気温22度を快適に過ごす!おしゃれなレディースの服装とは?

 

View this post on Instagram

 

ihara aoiさん(@aoi186)がシェアした投稿 -

春先や秋口など、気温22度くらいの季節はとても過ごしやすい時期。気候が良いので、気持ちよく外出できる季節です。おしゃれをしてお出かけを楽しむおしゃれさんも、多いのではないでしょうか。

気温22度というと、半袖では少し肌寒く、薄手の長袖くらいがちょうどいいでしょう。とはいえ、お天気や湿度、一日の中でも寒暖差がある季節なので、重ね着や袖まくりなどで温度調節ができると良いかもしれませんね。

ここでは、Instagramのおしゃれユーザーが着こなす、気温22度にぴったりのコーデを、春と秋、雨の日や晴れの日、曇りの日などの天気別、最低気温と最高気温、さらにはシーン別の服装をまとめてご紹介します。

「春の最高気温22度」はどんな感じ?

春の最高気温22度の日は、長袖トップスやワンピース1枚で外出できる、とても過ごしやすく、心地よく外出できる気温です。日差しが暖かく、防寒を考えずにおしゃれを楽しめるでしょう。

ただし、日差しが出ている日中は、たくさん歩くようであれば暑さを感じることも。朝と夜との寒暖差が出やすいので、気温差に備えた服装を選ぶことがポイントです。重ね着や袖まくりで気温の変化に柔軟に対応できるスタイルを選ぶようにしましょう。

さらに、明るいカラーアイテムなどを取り入れて季節感を加えることで、華やかな印象を作れます。

「夏の最高気温22度」はどんな感じ?

夏の最高気温22度の日は、大体初夏あたり。比較的過ごしやすいものの、春の22度に比べて日差しの強さを感じやすいことが特徴です。

半袖やノースリーブと羽織ものといったように、暑さを感じたときのために脱ぎ着できるような服を準備しておくのがおすすめです。

また、素材感で夏らしさを取り入れることで、より季節に合ったファッションを楽しめるでしょう。

「秋の最高気温22度」はどんな感じ?

秋の最高気温22度は、初夏の22度に比べて涼しさを感じやすい時期であるといえるでしょう。風が吹くと少し肌寒く感じるかもしれません。

秋口の最高気温22度の場合は、何か羽織れるものを持っておいたり、厚手の生地の長袖をチョイスしたりするのがベストです。

深みのあるカラーや暗めカラーで、こっくりとした秋らしさを演出するといいでしょう。

春の最高気温22度の服装コーデ

では、実際のおすすめのコーディネートをご紹介します。まずは春の最高気温22度のときにぴったりのコーデからお伝えします。

ブラウスを使った上品スタイル

ブラウス

シンプルな長袖ブラウスは、春の最高気温22度の日に活躍してくれます。1枚で上品かつ清楚にまとまるので、日中外出するときに便利です。

センタープレスパンツやセミタイトスカートなどを合わせることで、大人っぽく華やかに仕上がります。ブラウスは、ほどよいハリ感と落ち感のあるものが高見えします。

ワンピースを使ったレイヤードスタイル

ワンピース

ワンピースにデニムパンツをレイヤードしたスタイル。前を開ければ羽織りとして使えるので、春から初夏の最高気温22度の日まで長く楽しめます。少し肌寒さを感じそうであれば、インナーの丈や厚さで調整してあげるといいでしょう。

もちろん、今回は羽織りとして使ったワンピースを1枚で着るのもおすすめ。

夏の最高気温22度の服装コーデ

続いて、夏の最高気温22度のときにぴったりのコーディネートをお伝えします。

リネンで夏らしさを取り入れて

リネンパンツ

夏の最高気温22度のときは、夏らしい生地のアイテムを取り入れつつ、羽織れるものを持ち歩くのがおすすめ。

リネンならではのシャリ感は夏にぴったり。ワイドパンツはカジュアルにもきれいめにも使えるので、1枚持っておくと便利です。トップスは、半袖に薄手のジャケットやシャツを羽織るといいでしょう。

