マジックテープとは?

スニーカーのマジックテープ部分

マジックテープの正式名称は「面ファスナー」といいます。日本では株式会社クラレの商標である「マジックテープ」の方がお馴染みの名称ですね。アメリカでは「Velcro(ベルクロ)」と呼ばれています。

マジックテープは、起毛した面同士を押し付けるとひっつくので、袋ものの蓋部分やカバンのポケット、スニーカーのベルト部分などに使用されています。

マジックテープは押し付けただけで何故ひっつくのでしょうか。マジックテープの面部分は2つの異なる形状になっていて、一つがフック状、もう一つがループ状になっています。ふわふわしたループ状の面に、チクチクしたフックが引っかかってひっつき、離れなくなるのが仕組みです。

マジックテープのループ面とフック面、上下をどっちにしたらいい?

マジックテープのループ面とフック面

マジックテープを取り付けるときに迷うのが、ループしている面とフックしている面を上下どちらに付けたらいいのか、ということです。

通常は、ふわふわしているループ面を下にして、チクチクしているフック面を上にするのが基本です。

ただし、例外もあります。キャップの後頭部にあるマジックテープは、髪や頭皮に触れる可能性のあるかぶせる方をふわふわしているループ面にしてあります。つまり、チクチクしているフック面をかぶせる方に使うと、肌に当たって痛かったり、髪と絡まる可能性があるからです。

ループ面とフック面のどちらの面を付けるかは、取り付けるアイテムに応じて変えて構いません。フック面は物に絡みやすいので、そういった面の特性を考慮して決めてください。

マジックテープの種類

コートのマジックテープ部分

マジックテープは取り付ける方法に応じて、いくつか種類があります。大きく分けると以下の3つです。

■裁縫で取り付けるタイプ
■アイロンで取り付けるタイプ
■粘着(両面テープ、接着剤)で取り付けるタイプ

それぞれのタイプで、取り付けるアイテムに向き不向きがありますので、それぞれの種類別に付け方と一緒にご紹介します。

マジックテープの種類【1】裁縫タイプ:手縫いはまつり縫いで、粘着タイプの縫い付けはNG

マジックテープをミシンで付ける様子

布製のものにマジックテープを付ける場合は、裁縫タイプがおすすめです。裁縫タイプはミシンで縫い付ける方法と手縫いする方法があります。マジックテープは固いので、手縫いするのは大変です。ミシンで縫い付ける方が簡単に付けられます。

■ミシンで付ける方法
①使いたい寸法をはかり、マジックテープを切ります。
②ミシンの針は固いものを縫う用の太い針をセットします。
③縫い付ける前にフック面の方は少し準備が必要です。切り取った方の端のフック部分を2列ほどはさみでカットします。反対側も同様に切りましょう。ミシンの針がフックに引っかかってうまく縫うことができないのを防ぐためです。
④マジックテープのまわりを四角く縫っていきます。

■手縫いで付ける方法
手縫いで縫う場合もミシンで縫う場合と同様に、マジックテープのまわりを四角く縫います。縫い方は、指ぬきやシンブルを使って針を押すようにしてまつり縫いで付けます。

■粘着タイプはNG
粘着タイプの粘着部分が弱まってくると、縫い付けて再利用したいと思いますよね。そうすると、針がベタベタになってしまいます。ですから、粘着タイプの縫い付けはおすすめしません。ちなみに、針のベタベタは市販のシール剥がしできれいになります。

マジックテープの種類【2】アイロンタイプ:手軽に付けられる反面、耐久性では劣る

アイロン

アイロンで付けるタイプは手軽に付けられて、縫い跡が残らないのが魅力です。マジックテープの裏側に熱が加わるとひっつく加工がしてあります。ポイントはアイロンの温度を中温に設定すること。高温すぎるとマジックテープが溶けてしまいます。

