときは色で季節感を出しましょう。こっくりしたカラーのブラウスなら、秋らしい印象を与えつつ涼しく着られます。