シアーシャツを使った涼しげコーデ

シアーシャツ

夏の最高気温22度の日には、トレンドのシアーシャツを取り入れたコーデがおすすめ。ノースリーブの上に羽織れば、夏らしさがありつつ露出度を抑えたスタイルに仕上がります。

秋の最高気温22度の服装コーデ

続いては、秋の最高気温22度のときにおすすめのコーディネートをご紹介します。

オフィスカジュアルにも使えるジャケットスタイル

ジャケット

サッと羽織れるジャケットは、寒暖差で涼しく感じやすい秋口の最高気温22度のときにぴったりです。

ジャケットは秋らしい深みのあるカラーをチョイス。セットアップにすることで、オフィスカジュアルスタイルにも使えます。涼しげのあるスカートと合わせるのもおすすめ。

厚手の長袖で肌寒さに対応

スエットワンピース

まだ冬服を着るには早いけれど、少し肌寒さを感じるというこの時期には、フーディーなどの少し厚手のアイテムがおすすめ。

スエット素材のワンピースでカジュアルさもありながら、裾のフリルで女性らしさも演出できるところがポイントです。

【天気別】気温22度の服装7選

気温22度の服装:雨の日【1】レインブーツ×ワンピースで雨対策!

レインブーツ

ショート丈のレインブーツと赤のワンピースを合わせた雨の日スタイル。華やかでビビッドなワンピースが、気分がどんよりしがちな雨の日を明るくしてくれることでしょう。

雨の日の気温差にも対応できるようにカーディガンをプラス。温度が高い日は蒸し暑さを感じやすいので、肌触りがよく涼しげなコットン素材をチョイスするといいでしょう。

気温22度の服装:雨の日【2】フラットタイプのレインシューズもおすすめ

フラットレインシューズ

気温22度の雨の日には、長靴は少し暑く感じるかもしれません。春先の雨の日には、フラットタイプのレインシューズもおすすめ。蒸れずに履けるので、雨の日もストレスフリーに過ごせそうですね。

シンプルなブラックをチョイスすれば、様々な着こなしに難なく馴染んでくれるでしょう。

気温22度の服装:晴れの日【3】シャツ×グリーンのパンツで爽やかに

グリーンのパンツ

晴れの日の気温22度は、日中は蒸し暑さを感じることもあるので、サラッと着られるシャツ1枚でちょうどよく過ごせます。ピタッとしたシルエットのものではなく、ゆるっとゆとりのあるシャツを選ぶことで、リラックスして過ごせるでしょう。

シャツに合わせるのは、トレンドのグリーンのパンツ。コーデにグリーンを取り入れると爽やかな印象になります。足元はフラットシューズでナチュラルにまとめるのがポイントです。

気温22度の服装:晴れの日【4】パフスリーブのブラウスを大人っぽく着こなして

パフスリーブブラウス

先ほどよりもはっきりとした色合いのグリーンのパンツを着こなしたコーディネート。気温22度の晴れの日は心地よい気候なので、休日であれば外へ出かけたりデートをしたりしたくなるでしょう。

お出かけやデートのシチュエーションでおすすめしたいのが、パフスリーブのブラウスです。袖が特徴的な分、色味はシンプルなものがぴったり。はっきりしたカラーのパンツがコーデ全体を引き締めてくれます。

気温22度の服装:晴れの日【5】パープルのワンピースを1枚で

パープルのワンピース

気温22度の日中はワンピース1枚で過ごせる気温です。さらに晴れの日ときたら、テンションの上がるワンピースを着こなすのも◎

淡いパープルのワンピースは可愛らしいだけでなく、顔映りも良くして色白に見せてくれます。彼とのデートはもちろん、女友達とお出かけする時にも真似したいコーデですね。

足元にはクリアアイテムを取り入れて、トレンド感もプラスするのがおすすめです。

気温22度の服装:曇りの日【6】カラーアイテムでアクセントを

カラーパンツ

気温22度の曇りの日には、気温の変動に対応できるようにカーディガンを羽織っておくと安心。シンプルなカットソーとカラーパンツにライトなカーディガンを合わせたスタイルは、おしゃれさと防寒対策のどちらも叶えることが可能です。

