出産後の退院時のママの服装選びのポイント

無事に赤ちゃんを出産して退院となった時に困るのが、ママが着る服装ではないでしょうか。入院時にはマタニティを着ているので、出産を終えてお腹に赤ちゃんがいない体になると、どんな服装を着ていいのかわからなくなります。

ただ、妊娠を終えてすぐの体は、まだ妊娠前の状態に戻ってはいません。そんな体には締め付けないゆったりした服装が必要です。

まずは、出産後退院時のママが服装を選ぶうえでのポイントをご紹介します。

■体を締め付けないものを
出産後の体は疲れているので、できるだけリラックスできる服が最適です。アイテムとしてはゆったりしたデザインのワンピースやトップスを選びましょう。

■肌触りのいいものを
出産後の肌はとても敏感になっています。肌触りの良い着心地のいいものを選ぶのもポイントです。

■入院時の服装でもOK
体型も妊娠前の状態にはまだ戻っていません。ですから入院時に着ていたマタニティでもOKな場合がほとんどです。入院時のマタニティを産後にも対応するものを選ぶと、荷物も少なくなるのでおすすめです。

■授乳できるアイテムを選んで
当然赤ちゃんに授乳しなくてはいけないので、トップスは前開きのできるアイテムや、授乳口が付いたものを選びましょう。

■靴は大きめのスニーカーがおすすめ
出産後の足はむくんでいるので、妊娠前に履いていた靴は入りにくい状態です。さらに、ヒールのある靴だと安定感がないので、赤ちゃんを抱っこした体には危険です。大きめのサイズのスニーカーを用意しておくといいでしょう。

【ママにおすすめ】出産後退院時の服装9選

まずは、ママにおすすめの退院時の服装をご紹介します。

出産後退院時のママにおすすめの服装【1】退院時に記念写真を撮る場合は、きれいめの授乳口が付いたワンピースを

ワンピース

出産後の退院時には、記念の写真撮影をするご家庭も多いでしょう。写真にとられることを考えると、あまりだらしない服装は避けておきたいですよね。おすすめなのは、ゆったりデザインできれいめなワンピースです。とろみ素材のものなら、柔らかな肌当たりで着心地もばっちり。ウエスト周りにリボンのついたデザインであれば、シンプル過ぎず様になります。

授乳口も付いているきれいめワンピースは、産後の色々なイベントで活躍してくれるので、1枚持っておくと便利です。

出産後退院時のママにおすすめの服装【2】カジュアルスタイルにぴったりのカシュクールトップス

ボーダートップス

退院時にもおしゃれなコーディネートを楽しみたい方には、カシュクールデザインがおすすめです。こなれ感が出るうえ授乳しやすさも兼ね備えているので、退院時の服装にぴったり。カジュアルスタイルをおしゃれに格上げするボーダートップスをパンツと合わせて着こなしてみてはいかがでしょう。

出産後退院時のママにおすすめの服装【3】ニットはチクチクしないオーガニックコットンを

ニット

秋や冬の時期の退院の場合は、あたたかいニットがおすすめです。オーガニックコットンのニットなら、チクチクしなくて肌触りが気持ちいいのが嬉しいポイント。産後のママにとっては、お腹やお尻を隠してくれる着丈のものが嬉しいですよね。

授乳ケープとして使えるデザインは、大きく開くので授乳もスムーズにできます。

出産後退院時のママにおすすめの服装【4】トップスに合わせるパンツは今どきテーパード

テーパードパンツ

おしゃれなトップスにはデザイン的にも様になるパンツを合わせたくなりますよね。トレンド感のあるテーパードデザインのパンツなら、どんなトップスに合わせても産後とは思えないおしゃれ見えが叶います。

産前・産後どちらにも対応しているアイテムを持っておくことで、出産後もしばらく使い続けられるでしょう。

出産後退院時のママにおすすめの服装【5】秋の肌寒い時期から着たいコートはおんぶや抱っこができるママコートを

ママコート

退院時が肌寒い時期なら、冷たい風から赤ちゃんやママの体を守ってくれるコートがあると安心です。おんぶや抱っこができるママコートなら、赤ちゃんを安心して抱っこできます。

