フーディとは?

フーディーとは、襟の後ろにフードがついたトップスのことを指します。パーカーとして認識されていたものと同じ形と認識していいでしょう。ここ最近、フーディーという呼称が定着してきています。

フーディーの特徴

フーディーは、基本的に厚手の生地で作られていることが特徴。アウターを着るほどでもないけれど、少し肌寒いという時期に活躍してくれるトップスです。

フーディとパーカーの違い

先ほど、フーディーとパーカーは同じものを指しているとお伝えしました。

ただし、日本での認識はそのようになっていますが、海外ではフーディーとパーカーには違いが存在します。

フーディーはフーデッドスウェットシャツのことを指し、パーカーはフード付きアウターのことを指しています。つまり、私たちが元々パーカーと呼んできたものが海外でいう正式な「フーディー」だったというわけです。

フーディを着こなすポイント

 

View this post on Instagram

 

todayful officialさん(@todayful_official)がシェアした投稿 -

カジュアルアイテムであるフーディーを着こなすにはいくつかポイントがあります。コーディネートの組み方を間違えてしまうと、部屋着に見えたり子どもっぽく見えたりしてしまいます。

コツを押さえ、おしゃれに活用しましょう。

ポイント①|きれいめアイテムと組み合わせる

フーディーをおしゃれに着こなすには、カジュアルに寄せすぎないことがコツ。

カジュアルなアイテムだけでまとめてもかわいらしく見えることもありますが、基本的にはきれいめアイテムと組み合わせるのがおすすめです。

ポイント②|丈感に気をつける

フーディーを上手に着こなすには、丈感も大切です。丈が長すぎるフーディーはだらしないように見えてしまう可能性があるため、自分に合うサイズ感を見つけましょう。

ポイント③|ボリューム感のバランスを取る

トップスとボトムスのバランス感も重要です。ビッグシルエットのフーディーをメインにするのであれば、ボトムスはタイトなパンツやスカートを持ってくるなど、ボリューム感にも気を配ってコーディネートを組んでみましょう。

ボリュームがあるもの同士を組み合わせると、締まりのないスタイルになってしまうので注意が必要です。

フーディーのおすすめコーデをご紹介!

フーディーのおすすめコーデ【1】フーディーといえばグレー。ロゴ入りも女っぽく着こなして

 

View this post on Instagram

 

Azusa Takazonoさん(@azusa_takazono)がシェアした投稿 -

フーディーといえばカラーはグレー。他のカラーに比べてカジュアルテイストが強く、ストリートなスタイリングにしたい時や、エレガントなアイテムをカジュアルダウンさせたい時などに適役です。

グレーフーディーの中でもボーイズカジュアルな雰囲気のロゴ入りタイプは、デニムやスニーカーを合わせるコーデも素敵ですが、大人女子におすすめなのは足元にパンプスを合わせるコーデ。

ボトムのゆったりシルエットのコーデュロイパンツやイヤリング、メイクを使って女っぽさを滲ませる演出が◎。

フーディーのおすすめコーデ【2】海外スナップのビッグシルエットの着こなしをお手本に

 

View this post on Instagram

 

Style Sight WorldWideさん(@stylesightworldwide)がシェアした投稿 -

ストリートが海外のファッションアディクトたちのコーデの定番スタイルになった今、フーディーは彼女たちのワードローブの基本アイテム。フーディーを使ったコーデは、海外スナップも参考になります。

トレンドのビッグシルエットのフーディーを、オーバーサイズのコートのインに合わせたコーデ。ボトムはタイト&ブラックでバランス良く。腰に巻いた赤のチェックストールをアクセントに使ってこなれ感も。

ロゴ入りスウェットをあえて大人っぽいアウターに合わせるのが、大人女子的なコーデのポイントです。

フーディーのおすすめコーデ【3】ハンサムアウターとカジュアルコーデのつなぎ役に

 

View this post on Instagram

 

Nagi◡̈*さん(@nagina001)がシェアした投稿 -

メンズライクなハンサムな印象のチェスターコートを、カジュアルなデニムコーデに羽織ったコーデ。ロゴTシャツとコートの間に、グレーフーディーを防寒に加えて、スタイリングのつなぎ役のような役割で使っています。