目を引くカラーアイテムをアクセントとして活用すると、おしゃれなコーディネートに仕上がります。

気温22度の服装:曇りの日【7】カーキのマウンテンパーカーで大人カジュアル

マウンテンパーカー

気温22度の曇りの日は、場合によっては雨が降り出すことも。雨が降るとグンと気温が下がるので、羽織りものを使ったコーディネートを組んでおくと安心です。

カーキのマウンテンパーカーはカジュアルな印象ですが、Aラインのワンピースと合わせることで女性らしさもプラス。

コーディネート全体がぼやけてしまわないように、黒のフラットシューズを取り入れるのがポイント。防水仕様のパンプスであれば、雨が降り出しても問題なく過ごせるでしょう。

【最高気温】22度の服装:軽い羽織もので調節を

デニムジャケット

日中はカットソーやブラウス一枚で過ごせるものの、朝晩には冷え込むことがあるのが最高気温22度の日。デニムジャケットやカーディガンなど軽めのアウターを羽織っていくと安心です。

Tシャツにリブパンツを合わせたシンプルなコーデに、デニムジャケットを合わせるのがおすすめ。デニムジャケットはビッグシルエットのものを選べば、サッと羽織るだけで今っぽい雰囲気が作れます。

【最低気温】22度の服装:Tシャツ一枚でOK

ドット柄スカート

最低気温が22度の場合、日中は30度近くなることも多くあります。真夏日並みの暑さになるので、Tシャツや半袖のトップス1枚で十分。寒がりの方は、加えて薄手のシャツや羽織れるレースガウンなどを用意しておくといいでしょう。

ガーリーな雰囲気が特徴のドット柄のフレアスカートには、プリントTを合わせてカジュアルダウンして。ナチュラルカラーのローカットスニーカーをプラスすることで、爽やかなコーディネートに仕上がります。

【シーン別】気温22度の服装7選

シーン別・気温22度の服装【1】春の通勤には白ブラウスで爽やかに

白ブラウス

清潔感があり爽やかな印象を作ってくれる白ブラウスは、春の通勤にぴったり。レーススカートを合わせることで、華やかでフェミニンな雰囲気に仕上がります。

サンダルOKの職場であれば、足元にはサンダルを合わせるのがおすすめ。ほどよい抜け感をプラスできるでしょう。

シーン別・気温22度の服装【2】秋の通勤はジャケットをプラス

ジャケット

かっちり見えるジャケットも、腕まくりをすればこなれた通勤コーデに。半端丈パンツで足首を見せて抜け感をプラスしているところがポイントです。同系色のフラットシューズを合わせて統一感のあるコーディネートに仕上げましょう。

シーン別・気温22度の服装【3】春のデートはナチュラルなワンピースで

レースワンピース

デートの日には、フェミニンな雰囲気を作れるワンピースをチョイスしましょう。レースワンピースはより華やかでかわいらしさを出せるので、彼との予定の日にぴったりです。最高気温22度の日にはライトアウターを羽織り、夏場は1枚で着こなすといいでしょう。

シーン別・気温22度の服装【4】秋のデートはプリーツスカートでかわいらしく

プリーツスカート

秋のデートには、プリーツスカートを使った大人かわいいスタイルがおすすめ。襟元に特徴のあるブラウスを合わせてフェミニンにまとめるといいでしょう。

また、足元はシルバーのフラットシューズをチョイスしてトレンド感をプラス。小物と色を合わせることで統一感のあるコーディネートに仕上がります。

シーン別・気温22度の服装【5】春の女子会にはシャツワンピースを取り入れて

シャツワンピース

ほどよい透け感が春らしいシアー素材のシャツワンピース。キャミソールとデニムというシンプルなコーディネートに羽織るだけで、一気に今っぽいコーディネートになります。

おしゃれさとトレンド感を上手に取り入れたスタイルなので、女子会にぴったり。足首を見せることで細見え効果もゲットできるでしょう。

シーン別・気温22度の服装【6】秋の女子会にはミリタリーシャツで大人カジュアルに

ミリタリーシャツ

秋の女子会には、ミリタリーシャツを取り入れた大人カジュアルスタイルがおすすめ。ミリタリーシャツは、単体だとかなりカジュアル寄りのアイテムですが、ブラックのワンピースと合わせることでガーリーさをプラスできます。足元はミュールをチョイスして大人っぽくまとめて。