ダークグレーのママコートは黒ほどモードになり過ぎないニュアンスカラーでおしゃれ見えも叶います。

出産後退院時のママにおすすめの服装【6】冬はママも赤ちゃんも暖かいダウンコートがマストアイテム

ダウンコート

寒い冬はママや赤ちゃんを温めてくれるダウンコートがマストアイテムです。ダッカー付きの赤ちゃんもカバーできるママ専用のコートは、着ぶくれせずに赤ちゃんを抱っこすることができます。真冬に退院する時には、そんなダウンコートがあれば役立ちます。

出産後退院時のママにおすすめの服装【7】春は授乳しやすくて羽織りにも使えるシャツワンピが便利

シャツワンピ

春にぴったりなのが、ライトな生地感のシャツワンピ。フロントが開くので授乳がしやすく、肌寒い気温なら羽織りとしても使えるので便利です。伸縮性のある生地のものを選べば、着心地も着痩せ効果も抜群。スリットが入っているので、抜け感が出ます。

出産後退院時のママにおすすめの服装【8】夏はキャミワンピで軽やかに

キャミワンピ

季節感があり、かつ体型カバーも上手にしてくれるキャミワンピースは、気温が高くなる季節にぴったりのアイテム。爽やかな色味のものを選べば、より軽やかなコーディネートに仕上がります。

出産後退院時のママにおすすめの服装【9】入院時に愛用していたレギンスが使える

レギンス

お腹が大きい時期や入院時にはいていたレギンスがあれば、退院時のお腹がまだゆるんだ状態のママにも使えます。ワンピースやチュニックに合わせたり、着丈の長いトップスにも合わせたりできる万能ボトム。寒い時期の重ね着にも使えるので、退院するときの服装選びにも役立ちます。

【パパにおすすめ】出産後退院時の服装5選

次に、パパの服装選びについて紹介します。

出産後退院時のパパの服装【1】ジャケットできれいめカジュアルに

ジャケット

退院の際に記念撮影をすることを考えると、パパもきちんと感を意識したいところ。お宮参りのときのようにスーツを着る必要はありませんが、ジャケットを羽織ってきれいめカジュアルに仕上げるのがいいでしょう。

ジャケパンスタイルであれば、きちんと感が出ておしゃれにまとまります。インナーにTシャツをチョイスし、ほんのりカジュアルさも入れるのがおすすめです。

出産後退院時のパパの服装【2】春は白T×ニットベストで軽やかに

ニットベスト

春らしい軽やかさを出すなら、白Tにニットベストを合わせたスタイルがぴったり。モノトーンでまとめることで、シックで大人っぽい雰囲気になるので、記念撮影にも問題なく対応できるでしょう。

出産後退院時のパパの服装【3】夏は襟付きシャツで爽やかに

襟付きシャツ

ジャケットを着るのが暑い夏は、無理に羽織る必要はありません。その場合、襟付きシャツできちんと感を演出しましょう。ホワイトのシャツは夏らしい爽やかさを出せるのでおすすめ。足元は同じくホワイトのスニーカーでまとめて統一感を出すといいでしょう。

出産後退院時のパパの服装【4】秋はニットカーディガンでシンプルに

ニットカーディガン

肌寒く感じる季節には、ニットカーディガンを使ったスタイルがおすすめ。リラックスできるスタイルながらだらしなく見えないので、退院時のコーディネートにぴったりです。色味は落ち着いたものを選ぶといいでしょう。

出産後退院時のパパの服装【5】冬はアウターにも気を配って

アウター

退院時は、病院の玄関や自宅の門の前で記念写真を撮ることもあります。冬はアウターも気を抜かず、きちんと感をキープできるものを選びましょう。ほどよく長さのあるコートは、カジュアルすぎず退院時のスタイルにマッチします。