レオパード柄の巾着バッグの小物使いも、大人女子らしいアクセントになって効いています。

フーディーのおすすめコーデ【4】フェイクファーコートのカジュアルダウンに

 

View this post on Instagram

 

Ungrid official instagram.さん(@ungrid_official)がシェアした投稿 -

フェミニンなスカートやきれいめなパンツに合わせれば、エレガントな着こなしになるフェイクファーコート。でも、フェイクファーコートのようなアイテムをカジュアルに仕上げるのが今の気分。

そんなコーデに使えるのがグレーのフーディー。主張の強いフェイクファーコートも一気にカジュアルコーデに馴染ませてくれます。フェイクファーコートをデイリーコーデに取り入れる際におすすめのアイテムです。

フーディーのおすすめコーデ【5】上質な黒フーディーはキレカジなパンツコーデに

黒フーディー

上質なフーディーニットは真冬にも使えて、大人カジュアルな着こなしにぴったり。そんな着こなしには、黒色の大人っぽさが上質感を際立たせて最適です。デニムパンツを合わせたり、同色の黒パンプスを合わせたりといったシンプルなスタイリングも◎。

フーディーのおすすめコーデ【6】モードな黒フーディーはスカートコーデとも相性◎

黒フーディー

モードな印象の黒フーディーは、オールブラックのスカートコーデにもマッチ。カジュアルアイテムと相性のいい黒ストレートスカートが黒フーディーと馴染んでいます。

スニーカーでカジュアルテイストを加えることもポイント。コーデをモードに傾け過ぎないのが今の気分です。

フーディーのおすすめコーデ【7】オフホワイトのフーディーはで軽やかなスタイルに

オフホワイトフーディー

オフホワイトのフーディーは、コーディネートに軽やかさをプラスするときにぴったり。デニムと合わせてカジュアルにまとめるのがおすすめです。

足元はスニーカーではなくフラットシューズを合わせることで、女性らしさも忘れないスタイルに仕上がります。

フーディーのおすすめコーデ【8】ネイビーフーディーはカジュアルとフェミニンのバランスを楽しんで

 

View this post on Instagram

 

PLST(プラステ)さん(@plst_official)がシェアした投稿 -

ネイビーのフーディーは色が印象付けるきちんと感のおかげで、タイトスカートを使ったフェミニンなコーデにも相性◎。ライトダウンのベストやスニーカーといったカジュアルアイテムをプラスして、カジュアルテイストを強めにするのが今どきコーデのポイントです。

ノーカラーのライトコートはフーディーに合わせやすくきれいめなコーデに仕上がるので、キレカジ派の方におすすめのコーディネートです。

フーディーのおすすめコーデ【9】1枚で様になるブラウンフーディーは黒ボトムに合わせてシンプルに

 

View this post on Instagram

 

Ungrid official instagram.さん(@ungrid_official)がシェアした投稿 -

デザインが効いたブラウンフーディーを、シンプルな黒スキニーに合わせたコーデ。季節の変わり目の時期に、1枚で様になるフーディーがあると重宝します。

トレンドのワイドシルエットで絶妙な着丈のフーディーは、少しくすんだブラウンカラーも今の気分にぴったり。1枚で着ても子どもっぽさを感じさせない色みの大人っぽさも◎。

フーディーのおすすめコーデ【10】鮮やかなフーディーは他を統一してまとめて

鮮やかカラーのフーディー

鮮やかなニットフーディーをメインにしたコーディネート。ボトムス・シューズをブラックで統一することで、フーディーが主役のパッと目を引くスタイルが完成します。

テイスト別にフーディーのおすすめコーデをご紹介!