シーン別・気温22度の服装【7】バーベキューはフレアブラウスで涼しげに

フレアブラウス

大人ガーリーな雰囲気を作ってくれるフレアブラウス。ブーツカットデニムと組み合わせることで、爽やかさを感じられるスタイルに仕上がるでしょう。

【アイテム別】気温22度の服装18選

アイテム別・気温22度の服装【1】ニットはラメ入りを選べばトレンドライクに

ラメ入りニット

シャイニーな質感が華やかさを加えてくれるラメニットカーディガン。羽織りとしてだけではなく、ボタンを留めてトップスとして活用するのもおすすめです。

淡いカラーのボトムスを合わせて軽やかなスタイル。足元にカーディガンと同系色のパンプスをチョイスすることで、コーデ全体が引き締まります。通勤スタイルにもいいでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【2】カーディガンとカラーパンツでカジュアルに

カーディガン

オーバーサイズめのカーディガンはパンツと合わせてカジュアルにまとめるのがポイント。カラーパンツをチョイスすることで、コーディネートにアクセントをプラスできます。インナーは半袖のTシャツがおすすめ。温度調節がしやすくなりますよ。

アイテム別・気温22度の服装【3】スカートを主役にするならカラースカートを

カラースカート

パッとコーディネート全体を華やかにしてくれるカラースカート。特に赤やオレンジ、パープルなどアクセントカラーのスカートが人気です。

気温22度の日であれば、長袖のブラウスと合わせるのがぴったり。カラースカート自体がインパクトのあるアイテムなので、他のアイテムはデザインやカラーを控えめにするのがポイントです。

アイテム別・気温22度の服装【4】パンツはブラウンコーデで旬な印象に

ブラウンのパンツ

ブラウンカラーは、大人っぽく落ち着いて見えるうえ、おしゃれな雰囲気を醸し出せます。また、フレアシルエットは今年らしさを出すのにぴったり。

そんなおしゃれで大人っぽい印象のパンツには、シアー素材のカラーシャツを合わせて爽やかさをプラス。重たくなりがちなコーディネートを明るくしてくれます。

アイテム別・気温22度の服装【5】ベーシックなデニムには袖コンシャストップスを

袖コンシャストップス

シンプルなデニムには、袖コンシャスのブラウスがぴったり。派手すぎずおしゃれな着こなしが叶います。キャンバス生地のバッグを合わせることで、トレンド感もプラスできるでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【6】シャツワンピースはデニムとレイヤードして

シャツワンピース

気温22度の時期は、シャツワンピースがぴったり。サラッと着られるコットン素材のものを選ぶことで、着心地を追求できます。シンプルなIラインのものであれば体のラインを拾わず、どんなアイテムとも合わせやすいので1枚持っておくと便利です。

デニムとのレイヤードでトレンド感も取り入れて。さらにカーディガンを掛けることでコーデを引き締められます。

アイテム別・気温22度の服装【7】ニットワンピースは小物使いで変化を付けて

ニットワンピース

1枚で様になるので、コーディネートを考える手間を省けるニットワンピース。持っておくと何かと重宝するアイテムです。気温22度の日であれば、薄手のニットワンピをチョイスするといいでしょう。

とはいえ、ニットワンピース1枚だとコーデがマンネリしてしまうこともありますよね。そんなときにおすすめなのが、小物でアクセントを加えること。秋口であれば、ショートブーツやファーアイテムを取り入れると季節感が出てよりおしゃれに着こなせます。

アイテム別・気温22度の服装【8】サロペット×ブラウスで大人かわいく

サロペット

大人かわいいコーデが叶うサロペット。気温22度ならインナーはブラウスを合わせましょう。黒×アースカラーの組み合わせなら、サロペットを子供っぽくならずに着こなせますよ。色味を抑えるのが、大人っぽく仕上げるポイントです。

アイテム別・気温22度の服装【9】最旬アウターならシャツジャケットを

シャツジャケット

トレンド感を出すなら、シャツジャケットがおすすめ。オーバーサイズなシャツジャケットをラフに着こなすと、今っぽく仕上がります。インナーに落ち着いた色味を使うなら、シャツジャケットは色のあるもので華やかにまとめて。