【赤ちゃんにおすすめ】出産後退院時の服装5選

続いては、赤ちゃんにおすすめの退院時の服装をご紹介します。

出産後退院時の赤ちゃんの服装【1】定番はセレモニードレス

セレモニードレス

出産後退院時の服装でよく選ばれるのがセレモニードレス。お宮参りやお食い初めなどのイベント時にも着られます。華やかでお祝いの雰囲気を演出できるのがいいですね。

ただし、吐き戻しなどですぐに汚れてしまいがちなので、記念撮影を予定している場合は、できるだけぎりぎりまで他の服を着せておくと、きれいなまま記念撮影に臨めますよ。

男の子の場合は、あまりレースやフリルが付いていない、男の子用のジャケット仕様のセレモニードレスもありますので、そういったものを選ぶといいですね。

出産後退院時の赤ちゃんの服装【2】かわいいロンパースや2wayオールを着せるのもOK

ロンパース

おくるみを使う場合は、セレモニードレスを着せてもあまりよく分からなくなってしまいます。お宮参りやお食い初めのためにセレモニードレスをきれいな状態に保っておきたい場合は、普段も着られるロンパースや2Wayオールを選ぶといいでしょう。

出産後退院時の赤ちゃんの服装【3】パステルカラーのロンパースでキュートに

小物つきロンパース

セレモニードレスを使わない場合は、ロンパースの中でもちょっと特別感のあるものを選びたいもの。ロンパースにヘアバンドがついたものをチョイスすることで、赤ちゃんのかわいらしさがより引き立ちます。小物でキュートさをプラスするのがおすすめです。

出産後退院時の赤ちゃんの服装【4】夏は半袖ロンパースで涼しく

半袖ロンパース

まだ体温調節が上手にできない新生児。夏は無理にセレモニードレスは着せずに、半袖のロンパースなど涼しく着られるものを選んであげましょう。

出産後退院時の赤ちゃんの服装【5】冬は厚手のロンパースでぬくぬく

冬用ロンパース

冬に退院するなら、寒さ対策が必要。もこもことしたロンパースなら、ふんわり感が赤ちゃんのかわいらしさにマッチして、よりかわいく見えますよ。着ぐるみをモチーフにしたロンパースなら、よりキュートさがアップします。

赤ちゃんにおすすめのドレス・セレモニーセット5選

最後に、赤ちゃんにおすすめのドレス・セレモニーセットをご紹介します。

赤ちゃんの退院時におすすめのドレス・セレモニーセット【1】Baby Net Shop ベビードレスセット

ベビードレスセット

日本製のアイテムを取り扱うBaby Net Shopのベビードレスセットは、秋冬向けのアイテム。刺繍入りオーガンジーの付いたベロアジャガードのベビードレスで、帽子と2点セットになっています。上品で高級感があるので、退院という特別な1日にぴったりです。

赤ちゃんの退院時におすすめのドレス・セレモニーセット【2】MIKI HOUSE(ミキハウス) ベスト&蝶ネクタイ付きツーウェイオールセット

ツーウェイオールセット

出産祝いのプレゼントとして選ばれることも多い、MIKI HOUSE(ミキハウス)。セレモニードレスのセットも種類が豊富です。

男の子にはレース使いがされたセレモニードレスは抵抗がある、という場合はタキシード風のデザインになった2wayオールを。帽子も細いサテンリボンがトリミングされたごくシンプルなデザインです。

付属の蝶ネクタイは取り外しできるので、退院後のちょっとしたおでかけでシンプルに着ることもできます。

赤ちゃんの退院時におすすめのドレス・セレモニーセット【3】Hoppetta(ホッペッタ) セレモニードレス4点セット

セレモニードレス4点セット

オーガニックコットンなど肌触りの良さにもこだわっているHoppetta(ホッペッタ)。ナチュラルな風合いやカラーのものが中心で、人気が高い北欧風のデザインも多く見つけられます。

セレモニードレスはシンプルな白の2wayオールと帽子の他、ネクタイ・エプロンがセットになっています。それぞれ別々で使えるので、退院のときは全て着せてあげて、他のおでかけのときは2wayオールにネクタイを付けるだけにしたり、エプロンを他のロンパースの上にプラスしたり、と様々なコーデが楽しめます。