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【1】レザースカートで洗練された雰囲気に

 

この投稿をInstagramで見る

 

????????????????(@yoko178love)がシェアした投稿 -

フーディーはカジュアルなイメージが強いアイテムですが、コーデ次第ではきれいめにも着られます。きれいめコーデにフーディーを使う場合は、合わせるアイテムや配色を工夫してみましょう。

ベーシックなベージュのフーディー×黒のレザースカートのコーデは、洗練された雰囲気。パイソン柄のスリッポンなどハードなアイテムをコーディネートすると、モダンに仕上がります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【2】ピンクのフーディーとスカートで大人可愛く

 

この投稿をInstagramで見る

 

オブレクト(@oblekt_jp)がシェアした投稿 -

フーディーをきれいめに着こなしたい時には、あまりたくさん色を使わないのがポイント。ピンクのフーディーと同系色のスカートを使ったコーデは、甘めなイメージを与えます。

大人っぽく仕上げたいなら、トレンチコートなどのアウターを羽織るのが良いでしょう。フーディーやスカートと馴染む色を選べば、コーデがまとまります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【3】スリット入りのタイトスカートで女っぽく

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oggi編集部(@oggi_mag)がシェアした投稿 -

フーディーはジェンダーレスでコーデに取り入れられるアイテム。女性らしさをプラスしたいなら、スリット入りのタイトスカートをコーディネートしてみましょう。

タイトスカートでボディラインを出したり、さりげなく脚を見せたりすると、女性ならではの着こなしを楽しめます。また、タイトスカートを使ったコーデは、着痩せ効果を狙えるのも嬉しいポイント。

ゆったりとしたシルエットのフーディーを合わせても、スタイルがよく見えます。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【4】白×ブルーでさわやかに

 

この投稿をInstagramで見る

 

any FAM(@anyfam_official)がシェアした投稿 -

白のフーディーとブルーのスカートを組み合わせたコーデは、さわやかなイメージ。上品なプリーツスカートを穿けば、フーディーのカジュアルなイメージを適度に和らげられます。

靴は、バレエシューズやパンプスなどがおすすめ。きちんと感がアップして、きれいめのコーデができあがります。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【5】フーディーポンチョでエレガントに

 

この投稿をInstagramで見る

 

chika 本郷智香子(@chikako.hongo)がシェアした投稿 -

周りの人と差をつけたい人からはフーディーポンチョも人気。フーディーポンチョはエレガントな雰囲気で、きれいめコーデを作りやすいです。また、ポンチョタイプならボディラインがでないため、気になる体型もカバーできます。

グレーやベージュなどのベーシックなカラーのフーディーポンチョと明るい色のパンツのコーデは、都会的な印象。トライアングルバッグなどのアイテムを足すと、さらに個性を引き出せるでしょう。

<きれいめ>フーディーのおすすめコーデ【6】センタープレスパンツと合わせて上品さをプラス

アイボリーフーディー

フーディーとセンタープレスパンツを合わせたコーディネート。カジュアルさがありながらパンツや小物で上品さや女性らしさを加えているので、絶妙なバランスのスタイルが叶います。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【7】プリーツスカートで「いい子風」に

オフホワイトフーディー

オフホワイトのフーディーにイエローチェックのプリーツスカートを合わせたコーディネート。ほどよく広がるシルエットのプリーツスカートは、上品かついい子風のスタイルに仕上がります。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【8】ドッキングワンピできれいめにまとめて

ドッキングワンピ

異素材を組み合わせることできれいめにまとめたドッキングフーディーワンピース。ウエストに絞りがついているので、スタイルアップ効果も兼ね備えています。ワンカラーで、シンプルかつ大人かわいく仕上がります。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【9】レイヤードでおしゃれ上級者スタイル

バックスリットフーディー

バックスタイルが印象的なフーディーとニットワンピースをレイヤードして、おしゃれ上級者スタイルに。スリットはファスナーで開け閉めできるので、加減を調節し、バックスタイルを上手に活用したファッションにチャレンジするのがおすすめです。

<きれいめ>>フーディーのおすすめコーデ【10】柄スカートと合わせてガーリーに

ドロストパーカー

シンプルなフーディーと柄スカートを合わせたきれいめガーリーコーディネート。絶妙な丈感なので、スカートともパンツとも合わせやすいところが魅力です。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【1】ショートフーディー×スウェットパンツでストリート風に

 

この投稿をInstagramで見る

 