メンズライクなアイテムなので、スカートを合わせたりデコルテが見えるインナーを選んだりするのがおすすめ。どこかにフェミニンさを入れることでバランスのいいスタイルに仕上がります。

アイテム別・気温22度の服装【10】シャイニーなプリーツスカートで茶系コーデを印象的に

プリーツスカート

独特の光沢感でコーディネートを華やかに見せてくれるプリーツスカート。秋らしいブラウンでまとめたスタイルに、質感でアクセントを加えられます。

トップスも同系色のブラウスをチョイスして上品にまとめて。七分丈で薄手のブラウスであれば、22度の日にちょうどよく着られるでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【11】シンプルシャツにはニットベストをレイヤード

ニットベスト

シンプルな白シャツは、晴れた日なら一枚でも着られますが、くもりや雨の日には日差しが無い分、少し肌寒く感じることも。

そんなときにはニットベストをレイヤード。温度調節として最適なだけでなく、今っぽい着こなしになります。春なら、淡いカラー同士でまとめて軽やかな印象に。

アイテム別・気温22度の服装【12】レースタイトスカートでエレガントに

レースタイトスカート

繊細なレースがフェミニンな印象を作ってくれるレースタイトスカート。透け感のある裾が女っぷりを上げてくれるアイテムです。

黒であればシックさが加わるので、かわいくなりすぎずに大人な雰囲気にまとめられます。ホワイトのトップスとベージュのジャケットを合わせて王道の上品スタイルに仕上げてはいかがでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【13】花柄スカートで春気分に

花柄スカート

春らしさを感じられる花柄のプリーツスカート。落ち着いた色味なのでさまざまなアイテムとの相性が抜群です。シンプルなホワイトニットと合わせるだけで、春らしいコーディネートが完成します。足元はニットと同じ色味で揃えて統一感のあるコーデに仕上げましょう。

アイテム別・気温22度の服装【14】ニットはミントグリーンで旬な印象に

ミントグリーンのニット

明るくトレンド感をアップしてくれるカラーのひとつがミントグリーン。コーデに1点取り入れるだけでおしゃれに見えます。ニットトップスで取り入れると顔周りがパッと明るい印象になるのがポイント。ボトムスはブラックを合わせて大人っぽく引き締めましょう。

アイテム別・気温22度の服装【15】ボーダーカットソーでシンプルコーデに

ボーダーカットソー

定番のボーダーカットソー。ベーシックなアイテムなので、春にも秋にも活躍してくれる1枚です。

定番だからこそシルエットにこだわって選ぶのがおすすめ。フィットしすぎないけれど体のラインをほどよく拾うカットソーであれば、カジュアルになりすぎずに着こなせます。

シンプルなデニムを合わせたコーディネートでもさりげなくおしゃれな印象を作れるでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【16】ボウタイブラウスでパンツスタイルをレディライクに

ボウタイブラウス

オンオフ問わず使えるボウタイブラウス。フェミニンなアイテムともカジュアルなアイテムとも相性が抜群なところが魅力です。

クラシカルでエレガントな雰囲気があるので、デニムと合わせても大人かわいくまとまるところがポイント。白のボウタイブラウスであれば、シンプルなボトムスともカラーアイテムとも合うので着こなしの幅が広がるでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【17】ギャザーワンピースでロマンティックに

ギャザーワンピース

全体にレースとギャザーが入ったロマンティックなワンピースは、気温22度の日に1枚で着るのにぴったり。柔らかな質感が春らしさを演出してくれます。

甘さ控えめにするために、スニーカーを合わせてカジュアルダウンするのがおすすめ。よりコーディネートを引き締めたい場合は、小物に暗めの色味のものを持ってくるといいでしょう。

アイテム別・気温22度の服装【18】ビスチェ×タイトスカートのセットアップで旬コーデに

ビスチェ

スタイリングにアクセントを加えてくれるビスチェ。インナーとの合わせ方を変えるだけで雰囲気を変化させられるところがポイントです。

Tシャツとフレアスカートにビスチェをプラスするだけで全体がグンと華やかに。フェミニンなスタイルが完成します。