セレモニードレスとしてはめずらしい、オフホワイトの優しく柔らかな雰囲気も素敵。

赤ちゃんの退院時におすすめのドレス・セレモニーセット【4】SOULEIADO(ソレイアード) 2wayドレス

2ウェイドレス

南仏プロヴァンスのデザインで、ベビー服だけでなくレディースウェアも展開している「SOULEIADO(ソレイアード)」。

退院時以外のお出かけでも使えるものが欲しい場合にぴったりなのが、白の2wayドレスです。胸元に野の花がモチーフになったテキスタイルが使われている以外はシンプルなデザインですが、襟にさりげなくレースが施されていたり、切り替えに小さなリボンが付いていたりとディテールにこだわって作られています。

赤ちゃんの退院時におすすめのドレス・セレモニーセット【5】Sweet Mommy(スウィートマミー) 2way袴ロンパース

袴ロンパース

ベビー服だけでなく、マタニティウェアや授乳服でも人気の「Sweet Mommy(スウィートマミー) 」。

お食い初めやお宮参りなど他のイベントでも活躍してくれるのが、袴風のロンパース。様々な色や柄が豊富に揃っているので、女の子用も男の子用も気に入るものがきっと見つかるはず。オーガニックコットンで肌触りが良いのも、生まれ立ての赤ちゃんには安心です。

出産で入院するときの服装はどうする?

はじめて出産する場合、どのような手順を踏むかわからないという方が多いでしょう。突然入院が必要になるケースも多いので、事前に準備をしておく必要があります。持っていくアイテムだけではなく、着ていく服装も迷ってしまいますよね。

では、入院する際にはどのような服装をするのがいいのでしょうか。

病院に行くと着替えるので、行く時は楽なスタイルでOK

出産の際、病院に着いたら前開きタイプのパジャマかお産用の服に着替えることになるため、向かうときの服装にルールはありません。陣痛が始まって病院へ向かう際には、楽なスタイルで行ってOKです。

1枚で着られるTシャツワンピースや、前開きで着替えやすいシャツワンピースなど、締め付けのない楽な格好をチョイスすると、動きやすく病院についてからも煩わしくないので安心です。

余裕がなければパジャマでもOK!寒い季節は羽織りものを

陣痛がきてから着替えるのはむずかしいという方もいるでしょう。痛みで余裕がない場合は、パジャマで病院に向かっても問題ありません。

ただし、寒い季節はパジャマの上から何か羽織りものを着て向かうのがおすすめ。肌寒い時期はガウン、冷え込む時期はコートなど、気温に合わせて選ぶようにしましょう。

余裕がある場合は着替えやすい洋服に着替えておこう

陣痛がきて入院する病院へ向かう前に、身体的・気持ち的に余裕がある場合は、着脱しやすい洋服に着替えておくといいでしょう。

もちろん着替えていかなくてもOKですが、病院についたあとに着替えが楽になるので、家から楽な格好で向かえるとなおよしです。

出産で入院中のときに必要な服を選ぶポイント

では続いては、出産で入院するときの服を選ぶポイントをご紹介します。

ポイント【1】授乳&脱ぎしやすい前開きの洋服を選ぶ

出産後には、授乳のしやすさも考えて服装選びをする必要があります。前開きであれば授乳はできますが、授乳口がある洋服であればより授乳しやすく入院期間を過ごせるでしょう。

また、出産前後は診察などで脱ぎ着をすることが多いので、着脱しやすい前開きの洋服を選ぶのがポイントです。

ポイント【2】締め付けがなく、着心地のいいものを選ぶ

入院中はどれだけ快適に過ごせるかが大切。締め付けがあると窮屈に感じ、リラックスして過ごせなくなってしまいます。

そのため、締め付けがないかどうかは服装選びをするうえで重要なポイントになるといえます。出産前後のデリケートな時期を落ち着いて過ごせるよう、着心地がいいものをチョイスしましょう。