STYLENANDA JAPAN(@stylenanda_japan)がシェアした投稿 -

フーディーはカジュアルコーデの定番アイテム。さまざまなコーデに取り入れて、おしゃれを楽しみましょう。

ショートフーディー×スウェットパンツのコーデは、スポーティーなイメージ。トレンドのストリート風の着こなしに仕上がります。服に合わせて、小物もニット帽やボディバッグなどカジュアルなものを使うと、統一感が出ます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【2】ベージュのニットフーディーでリラックス感を演出

 

この投稿をInstagramで見る

 

GALLARDAGALANTE NAVY(@gallardagalante_navy)がシェアした投稿 -

ベージュのニットフーディーを使ったコーデは、リラックス感が魅力。ニットは肌触りや着心地が良く、ストレスフリーでおしゃれを楽しめます。

オーバーサイズのフーディーを着ると、さらに抜け感を出せるでしょう。ボトムスには同系色のワイドパンツを選んで、欲張りすぎないコーデを作りましょう。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【3】パステルカラーのフーディーで大人カジュアル

 

この投稿をInstagramで見る

 

韓国ソニョナラ ᴊᴀᴘᴀɴ ᴏғғɪᴄɪᴀʟ(@sonyunara_jp)がシェアした投稿 -

白や黒、ベージュ、グレーなど定番カラーのフーディーも人気ですが、パステルカラーのフーディーもおしゃれ。明るい色のフーディーは、一枚でコーデの印象をがらりと変えてくれます。

パステルグリーンのフーディーにデニムをコーディネートすると、大人カジュアルなファッションになります。ロゴやイラストがプリントされたトップスをインナーとして見せれば、コーデにメリハリが生まれるでしょう。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【4】オーバーサイズのカーキフーディーでメンズライクに

 

この投稿をInstagramで見る

 

시크릿라벨(@secretlabel_official)がシェアした投稿 -

フーディーは、男女問わずコーデに取り入れやすいアイテム。メンズライクなファッションを楽しみたい人にもおすすめです。

カーキのフーディーに白Tシャツや黒パンツを合わせたコーデは、甘さが抑えられていてかっこいい雰囲気。オーバーサイズのフーディーを着ると、彼氏のものを借りているように見せられます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【5】白のロングスカートで可愛さもプラス

 

この投稿をInstagramで見る

 

미아마스빈 / miamasvin(@miamasvin_official)がシェアした投稿 -

ネイビーのフーディーに白のダウンベストをレイヤードしたコーデは、カジュアルで親しみやすいイメージ。白のロングスカートを穿けば、適度に可愛さもプラスできます。ネイビーと白をメインに使ったコーデは、清楚感があるため、男性ウケも期待できるでしょう。

スニーカーを履くと、カジュアルな雰囲気が引き立ちます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【6】小物を白で揃えて爽やかに

ピンクのフーディー

ピンクのフーディーにデニムを合わせたカジュアルコーデ。フーディー自体も華やかな色味ですが、小物を白で揃えることでより華やかかつ爽やかな印象を演出できます。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【7】ロング丈フーディーで個性派スタイル

ロング丈フーディー

ロング丈のフーディーを使った個性派コーディネート。スリットから色味のあるニットパンツを覗かせてトレンド感を加えているのがポイントです。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【8】フーディーワンピをラフに着こなす

フーディーワンピ

リラックス感のあるフーディーと、それだけでさまになるワンピースが合わさった1枚。スニーカーを合わせるだけでおしゃれなスタイルに決まります。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【9】ロング丈ワンピをレギンスと合わせて

ロングフードワンピ

ロング丈のフーディーワンピは、より大人っぽい印象を作りたいときに最適。1枚で着るのはもちろん、レギンスと合わせてカジュアルにまとめるのもおすすめです。

<カジュアル>フーディーのおすすめコーデ【10】×オーバーオールでポップに

カジュアルフーディー

カジュアルさ全開のフーディーに、同じくカジュアルなオーバーオールを合わせて思い切りポップに振り切ったコーディネートもおすすめです。フーディーで色味を入れて明るいスタイルに!