洗濯を重ねるものにアイロンで付けるタイプは不向きです。耐久性では裁縫タイプに劣るので、剥がれてくることも。再度アイロンを当てれば、またひっつく商品もあります。

マジックテープの種類【3】粘着タイプ:プラスチックや金属には両面テープや接着剤タイプを

マジックテープ

縫製できないプラスチックや金属にマジックテープを付けたい場合は、裏面が両面テープになっていたり、接着剤が付いている粘着タイプがおすすめです。

両面テープには超強力な粘着タイプもあるので、部屋のインテリアなどに色々な使い道がありそうです。

粘着タイプは布には接着しないので向いていません。布には裁縫タイプやアイロンタイプを選びましょう。

【応用編】マジックテープの付け方をご紹介!

マジックテープの応用編【1】赤ちゃんのスタイやお人形のワンピースの合わせ部分への付け方は裁縫タイプを

スタイ

ママになると、赤ちゃんの洋服類や小物をハンドメイドする場合がありますよね。例えばお食事タイムに欠かせないのがスタイ(よだれかけ)。首の後ろ側の合わさる部分にマジックテープが使えます。

お人形のワンピースなどの洋服の背中側の合わせ部分にもマジックテープがぴったり。どちらにしても、洗濯を重ねるアイテムなので裁縫タイプが向いています。

マジックテープの応用編【2】フェルト素材への付け方はミシンや接着剤タイプを

フェルトを使ったハンドメイド

ハンドメイドをしていて、フェルト素材にマジックテープを付けるケースも出てくると思います。その場合はミシンや接着剤タイプがおすすめです。

手縫いはマジックテープの厚みとフェルトの厚みでかなり縫うのが大変なので、あまりおすすめできません。フェルトは起毛しているので、アイロンタイプや両面テープタイプはうまく接着しない可能性があります。

マジックテープ長持ちさせる裏技

マジックテープ 原因

靴や鞄のマジックテープがくっ付かなくて困ったことはありませんか?
マジックテープの粘着力を復活させる裏技をご紹介します。

くっ付かなくなったマジックテープの原因としてあげられるのは
「ゴミが絡まっている」

粘着力が弱まる1番の原因がゴミです。
使っていくうちにゴミが絡まってしまうのはよくあることですよね。
その原因が洗濯と静電気です。
マジックテープは絡みやすい特性をしているので、洗濯を重ねるうちにゴミが絡まってしまいます。
また、マジックテープは貼ったり剥がしたりするたびに静電気が起こっています。
この静電気が、ゴミやほこりを吸い寄せてしまうんです。
こういった小さな原因を積み重ねてしまうことで、マジックテープの粘着力が弱まります。

ゴミだらけのマジックテープをご家庭にある道具をつかって簡単に復活させる方法を紹介していきます。

【1】ガムテープ
ゴミやほこりがくっ付いているなら、ガムテープでペタペタ取り除いてみてください。
よくあるガムテープを指に巻き付けるだけなので、手っ取り早く対応できます。

【2】コロコロ
広い面のマジックテープを復活させるならコロコロがとても便利です。
コロコロ転がすだけなので、子どもでもできますね。
小さなマジックテープを復活させるには、コロコロではやや大きいので、応用が効くガムテープの方が最適です。

【3】歯ブラシ
ゴワゴワしたほこりが絡まっているなら、使い古しの歯ブラシで表面をこすってみましょう。
とくにほこりが溜まったモヘア状のフック面には歯ブラシがぴったりです。
コロコロを使っても細かいゴミが残るときには、仕上げとして歯ブラシを使うとおすすめです。

【4】つまようじ
出先などでマジックテープのゴミが気になったときには、コンビニ弁当などについてくるつまようじも活用できます。
つまようじなら奥に入ったゴミも簡単にすくい上げることができるので、指でつまめないときに便利です。

弱まったマジックテープを見たら「ゴミだらけだった!」という人はこんな方法をつかってマジックテープを復活させてみてはいかがですか?
ゴミさえ取ってしまえば一時的にでも粘着力が復活するので、すぐにでもお試しください。