出産で入院するときに用意しておきたいアイテム

続いて、出産で入院するときに用意しておきたいアイテムをご紹介します。

【1】授乳&脱ぎしやすいマタニティパジャマか前開きできる洋服

マタニティパジャマ

出産で入院する際には、マタニティパジャマか前開きができる洋服は必要不可欠。授乳しやすく脱ぎ着しやすいアイテムを選ぶようにしましょう。

選ぶ際には、リラックスできることはもちろん、着ていて気分があがるデザインのものを選ぶのがおすすめ。かわいらしいパジャマや洋服を選ぶことで、出産前後の不安やマタニティブルーを吹き飛ばしてくれるかも。

ワンピースタイプであれば、産前はお腹が大きくても締め付けがなく、産後は気になるボディラインを上手にカバーしてくれるのでストレスなく着用できます。

また、肌に触れるものであるため、肌触りのよさにもこだわるといいでしょう。

【2】産褥ショーツ

産褥ショーツ

産後にはじまる悪露の手当てに使う産褥ショーツ。産後の時期にしか使わないので、なかなか馴染みがないという方が多いのではないでしょうか。

産褥ショーツも、マタニティパジャマと同じく入院時の必需品。クロッチ部分から腰まで防水加工がしっかりついている産褥ショーツを選ぶことで、就寝時も安心して過ごすことが可能です。

【3】さっと羽織れるカーディガン

カーディガン

夏場は涼しいマタニティパジャマを、反対に冬場は暖かい素材のマタニティパジャマを選んで持っていく方が多いでしょう。とはいえ、病院の中は年間通して心地よく過ごせるように整えられています。

季節に関わらず、部屋の温度が自分に適しているかは入院してみないことにはわかりません。持っていったマタニティパジャマでは、暑さや寒さを感じる可能性があります。

そのため、さっと羽織れるカーディガンを準備しておくと安心。サラッとした肌触りのものであれば、ストレスを感じず羽織れます。寒さ対策のためにマタニティパジャマとあわせて持っていくことをおすすめします。

その他出産の入院時に気をつけておきたいこと

最後に、出産で入院する際に気をつけておくべきことをご紹介します。

メイクやネイルは落としておくことがベター

「出産時にボロボロになってしまうとわかっていても、できるだけ綺麗な姿でいたい」「出産直後に我が子と写真を撮りたいから、かわいい状態に整えておきたい」と考える方は多いでしょう。

とはいえ、出産時はものすごい量の汗をかきます。メイクをしていても結局は落ちてしまうことがほとんど。また、出産までに時間がかかり、長時間メイクをしていることによって肌荒れしてしまうこともあります。

もしもすっぴんでいることに抵抗がある、どうしても気になるという方は、まつげエクステをしたり眉毛だけを描いておいたりするだけで、すっぴん感を解消できるでしょう。

また、ネイルは入院前に余裕を持って落としておきましょう。

出産する際は、指先に医療器具をつけたり爪の色を見たりと、健康状態を判断する指標として爪先を見ることがあります。そのため、ネイルをつけていると爪先で判断できないため、病院から外してほしいといわれることが多いのです。

ジェルネイルの場合など、特別な道具がないと落とせないケースもあるので、入院前にネイルは落としておくようにしておきましょう。

コンタクトの人はメガネに変えておくことがベター

視力が悪い方は、出産時にコンタクトレンズをしておくべきかどうか迷っているのではないでしょうか。

出産時にコンタクトレンズをしてはいけないという決まりはありません。つまり、コンタクトをしたまま出産に臨んでも問題ないということです。しかし、大量の汗をかいたり痛みに耐えたりする中で外れてしまう可能性があるため、可能であればメガネに変えておいた方がベター。

したままでも問題ないとお伝えしたものの、中には、コンタクトレンズは紛失しやすいため禁止としている病院もあるため、事前の確認はお忘れなく。

コンタクトがもし出産中に外れてしまった場合、産後ボヤけたまま我が子の顔を見ることになってしまいます。事前にメガネに変えておけば、目の渇きを気にすることなく出産に集中できるうえ、産後もしっかりとお子さんの顔を見られるでしょう。